つづきから

【5日目】

IMG_9928
前日の雨は上がり、予報通りキレイな晴天となった。明日は雨予報。昨日は焼岳に行ったし今日中に徳沢に移動するか考えたが、雨が酷いようならば小梨平で今の装備のまま堪えて、天気の良い金曜日に徳沢に移動した方がいいだろう。
それならば中日の5日目水曜日は、さわんどへ荷物の入れ替えと、ノンビリと大正池から上高地観光でもするかと。


IMG_9920
朝食は親子丼。フリーズドライ品も段々とコツが解ってきた。


IMG_9929
焼岳。惚れ惚れするほどキレイだ。


IMG_9936
今度は河童橋越しの焼岳。
昨日登っただけに無類の愛おしさ。


IMG_9937
穂高連邦。


IMG_9940
9時頃には駐車場へ。
荷物を入れ替える。洗濯物や使わないものを車に。逆に必要そうな衣類を補充。毎日お風呂に入れるからこれ幸いにインナー類も毎日替えてるし。


IMG_9941
さわんどは、そこ自体がいい温泉地なのだが、今ではすっかり上高地への中継点となってしまっている感がある。


IMG_9942
9:50には大正池へ。
既に賑わっている。


IMG_9943
以前乗ったボート。
流石に一人で乗るのは周囲からの視線がキツイ。


IMG_9944
大正池越しの焼岳。


IMG_9946
焼岳の解説。


IMG_9945
大正池越しの穂高連邦。雲が掛かっている。


IMG_9948
そのまま散策路へ。


IMG_9951
田代湿原のあたりから穂高連邦。
雲が掛かっている。


IMG_9956
田代湖。


IMG_9958
田代橋。


IMG_9961
川沿いを歩いて河童橋方面へ。ベタな上高地観光だけれども、景色はやはり素晴らしい。


IMG_9964
上高地バスセンターで魅力的な看板が。
もうすぐ11時。なので併設の売店で少し時間を潰して入ることにした。


IMG_9965
頂きます。


IMG_9966
上高地定食。とろろいもを追加。
岩魚の塩焼き美味しかった。


IMG_9977
予報に反して午後から雨が降ってきた。
テントに戻ることに。
焼岳は昨日行っておいて本当によかった。


IMG_0034
明日も雨だし、レンタルの椅子にはポンチョを着せてあげた。


IMG_9980
連日の雨ですっかり雨で濡れているテント。特に水はけが良いわけでは無いので底はどうしても浸水してくる。テントとぴったりサイズのインナーマット(キャラバンのAPテントマットM)を敷いているのでどうということはないけど、周囲から雨漏りを嘆く声は良く聞こえてきた。
この辺りはオートキャンプの知恵が生きていたりする。


IMG_9981
もう早くから風呂に入って生ビール。


IMG_9985
そして夕刻はタープ下での調理。


IMG_9987
売っている肉と野菜を適当に煮込む。
こんなもんが美味しいのだ。


IMG_0004
衝動買いしたキャンドルランタンもいい味を出している。
うつらうつらしながら就寝。


【6日目】

IMG_0012
翌朝。朝は20度ちょっとまで下がる。


IMG_0013
朝食はコレ。
今日は雨だ。どうしようかね。


IMG_0014
しっかり降っている。


IMG_0018
とりあえず雨具を着て上高地温泉ホテルへ。途中雨も小康状態になりいい感じに。
かの文豪が入ったという温泉へ。前回来た時には来れなかったので。
いい温泉だった。


IMG_0020
ギャラリーでこのようなものもやっていたので鑑賞した。
絵を薦められたが丁重にお断りさせて頂きました。


IMG_0023
そのあとは上高地帝国ホテルへ。
格式高い日本有数の山岳リゾートホテルだ。


IMG_0024
前回行ったレストラン。


IMG_0025
正面に回った。


IMG_0027
ホテルのミニチュア。
こういうのに惹かれます。


IMG_0026
そして値段を見て・・・、冷静になってやめた。
以前来た時は生ビールは1000円だったと思う。
流石にお一人様ランチでこの価格は散財だろう。


IMG_0028
ということで連日バスターミナルの上高地食堂へ。


IMG_0029
気になっていた信州サーモン丼。
うまかった。


BlogPaint
雨の中テントに戻る。
もう6泊か。


IMG_0037
小梨平最後の夜ということで、売店のお姉様が薦めてくれたこのお酒を頂くことに。


IMG_0038
生貯か。今夜中に飲んでしまわないといけないな。


IMG_0039
タープ下で調理開始。


IMG_0040
牛肉をお酒と砂糖と醤油で適当に煮込む。


IMG_0042
こういうのが美味いのだ。


IMG_0043
下に野菜もたっぷり沈んでいる。


IMG_0047
雨があがったら外に出てみるが、降ったり止んだりの繰り返しで、タープから出たり入ったりの繰り返し。


IMG_0057
そして今宵もキャンドルランタンが活躍。
うつらうつらしながら就寝。


【7日目】

IMG_0060
翌朝の朝食。
謎のにゅうめん。


IMG_0061
キレイに晴れた。


IMG_0068
いい天気だ。


IMG_0071
なので、せっかくなので乾燥撤収を目指す。その方が次の徳沢で居心地がいいだろうし。

のんびりと乾燥撤収していたらブロガーこうたろさんが声を掛けてこられた。なんと西穂山荘からジャンダルム超えでココまで来たらしい。しかも水曜日木曜日の悪天候を抜けて。うーん凄い方だ。
私めはすれ違いで徳沢へ。徳沢のお風呂のお湯の調節の難しさを教えていただいた。


IMG_0084
だいぶ荷物減らしたんだけどなぁ。
食材やらが入った折りたたみザックを前に抱えてスタート。


IMG_0080
2時間も掛からず徳沢に到着。


IMG_0076
なんとルービーの値段にビックリ。
まあ山だから仕方ないのだけれど、小梨平はレギュラー缶250円・ロング缶350円という驚異的な価格だったから。


IMG_0088
徳沢園で受付。
せっかくなので2泊することにした。


IMG_0082
いやあ、いいですな。


IMG_0087
トイレからもそれほど遠くなく、視界が広い良さげな場所に設営。


IMG_0090
天気も良さげだしソロテントオンリーだ。後ろに木があるので、近くに他の方が来る可能性は少ない。
一つ失敗したのが、左後ろにある道が徳沢ロッジに繋がっていて人通りが思いの外多かったことだ。
でも気にしなければ気にならないレベル。


IMG_0091
ルールは守りましょう。
焚き火は禁止ですと明記されている。


IMG_0093
設営も終わり徳沢園で生ビールをば。
750円也。後に缶ビールを追加(笑)。


IMG_0095
昼食がわりのおでん。
650円也。


IMG_0098
お風呂は徳沢ロッジ。


IMG_0099
15時まで待って入浴。
こうたろさんの情報通りお湯の調節は難しかったが、年の功か適温のお湯を出す加減をつかむまでそう時間は掛からなかった。
少し狭いけれど清潔でいいお風呂だった。


IMG_0102
いやあ、いいですな。


IMG_0107
くつろぎモード。
最高のお一人様空間だ。


IMG_0110
少し歩くと穂高連峰が見える場所がある。
コチラに設営するべきだったか。


IMG_0125
今夜の夕食。持って来たフリーズドライ品も消費していかないと荷物が減らないぞ。


IMG_0126
今回はこのサーモスの保温容器が大活躍だ。


IMG_0127
頂きます。


IMG_0128
段々と暗くなる。なんと贅沢な空間なのだ。


IMG_0132
そしてテントに灯りが入る。

流星が見えないかしばらく粘ったがナカナカ出ない。
薄っすら雲も出て来たところで北極星近くでキラリと流星を確認。これはついている。

明日に備えて早く就寝することにした。


つづく