箱根駅伝で中央大学と城西大学が往路でリタイヤ。
昨日は全く駅伝を見てなかったので、今日テレビをつけて知った。

5区の山登りで低温と突風で体温を奪われたらしい。色々な動画サイトで流れる痛々しい映像。
考えてみれば箱根は冬山なのだ。冷たい雨が降る時もあれば、雪が降る時もあれば、強い風が吹く時もある。

母校がリタイヤしてしまったのは悲しいことだ。
けれども、それよりも、何よりも、来年以降は、選手の服装や装備をもっと科学的に考えたり、あるいはレギュレーションの改正(途中から上着を着てもいいとか)などして、選手の安全に最大限尽くしてもらいたいと思った。

リタイヤした選手も、厳しい環境の中良く頑張ったと思う。
もっと服装や装備が進歩していれば、あるいは違った結果になったかもしれない。

そして後続のランナーも一生懸命走っている。
頑張れ!!