IMG_6370
以前よりパンダ号に取り付けを考えていたドライブレコーダー。このパンダ号は色が黄色で車体も小さいのと、出だしがトロいところもあって、ナメられるというか、無理な割り込みや危険運転をされることも多い。自衛の為にも必要だろうと。
が、問題があって、この種のドライブレコーダーは、オリジナルのデータ形式でSDカードに保存され、取り込んだデータをパソコンの専用ソフトで見ること。そしてそれがMacに対応していないことだ。
唯一パパラッチという機種はAVI形式でSDカードに保存されるため、Macでもダイレクトで読み込めるようだが、いずれにせよ各種設定や編集などは専用ソフトでないとダメ。

どうしよう。

調べたらiPhoneのアプリでもドラレコのが出ている。けど、やはり未だ未だ不安定のようだ。それに音楽もiPhone、地図もiPhone。それに更にドラレコではiPhoneに負担を掛け過ぎではないかと。また一々乗る度に設定するのも面倒クサい。

やはり専用機がいいこともあるのだ。なので購入することにした。
有事の際には、ネットカフェなりレンタルPCなどでWindows PCを使えばいい。

IMG_6354
数ある中から選んだのはコレ。
ロジテックLVR-SD100BK
画素数は30万画素の普及版。
スーパーオートバックスで購入。¥12,800-

IMG_6355
この機種の良いところは、本体に小さいながらモニターが付いていることだ。

IMG_6357
本体の大きさはこの程度だ。これならフロントガラスに取り付けても大丈夫かな。

IMG_6358
モニタも小ちゃい。

IMG_6364
取り付けた。取り付け場所は結構悩んだ。フロントガラスのルームミラー周辺に逆光避けの黒いプリントがあってこれがクセものだ。車検のシールも邪魔だったりする。
メーカー側の取り付け例は助手席側に付けるようになっているが、助手席側は助手席バックミラーがついているし、この位置が一番良さそうだ。

IMG_6359
電源は3口のシガーソケットを追加した。
運転席周りで邪魔にならずに貼付けられそうなのは、ココだけだった。

IMG_6366
操作はルームミラーを避けて行う。
視界の設定もモニターが付いているので楽々。勿論、走行中は映らない。
保存されたデータも確認が可能だから、有事が起こった直後に画像を見ることが出来る。

IMG_6368
常時上書きで録画されるのと、衝撃検知または手動でデータ保護可能だ。手動の場合は下のボタンを押せば前後約60秒のデータが保護される。

IMG_6620
設定も本体のみで可能。

IMG_6622
衝撃感度はデフォルトの0.8Gだと敏感に反応して通常走行時にもピーピー言う。なので1.2Gに設定したら大丈夫だった。

IMG_6369
ミラーをおろすとこんな感じ。下のボタンも難なく押す事が出来るし、視界も殆ど遮っていない。

これを付けてから、危険な割り込みやムカつく車に遭遇したら、ボタンを押すことで心情的にもスッキリすることが解った。ということは無駄にカッとすることもなく安全運転にも繋がるのではないかと思っている。

とりあえず、コレが本当に役に立つ状況にならないように・・・。