March 23, 2014

袋田の滝へ

つづきから〜

IMG_8906
鹿の湯松屋を出て、磯原のやまみつで饅頭を買った後に向かったのは、日本三名瀑のひとつであり、日本の滝百選の人気投票で1位となったこともある「袋田の滝」だ。
少し離れた300円の駐車場にパンダ号を停めて、のどかな風景の中を暫し歩く。



IMG_8907
少しすると商魂丸出しエリア。コチラまで車で来ると、呼び込み合戦となる。
やはり観光地なのだな。

IMG_8908
橋を渡る。いい感じ。

IMG_8910
その先もお土産物屋さんが続いている。

IMG_8911
ふ〜ん。とにかくトンネルを通るのだな。

IMG_8912
入場料をとられる。
まあ維持管理のために仕方ないか。

IMG_8913
価格もリーズナブルだし。

IMG_8914
いざ袋田の滝へ。

IMG_8916
トンネルの中はイルミネーションがあった。
このトンネル内、結構な上り坂なのと微妙に傾いていて平衡感覚が失われる。

IMG_8917
トンネルを抜けると、

IMG_8922
コレが袋田の滝か。
スゴい迫力だ。

IMG_8923
滝つぼ。

IMG_8924
いや、その一段下にもある。

IMG_8931
せっかくなのでエレベーターに乗って上へ。

IMG_8942
エレベーターを下りると、こんな建造物が。
上に登って見る。

IMG_8937
ゆるキャラ君。

IMG_8935
バーン。全景が見える。
色々と複雑な要素が合わさった滝で、ついついみとれてしまう。

IMG_8950
もっかいエレベータを下りて、ベンチに座って滝鑑賞。
マイナスイオンをタップリ浴びる。

IMG_8952
吊り橋方面に出た所から。
脇から見る滝も美しい。

IMG_8957
吊り橋を渡るとトンネルを抜けずに下りることが出来る。

IMG_8960
吊り橋の上からの眺望もナカナカ迫力がある。左にある建造物は先ほど見ていた展望台だ。

IMG_8962
下流側。

IMG_8965
吊り橋と滝。

IMG_8970
絵になりますな。

IMG_8971
道中の売店で玉こんにゃくを頂く。
いやあビールが欲しいけれど車だから仕方ない。

IMG_8979
昼食は、先ほどの商魂丸出しエリアの中にある双葉という蕎麦屋さん。

IMG_8973
けんちんそば。

IMG_8975
カミさんの山菜そば。

IMG_8974
手打ちのそば。観光地の蕎麦屋さんにしては美味しかったのではないかと思う。

IMG_8980
袋田の滝を後にして、向かったのは大子広域公園オートキャンプ場グリーンビラ。

IMG_8981
チョロっと見学させてもらった。

IMG_8982
ココは山を切り開いて作った高規格キャンプ場。
アウトドア誌などでいつもランキング上位に来ているものだから少し期待して来てみたけれど、なんか今ひとつ。
周辺の景色が良いわけでもなく自然がいっぱいという訳でもなく。しかも日光を遮る大木も少なく、標高もさほど高い訳ではないから夏は地獄だろうな。風も強く吹きそうだし。
それでも見るからに満サイトだった。サニタリーやお風呂などの設備が整っていることから人気があるのだろう。
ただ、これならば、同じ高規格サイトの備北オートビレッジの方が、木々の配置や周囲の景観なども含めて良く作っていたと思う。
まあ、下見出来て良かった。

IMG_8986
帰りに道の駅に寄って、

IMG_8984
鮎の塩焼きを食べました。養殖ものだけれどもナカナカ美味しかった。

ココからひたち那珂インターまで一般道をノンビリ走行して常磐道で帰路に。
常磐道も首都高3号線の通行止めの影響か、結構渋滞していた。

袋田の滝、久慈川など自然は素晴らしい。
とてものどかな風景だ。

特に袋田の滝は一見の価値があると思う。

kumadays at 20:01│Comments(0)TrackBack(0) 訪問・旅行 | キャンプ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字