IMG_7545
長年YAMAHAのP-200という電子ピアノを使っていた。買ったのは広島へ引っ越した1998年のことだ。
それ以前はKurzweilのK1200という88鍵盤のを使っていた。シンセとしては優秀でストリングスなんか凄く良い音を出していたが、肝心のピアノの鍵盤はストロークが短くあまり良いものでは無かった。弾いてると指が痛くなった。
そんな時にP-200が出た。これまでのステージピアノと呼ばれるピアノの中では鍵盤も音も良くて良い製品だったと思う。広島でひとり暮らしを始めるにあたって思い切って買ったのだった。

それが3度の引っ越しを経て静岡に来てから、鍵盤が上手く動かなくなってしまったのだ。

IMG_7546
一部の鍵盤がガチガチに重くなってしまった。油が切れてしまったような感じだ。音は出るのだが。
ネットで調べると分解してO/Hされている方もいらっしゃるが、以前のバイト先であるヤマハの方に聞いたら出張修理で診てもらった方が良いとのことでネット上で申し込んだ。

IMG_7282
エンジニアの方が来られて分解。

IMG_7283
中を見たのは初めてだ。
スピーカーもしっかりマウントされている。さすがヤマハと思った。

IMG_7284
ふむふむ。

IMG_7285
これがGH(グレートハンマー)鍵盤か。

IMG_7286
なかなかホコリが溜まっている。

IMG_7287
ホコリが溜まっているのもあるが、鍵盤とフレームが破損していて、クリーニングしても上手く動かないだろうと。

IMG_7288
やるとすれば鍵盤ユニット全体の交換で、それは今でもやればできる。しかし6万円くらい掛かるようだ。なかなか微妙な金額。
そして鍵盤が新しくなっても、基板類は既に製造中止なので、そちらが逝ってしまったらもう治らない。

IMG_7289
いずれにせよ今日はどうにもならないのでインオペして頂くことに。

IMG_7547
まだ動くんだけどねぇ。

IMG_7290
領収書。
わざわざ浜松から来ていただいてこの金額では申し訳ないけど、来られた方も「治していないのにお金を頂くのは申し訳ない」と仰られていた。なんて良い人なんだと思いながら、そういう不毛なクレームをつける方が世の中には多いのだろうと容易に想像できた。

IMG_7540
さて、やはり家にピアノ鍵盤は欲しい。後継探しをすることにした。

P-200はこうやって上にシンセを乗っけることが出来たので丁度良かったのだ。スタンドはYAMAHAのLG100。昔は鍵盤2段重ねにするLGA100というオプションも持っていたのだが、P200と合わなかったので捨ててしまった。今はもう入手できないらしい。するとなんとヤフオクやメルカリで高額で取引されているでは無いか・・・。後悔した。

P200の後継としてCP300というモデルも出ている。筐体は殆ど一緒。

IMG_1726
昨年末にライブをやる機会があってこの時はCP300をレンタルしたのだった。

IMG_1725
上に自前のKORG X3を重ねた。このサイズのシンセだと結構ギリギリなのだが工夫すればなんとかなる。

しかしCP300は2006年のモデルだ。10年以上前のモデル。それが安くなっていれば良かったのだがそうでもない。しかもP-200のいいところでもあり最大の欠点である重量に関してはそのまま継承されている。この先歳を重ねていく事を考えたら、この32.5kgという重量は大きな負担となるだろう。(P-200は30kg)

候補を絞った。比較表も作った。
やはり鍵盤はしっかりしていて欲しい。そしてMIDI出力と外部音声入力は欲しい。シンセの音を外部音声入力につなげば家の奥からミキサーを引っ張り出してくる必要がない。そうなると安いモデルは淘汰されていく。

ローランドはお金を出せばいい鍵盤のモデルが買えて、それは良さげなのだけれど、安めのモデルの鍵盤は昔感じたハンマーアクションのわざとらしさが残っているように感じてどうも好きになれず。要はRD-2000FP-90に採用されているPHA-50鍵盤は良いが、それらより安価なモデルに採用されているPHA-4鍵盤はどうしても合わないような気がした。
かと言ってRD-2000は市場では軽く20万円超え。FP-90も20万円くらい。うーん。

実はヤマハも同様で。安価なモデルに採用されているGHS鍵盤はどうも今一つ。これまでのP-200はGH鍵盤。やはりそこから落とすわけにはいかないだろう。ヤマハは丁度CP88が出たところだがこれも軽く20万円を超える。という事でヤマハの第一候補はP-515。スピーカーが付いているのもP-200の後継と考えれば良い。外部入力が付いているのも◎。

そんな時に目についたのがコルグのD1だ。

鍵盤は自社の中で最も良いRH3鍵盤。そしてスピーカーも無いし音色数も少ないが、ステージピアノとして最低限の機能を備えている。外部音声入力が無いのは不便だけど、何よりこの内容で5万円くらいで買えるのだ。コンセプトは素晴らしいし、まさにこんな電子ピアノが欲しかったのだ。
実物を見に浜松の大型SSにある島村楽器へ。試奏させていただいた。
うん、これで充分だ。

ヤマハのP-515はヤマハ銀座店に展示してあった。かつてアルバイトとして店内をぐるぐる巡っていたあたりに鎮座していたP-515。弾きなれたヤマハの鍵盤。音も悪いわけはなく、これならスピーカーも付いているし外部入力あるしMIDI出力もある。
しかし、しかし、なんか端っことかが所謂生ピアノの艶々の黒い塗装となっていて。うーん。これは専用のスタンドと合わせて使う前提なのか。それなら据え置き型のクラビノーバでも良いのでは無いか。やはりコンセプトとしてはD1の方が合っているな。
地下のLM売り場に行ってみた。CP88もあったしその一つ前のモデルCP4Stageも展示されていた。もちろんどっちも良い感じだ。うーん。しかし高い。特にCP88は25万越えだ。

新宿Pepeの島村楽器には、KORG D1とCP4Stageが両方あって。弾き比べてみるとやっぱり値段だけの事はあってCP4Stageの方が良く感じた。鍵盤も木製だし。昔のバイト先の方もCP4Stageは音もいいしオススメと言われていたし。

静岡へ帰って島村楽器へ。

IMG_7556
CP4Stageの展示品が安く売っていたので買うことにした。

IMG_7557
やはりYAMAHAというブランドへの信頼感。そしてかつてのバイト先への忠誠心。電子ドラムは殆ど迷わずにローランドにしたし、シンセ類は殆どコルグだけど、国産大手3社のバランスが取れていて良いのかもしれない。

IMG_7548
P-200は静岡市の粗大ゴミ収集で持っていってもらった。
P-200を載せていたLG-100の上に新しいCP4Stageを載せる。

IMG_7554
おお。いい感じだ。
重量も17.5kgとP-200の30kgに比べたら随分軽い感じだ。

IMG_7559
P-200の楽譜立てを取り付ける事ができた。P-200は楽譜立てが標準で付いていたが、CP4Stageには付いていない。オプションだ。注意が必要だ。

IMG_7560
こいつ動くぞ。

IMG_7566
そしてCP4Stageにはスピーカーが付いていないので、BOSE101MMとATの小型プリメインアンプで音が鳴らせる態勢にした。BOSE101MMのブラケット類も全て捨ててしまったが、M5のボルトでラックに固定した。

IMG_8160
そしてもう一つ買い物を。

IMG_8161
ジャーン。

IMG_8163
YAMAHAポータブルシーケンサーの名機、QY20だ。Amazonで中古品が出ているのを見つけたのだ。以前持っていたものは液晶がぶっ壊れて修理不能になり。できる事は限られているけど操作性も単純明快で、電池で動くから持ち運びもできて。これまでQY20で曲も作ってバンドの練習用のトラックを作ったりだったので、これが壊れた時はほんと心にポッカリと穴が開いたような気持ちになっていた。

IMG_8165
こいつ動くぞ。

IMG_8166
懐かしい画面。

IMG_8168
左の4チャンネルは自由に使える。右からドラムトラックとベーストラック、それと伴奏のトラック2チャンネル。これらはパターンを組んで音を出せる。プリセットのパターンも随分入っていて、それらはコードを入力してやればそれなりの演奏をしてくれる。

IMG_8169
これが音の入力画面。こうやって一音一音入れることもできるし、リアルタイム録音もできる。

IMG_8170
このミニミニ鍵盤もなかなか良くできている。
この鍵盤での演奏やリアルタイム録音もやればできる。
とにかく良くできているのだ。今の時代にコレを作るのは難しいのだろうな。

IMG_8171
その後、CP4Stageの上にKORG X3(シンセ)を載せるべくのスタンドを検討したが、市販品には良いものがなく。LGA100も入手できそうに無い。なのでアングルで自作した。結局完全に自立は出来ずインシュロック(結線バンド)でLG100に固定した。

これでとりあえず本業?のキーボードの方も環境が整った。やはり2台のキーボードは、L字配置やV字配置、胸配置よりも2段重ねが弾きやすいですな。

IMG_9952
そして昨年末のライブでは、CP4Stageをレンタルした。生ピアノの音は曲によってCF-XとS600を、エレピも2種類を使い分けた。いい音が鳴りますな。音色の切り替えも簡単だ。

IMG_9953
LGA100も借りれたのでKORG X50(シンセ)もレンタルして2段重ねにした。ちょっと外観は貧弱だったかな。実際は自前のKORG NS5R(MIDI音源モジュール)鳴らしていた。

CP4Stage、木製鍵盤で弾き心地がとても良いし言うまでもなく音も良いし、必要十分な機能も揃っている。外部音声入力があるのは家庭では非常に嬉しい。一方で少しモデルが古いので今時のbluetoothなどの機能は無いけど、まあそれは私めには問題ない。
とにかく現行のCP88よりも定価も安いし、安く入手できるのであれば今でもオススメだと思う。