少し古い話しにはなるが、食べログなどグルメサイトのやらせ騒動というか、そういうニュースが多く出回っている。
 飲食店の人気ランキングサイト「食べログ」が、好意的な口コミ投稿の掲載や順位の上昇を請け負う見返りに飲食店から金を受け取る「やらせ業者」にランキングを操作されている事例があることが4日、運営会社のカカクコム(東京)や飲食店関係者への取材で分かった。カカクコムは現時点でやらせ業者、39社を特定しており、田中実社長は「今後は不正業者の業務停止を求めて提訴するなど断固とした措置をとりたい」としている。

なんとまあ。
私めも書いている側だから、とても微妙なんだけれども、確かにそういう不正を一掃するのは難しいことだと思う。
結局は読む側が信用するかどうかなのだけどね。提灯記事に乗せられて一度はその店に行ったとしても、その店が良い店ならリピーターになるだろうし、そうでなければ二度と行かないだろうし。
良心があるとすれば、行き着くところはそこになる。実際店に行ってみないとわからないのだ。でも、その時点でお客はその店にお金を払うことになるのだが。

書く側として思うことは、やっぱり自分の主観を大切にしたいということだ。大多数の人が「美味しい」と思っている店でも「好みに合わない」人が何人かいてもおかしくないと思っている。それでなくては可笑しいではないか。私めはプロでは無いのだ。お金をもらっている訳ではないのだ。

第一、食べログの注意書きにもこう書いてあるのだ。
食べログ.comに投稿されている口コミは、ユーザーが実際に食事をした際の主観的な感想・意見です。
「満足した」という好意的な内容もあれば、「残念だった」という否定的な内容もあります。
時には自分の考え・意見とは異なる口コミもあるかと思いますが、食べログでは口コミ内容について「正誤の判断」を行っておりませんのでご了承ください。
また、食べログ.comの口コミはお店の絶対的評価を決めるものではありません。あくまでも一つの参考情報としてご活用下さい。

そう、以前から私めのブログでも、主観的な感想・意見ばかり書いて来たつもりだ。
ただ、書く方としても否定的な意見というのは実に書きづらいところでもあるから、どうしてもオブラートに包んだ表現になってしまうのは仕方ないと思っている。勿論、根拠の無い誹謗中傷の類いは許されるものでは無いし。

とはいえ、食べログなどの評価で客の入りが違ってくるというのも事実なのだろうし、他人の評価に流される人がいてもおかしくないと思う。それに流されることも、もしかしたら楽しい事なのかもしれない。

ココまで書いて特に結論は無いのだけれど、まあ、これからも、このブログにも食べログにもボチボチ食べ歩き記事を書いていこうと思う。

・・・この記事を書いている間に1つもでも書いた方がいいのかもしれないけれど。