フレディ生前最後のPV作品。容姿が殆ど変わらない他の3人に比べて、頬も痩せこけて動きも辿々しい。

この曲は、フレディの死後に追悼の意味で発売されたボヘミアン・ラプソディのカップリング曲に採用された。
フレディが生きていれば、本来この曲が生前最後のシングル盤として発売される筈だったのを、フレディの死を受けて急遽差し替えた。

ロジャーが書いた平凡な曲だけど、ファンにとっては特別な曲のうちの一つだ。