October 07, 2012

北軽井沢駅跡

つづきから〜

IMG_7041
クリオフィールドでキャンプした帰りに寄った地蔵川温泉にあった写真を見て調べたら、北軽井沢駅跡は近くにあるようだ。
子供の頃に草軽鉄道について多少調べたこともあるし、せっかくなので行ってみることにした。



IMG_7049
北軽井沢駅は、昔々に作られた軽便鉄道の草軽電鉄(現:草軽交通)の駅だ。
軽便鉄道とは思えないような立派な駅舎が残っていた。草軽電鉄の中で、ここまで当時を残しているのは、この北軽井沢駅跡だけのようだ。


IMG_7051
駅舎正面の通り。
真っすぐ伸びているから、この駅を中心として町づくりが行われたことを示している。


IMG_7050
右側の広場。


IMG_7048
そこにあった石碑。


IMG_7053
左側の広場。噴水が作られていた。


IMG_7052
更に左には時代を感じされる建物が残っていた。


IMG_7054
駅舎入口横にある説明書き。
高度成長期に廃止になったものとしては、よくぞ残ったものだと思う。


IMG_7055
登録有形文化財に指定されている。


IMG_7047
出札口。


IMG_7056
改札の向こうには列車が停まっている。


IMG_7058
なんともいい感じに再現されている。


IMG_7046
が、実は木造の実物大レプリカで、当時の電気機関車そのもではない。それでも良く再現されているのではないか。


IMG_7057
駅舎の中にあった地図。
車で走ると解るけれども、こんな標高差の激しいところに、善くぞ鉄道を通したものだと思う。
軽井沢駅から草津まで抜けるルートだ。間にも昭月湖、白糸の滝、鬼押出し、嬬恋、万座温泉などの観光資源がある。
この後に渋川〜長野原間に国鉄長野原線(現吾妻線)が開通してから草津へのメインルートを取られて、台風による被害に遭い橋梁が落ち、そのまま復旧せずに廃止されたのだが、上越新幹線が渋川を通らずに長野新幹線に軽井沢駅が作られた今現在、もしも草軽電鉄のルートに鉄道が通っていたとしたら、このあたりの観光地図も違ったものになったのだろうに。
現在の鉄道ブームを考えると廃線させるには勿体ない鉄道だったと思う。


IMG_7045
遠くから見るとこんな感じ。山の中にぽつんとある施設にしては良く出来ている。それだけ地元の草軽電鉄への思いは強かったのだろう。


IMG_7059
近くの広場ではイベントが開かれていた。出来ることなら模型が力走する所を見たかったけれども、帰りの渋滞に巻き込まれないように、その場を後にした。


IMG_7067
昼飯に寄った麦小屋
解りづらい場所にあるが、結構賑わっていた。


IMG_7060
スープ。


IMG_7062
麦小屋バーガー。レタスたっぷりで美味しかった。コーヒーはまあまあだったけれども、店内の雰囲気が良かったし◎かな。
元々ご両親の別荘だったところを改装してカフェにしたところ。ゆったりとした空気が流れていた。


IMG_7066
長野県の軽井沢よりも北にある群馬県の北軽井沢。
なかなか魅力があって面白いところだ。

これでいいキャンプ場があればいいのだけれども・・・。

kumadays at 23:30│Comments(0)TrackBack(0) 訪問・旅行 | 鉄道・鉄道模型

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字