February 05, 2017

聖地へ

IMG_9252
人はそこを聖地と呼ぶ。
新潟県三条市。なんの変哲もない雪国の田舎町(失礼)は、キャンパー達の、いやもとい、スノーピーカーと呼ばれる上級キャンパー達の憧れの地となっているのだ。

そこはスノーピーク本社に隣接するキャンプ場Headquarters。私めはスノーピークに傾倒しているわけでも無いけれど、何でもかんでも否定するアンチという訳ではない。良いものは良いと思っている。テント・タープ・焚き火台を始めカトラリー類など多くの製品を使って来たし、なんとなく他社と比較したところのポテンシャルも解っているつもりだ。
なので東京に引っ越して来たら一度は行かないととは思っていた。
パンダ号に久々にスタッドレスを装着したこともあり、今冬は久々に雪中オートキャンプへ行ける環境にある。

そしたら少し遠いけど行ってみようか。
その聖地とやらに。



IMG_9232
2017年2月4日(土)、4時過ぎから家を出て色々と買い物して、6:10に関越トンネル手前の谷川岳PAで休憩。チェーン規制(所謂冬タイヤ規制)無くここまで来れたのはラッキーだ。

IMG_9234
何故ならば、この時間で既に関越道の下り線は事故渋滞が発生している。
しかも繋がっている。これにハマったら悲劇だ。

IMG_9233
お決まりのコーヒーを。この販売機のコーヒールンバを聞くと心が休まる。
事故防止に一役買っているのではないか。

IMG_9235
遠くが白々明けて来た。

IMG_9236
6:30頃出発。さあ、行くぞ。

IMG_9239
ちなみに気温は1度。凍結は大丈夫そうかな。

IMG_9240
関越トンネルを越えても規制は無し。

IMG_9242
7:30頃、山谷PAで休憩。
ココはデイリーヤマザキが入っていて使い勝手がいいし、なんとなく気合いが入っているような気がする。
何と言うか、だだっ広くて大資本が入ったSAに寄るよりも、こじんまりとしたPAの方が性に合っているような気がする。トイレも売店も小さく纏まっているから休憩時間も短く済むし。

IMG_9245
がんばれパンダ号。
しかし未だスタッドレスタイヤの性能を試す場面は無し。
ちなみに今回スキーの道具も持って来ています。

IMG_9246
8時前には中之島見附ICを下りて一般道へ。雨が降っているぞ。
途中コンビニに寄ったりガソリンスタンドに寄ったり。そういう面で高速のIC近くは事欠かない。

IMG_9250
ナビに導かれて8:36にはスノーピーク本社社屋が見える所へ。
何故か雨は止んでいた。
雪の中に近代的でスクエアな建物。バブル期のスキー場を彷彿させるけど周囲は静かだ。

IMG_9254
受付は9:00からだっけ。
とりあえず車を駐車場に停めて歩いてみる。
これがキャンプ場か。結構坂があるぞ。

IMG_9255
遠くに同社ご自慢のテントやシェルター類が設営してあった。

IMG_9256
社屋へ。

IMG_9257
これが入口か。オサレだ。

IMG_9261
外から見えた日用品売場。
とりあえず列に列に付いて受付を待つ。
9:00にオープンして受付開始。どうもこの日は関東の何かしらの団体のイベントがあるらしく、最初はその方々と混同扱いされるもネットで予約していたので事無きを得た。
キャンプ場の注意事項の説明など抜かりない。初めてなのでゴミの処理などを良く聞いた。

そして荷物を少し橇に積んで雪原へGO。

IMG_9262
色々とロケハンした結果、フリーサイトの高い丘は団体さんが来そうだし、ノンビリできそうにない。
だいぶ離れた場所に平らっぽいところを発見。雪庇っぽくなっているから風が強いという懸念はあったけど、まあ他と変わらんだろう。
ココを慣らして設営することに。

IMG_9263
団体さんとはこのくらい離れれば大丈夫かな。

IMG_9265
テントは今回も小川のステイシー。

IMG_9269
聖地に他社のモノを持ち込むな!と信者達に言われれば、即荷物を畳んで退場するくらいの覚悟は出来てるぜ!

IMG_9270
いや嘘です。堪忍して下さい。

IMG_9268
遠くから見たらこんな感じ。

IMG_9271
雨が考えられたので、ペンタAirを小川張り。聖地で小川張りなんかするな!と信者達に言われれば、即荷物を畳んで退場する覚悟は・・・。

IMG_9273
ここまで張った物を撤収するのは辛いです。堪忍して下さい。

IMG_9276
遠くから見たらこんな感じ。
いいですな。
ペンタAirを持って来て良かった。

IMG_9279
駐車場はこんな感じかな。
残念ながら車の前まで雪が無かったので、雪が無い所は荷物を持って運ばなければならない。

IMG_9278
雪の上は橇で移動。
コレは持って来て良かった。
レンタルのそりもあるけど、荷物を運ぶのはちょっと気が引ける。

IMG_9280
いい景色。

IMG_9281
周囲の地ならしも行って快適空間を作る。

IMG_9283
気が付いたら12:00だったのでお昼に。
途中のコンビ二で買ったカップヌードルカレーBIG。

IMG_9284
雪の上、最高にウマいです。

IMG_9288
丘の上も結構混んで来ました。

IMG_9292
パノラマ。

IMG_9293
雪景色はいつ見てもいいですな。

IMG_9295
晴れて良かった。

IMG_9375
実は今回荷物運搬とお散歩用にスノーシューを持って来たのだけれど使えなかった。カップヌードルもお散歩途中に食べるつもりだった。

IMG_9376
何年も使わないで置いておいたらラバーのバンドがボロボロになってしまったのだ。ネットを見たら色々と補修方法が書いてあった。
なので来年こそは。。。

IMG_9296
設営も終わったしスノーシューは壊れているし、とりあえず日帰り温泉へ行くことにした。
いい湯らてい
露天風呂が工事中だったのは残念だけどHeadquatersから一番近い手軽に行ける温泉として利用価値はあると思う。

IMG_9297
帰り道、行きと違う川沿いの道を通ったら川に白鳥がいっぱい。
寄っていく事にした。

IMG_9307
白鳥の郷公園として手入れされているようだ。

IMG_9312
いやあ圧巻ですな。
カワイイ。鳥マニアの方の気持が解るような気がします。

IMG_9313
下流側もいい感じ。
いやあ。いいものを見させてもらいました。

IMG_9323
帰ったら心置きなくサイトでルービー。

IMG_9322
天然クーラー。

IMG_9324
薪と炭は現地調達。やはりキャンプ場にお金を落とさないといけないと思っているのですが、それなりのお値段はしますから。なので炭も薪も高級感満載。

IMG_9325
酔っ払って少しサイトから離れて撮影。
こんな景色を見ながらのルービーがマズい訳はなく、ウマいっす。

IMG_9331
薪がいっぱいあるので、早いうちから焚き火点火。
やはり暖かいですな。

IMG_9332
おお、夕暮れと日の入りが見える訳ですな。

IMG_9333
ボチボチ夕食の準備。
流しはお湯が出るのがありがたいです。

IMG_9334
地平線らしきものに太陽が沈んで行きます。

IMG_9335
この瞬間がキレイなんですよね。

IMG_9336
社屋方面。

IMG_9337
準備万端。メニューは家の近くで買った安い肉のすき焼き。

IMG_9338
焚き火にサービングポットが最近のお気に入り。

IMG_9339
いいですな。

IMG_9341
そして、

IMG_9344
段々と、

IMG_9347
日が暮れるのです。

IMG_9353
鍋の残りで熱燗作り。

IMG_9361
今回、ガソリンランタンも持ち込んだけど使わなかった。
雪明かりがあるし灯油のハーマンニャーで充分。

IMG_9362
激しく燃える焚き火。

IMG_9365
焚き火とハーマンニャーの競演。
9時が消灯時間のようなので8時半頃までガンガンに焚き火を楽しんで片付けて就寝。
しかし、イベントに参加されている方々はそんな意識は全然無いらしく、ずっと楽しく談笑されていました。いやあ聖地に来る聖者の方々は必ずしもマナーが良い訳では無いのですね。イベント主催者側の方も貸切じゃないんだから少しは考えて欲しいですね。

IMG_9368
朝は5時過ぎに起床。幻想的な風景。

IMG_9371
気を取り直して焚き火をつけながらコーヒーを頂く。
朝・雪・ひんやりした空気・焚き火・コーヒー。これだけ揃うと完璧ですな。

実は2日目はスキーに行こうと思っていた。月曜日休みを取っているので、スキー行ってもう1泊して月曜日に帰る。そういう予定だった。
しかし日曜日の午後から月曜日にかけて雨の予報。これはたまらない。
まだ月曜日に晴れてくれるのなら一晩の雨くらいどうということはない。ただずっと雨だと気温もそんなに低くないから、雪が雨に濡れてズブズブベトベトになってしまう可能性がある。それは勘弁願いたい。
とりあえず昨日雪中キャンプらしきものをして気持良かったことだし、スキーはまた別の機会に行くことにして日曜日雨が降る前に撤収して帰ることにした。

IMG_9372
朝食。そうめんをサッと茹でて残り野菜と玉子を入れれば、超簡単で温かいパワーフードの出来上がり。

IMG_9374
焚き火が温かいです。
しかし聖者の皆様は殆どの方がご自慢のシェルターの中で過ごされているようで。この程度の寒さでストーブまで持ち込んで・・・。
なんか勿体ないような気がした。

IMG_9383
車に行ってみるとフロントガラスが凍っていた。

IMG_9384
7時過ぎの時点で0度。やはりそんなに寒くない。広島の大鬼谷の方が良く冷える。

IMG_9385
とはいえアスファルトは凍結していた。

IMG_9386
今回活躍したペグ。聖者達の大定番でありどんな固い地面にも突き刺せて岩をも砕く無敵の鍛造ペグ・ソリッドステイクも、聖地Headquartersの深くて柔らかい雪には全く効かない。50も4本持ち込んだが全く効かない。2本別の方向に打ち込んで埋め込んでようやく利く。色々やったけど手前のキャプテンスタッグの安いジュラルミンペグを十字に交差させて雪に埋め込む方法が最も確実だった。実はコレを使ったのは初めてだったりする。

IMG_9387
とりあえず撤収完了。

IMG_9388
スコップで雪をならし、焚き火の跡も雪で埋めた。

IMG_9389
既に車に何往復か運んだ後だけど、最後の荷物を車へ運ぶ。こりゃ雨が降ったら大変ですわ。

IMG_9392
10:50、雨が降り出す前に撤収完了。
2泊でチェックインしたが天候が悪そうなので1泊で帰ることを伝えたら1泊分は返金してくれた。さすが聖地。ありがたい。

IMG_9393
帰りは栃尾経由で長岡へ。

IMG_9394
麻生の湯」という、昨日とは違う日帰り温泉に行って帰路についた。いいお湯だった。

何はともあれ、広島の時以来8年振りの雪中テント泊をすることが出来た。
やはり楽しいですな。


kumadays at 23:00│Comments(2)TrackBack(0) キャンプ | スノーシュー・スキー・ウインタースポーツ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by のびー   April 02, 2017 22:12
雪中キャンプ気持ちよさそうですね。大鬼谷で以前一度だけした時は、テント泊までは自信がなくてバンガローでしたが、あの静寂が忘れられないです。
SPもキャンプに嵌り始めた頃はかなり染まっていましたが、そのうちだんだんと違和感のようなものを覚えるようになって離れていってしまいましたね。ここ数年はカードを持っているせいか毎年送られてくるカタログを見て、そのお値段にかなり引いています。(嫌いなわけではないですよ)
ともあれ、久しぶりに雪中キャンプの妄想ができました。レポありがとうございました。
2. Posted by kuma(kumadays)   April 04, 2017 10:54
のびーさん
コメントありがとうございます。
お久しぶりです。お元気ですか?
スタッドレス入手したので漸く行ってきました。都内は相当頑張らないと雪中キャンプ行けませんが、あのしんしんとした雰囲気は何事にも代えられませんね。headquatersは荷物を運ばないといけませんが、それ以外は快適に過ごせます。
価格ですが、原材料の高騰があるにせよ、それを差し引いても全般的にキャンプ道具は高くなったと思います。特にSPは高すぎますね。もうアレが買える層だけの楽しみになってしまってます。
また雪中キャンプ行けると良いですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字