August 18, 2016

西穂高岳(独標)

IMG_7221
乗鞍一の瀬キャンプ場でのキャンプの途中に、西穂高岳に行くことにした。昨年の秋に西穂高ロープウェイには乗っていたので何となく要領はわかる。なるべく早く出て天候によっては山頂まで行けるように頑張ってみる事にした。



IMG_7099
7:15頃に駐車場に到着。第一〜第二と乗り継ぐのは面倒なので、最初から第二ロープウェイ狙い。始発は8:15だからかなり早いかな。身支度しないと。

IMG_7100
とりあえずロープウェイ駅を偵察。
ありゃ、早朝便といのがあるらしい。知らなかった。8月は8日、13〜16日、22〜23日、29〜30日とwebに書いてあったので諦めていたのだ。
まあ仕方ない。

IMG_7101
天気は曇り。そんなに寒くないようだ。良かった。

IMG_7105
8:24、ロープウェイにて山頂駅へ。

IMG_7106
8:30、身支度をして登山届を出してそのまま外へ。

IMG_7108
登山道方面へ。

IMG_7109
厳しく書いてある。
でもロープウェイ降り場付近だけの散策は、あまり面白く無いのだけど。

IMG_7110
最初は木道を下りて行く。もったいないな。

IMG_7111
8:36、じきに小屋へ。
ここでも登山届を出せるようになっている。

IMG_7112
ロープウェイの最終便に間に合わなかったら悲劇だ。

IMG_7113
多数の但し書きと、

IMG_7114
地図が貼られていた。ありがたい。
まずは西穂山荘を目指す。

IMG_7116
木道と、

IMG_7118
土の道と、

IMG_7120
岩場。結構アップダウンがある。

IMG_7125
9:36、建物が見えて来た。

IMG_7126
道標を過ぎると、

IMG_7129
西穂山荘だ。

IMG_7131
小休止。

IMG_7134
カミキリムシ見っけ。

IMG_7136
山荘の下に少しだけテントを貼れるスペースがある。でも何かなあ〜。

IMG_7141
有料トイレを拝借して休んでいたら晴れて来た。これはラッキーかも。

IMG_7144
9:52、はやる気持ちを抑えながら出発。

IMG_7147
晴れてくれよ。

IMG_7152
大きめの岩場を登って行くと、段々と西穂山荘が小さくなっていく。

IMG_7154
太陽、頑張れ!

IMG_7160
ひたすら登って行く。

IMG_7162
行く先の山々が見える。いいぞ。

IMG_7165
途中上高地が見えた。赤い屋根は上高地帝国ホテル。

IMG_7166
日本の極上リゾート地を見下ろすのは気分がいいかもしれない。

IMG_7169
ひたすら登る。

IMG_7182
10:12、西穂丸山へ到着。
西穂山荘の方も「せめて眺望のいい丸山までは行って欲しい」とお奨めされていた丸山だ。
少し休憩。
しかし真っ白で何も見えず。

IMG_7187
10:18、先を急ぐ。

IMG_7188
段々それらしくなってきたぞ。

IMG_7190
視界が悪くなって来た。

IMG_7192
気をつけないと。
幸い他の登山客の方がいらっしゃるのは心強い。

IMG_7194
風も吹き涼しくなって来た。

IMG_7195
結構な急登だ。

IMG_7196
休み休み行こう。

IMG_7197
道標的な表記が多くて助かる。
その通りに進む。

IMG_7198
ちょっと晴れると嬉しいのだ。

IMG_7199
太陽がんばれ!

IMG_7200
10:40、皆が腰掛けているところに腰掛けさせてもらい休憩。
なかなか疲れるぞ。

IMG_7201
10分休憩して出発。

IMG_7204
先が見えて来たと思ったら、

IMG_7205
またガスってしまう。

IMG_7207
まだまだ道程は遠いのだ。

IMG_7208
おっ、先が見えたかな。

IMG_7212
ズンズンと進む。

IMG_7213
再び上高地の景色。段々晴れるといいですな。

IMG_7216
少し明るくなってきたような。

IMG_7217
よし、行くぞ。

IMG_7219
見えて来たかな。

IMG_7222
落ちたら大変だ。

IMG_7223
最後の登り。

IMG_7224
岩登り。

IMG_7225
鎖場。

IMG_7226
11:20、西穂独標へ到着。

IMG_7227
この先行くかどうかはとりあえず休んでから決めることにした。

IMG_7228
キャンプ場で握ったおにぎりと、

IMG_7230
こういうときに重宝する松茸のお吸い物。山専ボトルは本当に優秀だ。

IMG_7231
多くの方が独標で休んでいる。

IMG_7232
この先行くには、まずはこの岩場を降りなければならない。
迷っていたら雨が降り出した。

IMG_7233
これは戻れということなのだなと戻ることにした。11:49出発。

IMG_7235
途中、再び上高地が見えるものの、周囲の山々は見る事が出来ない。

この先雨が激しくなり、写真はありません。
雨具はスパッツを含む全てを装着。
西穂山荘では滝のような雨で暫し雨宿り。その時点で体力はかなり消費されていたような。
一番しんどかったのは西穂山荘からロープウェイまでの区間かな。この区間はアップダウン、すなわち帰りも登りがあるわけで。。。登山道は完全に川のようになっていたし。滑らないように慎重に下りました。

IMG_7236
14:20頃にロープウェイ駅に到着。
おつかれさまでした。14:45発のロープウェイで下車。

IMG_7241
下りのロープウェイで離合する相手を激写。

IMG_7242
14:55には山麓駅へ。
おつかれさまでした。

激しい雨の中の歩行を強いられてかなりの疲労感だけど、とりあえず独標までは行けて良かったかもしれない。そこから山頂までは険しい道で、本によっては独標を終点としているものもあるし。

山頂は次回。
山は逃げないということで。

グダグダの状態でキャンプ場へ戻った

kumadays at 22:24│Comments(0)TrackBack(0) トレッキング・その他散歩 | 訪問・旅行

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字