November 21, 2015

4度目の長瀞アルプス

IMG_2742
今年も11月の3連休に長瀞アルプスへ。
コチラも4度目になる。気持いい縦走路であることもあるが、何と言っても手頃であること。行き帰りの電車で座れる確率が非常に高く、それでいてちょっとした電車の小旅行気分が楽しめること。宝登山の山頂の神社に茶屋があってそこの焚き火の居心地がいいこと。そしてそこに焚き火犬がいること・・・。
このあたりが魅力的なのだろう。



IMG_2739
いつものように寄居まで東武東上線で。
寄居から秩父鉄道へ。

IMG_2740
7:55に野上駅へ。

IMG_2741
もうちょい早く来れば雲海が見えるのだろうけれども、この時間が限界かな。頑張ればあと30分早く来れる電車もあるけれども、これでも5時過ぎには家を出ているのだ。あと30分早めるのはしんどいかも。

IMG_2743
9:06。いつもの通りアプローチを過ぎて山へ入る。
心なしかいつもより人数が多いような。

IMG_2744
最初はズンズンと登って行く。

IMG_2745
尾根にとりつくまでは少ししんどい。

IMG_2746
足元もぬかるんでいる。

IMG_2747
広葉樹林になってっくるともうすぐ尾根にとりつく。

IMG_2748
そうすれば気持のいい縦走路だ。

IMG_2751
9:30。天狗山への分岐。
勿論直進する。

IMG_2752
今年の紅葉は微妙かも。

IMG_2755
でも日が当たるとキレイに見える。

IMG_2756
写真ではそれほどでもないが、歩いているとそれなりに秋を感じることが出来る。

IMG_2757
針葉樹林と広葉樹林の境目が登山道になっていることは良くある。

IMG_2758
天気が良くて気持いい。

IMG_2761
晴れてよかった。

IMG_2762
9:55。小鳥峠を通り過ぎて、

IMG_2763
9:57。舗道との分岐点へ。

IMG_2764
暫し舗道を歩く。

IMG_2765
紅葉の絨毯だ。

IMG_2768
10:10。宝登山入り口へ。

IMG_2770
ここからは宝登山名物の階段が続く。

IMG_2771
いくつも続く。

IMG_2772
岩場があって最後の階段を登ると、

IMG_2773
10:33。宝登山山頂へ。

IMG_2775
三等三角点。

IMG_2776
ご褒美の秩父市内方面への景色。

IMG_2777
臘梅は勿論まだだ。

IMG_2778
ココでは珈琲を頂きます。
山専ボトルにお湯を入れてくれば、ストーブ持参でお湯を沸かす面倒が無い。
いやあ、ウマいです。

IMG_2781
今日は人が多くベンチに座れないので、座布団で地べたに座っていたら珍客が。

IMG_2800
なかなかの勇姿ですな。
初代の仮面ライダーはバッタがモデルであることは良く知られている。

IMG_2827
そして山頂の神社へお参りしてから茶屋へ。

IMG_2804
やっぱり焚き火でしょ。

IMG_2805
そしたらルービーでしょ。

IMG_2807
お、焚き火犬がやってきた。

IMG_2808
みんなのアイドル。

IMG_2822
近くへやってきた。

IMG_2824
今日はナデナデさせてくれた。
かわいいね。

IMG_2826
ここには公衆トイレもあるのだが、

IMG_2825
無くなってしまうらしい。ロープウェイ乗り場迄は少し距離があるのだが・・・。

IMG_2830
帰りはロープウェイに乗る事に。
ココの下りは下りるだけであまり魅力を感じないもので。
一本待って乗る事が出来た。ハイシーズンはフル回転してくれるので、そんなに待たない。

IMG_2831
鉄泣かせの硬券。

IMG_2832
ロープウェイ駅からテクテク歩いて長瀞駅へ。
貨物列車が停まっていた。いいっすね。

IMG_2836
コチラも鉄泣かせの硬券。

IMG_2833
しかし電車は東急のお古のロングシート仕様。

IMG_2837
西武秩父駅前のお店でコロッケと、

IMG_2839
ルービー飲み直し。

IMG_2846
シメのクルミ蕎麦。

IMG_2847
将来的には西武秩父駅周辺に出来るらしい。

IMG_2848
そして帰りは特急レッドアロー。

IMG_2850
池袋までぐっすり。

IMG_2849
今回もいい山行だった。
ただ、このコース負荷としてはあまり大きくない。それを考えるといつもの堂平山から大霧山のコースの方がいいのかもしれない。いずれにせよ高尾山や奥多摩方面に比べて人も少ないし、何より電車に座って行き来出来るというのが魅力のエリアである。

また来たい。

kumadays at 22:28│Comments(0)TrackBack(0) トレッキング・その他散歩 | 訪問・旅行

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字