September 23, 2014

愛宕山・皇鈴山・登谷山

BlogPaint
9月の飛び石連休になった9月23日の祝日、一人で山に登ることにした。
いつものイーグルバスの始発に乗るべく、東武東上線小川町駅へ。



BlogPaint
いつものように白石車庫行きに乗る。

2014-09-23-07-34-58
けど、今回は内手(打出)バス停で途中下車。

2014-09-23-07-37-35
本で調べた皇鈴山〜登谷山〜釜山神社〜日本の里から波久礼駅に抜けるルートを行くことにした。日本の里には手打ちそばの店があるというし、波久礼駅の上にはかんぽの宿寄居があって温泉に入る事が出来る。

2014-09-23-07-37-41
さっきの看板から脇道へ。

2014-09-23-07-38-30
小さな橋で川を渡る。

2014-09-23-07-38-45
いやあ、いいですな。

2014-09-23-07-38-53
心が洗われる。

2014-09-23-07-39-13
曼珠沙華が咲いていた。

2014-09-23-07-39-42
稲穂は黄金色。

2014-09-23-07-39-52
秋ですなぁ。

2014-09-23-07-40-36
東京に暮らしていると、こういう里山の風景が妙に恋しくなりますな。

2014-09-23-07-43-49
先を急ぐ。

2014-09-23-07-45-50
看板を頼りに舗道と山道と出たり入ったり。

2014-09-23-08-09-20
こんな岩場もあり。

2014-09-23-08-36-30
気分がいいところもあり。

2014-09-23-08-41-57
牧場の跡もあり。

2014-09-23-08-54-26
二本木峠へ出た。

2014-09-23-08-54-52
春はつつじが咲いてキレイなようだ。

2014-09-23-08-59-47
バンガローがいっぱい立っていたけど、

2014-09-23-09-02-24
管理棟は朽ち果てていた。やっていないのか。それともつつじの季節だけ限定なのか?

2014-09-23-09-02-09
お手洗いは入れたので拝借することに。和式水洗。

2014-09-23-09-07-54
この辺りの地図。いつもは堂平山や大霧山がお気に入り。

2014-09-23-09-10-29
トイレから愛宕山方面へショートカットできる。

2014-09-23-09-13-09
秋に咲く花。

2014-09-23-09-13-51
ズンズンと登って行くと、

2014-09-23-09-15-18
天文台があった。

2014-09-23-09-15-46
ちょっとだけ展望が開けた。

2014-09-23-09-16-20
花に虫が。

2014-09-23-09-16-48
そのまま歩くと愛宕山の山頂へ。

2014-09-23-09-16-59
展望は全く無いが、立派な三等三角点があった。
本では寄らないコースだけど、コレが今回唯一の三角点となったから来て良かった。

2014-09-23-09-17-41
山を下りる。

2014-09-23-09-23-28
道路を横切って、

2014-09-23-09-29-45
また登る。

2014-09-23-09-41-34
皇鈴山山頂へ。

2014-09-23-09-42-12
本には展望があると書いてあるけれど、展望はたったこれだけ。

2014-09-23-09-42-52
けど、ちょっと広場があって休憩すると落ち着ける場所だ。

2014-09-23-09-45-45
残念ながら三角点はどこにも見当たらなかった。

2014-09-23-10-02-23
先を急ぐ。

2014-09-23-10-02-40
ようやく展望が開けるところがあった。

2014-09-23-10-03-17
けど足元が悪い。あまり往来する人もいないのだろうかね。

2014-09-23-10-06-40
舗道へ出る。

2014-09-23-10-09-10
分岐点にも看板が有って迷うことはない。

2014-09-23-10-12-37
ところどころ展望が開けるようになる。

2014-09-23-10-13-34
途中から山道へ。

2014-09-23-10-17-14
左手にまた牧場跡が。

2014-09-23-10-20-39
なるほど牧場はつぶして森林にするようだ。
せっかく切り開いたのに。

2014-09-23-10-22-12
更に行くと左に人工的な建物が見えて来た。

2014-09-23-10-22-46
お?

2014-09-23-10-23-04
バーン!と展望が開ける。

2014-09-23-10-27-33
登谷山に到着。

2014-09-23-10-23-15
山頂に少し空間があった。
けど三角点は見当たらなかった。

2014-09-23-10-25-58
これまで登った山かな。

2014-09-23-10-28-46
ベンチのような板があったので腰掛けることに。

2014-09-23-10-28-49
あまりキレイではないな。

2014-09-23-10-27-41
炭の燃え殻が捨てられていた。吸い殻も多数。

2014-09-23-10-29-17
確かに展望はキレイだけれども、

2014-09-23-10-33-47
何故かなんかあまりスッキリした気分にはなれず。
やはり堂平山のパノラマや、大霧山からの山々の展望の方が好きだな。

2014-09-23-10-36-31
少し休憩して下りる事に。
早くしないと昼迄に日本の里に着かないぞ。手打ちそばが待っている。

2014-09-23-10-37-18
人工的な建物。
何かの中継施設のようだ。

2014-09-23-10-39-38
そのメンテナンス用の道路。歩きづらい。

2014-09-23-10-43-49
少し下りると登谷牧場の跡地が。

2014-09-23-10-43-57
売店や、

2014-09-23-10-45-31
駐車場や、

2014-09-23-10-45-40
駐車料金を徴収していたプレハブか。

2014-09-23-10-45-58
牧場の跡を利用してパラグライダー場としても使っていたのだな。

2014-09-23-10-46-38
こういう観光牧場は難しいのだろうな。

2014-09-23-10-47-35
トイレは閉鎖されていた。

2014-09-23-10-49-01
飼料用のホッパーだろうか。捨てられていた。

2014-09-23-10-49-27
案内看板空しく。
山頂で今ひとつスッキリしなかったのも、これらの朽ち果てた牧場跡が悪い気を発していたからかもしれない。

2014-09-23-10-52-39
そのまま舗道を歩く。

煌々と陽が照るところがあるし、夏は辛いかもしれない。

2014-09-23-10-55-33
日陰になるところもあるけど。

2014-09-23-11-00-36
案内板が出て来るので釜山神社方面へ。

2014-09-23-11-05-25
凄い並木道だ。

2014-09-23-11-07-15
結構雰囲気もある。

2014-09-23-11-09-24
が、神社は朽ち果てていた。宮司が体調不良と貼り紙がしてあったけど。

2014-09-23-11-07-57
水も枯れていた。

2014-09-23-11-11-13
近くに日本水という銘水もあるのに。

2014-09-23-11-11-45
日本水の説明。

2014-09-23-11-11-52
しかし日本水には行けないようだ。仕方ない。

2014-09-23-11-13-44
神社の脇の階段を登って釜伏山を目指す。

2014-09-23-11-16-09
蛇紋岩で出来た山らしい。

2014-09-23-11-17-13
暫く登ると看板がある。
釜伏山はどっちだ???
だけど波久礼方面は左と書いてある。日本水へは行けない筈だからココは左に行く事に。

2014-09-23-11-20-55
しかし、それは大きな間違いだった。

2014-09-23-11-22-01
どんどん下りて舗道へ出さされた。

2014-09-23-11-25-31
間違いに気が付いたが戻るべきか?
ただココでまた登って時間をロスするよりも、確実に林道を歩く事にした。
塞神峠方面に行けばいいのか。
全ては手打ちそばのため。

2014-09-23-11-26-11
舗道歩きは結構ツラい。

2014-09-23-11-32-05
しかし所々に日本水の案内看板が。日本水には行けないのではなかったのか?

2014-09-23-11-32-41
ココから入ると日本水のようだ。
う〜ん。
禁止の看板と案内看板。この一貫性の無さ。どうすれば良いのか。

2014-09-23-11-33-29
途中ベンチがあって展望が開ける場所があった。

2014-09-23-11-34-04
まあ、こんなもの。

2014-09-23-11-38-17
ココからも日本水へ行けるようだ。

2014-09-23-11-38-04
そしてココにも難しい看板が。
左の看板には立ち入り禁止と書いてあるが、右の看板には車の乗り入れ禁止と書いてある。
ならば徒歩ならば入っていいのか?

2014-09-23-11-43-01
ひたすら舗道を歩く。

2014-09-23-11-47-23
塞神峠へ。本には無かったな。

BlogPaint
少ししたら人だかりが。
どうやら日本水が汲めるところがあるようだ。
おー、これは有り難い。
そして、ココの一番右に「たまには風布館に寄ってくだせぇ」と書いてあるけど、その風布館が目指す手打ちそばのお店なのだ。
おー。そしたらこの水を使って打ってるのかな。なんか楽しみになった。

BlogPaint
みんな車で凄い量の水を汲みにやってくる。ペットボトル数本とかジャグに汲むというかそういう生易しいものではなく、ペットボトルを大箱に入れて重ねて何箱も。たぶん10L以上は軽く汲んでいる方々ばかり。100Lくらいかもしれない。
でも、そんなに汲んで衛生的に大丈夫なのだろうか。大量に水を使う飲食店の方や、家庭でも例えばお風呂に入れるのならまだしも・・・。
少し水筒に汲ませて頂いたが、残念ながら湧き水のように冷たいわけではなく、何か鮮烈なものを感じる訳でもなく、ちょっと残念であった。
水量は不足しているらしく、ボトルのすすぎは禁止とか、色々と注意書きが書いてある。
「水神様に志納金を」と書いてある場所があったので、ヌルくてもお水を頂いたことに間違い無いし、それに感謝する意味で100円玉をチャリンと入れたら、なんと周りの水を入れている方々にビックリされた。
「ありがとうございます」なのか、「真面目に入れる人もいるんだ」なのか、「勝手なことすな。やりづらい」なのか、真意は分らないけれども、どちらかというと意に反する類いの感情を抱かれたのかなと直感的に感じた。

2014-09-23-12-07-27
手打ちそばに向かって歩く。
途中、アスファルトの道路から曼珠沙華が出ていた。
「根性曼珠沙華」かな。
ちょっと癒される。

2014-09-23-12-16-20
ひたすら舗道を下りる。
つづれ織りの道だ。舗道続きはキツイ。もう嫌になった。
車で走っている方々は、歩いている人がいるとビックリする。
あまり歩く人は居ないのだろう。

2014-09-23-12-20-36
分かれ道に出会う。
なるほど、先ほど釜伏神社の先の分岐点を右に行けばココに出て来るのか。
コレは相当損したな。

BlogPaint
地図で見ると歩いて来た道は赤色。しかもほとんどが舗道だ。
本の地図に乗っていたのが青色。コチラは山道だ。
コレはかなり損したなというのが地図を見て解る。下り舗道歩きは本当に辛い。
全てはあの看板に惑わされて苦しい思いをしたわけ。
日本水に行かせないために遠回りをさせようと、ある意味恣意的に登山客を遠ざける意図は解らんでも無いけれども、マナーのいい登山客やハイキング客は「立ち入り禁止」と書いてあるところはムヤミに入ったりはしない。
とはいえ、絶対しないか?と聞かれればそうでもない。
街で煙草の投げ捨てをする人が居なくならないのと一緒だ。
ただ感じた事は、なんか登山客やハイキング客は、自分も含めて信頼されてないのだなということ。
そう思うと何とも切なくなった。

と同時に、もうココには二度と来るまいと思った。

2014-09-23-12-21-15
そしてココにも立ち入り禁止看板が。
本気で立ち入り禁止看板を立てるのならば、徹底的に立ち入り禁止にするべきだ。
そして宣伝の看板は一切撤去するべきだ。

2014-09-23-12-34-39
ブツブツと嫌な思いを抱えながら麓まで下りて来た。
みかんの産地なのだ。
大変だろうな。

2014-09-23-12-35-13
もうすぐ手打ちそばにたどりつくのか。
とはいえ、この種の看板もいっぱいある割に、具体的な距離も書いてないし、書いてあっても今ひとつアテにならない。

2014-09-23-12-37-00
とりあえず日本(やまと)の里という場所に下りて見ることにした。
手打ちそばの風布館も日本の里の中にあるはずだ。

2014-09-23-12-37-44
小川が流れていた。
もうすぐ手打ちそばが食べれる。

2014-09-23-12-37-56
一応清流チックだ。
この水を使っているのか?

2014-09-23-12-39-16
でも何か清々しい気が流れてない。

2014-09-23-12-39-41
なんでだろうか。
これだけ運動してマイナスイオンが流れてる筈なのに。

2014-09-23-12-40-04
バーベキュー場。
こんな自然の中でバーベキューやったら楽しいだろうな・・・とは全く思わない。
何故だろう。

2014-09-23-12-41-55
ようやく風布館到着。
しかし、活気が無いし手入れが全くされていない。

2014-09-23-12-41-42
休館中らしい。
もっともらしい事を書いてあるが、暫く営業していないのだろう。
ガーン。手打ちそばが〜・・・。あれだけ楽しみにしていたのに。
しかも昼食にありつけない。
まいったな。

2014-09-23-12-48-55
とりあえず波久礼方面に歩く。
本によると波久礼駅までは舗道の筈だ。

2014-09-23-12-49-05
と思いきや、風の道なるものがある。
入ってみた。

2014-09-23-12-50-51
おー、コレはいい。

2014-09-23-12-51-44
清流の流れに沿って歩いて行ける。

2014-09-23-13-04-12
いやあ、いいですな。

2014-09-23-13-09-49
こんな滝もあるし、

2014-09-23-13-12-14
↓天狗岩とか。

2014-09-23-13-12-24
こういう見所もある。

2014-09-23-13-19-51
ホントに助かった。
途中、出版社の方に声を掛けられてモデルになった。
もしかしたら登山ガイドに載るかもしれない。

2014-09-23-13-31-53
下りきったら舗道を歩く。

2014-09-23-13-38-30
煌々と陽が輝る場所を歩く。
夏は暑いだろうな。

2014-09-23-13-41-46
ようやく寄居橋に着いた。
もう腹が減って我慢出来ない。
左側の飲食店に飛び込んだがお休みとのこと。
営業されていないのかな。

2014-09-23-13-41-59
この橋寄居橋を渡れば波久礼駅だ。

2014-09-23-13-44-41
荒川だ。
都内の荒川とはだいぶ様相が違う。並々と水を蓄えてキレイであった。

2014-09-23-13-47-38
橋を渡った所に飲食店が営業していた。14:00前。14:00ラストオーダーのようなので慌てて入った。

2014-09-23-13-50-17
いやあ助かった。
おつかれちゃん。

2014-09-23-13-52-21
おつまみは冷やしトマト。

2014-09-23-14-03-19
そして豚丼。
美味しく頂きました。

2014-09-23-14-17-33
電車の時間を見て波久礼駅へ。

2014-09-23-14-18-21
良い風情の構内。

2014-09-23-14-18-29
癒されます。

2014-09-23-14-19-39
秩父鉄道に乗車。東急のお古だ。

2014-09-23-14-29-14
寄居駅で東武東上線に乗り換え。

2014-09-23-14-51-58
懐かしのブタ色に塗られた電車に乗って帰って来た。
帰りは着席が保証される。このルートの良い所はそれだ。ありがたい。

悪いけれども、もう愛宕山・皇鈴山・登谷山へは二度と行かない。

kumadays at 22:17│Comments(0)TrackBack(0) トレッキング・その他散歩 | 今日の昼飯

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字