IMG_4280
少し前から消費電力が少ないとかで急速に普及したらしいLED電球。
先日初めて買ってみた。
というのが、ウチは以前から電球形蛍光灯を全面的に採用していたので、LED電球を買う必要がなかった。今回も最初は電球形蛍光灯を買おうと思った。LED電球の台頭で電球形蛍光灯は安くなっているだろうから。しかし近くのホームセンターに行ったら、安くなっているのは60Wのもので消費電力は12W前後。40Wなど小さい容量のものは1000円前後する。
このホームセンターオリジナルブランドのLED電球は、780円で消費電力も2.9Wと小さい。そしたらコレは買って試してみる価値ありかと思って。

IMG_4278
LED電球はおしなべてこんな形だ。
アルミダイキャストの台座の中には電子基板が入っている。この部分の作り込みがメーカーによって差があって、劣悪なものは早くダメになったりチラついて目が疲れるものがあるという話しを聞いたことがある。
そんな聞きかじっただけの不正確で余計な知識がLED電球を買わかなかった1つの理由でもあるのだが。

IMG_4279
とりあえず今回は廊下の照明だから、多少チラついても問題無いだろうという判断。20Wタイプでも充分な明るさがある。いやあ技術の進歩は凄まじいな。黎明期のLEDヘッドランプを使っていたことがあるし、小型のLEDランタンも使っていた。当時のLEDと比べたら隔世の感がある。しかも電球形蛍光灯のようにレスポンスが悪い(スイッチを入れて点灯するまで時間が掛かり点灯直後は暗い)事が無いし、非常に使いやすいのではないか。
これまでレスポンスの問題で白熱電球を残してある玄関のダウンライトなどにも便利かもしれない。
まあ、そう言う所は連続して長時間使うことは無いのだけれど。
未だ未だ価格は下がるだろうし品質も改善されていくだろうから、寿命が白熱灯より長いと言われている電球形蛍光灯が灯かなくなったら、順次LED電球に替えて行くのも良いかもしれないと思った。