PICT0001
iPhone4の時は吉田カバンのケースを使っていた。(以前のブログ記事
実はiPhone5を買った直後もこのケースを使っていたのだが、このケースは元々iPhone5用に作られたものではなく長さ方向の寸法に無理があり、すぐにファスナーが壊れてしまった。iPhone5にはホントにギリギリなのだ。でも、吉田カバンがこの製品を出した時はiPhone5を発売していた訳ではないから、これはユーザーに責任があるものだ。なので文句を言うつもりはない。

問題は、いつも吉田カバンのケースを首にぶら下げていた使い方なのだ。
何だかんだで内ポケットよりもケースを首にぶら下げているのが自分としては使いやすいのだ。なので代替のケースを探していた。そんな時に見つけたのがコレ。
THE NORTH FACEのFire Fly I だ。Appleストア通販でも取り扱っているけれども、実際に自分の目で確かめたい。銀座の好日山荘に行ったら現物があったので暫し悩ませてもらった。
色はグレーもあったが黒を選んだ。複数の店頭在庫品に手持ちのiPhone5を突っ込んだが、内部の作りが歩留まりの問題というか、一部のモノにiPhone5の収納に苦労する品もあった。
中でも一番楽チンのものを選んだ。

PICT0004
とりあえずギリギリでファスナーが閉まる。バッファローのバンパーはとりあえず外して使うことにした。
分厚いケース付きでは厳しい寸法なのではないか。

内部に多少余裕があるので、ヘッドホンを小さな袋に入れて収めることにした。
やっぱり小さなポケットがついていると有り難いけれどねもね。

PICT0007
裏側はシンプルにD環がついているだけ。

これで、とりあえず以前と同じ使い方が出来るようになった。
いや、以前よりも本体のパフォーマンスが上がっているから、便利になったかな。