今日観て来た。
ちなみに1964年すなわち昭和39年は私めは未だ産まれていない。姉が産まれた年だ。
東京オリンピックと東海道新幹線という高度成長期の象徴的な年だろう。
まだ産まれていない年なのに、何か懐かしい風景が広がっているようで、今回作も楽しく観させて頂きました。

お涙頂戴もあれば、お約束系もあれば。

そして何より南アルプスをバックに架線の下を走るディーゼル急行アルプス。キロ58が2両入った超大編成。いいですなぁ。昔はどこでも観られたキハ58系の長編成のディーゼル急行。鉄の心を揺さぶります。

ちなみに普及していたグリーン車はキロ28。山岳地帯を走るにはグリーン車にも2台エンジン車をおごったというわけだ。中央線電化で追われたキロ58は高山線へ。
(ここまで書いてチンプンカンプンな方は読飛ばして下さって結構)

もし次回作があるとすれば、夕日町の区画整理みたいな話になるのだろうか。
それはチョット辛い話だなぁ・・・。