IMG_7862
知らぬ間に歳をとったものだ。
なんと今年で勤続25周年だ。
そうすると会社からリフレッシュ休暇というのを頂ける。このリフレッシュ休暇も5月か6月に取ってしまわないと取る暇が無くなってしまう。なので頑張って取ることにした。
勤続15年の時は大鬼谷でキャンプした。今回はどうしようか。カミさんとも休みが合わないし。 
そこで考えた。50歳+勤続25周年だ。何か自分を見つめ直す機会というかリセットできるような機会をもつ。それこそが真のリフレッシュ休暇なのではないか。
とは言っても、座禅とか滝行とか護摩行とか所謂精神修養的なものは自分に合わないし、度重なる足腰の負傷と身体の硬さから正座もできないし、そもそも実行するのが無理。
IMG_7645
ということで、カミさんの勧めもあり、ここやすらぎの里を予約した。
パンフレットの表紙にも「日常から離れて、ココロとカラダをリセット」と書いてある。おー、これは思っていた事とピッタリ一致するではないか。まさにコレこそがリフレッシュ休暇というものではないだろうか。

 予約したのはやすらぎの里本館。
2018年6月9日〜16日の6泊7日。丸々1週間の断食コースだ。
入所日の朝から何も食べず水とお茶だけで過して下さいと指令が出ている。


IMG_0267
前日の土曜日は久々にオヤジバンド活動。
スタジオに入って一発合わせ。
やはり音楽は楽しいですな。弾いて歌って楽しく発散できました。
スタジオセッションの後早めの反省会の後、自宅に帰り牛肉とラム肉を焼いて野菜もタップリ取ってドリアンのパンも食べ、ビールと赤ワインをしっかり飲んで寝た。


【 1日目】

早朝から荷物の準備。衣類がどのくらい要るのかが解らない。やすらぎの里に洗濯機はあるが、混み具合なども解らないし、女性が多いと思われる環境の中50歳のオサーンが洗濯機を使えるかどうかも解らない。とりあえず洗濯しなくてもどうにかなるだけの衣類を持っていくことにした。そしたら35Lザックでは全く歯が立たず、大きな70Lザックでも危ない。なので新婚旅行用に買った中型のスーツケース+30Lのザックという大荷物になってしまった。
海外旅行かっ!


  IMG_7594
事前の指令通り朝食は食べず。
東京駅11:00発のワイドビュー踊り子号で伊豆高原駅へ。


IMG_7597
当然ながら車内は快適だった。
車販のルービーとか駅弁とかルービーとかルービーとかの誘惑を断ち切り(笑)、伊豆高原駅に12:55着。
そういう意味では天候の良い5月で無くて良かったと思う。


 IMG_7595
送迎バスの時間は13:15。
結構時間があるしゆっくりと駅構内を観察。
車庫がある駅構内は広い。こういう地方私鉄の車両基地はワクワクしますな。


 IMG_7598
伊豆高原駅の駅舎。近代的だ。

トイレに行って送迎バスに行くと、既に満席に近い状態。
まじですか。

送迎 バスでやすらぎの里へ。
あいにくの雨。まあ梅雨だし仕方ない。

まずは全員食堂に通され館内の説明と全員の自己紹介。
20名程の中に男性は6名。あとは女性。若い女性から幅広い年齢層だ。デトックスコースの方と食養生コースの方が数名ずつ。あとは断食コースの方。
その後食堂でアンケートを記入。 
そして、そのアンケートも用いながら面談室で1人づつ入所面談を行う。東洋医学を元にした良導絡検査という手法を用いて、それぞれの臓器のツボに電流を流しその電流が概ね一定だと自律神経が安定しているらしい。しかし肝臓がやたら高くて腎臓がやたらと低くて他の臓器にもバラツキがあって、自律神経は不安定と言われた。
まじですか。

これが1週間でどのくらい変わるか。


IMG_7601
これが1週間のスケジュール。
あと一人一人違う時間に施術と面談がある。
ビッシリのようで結構空きがある。
ノンビリできそうだ。


IMG_0268
コレが毎日の食事だ。
3日断食で3日回復食という形だ。

あとアンケートにバナナが嫌いと書いたので、厨房のスタッフの方からヒアリング。アレルギーかと訊かれたので、そうではないがニオイも味もダメなんですと答えたらそれ以上何も訊かれなかった。断食中に唯食べれるものがバナナだけなんて状況になったら悲劇だ。アンケートは大事だなと思った。


 IMG_7599
部屋はBタイプ個室。
一人で過ごすには充分すぎる広さがある。
欲を言えば扇風機が欲しい。海からの風が気持ちいいし。
なので涼しい時は窓を開けてエアコンを送風状態で使っていた。


 IMG_7600
洗面所はあるが風呂トイレは共同だ。 
風呂は温泉だしそれはそれで構わない。


 IMG_7616
とりあえず部屋を整える。
持ってきたiPadに古いiMacのキーボードをBluetoothで接続。
便利な時代になったものだ。これでブログ執筆セットが完成。空き時間には書きためているブログを書くことにした。
そして併せて日記も書くことにした。
それが今回の記事なのだけど。


IMG_7611
部屋からの景色。
海が見えるのはいいぞ。

その後お風呂へ。
小さいお風呂だが、おひとりさま用の露天風呂もあるし、今回は男性客は6人なので楽勝だ。
何より温泉入り放題なのは嬉しい。


IMG_7610
色々散歩コースが準備されている。
これはいい。
天気がいい日は出掛けようかね。


IMG_7603
18時。夕食は何も入っていない味噌汁。
しかしこれがやけにウマイ。
朝から何も食べてないのもあるし、しっかりとダシがとれている。

20時から安眠ヨガ。
普段ヨガはやっていない。元々身体が固いのと、数年前から腰痛(腰椎すべり症)を患っていて、これまで避けて通って来た道のりだが、なんとココにきて直面せざるを得なくなった。硬い身体が伸びないというのもあるが何より普段使わない筋肉を使うこと。慣れないと辛いものだ。
心配した腰は腰ベルトを締めていれば大丈夫だ。汗もかくし、いくつか持ってきてよかった。

22:00消灯。
夜は眠くて消灯時刻には空腹を忘れて、あっさりと睡眠。


【2日目】

0時過ぎにトイレに起きる。
4時に起きたが早すぎるし二度寝して5:00に起床。空腹感はそんなにない。

朝6:30から目覚めのヨガ。
つらい。そしてその後瞑想をするという。練習として目をつぶって1から30まで数えろという。

よーし!数えたるぞ!!

いーち、野田オマリー植松鳥谷。
2、竹之内柏原的場北條。
3、八木関本長崎藤倉大山。
4、川藤高波藪上本。5、新庄北村金森西岡。6、藤田平和田金本。7、真弓今岡西岡糸井。8、加藤博一吉竹田尾佐々木片岡福留・・・・

・・・ダメだ。
瞑想にならん。


FullSizeRender
10:00。
朝食のニンジンのスムージー。
これは嬉しい。しかもとても美味しい。


IMG_7620
雨が降っているので朝食後に赤沢スパに行くことに。


IMG_7622
伊豆高原駅まで雨の中歩いた。
が、送迎バスがしばらくない。時間が勿体無いので伊豆高原駅からタクシー利用。赤沢スパと告げたのに赤沢日帰り温泉郷に連れていかれた。まあこんなオッさん普通スパには行かんよね。指摘したら運転手さん平謝りで赤沢スパへ。少し余計にタクシー代掛かったがそれも平謝りされた。まあココで「どないしてくれんの!」と怒鳴り散らしたら男じゃないしね。
水着を持っていくのを忘れたので一応短パンも持っていったが、レンタル水着が3Lまであってホッと一安心。水着レンタル無料券がやすらぎの里に置いてあったので有効利用させて頂いた。


IMG_7621
海洋深層水のスパで凄い設備だ。
3500円という値段もあるけど、まあ固いこと言わずに楽しむことにした。
海水の中で歩いたり水中ジェットを受けたりとしっかりと運動できたし、バサバサと扇ぐ熱風を受けるドイツ式のアウフグースというサウナがチョー気持ちよかった。


IMG_7623
自社のショップ。なかなか充実している。


IMG_7624
送迎バス。
コレと14:45発の路線バスを乗り継いで、15時前にはやすらぎの里へ帰還した。


IMG_7628
15:00から「食のワーク」というプログラム。
ほんの少量の玄米が出てくる。これを2分割して100回噛んで食べるというプログラムだ。これはすごい。噛んでいると玄米の柔らかい部分がホロホロと消化されて固い部分だけ残る。しかし100回も噛むのは難しい。噛んで飲むというルーチンが身体の中で出来上がっているので、「噛んだものを飲み込まない」というのが拷問に感じるのだ。
そして残った半分はゴマシオを掛けて食べる。塩分はスーッと消えるが、なんとご飯が更に甘く感じるではないですか。これは味覚の回復のトレーニングなのだなと。

15:45から施術。
マッサージとカッピングだ。背中に随分筋肉がついていると言われるが、それは褒め言葉でなかった。全て硬い筋肉でダメだそうだ。まいったな。確かに身体は硬いから仕方ないのだけれど。カッピングは背中に丸々とした跡がいくつもついた。


IMG_7634
18:00からの夕食。
豆乳入りの味噌汁だ。
出汁に豆乳、美味いっす。

20:00から安眠のヨガ。キツい。これだけで結構疲れる。

22:00消灯。2日目の夜に空腹感が訪れたが、眠い方が勝って就寝。


【3日目】

今朝も空腹感はそんなにない。
一度夜中にトイレに起きて5:00起床。


IMG_7635
予報通り晴れた。


IMG_7646
天気が良いので一人で近隣の散歩。


IMG_7652
6:30から皆で池方面へバスで移動し散歩。
これも案内に載っている散歩コースだ。


IMG_7673
田んぼがキレイだ。


IMG_7659
紫陽花もキレイ。


FullSizeRender
戻るとワンちゃんがお出迎え。
この子は海。


FullSizeRender
この子は宙(そら)。


IMG_8410
宙は懐っこい。テラスでウリウリと遊ぶ。
癒されるわ。
遊んでいたら素敵な女性の方に写真を撮って頂いた。

ちなみに普段着は甚平を持っていった。
風通しが良くて快適なのだ。

7:30からテラスでいきなり気功体操が始まった。
あー。そういえばプログラムに書いてあったわ。
海に向かって体操するのは気持ちいいけど、身体が硬いと曲げるのがちときつい。
でもせっかくだし一生懸命やったぞ。


IMG_7639
部屋からも海がキレイだ。

3日目の施術は9:00からアロマトリートメント。その前に寝ながらローリングマシンで背中をほぐす。これは気持ちいい。
アロマトリートメントは女子向けかな。背中にベッタリとアロマオイルのようなのを擦り付けてくれるのだが、肝心の香りがあまりしなかった。控えめなのかな。


IMG_7700
10:00。朝食。
グリーンスムージー。これもまた美味い!
味覚が敏感になっているのか、葉っぱくささというか、そういうものをしばらく摂取して無いなーと、しみじみと感じながら頂く。

朝食後は散歩に出る事に。


IMG_7701
伊豆高原駅の手前にドラッグストアとコンビニがある。
少し歩けばホームセンターもある。逆に駅まで行ってしまうと、飲食店など誘惑の塊は沢山あるが断食生活に役立つ店はほぼ無い。
ドラッグストアで、洗濯用の洗剤とハンガーとS字フック、それとシャンプーやボディソープが合わないというかヌルヌルするが嫌なので、いつも使ってるミヨシの石けんシャンプーを購入。コレで身体も洗えばいい。あとは身体洗い用のナイロンタオル。これも必需品だった。この辺りは普段の生活に近付けた方がいいし、何より毎日の入浴は大切にした方がいい。せっかく温泉入り放題なのだから。


IMG_7707
散歩コースのひとつ、橋立の吊り橋コースへ。
海の近くまで来ると川添いの木陰が気持ちいい道になる。


IMG_7712
突き当たりへ。
この先、川は滝になって海に落ちる。


IMG_7710
目的地の吊り橋は右へ。
左に行くと滝の展望台があるらしい。行ってみることに。


IMG_7713
あった。


IMG_7718
海が本当にキレイだ。


IMG_7719
滝が傍から見えた。
なかなか迫力がある。
雨が降った後でないと水量が少ないそうだ。


IMG_7720
戻って吊り橋方面へ。


IMG_7721
このあたり城ヶ崎自然研究路として整備されている。
ありがたい。


IMG_7728
吊り橋に着いたので渡ってみた。


IMG_7729
吊り橋の上からも海がキレイだ。
戻ることにした。


IMG_7732
先ほど通り掛かった時に気になった看板。
海岸に降りれるのか。


IMG_7733
大淀・小淀降り口とある。
降りてみた。


IMG_7736
おお、これはすごい。
先の方に行ってみた。


IMG_7742
先程傍から見た滝が海岸側から見える。
凄くキレイだ。


IMG_7778
海の方もキレイだ。
伊豆大島が見える。


IMG_7782
もっと南の方の岩を登る
先程の吊り橋が見える。思いきって降りて良かった。


IMG_7786
12:00を過ぎた。
13:00からバスに乗って観光へのドライブだ。なので戻ることにした。12:45のバスに乗ればやすらぎの里本館に13:00迄に戻ることが出来る。

戻って部屋には戻らず、汗だくのままバスに飛び乗った。


FullSizeRender
最初の行き先は「やすらぎの里高原館」。
ここでフルーツティーを頂く。
やはり女子が多いのでこういうイベントが不可欠なのか。


IMG_7796
しかし、目の色が変わったのがこれ。
ポットの中のフルーツ(ダシガラ)も食べていいとのこと。これはすごい。
メロンにリンゴにオレンジにキウイ、あと何だっけ。
もう老若男女関係なく群がって頂いた。


IMG_7799
その後は大室山の麓のさくらの里で記念撮影と散歩。


IMG_7807
ラベンダーがキレイに咲いていた。
残念ながら大室山ロープウェイは今週1週間点検でお休みだったので登れず。


IMG_7811
その後はドライブインでお土産タイム。
よく行程を考えてあるものだ。


IMG_7812
断食3日目の我々を襲う誘惑たち(笑)。
なんとか振り切った。


IMG_7814
その後は城ヶ崎の灯台+吊り橋へ。


IMG_7838
先程の吊り橋より交通至便なのか賑わっていた。
なにより灯台は絵になる。

戻ってから17:00より「呼吸法・やさしい瞑想」。
正しい姿勢で呼吸を行い、一番意識を持っていきやすいところを探し、瞑想の時に意識を呼吸にもっていく。
意識がブレたらまた呼吸に戻す。こういうのを「マインドフルネス」というらしい。今や名だたる企業も研修に取り入れているらしい。
なるほど、それなら阪神タイガースの選手を連想しなくて済むぞ(笑)。

確かに呼吸に意識を持って行くというのは上手いやり方だ。何しろ人間は呼吸しないと生きていけないし。妄想やら何やらでそこから離れても最後は生きる為に絶対必要な呼吸に戻る。それを繰り返していくと自然の中で生かされているという受動的かつ感謝の気持ちと同時に、自然の中で生き抜いていくんだという能動的かつ強い意志が芽生えて来るような気がする。

ただ、あぐらの体勢は辛い。座布団を折り曲げても重ねても良いと言われるが、それでも辛いものは辛い。結局2枚を折り返しして4枚分にした。それでも辛いものは辛いのだ。でもせっかくの機会だし我慢できる範囲だったのでココは我慢した。


FullSizeRender
18:00。夕食。
野菜のすり流し入り味噌汁。
昨日の豆乳入りも抜群に美味かったが、コレはさらに複雑な味がしてウマい。
やはり断食最終日の晩ともなると味覚がMAX敏感になって来るのだ。

その後、ヨガを前倒しで18:40から開始。
それはこの後の予定のため。


IMG_7852
本日のメインイベント。
19:30出発でバスに乗り込み松川湖へ蛍鑑賞。


IMG_7856
バスを降りて真っ暗な道を進んでいくと、いくつかフワーと浮遊する蛍と地面で弱っている蛍。
弱っている蛍を踏んづけないよう移動してあげた。その際に撮影。
とにかく蛍がふわ〜と飛ぶ姿が見れて一同大興奮。

この頃になると、老若男女ほぼ全員とコミュニケーションが取れていて一体感が出てきた。これは皆共通の苦しみや喜びを共有しているからだろう。こちらとしてもちょうど良い距離感で皆さんと接することができて、時には一人を楽しみ、時には目の前の方と他愛のない会話を楽しみ、そういうベタベタしない距離感がたまらなく気持ちよくなってくる。

帰って洗濯機を回しながら予約してある岩盤浴で汗をかいてお風呂入って。


IMG_7858
皆さん女性の方も多いしヨガや体操で汗をかくし、いっぱい衣類を持ってきたけれども、部屋に物干しがあって干せることから夜に洗濯をすることにした。テレビも見ないので物干しに有効利用。
夜中にエアコンをドライにして部屋干しをすれば結構乾く。
男性ばかりだとこういう事に気を使わなくなるが、女性がいると身形もキレイにしないとマズイとかそういう方面に気を使うようになるし。
そういった意味でも女性の方が多くて良かったと思う。

消灯の22:00には就寝。


【4日目】

IMG_7861
5:00頃起床。
少し雲が出てきたがいい天気だ。


IMG_7862
近隣を散歩。


IMG_7868
帰ると、玄関のスノコに宙が。
ウリウリと遊んだ。かわいいね。ホント癒される。

6:30からヨガ、7:00から気功体操。
今日からようやく何か固形物が食べられる。と言っても消化が良い流動食的なものだが。
食べれるとなるとお腹がすいてくるもので、朝までは全く空腹感が無かったのだが、食事1時間前の9時になったら猛烈に腹が空いてきた。


IMG_7879
10:00の朝食。
うすーいお粥にお麩のお味噌汁に梅干し。
たったこれだけだが胃に染み渡る。
今のところこれだけ食べれば充分だ。


IMG_7888
食事が終わったら城ヶ崎自然研究路(蓮着寺コース)に行ってみようかと。
蓮着寺の帰りのバスが13:35なので10時半に出たとしても3時間ある。ガッツリ歩くと書いてあるが、いくらなんでも3時間あれば着くだろう。
途中、一緒に泊まっている男性の方と一緒になり。その方はやすらぎの里3回目で、以前もこのルートを歩かれたらしい。
なのでガイドをお願いする形になった。11時丁度くらいに海岸に出た。昨日の滝のあたりだ。ここから蓮着寺まで約5キロの道程だ。


IMG_7891
こういう花は心休まる。


IMG_7892
ざっぱーん。


IMG_7894
概ね海沿いの道を行く。
アップダウンもある。
毎日のヨガや体操のせいか、何となく足がよく上がるような気がした。
一方で手足の末端まで糖分が回ってない感覚というか、そういう感覚を感じるようになって来た。ココで走ったらフラフラになるだろう。


IMG_7923
途中、灯明台というのがあるので寄ってみた。


IMG_7922
おー。昔灯台がわりにしていたのか。
見晴らしがいい。


IMG_7927
12時半頃、蓮着寺奥院に到着。


IMG_7930
ふむふむ。


IMG_7931
あの岩か。


IMG_7932
あんなところに置き去りにされたらたまらない。


IMG_7938
12時時40分頃に蓮着寺へ到着。
見た目なかなか重厚感あるどっしりしたいいお寺なのだが、とにかく繰り返し流れる参拝の注意的な放送がうるさくて。
とてもじゃ無いけどのんびりと静寂を味わう感じでは無かった。


IMG_7945
そしてバスが来るまで1時間弱の時間がある。
連れの方のオススメにより少し先のニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデンまで足を伸ばした。
これも昔からあったよな。
男2人でメルヘンの世界へ。


IMG_7968
なんと城ケ崎あじさい苑というのをやっていた。


IMG_7953
色々な品種の紫陽花が咲いていた。
その辺り詳しく無いので割愛。


IMG_7960
いいですな。


IMG_7971
暑いのでニューヨーク・ランプミュージアムに避難。
冷房が効いている。ありがたい。
昔、ティファニーが販売していたガラスのランプシェードやステンドグラス類が飾ってある。


IMG_7986
実物を見るとやはりキレイだ。

バスに乗る前、近くの自販機にウイルキンソンの炭酸水が売っていたので買って飲んだ。
チョー美味かった。頭のてっぺんまで脳内物質が駆け巡った。

バスに乗って14:00にはやすらぎの里へ到着。
急いで入浴して4日目の施術は14:30からマッサージ。
気持ち良かった。

17:30からは「ゆる体操」。
ぷらーんぷらーんと言いながら体操。
要は身体も心も柔軟な方が良いのですね。
日常余計な力が入りすぎなのだろうな。


IMG_7995
4日目の夕食。
雑穀米のおかゆがおいしい。
梅干しも疲れた身体を癒してくれる。
そして味噌汁には豆腐が入っている。これは画期的だ。

もうこれで充分だ。

4日目からは安眠ヨガは無し。

しかしここで異変が。
これまであまり空腹感を感じていなかったのだが、夕食後からやたらと空腹を感じるようになってしまった。寝る前が最高潮。どういうことなのだろうか。身体というものは少し甘い顔をすると付け上がるというか、そういうことなのだろうか。
昼の蓮着寺コースの疲れが眠気に加担してくれればいいのだが。

結局睡魔が勝ち就寝。


【5日目】

IMG_7998
夜中トイレに一度目覚め、朝は4時過ぎに目が覚めてしまう。


IMG_8005
まだ早いと二度寝したら起きたのは5時10分だった。


IMG_8002
やばいやばいと起動し、5時半から近隣の散歩。
6時に戻るとみなさん起きてこられ。テラスでお茶。


IMG_8012
6時半出発で皆で散歩。
バスを駐車場に停めて橋場の吊り橋へ。
一昨日来たぞ。


BlogPaint
吊り橋の上。
皆大はしゃぎ。


IMG_8016
吊り橋の上から。
一昨日のかんかん照りの時は感じなかったが、朝の吊り橋は海からの風がとても気持ちいい。
毎朝来れれば良かったな。無理か。

その後やすらぎの里に戻り、テラスで気功体操。


FullSizeRender
朝食。段々と具が増えてくる。
雑穀米のリゾットは感動的なうまさだ。そしてデザートには人参のシャーベット。これだけ食べたらお腹を壊しそうだと思ったが、そうでもなかった。


IMG_8029
せっかくなのでテラスで海を見ながら食事。


IMG_8031
宙はお疲れモードかな。


IMG_8034
朝食が終ったらお出かけ。
伊豆高原駅まで歩く。
行きがけにドラッグストアでS字フックを買い足し。


IMG_8050
今日は伊豆急行に乗って下田まで行くことにした。


IMG_8052
伊豆高原駅11:21発の普通列車に乗る。


IMG_8054
東急線のかつてのエース8000系を改造。
海側座席をクロスシートに置き換えて観光需要に対応している。


IMG_8055
元々特急用車両のクロスシートだ。ゆったり座れる。
リクライニングはしない。


IMG_8066
途中海沿いを走る。
旅情満点でございます。


IMG_8077
伊豆急下田駅に12:02に到着。

そして帰りは13:51発の普通列車に乗れば、伊豆高原駅へ14:38に着いて伊豆高原駅14:45発のバスに乗れば15時には戻ることが出来る。施術は15:45からなので軽く風呂にも入れるだろう。下田は歴史のある街だ。ロープウェイもあるし観光資源もあるだろう。


IMG_8080
ホーム終端から。
乗ってきた普通列車が特急踊り子号と並ぶ。


IMG_8081
伊豆急下田駅の観光案内のお姉さんに聞いた。
ロープウェイに乗って下りたら1時間くらい掛かるらしい。滞在時間は2時間も無いので、それよりも下田公園でアジサイ祭りをやっているのでどうかと言われた。要は景色をとるが散策をとるか。


IMG_8088
散策を取ることにした。


IMG_8091
河口付近に漁船がズラリ。港町の風情だ。
風が気持ちいい。


IMG_8099
下田は独特の地形をしている。


IMG_8103
ペリーが最初に来たのは浦賀。
日米和親条約を締結して下田を開港。
その後ハリスが下田に来て日米修好通商条約。


IMG_8102
崇められてるのはペリー。


IMG_8109
下田公園へ。
また紫陽花祭りだ。


IMG_8113
7分咲きすか。


IMG_8123
開園記念碑。


IMG_8119
いやいや、なかなかどうして。


IMG_8124
いい感じの咲きっぷり。


IMG_8164
斜面一面紫陽花。


IMG_8176
下田の街を見下ろす。


IMG_8183
コレはすごいですよ。


IMG_8201
紫陽花を堪能した。
下田城跡が公園となっており、自ずと山城巡りとなっていい運動になった。


IMG_0290
下田公園から降りたところにある住宅。旧澤村邸。
見学無料とのことなので入ってみた。


IMG_0292
なるほど。


IMG_0291
旧澤村邸の正面にいい感じの川が流れている。


IMG_8223
川沿いの道、ペリーロードを歩く。
感じがいい。


IMG_0278
そのまま了仙寺へ。
日米下田条約が締結された場所。
国指定史跡だ。


IMG_0279
横にある黒船博物館にも寄ってみた。
だんだん時間がなくなってきたぞ。


IMG_8230
帰り道、香りにつられてかつお節を購入。
味覚だけでなく嗅覚も敏感になっている。


IMG_8236
無事、帰りの普通列車に飛び乗る。


IMG_0280
帰りの車窓からも海が見える。

いやあ楽しかった。

無事バスに乗って15時に帰還。
お風呂へ。

15:45から施術。
お腹になんか乗っけてローリングマシンと、カッピングと、全身のマッサージ。

施術の間洗濯機を回しておいたので干して、急いで17:00からのスロトレに行く。
しかし、明日は雨予報なので、今から明日朝の予定だったトレイルウォークに行くという。

まじかよ。

体操というから軽い服装(阪神タイガース北條選手のレプリカユニ)にしてしまったぞ。
しかし、もう時間ギリギリだしそのまま行くことにした。


IMG_0294
トレイルウォーク。
DHCのスパの近辺までバスで移動して山道を早歩き。
写真はまた撮って頂きました。感謝。


IMG_8257
やはり山道は気持ちいい。特に所々海が見えるので海からの風が気持ちいい。
やはり山歩きしなくてはダメですな。


FullSizeRender
戻ってから夕食。
なんとようやくご飯が固形に。かわいいおにぎり2つ。
お麩(車麩)が角煮に見えた。
角煮に見えた方が他にもいらっしゃったようで良かった。


FullSizeRender
なんと味噌汁には大根が入っている。
これも画期的だ。

これだけで充分食べた気になった。

その後、急いで再度お風呂に入って18:45から生活習慣改善講座。
ためになるいいお話でした。
食べる時はお腹を空かせて美味しく食べる。
食べたくない時は無理して三食食べなくてもいい。
二日酔いでお腹がパンパンの時など、お腹が空いていない時は朝食を無理に食べる必要は無い。
今回3日食べなくても皆さん大丈夫な訳ですからと。
特に短い周期の断食を生活に取り入れるというのは良いかもしれない。
金曜の晩を抜くとか。それは難しそうだが日曜日の晩を抜くのは出来そうだ。
そしてその人なりに出来ることを1つでも増やす。
それを明日の退所面談で話し合うようだ。

今日も疲れたなということで、マッサージチェアをやってから21時半頃には就寝


【6日目】

翌朝4時に目が醒めるもまだ早いので布団の中でむにゃむにゃ。今日は雨予報だが小鳥が鳴いているしまだ降っていないのかな。
5時過ぎにベッドから起きて外を見ると小雨模様だ。散歩に出ることにした。

散歩に出ると少しずつ雨が強くなってきた。今日は本降りなのだな。空腹はそれほどでも無くなったが、坂道を登るのがつらい。長期滞在の疲れと毎日歩いている疲れが出たのか、それとも食事(糖分)を取ってから身体がまだ糖分が足らないと言っているのか。


IMG_0295
帰ると丁度代表が海を連れて来たところだった。
かわいいね。

6:30からは「目覚めのヨガ」
なのでトレーニングルームに行くと、まだ小雨だからとやすらぎの里周辺の散歩に変更。

マジかよ。


IMG_0297
傘を差しながらの散歩。
しかし流石にいい感じのコースを知っている。
なんだ、最初に教えてくれれば良いのに。


IMG_0293
7:00からは「スロトレ」。
ガシガシやる筋トレでなくてゆっくりやる筋トレ。スクワットなんかガシガシやるイメージがあるが、あれは反動をつけて動かしているので筋肉には作用していないらしい。なのでゆっくり下ろしてゆっくり上げて上げても上げきらないでまた下ろすという動きを繰り返す。お尻を突き出して背筋は伸ばして手は前。なるほど。
腹筋のクランチも速くやるよりゆっくりやった方がいいらしい。なんだ速くやっていたよ。
あとはレッグレイズ。これも四つん這いからゆっくりと片足を伸ばして上げる。
これを始める前の準備運動のくだり。「昔はスポーツの前にストレッチをしろと言われたが、今はプロスポーツ選手で競技前にストレッチをする人は誰もいない(その通りです)。なのでウオーミングアップをします」と話をした後で、動きながらほぐす動きをするなど、ちゃんと新しい情報も取り入れながらプログラムを考えて進化させているのだなと感じた。
その後終了まで時間があるということで笑いヨガ。笑いをヨガの呼吸に取り入れたもので、最初はこっぱずかしかったが半ばヤケクソでやってみたら面白く、心が和んだ。どうもその道の第一人者がいらっしゃるらしく、面白いことを考えるなと感心した。

8:00に終了して朝風呂へ。

8:30からは「やすらぎの手当法」というプログラム。
手当法か。そしたら腰のマッサージとかするだろうからと思い、甚平に腰ベルトも巻かないで参加した。
しかし・・・これが大きな間違いで、手当法の前にまずは「呼吸体操法」から。これのやり方を地べたに座布団座って説明を受ける。ヤバい腰がチョー痛い。そこにある座布団を取るも手遅れ。
どうせ呼吸体操法の本番は立ってやるものということに気づき、悪いけど説明聞くところから立ち上がってやることにした。今回最も腰が痛かった時だ。
悪いけどその後はよく覚えていない。
腰ベルトはどの回でも必須ですな。いい教訓になりました。

汗をかいたのでもう一度入浴。


FullSizeRender
10:00から朝食。うどんだ。
素うどんかと思えば野菜がいっぱい入った具沢山のうどん。薄味の出汁に野菜の旨味が出てうまい。


IMG_8274
そして画期的なのはこの七味唐辛子だ。
うどんについてきた。
ここまで刺激物のようなものは摂取しないで来たから、数々の成分がビンビンと身体を刺激する。


IMG_8278
朝食を食べたら10:25のバスに間に合うよう出発。

伊豆高原駅で10:40発の送迎バスに乗り込む。


IMG_8288
そうDHCの赤沢スパへ。
到着してユルユルと歩いていると、インストラクターのお姉様が「アクアベル」なるプログラムがあると紹介してくれた。とりあえずやってみることに。端的に言うと空のプラのダンベルを持ちながら音楽とお姉様の動きに合わせて動くのだが、プラのダンベルは水に浮く為、沈ませる時に結構負荷がかかる。20分やってグッタリ。
その後月曜と同じくサウナ「アウスグーフ」へ。その後の水風呂は最高ですな。
少し休んでまた歩いて、ソルトピットという塩だらけの部屋へ。
ココが気持ち良く気がついたら14:00。
調べたら14:20に送迎バスがある。これに飛び乗れば14:45の路線バスで帰れるぞ。


IMG_8291
伊豆高原駅のロータリーでやまももの実を頂く。
とても青臭いが酸っぱくて野の味がして美味しいぞ。


IMG_8297
帰りに高原中央バス停近くにある「野坂オートマタ美術館」へ。
15:00頃に到着。
オートマタとは西洋の動く人形で、かつて時計メーカーが腕時計を開発して発売した頃、その技術力を誇示するための広告塔として作られたらしい。動力も時計のそれに呼応してか、初期のものはゼンマイ仕掛けだが後に大型の電動のものが登場する。
何よりキレイな人形がメカで動くのだ。所内でも実物の展示と動画が紹介されていて興味深かった。
ちなみに日本のからくり人形は、西洋でも「karakuri」として区別され尊重されているようだ。

しかし動くものは動いてナンボだ。やはり動画でなく実際に動くとこが見たい。
見ると16:00から実演があると言う。
おー。コレは待ってでも見るべきだな。時間を潰そう。

館内も実際のメカの展示や工具やアトリエの展示やオートマタの歴史など、機械好きの方ならば見どころはたっぷりなのたが、何せ小さい美術館なので流石に1時間はもたない。


FullSizeRender
なので併設のカフェで紅茶を。
いい温度で淹れてくれて本当に美味しい紅茶だった。
勿論、紅茶が久しぶりという強力なスパイスも効いていたが。

そうこうしていたら他の二組のお客様は帰ってしまった。
動いてナンボの展示をほんの少し待てば実際に動くところが見れるのに。
悪いけど見ずに帰る方々の気持ちが解らなかった。

学芸員の方が気を使ってくれてか少し早めに実演スタート。
観客は私め1人。すなわち貸切だ。

1980年代の比較的新しいオートマタから往年のオートマタまで、学芸員の方が丁寧に説明しながら次々に動かしてくれる。コレはなかなかスゴい。一見の価値がある。
そしてやはり電動じゃなくて、ゼンマイ仕掛けでオルゴールと連動するオートマタが味があって良いですな。
クイズも当てて景品を頂きご満悦で帰還。


IMG_8404
帰ってから16:40から退所面談。
入所時にバラバラだった自律神経もほぼピッタリと揃い、身体にいいことが証明された。
体重や体脂肪も少し落ちたけれど、それよりもココロとカラダがリセットされたのだ。それが嬉しかった。
そのまま入浴。


IMG_8306
18:00から夕食。
待ちに待ったフルコース。
いやあおつかれさまでした。


IMG_8307
食前酒がわりのハーブティー。


IMG_8308
前菜から凝っている。白ワインが欲しいところだ。


IMG_8311
サラダ。んまい!


FullSizeRender
ミネストローネ。身体に沁みる。


FullSizeRender
そしてメインディシュ。
季節野菜のバルサミコソース鯵のソテー添え。
いやあ。食べるって楽しいですね。


FullSizeRender
しょうがごはん。
どれもこれも美味しい。


FullSizeRender
デザートもつく。豆乳ブランマンジェ。
やまももソースだ。
美味しゅうございました。


IMG_8328
いつも食事や講座でお世話になった食堂。
ありがとうございました。


IMG_8330
海が見えるテラス。
ありがとうございました。

部屋に帰って荷造りして就寝。


【7日目】

IMG_8339
最終日の朝も5時起床。
雨が降っていない。散歩できるぞ。しかし気温は推定17度。これは涼しいいや寒い。寝る時長袖長タイツなのでその上に新井良太のレプリカユニと短パンで出ることにした。
昨日のコースをプラスして1時間くらい。少し雨も降ってきたので傘を持って出て良かった。


IMG_8343
帰ると6時10分。だけどロビーにも誰もいない。ヨガの時間は6時半からなのだが、皆早めに行って瞑想の時間になっている。水分を補給して途中から参加。
最後のヨガ。瞑想中の大沢先生の言葉、沁みた。


IMG_8349
その後は気功体操だったのが、小雨なのでと急遽予定変更して来宮神社へ参拝へ。


IMG_8367
鬱蒼として貫禄のある神社だった。


IMG_8370
帰ると、やすらぎの里で仕入れいる八百屋さんがロビーに急造のお店を広げていた。


IMG_8371
美味しそうな新鮮野菜だ。
いくつか購入した。


IMG_8374
9:00。朝食。
すっかり普通食だ。うまいぞ。
生命力が身体の中から湧き出るようだ。
中央右はおかゆパン。
断食中に作るおかゆは薄いので固形分が残るらしい。その残ったおかゆを粉やフルーツと混ぜて焼いたもの。美味しくて食べごたえがあった。


IMG_8375
干物もこんな感じで頂いた。

10時の送迎バスで伊豆高原駅へ。


IMG_8398
帰りもスーパービュー踊り子号。
海側の座席が空いていた。


IMG_0288
電車の時間まで構内観察。


IMG_0289
なんと、車庫の奥に100系電車が保存されていた。
あれは名車だったな。


IMG_8397
スーパービュー踊り子で東京駅まで。
コレに一度乗ると、普通の踊り子号には乗る気がしない。


IMG_8382
お土産のフルーツケーキ。
普通こういうものは添加物たっぷりだが、手作りという事で安心だ。
帰りの車内で頂いた。

家に帰って夕食。先程購入した野菜類と本ワサビを購入したので刺身を買って豪華夕食。
久々のビール。
しかしなかなか入っていかない。
刺身もだいぶ残して翌朝の味噌汁の中へ。
胃が小さくなっているのと、やはり味覚が敏感になっているのだな。
まあいずれにせよ戻ってくるだろうけど。


IMG_8402
この予定表も、施術や面談の予定と毎日の予定変更、
そして自由時間の算出でかなり書込みが増えた。

この1週間で、見事に心と身体をリセットできたし、一緒に泊まったメンバーも初対面だったけどいい人ばかりでとても楽しく過ごせた。総じていいリフレッシュ休暇になった。できればまた来たいと思う。

しかし、今のご時世働き方改革なんてのもあるし、需要が増大して、この先更に予約が取りづらくなるかもしれませんな。