つづきから

【8日目】

IMG_0137
徳澤2泊3日の中日は涸沢までピストンすることにした。
天気もいいし。
今回も出来れば涸沢でテント泊したかったのだが、前半の天候が悪すぎた。
とりあえず今回一度行ってみてテント泊は次回のお楽しみにしたい。

写真は徳澤の朝5時前。
素晴らしい。マジックアワーだ。
IMG_0133
朝の気温も小梨平よりも一段低い。


IMG_0139
朝食はカップヌードルにフリーズドライの野菜。
涸沢まで片道4時間の行程だ。糖分取っておかないと。


IMG_0142
6:00頃、いざ出発。


IMG_0145
道中の景色に目を奪われる。


IMG_0151
遠くに見えるのは槍ですか。


IMG_0153
6:45、横尾が見えてきた。
ここまではほぼ平地でなだらかな登り坂。


IMG_0154
クラッシックな小屋。


IMG_0155
左奥に新しい山小屋が建っている。


IMG_0156
横尾を中心に色々なところに行ける。
小梨平より、徳澤よりも硬派な雰囲気が漂っている。


IMG_0157
テント場。


IMG_0159
横尾大橋。


IMG_0161
左に雄大な山々が。


IMG_0162
上高地から11キロも歩いてきたのだ。
そして槍まで11キロ。


IMG_0163
目指す涸沢は6キロ。


IMG_0166
7:15、暫し休憩して出発。


IMG_0167
橋を渡る。


IMG_0168
橋から見る梓川もキレイだ。


IMG_0170
下流側。


IMG_0174
7:35、少し歩くと登りが始まる。


IMG_0177
景色に癒されながら進む。


IMG_0179
立ち止まって写真を撮ってしまう。


IMG_0185
8:00、橋が見えてきた。


IMG_0186
本谷橋だ。もう半分以上歩いたのか。


IMG_0187
いい感じの吊り橋だ。


IMG_0188
渡る。


IMG_0191
だんだん山も深くなってくる。


IMG_0192
水が気持ちいい。
暫し休憩。

歩いている間に大切なことを思い出した。残りの所持金の事だ。
上高地や沢渡にはATMが無い。それは解りきった事だが、これまで何も考えず消費してきたから財布の中から諭吉様が無くなってしまったのだ。まあ、あと一晩だし沢渡までは往復乗車券の復の方を持っているし、食料は最終日の朝まで確保できてるし大丈夫だろうと思っていた。

しかし肝心の事を思い出したのだ。








さわんど駐車場の駐車料金・・・








確か1日あたり800円だったよなぁ。
そしたら800円×9日で7200円。マジかよ。

駐車料金払えるだろうか。

今すぐ確認すれば良いのだが、しかしこんな川沿いの岩場でお金をコロコロ落としてしまったら目も当てられない。
今更ジタバタしても始まらない。テントに戻ってから確認することにした。
もし無かったら新島々までバスで出てコンビニでお金下ろすか、あるいは誰かに泣きついて貸してもらうか。


IMG_0203
8:25、金銭面での不安を抱えながらスタート。

ここからは更に急登となる。


IMG_0205
景色を見ながら休み休み登る。


IMG_0206
岩場登りだ。浮石が結構多いので要注意だ。


IMG_0209
本当にいい天気だ。


IMG_0211
ひたすら登る。


IMG_0212
休み休み行かないとね。


IMG_0215
9:08、岩場をトラバースする。


IMG_0227
上を見上げるとこんな感じ。


IMG_0228
あれか?


IMG_0230
とにかく進む。


IMG_0232
だんだんとそれらしき場所に近づいてくる。
なるべく日影を歩く。結構日差しもきつい。


IMG_0234
ここからは日影も無くなる。
しかしいい景色だ。


IMG_0239
途中にあった植物。


IMG_0240
癒してくれる。


IMG_0242
青空と緑。


IMG_0243
階段がそれらしくなって来た。
もうすぐか?


IMG_0244
9:56、いや、まだだった。
涸沢小屋か涸沢ヒュッテか選択を迫られる。


IMG_0245
とりあえず涸沢ヒュッテの方へ。
なんとなくそっちが近いような気がして。


IMG_0247
もうすぐだ。


IMG_0248
見えてきた!


IMG_0249
10:06、着いたー!


IMG_0250
水場と休憩場所。


IMG_0251
なんか新しい。


IMG_0252
テラスの上では多くの方がくつろいでいた。
おでん+ルービーが有名なのだが、所持金がないと気後れしてしまう。


IMG_0254
とりあえず涸沢カールの方へ。


IMG_0257
ヘリポートがあった。


IMG_0255
いやあ、


IMG_0259
パノラマ写真。


IMG_0260
どこを見ても素晴らしい景色だ。


IMG_0269
あれが涸沢小屋か。遠いぞ。


IMG_0271
この景色が見えるところで、


IMG_0280
岩の上に座り込んで昼食。


IMG_0281
昼食のカップヌードル。


IMG_0283
最高す。


IMG_0291
噂のテント場。
いつかは!


IMG_0295
受付。


IMG_0296
岩場が多いのでレンタルのコンパネがある。


IMG_0297
安全を訴えかける掲示板。
よく読もう。


IMG_0298
ここから北穂高岳へも奥穂高岳へも行ける。


IMG_0301
手書きの地図。


IMG_0303
北アルプス全貌。


IMG_0304
11:38、満喫したので下ることにした。
おでん+ルービーはまたの機会に。


IMG_0318
13:53、横尾大橋まで戻った。
下りもナカナカしんどかった。
ここまで戻ればあとは平坦だ。


IMG_0326
14:57、ようやく徳澤へ。


IMG_0327
ふぅー。


IMG_0330
皆さま想い想いに楽しまれている。

テントに戻ってから所持金を計算。
財布から小銭入れからポケットから全て調べたら・・・、

なんと、




8140円ありやした!!





助かった〜♪
800円のお風呂に入れる。

そして更に調べたら小梨平の駐車場は1日あたり800円でなく600円だった。
良かった〜!
600円×9日で5400円。
それにお風呂代が800円だから6200円が必要経費だ。

それを除いた分だけルービーが買える♪!

ということでロング缶3本を購入。


IMG_0343
残りの所持金は290円。
必要経費の6200円は別のところにガッチリガード。


IMG_0331
お風呂に入ってリラックス。
なけなしのお金で買ったロング缶を頂く。


IMG_0335
17:00過ぎたし、今日の夕食。
これでフリーズドライのカレーは最後だ。


IMG_0338
頂きます。


IMG_0339
そして、小梨平で買ったワインが一本余っていた。
これは最高の隠し球だ。自分で自分を褒めたい。


IMG_0340
流星が見えるといいな。


IMG_0344
マジックアワーの始まり。


IMG_0345
もう、この空が最高のおつまみです。
もう一つ確信犯の隠し球、ラム酒(ロンサカパ)をフラスコに仕込んできた。


IMG_0348
夜は雲が出たり消えたりで星は鮮明に見えなかった。
諦めて早めに就寝。

しかし夜中にトイレに起きると空は雲一つなく、暫し粘ったらキラリと流星が。
良かった。


IMG_0351
2:52、トイレに起きた時の気温計。
放射冷却で一桁に届きそうだ。


IMG_0352
3:30、朝は早めに起きて最後のフリーズドライ品をテント内で頂く。
何せ上高地バスターミナルまで、重い荷物を背負って2時間歩かなくてはならない。
お湯は昨晩沸かして山専ボトルに入れたもの。調理中(お湯で戻している間)に不要なものからパッキング。


IMG_0353
写真では今一つだがナカナカ美味しかった。


IMG_0357
5:10、穂高連峰に朝日が当たってキレイだ。
涸沢から見たらまた違った感じなのだろう。

そろそろ出発だ。
テントに下げた札は徳澤園の前に返却できるボックスがあるので返却。


IMG_0358
5:25、さよなら徳澤。


IMG_0359
早朝の道だが、何人もすれ違ったり追い越したり追い越されたり。


IMG_0360
いいすね。


IMG_0361
6:05、明神館。いいペースだ。
少し休憩。


IMG_0362
明神岳もキレイだ。


IMG_0366
6:40、小梨平。
お世話になりました。


IMG_0365
画伯もご健在でした。 頭が下がります。


IMG_0367
6:44、河童橋。


IMG_0369
おー、いい天気だ。


IMG_0370
帰るのが勿体ない。


IMG_0378
6:53、だいぶ早く上高地バスターミナルへ到着。
帰りはザック1つにまとまった。
シュラフ類は減らせないと思うと、衣類や食料を考えなくてはですな。


IMG_0381
大事に大事に取ってあったバスの乗車券。


IMG_0383
7:25発のさわんどバスターミナル行きバス。豪華なバスだ。
早く到着すれば大荷物を下のトランクへ入れてくれる。


IMG_0388
8:10、駐車場に戻って来た!
パンダ号を探せ!
いや、パンダ号が待っている。


IMG_0389
無事、計算通りの駐車料金を支払ってゲートの外へ脱出!
おつかれさまでした!
帰りはほぼ渋滞なしで帰還。

今回の8泊9日の工程、とても楽しかった。
そしてテント泊での登山も自信がついた。
次回は涸沢泊で穂高連峰を目指したいな。
そして来年の夏も上高地へ行きたいと思った。