May 13, 2012

金勝山〜裏金勝山〜官ノ倉山〜石尊山 その1

IMG_5559
昨年の秋に膝を傷めてからずっと山に行ってない。一応3月に病院で診てもらって運動OKの状態だったし、3月には軽くフットサルもやって大丈夫だったから、早く山に行きたいと思っていた。
好天の日曜日に、比較的アクセスが楽で、体力的にもハードでない山を調べて行く事にした。山と渓谷社「埼玉県の山」本でみつけたのが「金勝山・官ノ倉山」。標高も300mソコソコだし、コレなら久しぶりでもイケるだろう。



IMG_5551
近くの駅から東武東上線の下り電車6:21発に。
せっかくだから早い時間から行動する事にした。

IMG_5553
和光市で乗り換え。
ホームドアの工事が進んでいたが、まだ機能していなかった。

IMG_5552
時間があったのでトイレに行こうとコンコースへ下りたら、ホンダの広告(既出)があった。

IMG_5554
和光市から快速急行へ。昨年長瀞アルプスに行った時と同じ電車だな。

IMG_5555
入線してきた。
早朝だというのに車内はソコソコ混んでいた。

IMG_5556
7:30頃には小川町に到着。
八高線のキハ110系をパチリ。

IMG_5557
ここからの東武東上線は、4両編成の単線ローカル線だ。

IMG_5558
小川町の1つ先の東武竹沢駅で下車。
モデルコース通りだ。コチラでトイレを拝借。

IMG_5560
連絡通路で駅の反対側へ。

IMG_5562
7:45頃、駅の反対側へ。身支度を整えて線路を背にして右方向へ向かう。

IMG_5563
線路を右に見乍ら暫し歩く。

IMG_5564
少し歩くと東登山道の看板があるので、これを左折。

IMG_5566
ズンズンと舗道を登って行く。

IMG_5567
7:57。分かれ道に

IMG_5568
右に行くと沢コースだが、ここは左の尾根コースを選択。
これもモデルコースの通り。

IMG_5570
ちょっとすると登山道らしくなってくる。

IMG_5574
所々ベンチや看板も整備されている。
先を急ぐ。

IMG_5576
8:13。建物が見えてきた。

IMG_5577
第一避難小屋と書いてある。

IMG_5578
小学生などが急な大雨や雷の時に避難できるように、あるいは第一の集合場所に使えるようになっているのだろう。
焚き火禁止と貼り紙があった。

IMG_5580
地図も整備されていて解りやすい。

IMG_5586
少し休憩して先を急ぐ。

IMG_5598
8:25。金勝山へ到着。おつかれさま。暫し休憩。

IMG_5588
山頂には少々のスペースがある。

IMG_5590
スタンプラリーなんかもあって楽しめるようになっている。

IMG_5591
小川町方面の景観。意外にいい景色だった。

IMG_5592
何と二等三角点だ。
こんな(失礼)山が二等とは。
少し得した気分になった。

IMG_5599
8:36。出発。今度は下りだ。
下ったと思うと直ぐに登りになって、

IMG_5600
8:38。ものの2分程度で裏金勝山へ到着。
コチラは展望もない。

IMG_5601
とりあえず「げんきプラザ本館」を目指す。

IMG_5602
8:41。階段を登ると建物が見えてきた。

IMG_5603
階段を登り切ったところの風景。
ホンダの寄居工場の向こうに、赤城山や日光連山が見える。

IMG_5615
げんきプラザは、プレネタリウムや、

IMG_5616
宿泊施設もある。

IMG_5619
自販機もあり、

IMG_5620
ちょっとした休憩スペースもある。

IMG_5621
あの建物がトイレ。
ふ〜ん。ココまでは車で来れるのだな。

IMG_5617
遠くの山々。

IMG_5618
左のチョロっと尖っているのが、次の目的地の官ノ倉山だ

IMG_5627
これだけの小鳥が生息しているらしい。

IMG_5625
8:51。トイレの裏手に官ノ倉山方面の看板を発見。
先を急ぐ。

IMG_5629
急坂を下りて行く。

IMG_5630
このあたりは広葉樹林で気持ちがいい。

IMG_5633
8:55。果樹園に到着。

IMG_5634
この果樹園は学習用の施設らしい。

IMG_5641
9:06。そのまま歩いて行くと舗道に出る。

IMG_5642
9:08。市道に出る。これを左折してJR竹沢駅方面に向かう。

なんだ縦走じゃなくて完全に下りてきてしまうのか。

つづく

kumadays at 23:23│Comments(0)TrackBack(0) 訪問・旅行 | トレッキング・その他散歩

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字