December 16, 2012

剣ヶ峰〜堂平山〜笠山 その2

つづきから〜

IMG_7602
本当に関東平野一望なのだ。



PICT0069
なんかゴルフ場みたいなところがある。

PICT0068
パラグライダー場のようだ。

PICT0071
奥に雪山が見える。

PICT0067
眼下の街。デジカメを持って来て良かった。

PICT0075
笠山方面に先を急ぐ。

PICT0076
再び森林へ分け入って行く。

PICT0080
途中、湿っているところでは、足下がグチャグチャするところもある。

PICT0082
また林道に出る。

PICT0083
続きはガードレールの横。

PICT0085
いやあ、勘弁しておくれ。

PICT0096
ズンズンとガレ場を登って行くと、11:30頃に分岐点へ。

PICT0097
分岐点を右に行くと、笠山はすぐだ。

IMG_7604
ココからの景色も素晴らしい。

PICT0099
遠くの雪山。

IMG_7606
本当の山頂はもう少し奥なので、行ってみることにした。

PICT0102
少しアップダウンの道を行くと、すぐについた。

IMG_7608
笠山神社。

IMG_7612
少し下りるとスカイツリーが見えると書いてある。

PICT0106
何とかスカイツリーが見えた。

今思えば、ココで昼飯を食べれば良かったのだが、この先も「見晴らしがよし」と書いてあったし、先ほどのケーキセットがお腹に収まっているし、とりあえず萩平というところまで先を急ぐことにした。

PICT0107
12:00頃出発。

IMG_7618
途中、朽ちた林道と交錯しながら下る。

IMG_7617
道中はそれなりに気持ちいいところもあるのだけれども、どうも昼食に適する開けたところが無い。
でも、今思えば、この木々の中で昼食を食べれば良かった。

PICT0120
13:00頃、萩平へ到着。
そこはただの交差点で、とてもお湯を沸かして昼飯を食べるようなところでは無かった。

ガーン。

このまま舗装路を1時間歩いてコース通り和紙の里まで歩くか、あるいは皆谷のバス停まで出てしまうか。

先ほど写真に撮った時刻表を取り出してみた。

PICT0121
皆谷までは30分と書いてある。そしたら白石車庫13:36発のバスに間に合うではないか。

ということで、軟弱に皆谷のバス停に向かうことにした。

PICT0122
ずっと坂を下りて行くと、皆谷の集落へ。
小さな売店と自販機くらいはある。

PICT0123
バス停があった。バスの到着時刻まで時間があったので、自販機で暖かいお茶を買って、残っていたおにぎり1個を頬張った。
背負って来た2Lの水と湯沸かし道具とカップヌードルは無駄になってしまったな。

帰りにパトリアおがわで途中下車してノンビリとお風呂に入り、1時間後のバスで小川町駅を目指す。前回の官ノ倉山の時は歩いたけど。

IMG_7619
そして、マイクロブルワリーでビールを嗜んで、15:59発の電車で帰路についた。

今回のコース、バス利用はあるが、この周辺の山々と比較しても展望は素晴らしく、いいコースなのではないか。途中トイレが少ない(白石車庫を過ぎると、堂平山くらい)ので注意が必要だが、まあ体力的にも精神衛生的にもいいコースなのではないか。
途中、足下は不安定で滑りやすいなところもあるから、シューズは登山靴かトレッキングシューズが必要かと。

さてと、次はどこへ行きましょうかね。

kumadays at 23:10│Comments(0)TrackBack(0) トレッキング・その他散歩 | 訪問・旅行

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字