May 13, 2012

金勝山〜裏金勝山〜官ノ倉山〜石尊山 その2

つづきから〜

IMG_5643
JR八高線の線路を右に見ながら歩く。



IMG_5644
いい感じの田園風景だ。

IMG_5646
少し歩くと駅が見えてきた。
あれがJR竹沢駅なのだろう。

IMG_5648
ずいぶんゆったりとした構内だ。
右の側線は、以前は貨物側線だったのだろうな。

IMG_5649
駅舎は味気ない近代的なもの。残念。

IMG_5651
小川町方面の踏切から。
転轍機はスプリングポイントとなっており、上り列車と下り列車は各々必ず別の線に入線することになる。

IMG_5652
反対の小川町方面。
いやあ、のどかですな。

IMG_5654
モデルコースと同じく、踏切は渡らず、そのまま線路を右に見乍ら歩く。
踏切を渡ると国道254号線を歩くことになり、解りやすいけれどあまり環境がいいものではないし。

IMG_5656
9:28。角に酒屋が現れる。
この角を右折するのだ。

IMG_5658
左折すると、先程の東武竹沢駅の西口に出る道だ。
なんだ。完全に戻ってきてしまったのだな。

IMG_5659
ここはモデルコースと同様に、右折してJR八高線を渡り直進する。

IMG_5660
こんな看板が出て来る。
外秩父七峰縦走は42キロ程の距離があるらしい。そりゃ大変だ。

IMG_5666
おお、気をつけなければ。

IMG_5668
道中、脇には農家があって、

IMG_5669
キレイな花がいっぱい咲いていた。

IMG_5670
9:38。本に出て来る区民センターを通過。

IMG_5671
道中はずっとこの看板が頼りだ。
途中ちょっと???となる分かれ道があるが、この看板を頼りに歩いて行けば間違い無い。

IMG_5674
こういう花々が、

IMG_5675
道の脇にあって、

IMG_5679
心を癒してくれる。


IMG_5678
山に取り付くまでは、こんな感じの舗道だ。
夏は炎天下の中をずっと歩くことになるので辛そうだな。

IMG_5681
9:51。キレイなトイレがあるので少し休憩。

IMG_5682
少し行くと分かれ道が。
ココも看板通り左に行く。

IMG_5684
9:55。左に行くとすぐに三光神社がある。

IMG_5685
ツツジ。

IMG_5686
藤。

IMG_5688
9:59。この分かれ道は左。

IMG_5691
10:01。天王池に到着。

IMG_5692
灌漑用の人工池かな。
魚が放流されていたのと、水鳥が泳いでいた。
そんなに美しい池ではなくて、癒されるようなものではなかった。

IMG_5697
針葉樹の木立の中をズンズンと登って行く。

IMG_5698
段々と急になってきて、葛折の道になっていく。
少しキツいがペースを守れば大したことはない。

IMG_5701
10:18。官ノ倉峠に到着。
キツイのはここまで。
しかし、ココは看板も解りづらい。
官ノ倉山へは左折。外秩父七山縦走ハイキングコースは直進なのだ。
真っすぐ行かないように注意。

とりあえず5分程度休憩。

IMG_5702
左手の緩やかな斜面に手作りのベンチがいくつか置いてあって、そこの先に官ノ倉山への道がある。
入口には何も書いていないので注意。
10:23出発。

IMG_5706
そこを行って最後に岩場を登れば山頂だ。
10:29に到着した。

IMG_5707
思ったより景色は素晴らしい。

IMG_5708
広い角度で周囲を見渡せる。

IMG_5711
ご褒美には充分な景色だ。

IMG_5712
小川町の三角点があった。国土地理院のでは無いのだな。

IMG_5714
山頂は多少のスペースがあるのと、眺望のために周囲の木々は伐採されているが、山頂の木々を上手く残してあり、日陰があるのが嬉しい。

IMG_5723
iPhoneのカメラでは解りづらいが、スカイツリーまで見ることが出来た。
ああ、デジカメ持ってくれば良かった。

IMG_5727
10:42出発。ズンズンと下がって行く。

IMG_5729
ココからは小川町駅を目指して歩いて行く。

IMG_5730
10:47。下がって登ればすぐに石尊山だ。

IMG_5731
コチラも官ノ倉山に負けず劣らずの素晴らしい眺望だ。

IMG_5732
向こう側に官ノ倉山を見る事が出来る。

IMG_5733
いい感じ。

IMG_5734
好天に恵まれて良かった。

IMG_5735
山頂にもツツジが咲いていて、ハチがブンブン飛んでいた。

IMG_5736
山頂は少しスペースがある。日陰は少なめ。

IMG_5737
10:53に出発。広葉樹林の木立の中を下りる。

IMG_5738
直ぐに鎖場の看板。

IMG_5739
ちょっとだけ醍醐味を味わえる。

IMG_5744
マップも充実。

IMG_5746
11:12。北向不動へ到着。

IMG_5745
うっそうとしていた。

IMG_5748
このあたりは針葉樹林の林道だ。


IMG_5749
11:19。景色が広がる。休耕田のようだ。

IMG_5750
小川町駅への看板を目印に右折。

IMG_5751
休耕田を右に見乍ら。

IMG_5753
クロアゲハがツツジに。

IMG_5754
11:22。またまたキレイなトイレに到着。

IMG_5755
ココからは舗道になる。

IMG_5757
白い花がキレイだった。

IMG_5762
ココも小川町駅方面へ歩く。
看板が無いと迷いそうな道だ。

IMG_5764
ニワトリとワンちゃんがノンビリくつろいでいた。

IMG_5768
11:32。ココも小川町駅方面へ。

IMG_5769
橋を渡ると、

IMG_5771
登山の続きのような道。

IMG_5775
11:38。再び舗道と合流

IMG_5776
里山歩きっぽい感じ。

IMG_5778
道中の花に癒される。

IMG_5782
菜の花と青空。

IMG_5786
11:51。大きめの県道へ。
この県道をずっと直進する。

IMG_5789
小川町駅に向かわずに、ずっとずっと直進する。
このあたりで正午になった。

IMG_5790
12:14。ドームが見えてきた。

IMG_5791
パトリアおがわ
ココでお風呂に入るのだ。

IMG_5792
しかし駐車場には凄い数の車が。
日曜日の昼間だし、ゲロ混みだったらどうしよう。

と、思ったら・・・、

IMG_5793
こんなイベントをやっていた。

お風呂自体はそんなに混んでおらず、ノンビリ入ることが出来た。小川町の施設だから町外者とはいえ値段も安かったし。
プールもあったから水泳帽を持ってくれば良かったなぁ。

パトリア小川から小川町駅までバスもあったが、一時間に一本しか無いし、小川町駅まで歩くことにした。
12:55頃出発。

IMG_5794
小学校の横にあった火の見やぐら。

IMG_5796
どことなく昭和の香りがする。

小川町駅に近づいてきたところで、本日の昼食をば。

駅前至近の麦雑穀工房マイクロブルワリーへ。時間は13:30を回っていた。

IMG_5797
「雑穀ヴァイツェン」
爽やかな香り。
ヴァイツェンってあまり好きじゃないけれど、コレは新鮮だからウマかった。

IMG_5798
「おがわポーター」
こりゃウマい!

IMG_5800
食事、全部盛り。
パンと野菜料理がやたらとウマかった。

IMG_5802
坂戸の生ハム。コレもウマかった。
カウンターのみのお店だけれども、いいお店を見つけたな。

IMG_5803
14:42、そのまま小川町駅へ。

IMG_5804
電車は行ったところだった。日中は20分ヘッドなので、丸々20分待つことに。あー。
帰りの東武東上線は爆睡でござんした。

久しぶりの山だったけれども、大した負荷も無く、それでいて結構な距離を歩いたのではないかと思う。
展望も期待以上だったし、総じていい山なのではないか。後半の官ノ倉山だけでも充分楽しめると思う。

何より、傷めた膝も大丈夫なことが立証されたから、またどこか行きたいな。

kumadays at 23:37│Comments(0)TrackBack(0) 訪問・旅行 | トレッキング・その他散歩

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字