March 11, 2012

ノルマンディーの家

つづきから〜
IMG_5079
房総半島最南端の野島崎灯台を後にして、そのまま内房方面へ。
海沿いを千倉・勝浦と通り過ぎて小湊から内陸へ入り大多喜へ。
今日の宿はコチラ。
風薫る丘 ホテル ノルマンディーの家。
大多喜ハーブガーデンの中にある。



IMG_5102
名前の通りフランスっぽい建物だ。

PICT0093
季節柄ミモザ祭りというのをやっているのだが、

IMG_5106
まだミモザは咲いていなかった。

IMG_5080
部屋の入口にもミモザの蕾が。

IMG_5081
部屋の中へ。

IMG_5082
結構いい雰囲気。

IMG_5084
中も結構広いし。

IMG_5086
角部屋だし。

IMG_5087
トイレ。

IMG_5089
シャワートイレつき。

IMG_5088
バスも広いし、共同の大浴場(ハーバルバス)もある。

IMG_5090
ベッドも結構寝心地良かった。

IMG_5092
テレビはキャビネットにあって、ベッドに寝転んで見るにはちょっと不便かな。

IMG_5096
窓からの景色もいい感じ。

IMG_5097
向こうの建物はレストランなど。

IMG_5100
本当、何も無い田舎町に建っているから、結構静かなのだ。

IMG_5103
向かいの建物のエアコンの音だけが聞こえて来る。ちょっと興ざめかな。

IMG_5101
建物の周辺はハーブガーデンとなっているが、

IMG_5107
季節柄、荒れ果てていた。

IMG_5110
結構面積は広い。これだけの面積を管理するのは大変なのだろう。

IMG_5094
建物の中は吹き抜けとなっている。
その周りをグルリと廊下があって、その外側に客室がある構造。

IMG_5095
元々、高級リゾートとして建てられたらしい。当初は人気を集めたらしいが破綻。現在はリーズナブルに泊まれる宿となっている。

IMG_5113
レストランの裏に温室がある。

IMG_5115
温室の中には色々なハーブが育っていた。

PICT0059
温室の中にあったキレイな花。

PICT0060
アーモンドだという。おお、初めて見た。

PICT0065
もっといっぱい植えてお花見なんて如何でしょうかね。

IMG_5116
売店。ハーブティーや地元特産品などが売っていた。

IMG_5117
レストラン。オープンキッチンの明るい雰囲気だ。

PICT0076
外から見た感じ。

PICT0081
だんだん夜は更けて行く。

IMG_5119
18時から夕食タイム。

IMG_5121
今日のディナー。
ミモザ祭りなのでミモザを模した料理が出て来るようだ。

IMG_5120
安いハーフコースのプラン。
コレ以外にも肉料理がつくフルコースのプランもある。

IMG_5125
食前酒はミモザをオーダー。

IMG_5126
前菜も野菜タップリ。アニスのドレッシングがコクがあっていい感じ。

IMG_5127
ビールはプレモル。
グラスワインも頂きました。

IMG_5128
ニンジンのポタージュ。

IMG_5130
パン。ナカナカ美味しかった。

IMG_5129
ハーブバター。

IMG_5131
メイン。真鯛のソテー。
ウマかった。

IMG_5132
追加でオーダーしたアリゴ。
フランス版のマッシュポテトとチーズフォンデュの中間みたいな料理。
フォカッチャは自家製らしい。
美味しかった。

IMG_5134
デザートもミモザを模したもの。

IMG_5135
食後のハーブティー。

IMG_5137
宿泊棟1階のバーが夜10時から営業。
バーと言っても飲み物の種類はあまり無いけれど、就寝前のカクテルを頂いた。

PICT0086
朝の散歩。
ハーブガーデンの日帰り客用のエントランス。

PICT0087
駐車場も豊富だ。

PICT0089
周辺は何の変哲も無いニッポンの田舎風景。

PICT0085
ハーブガーデンの入口。

PICT0102
良く作られていると思う。

PICT0105
朝食はゆっくり8時30分から。

PICT0104
天井も高くて開放感がある。
天井はガラス張りだし、夏は地獄だろうな。

PICT0111
野菜タップリ。
パンも自家製。
これだけで充分だと思っていたら、

PICT0112
オムレツ+ソーセージが追い打ち。

PICT0113
チーズ+ヨーグルト+デザート。

PICT0114
ハーブティー。
いやいや満足いたしやした。

PICT0115
外の風景。ちょっと晴れて来た。

PICT0117
帰り、チャペルの扉が開いていて中が見えるようになっていた。
結婚式でもやるのだろうか。

とにかく、これだけついて宿泊2食で2人24,000円+アリゴ+飲み物で30,000円丁度くらい。夕食も色々とコースがあるけれど、一番安いハーフコースで充分かと。
少し寂れていはいるけれど、一応高級リゾートの雰囲気だけは味わえる。
但し、従業員の方は少ないから、そこは高級リゾートのようにはいかないけれど。

PICT0135
帰り、すぐ近くの「ベジタブルガーデン」に寄ってみた。

PICT0136
大きな温室がある。

PICT0133
温室の中はこんな感じの配置。

PICT0132
色々なイベントの告知。

PICT0134
温室の中はハーブ類が多く植わっていた。鉢植えのハーブも多数置いてあったし、レストランや売店の類いもあって充実している。コチラはハーブガーデンよりも従業員の方も多いようだ。

PICT0122
真ん中の池にはつがいの鴨が泳いでいた。

PICT0126
この写真では解らないが、毛艶がキレイで肉付きもブリッとしていて、大きな鴨だ。

PICT0127
雌が潜ってエサを食べていた。
見てると癒されますな。

PICT0130
雄も負けじと羽をバタバタと愛嬌タップリ。

IMG_5141
帰りに寄った大多喜駅。いすみ鉄道のディーゼルカーが停泊していた。
いつかは電車で来たいなぁ。。

PICT0137
昼食は養老渓谷近くのお蕎麦屋さん。「ゆい」。

PICT0138
古い民家を改築していて中はキレイにギャラリー調になっていた。

PICT0139
店内は撮影禁止だったので、外にある脱穀機を(笑)。

とても美味しい蕎麦だったな。

本当は養老渓谷を見ようと思っていたのだが、有料駐車場の看板を見て行く気が失せてしまい、もう一度大多喜に戻って、「ゆば喜」で湯葉を買って、「」でコーヒーを飲んで。

そのまま木更津方面〜アクアラインへ。早い時間だから渋滞なし。

楽しい一泊旅行だった。

kumadays at 21:24│Comments(0)TrackBack(0) 訪問・旅行 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字