2012_03_17あさぎり
今日、2012年3月17日。
鉄の方にとっては結構衝撃的な日ではないかと思う。

写真は小田急20000系。主に「あさぎり」として運用されていた列車だ。JR御殿場線371系と相互乗り入れを行って沼津まで走っていた。2階建てロマンスカーとして、シートもJR特急形同様の設備で、テーブルも広かったし、好んで良く乗っていたのだ。
これも3月16日で運転終了になる。今後は青いロマンスカー60000系のみの運行となり御殿場どまりとなってしまう。
他、バリアフリーの波に乗れなかった高床式ロマンスカーHiSE30000系、小田急では主力通勤車だった5000系も運転終了だ。これで2220系/2300系から続いた所謂「小田急顔」の通勤車は無くなってしまう。

東武伊勢崎線の業平橋駅は東京スカイツリー駅と名前を変える。ターミナルの浅草駅が貧弱なので一時期サブターミナルとして活躍した時期もある由緒ある駅なのだが、東武としては東京スカイツリーを目玉にしないといけない事情もあるのだろう。

新幹線では100系と300系の現役引退。100系は0系の後の新型として、また初の2階建て新幹線として、300系は「のぞみ号」として、衝撃的なデビューだった。
就職活動で関西に向かう時に乗ったのは100系ひかりだったし、2階建て食堂車にも良くお世話になった。
そして会社に入って広島に転勤になる時の広島行きは、300系のぞみだった。
その2系式が無くなる。その時期に作られたものだから耐久性も大したこと無かったのだろう。特に300系に関しては、かなり高速で無理して走った部分もあるだろうし。

しかし、一番の衝撃は、「日本海」「きたぐに」の運行取り止めだろう。
「きたぐに」の廃止で、急行列車は青函トンネルを走る「はまなす」だけになってしまう。
そして「日本海」の廃止で、残る夜行列車は「北斗星」「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」「サンライズ出雲/瀬戸」だけとなってしまう。
スペシャリティ列車か電車寝台なので、所謂一般ブルートレインが全廃されたということになる。最後に乗ったのは「はやぶさ」だ。もう4年前ということになる。
夜行列車の旅も、もう簡単に味わうことが出来ないのだな。
スペシャリティ列車によるディナー付きのデラックス旅行もいいけれど、缶ビールにワンカップのチープな夜行列車の旅も、今思えばいいものなのだけれど。いや2008年の時はワンカップではなくて4号瓶だったか(笑)。

長い間お疲れさまでした。

鉄道輸送も変化が求められている。
時代が必要としているものだけが生き残る。
それは解るのだけれど、何か寂しさを感じるな。