キャンプ道具

August 13, 2016

フェザーストーブの収納

IMG_1736
コールマンの白ガスシングルバーナーといえば、緑のスポーツスターがあまりにも有名だけれども、このフェザーストーブもなかなか捨てがたい。かつての名作ピーク1ストーブの復刻版と言った感じで、実は隠れた実力者なのだ。確かに連続燃焼時間はスポーツスターよりも短いけれど、火力は同じだし少しはコンパクトになるということでコチラを支持する方も多いのではないか。
しかし一つ欠点がある。それは現行製品にはケースがついていないのだ。
なので長年市販品で色々物色した結果、灯台下暗しというかモンベルのコッヘルがぴったりであることに気が付いた。

IMG_1737
ALPINE COOKER DEEP13がそれだ。
直接入れるのも無粋だなと思っていたら、これまたバーナーケースSというお誂えむけの商品があったので一緒に購入。

IMG_1738
残念ながら上下逆にしないと蓋が入らないのだけれども。

IMG_1739
ピッタリサイズだ。

IMG_1740
標準でメッシュのケースがついてくる。
コンパクトなストーブといえばOD缶のガスストーブが主流だが、暑い夏にガス缶を車の中に入れっぱなしにするのも気が引けるところ、これならば多少なら大丈夫だろう。このセットがあれば、車で出掛ける時いつでもどこでもお湯を沸かしたり調理することが出来る。白ガスなので寒さや高地にも強い。
行動派にお奨めのセットかと思う。

※2016年8月20日追記
フェザーストーブを逆さまにして運搬することは良くないようだ。点火しようとしたらジェネレーター方面に白ガスの液体が回っていてバルブを開いたら白ガスが吹き出して来た。
なのでALPINE COOKER DEEP13を逆さまにして(すなわちフェザーストーブは上向きに)運搬することにした。
近日中に写真も更新します。

kumadays at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 24, 2016

CAMP HACK

2016-01-24-18-14-07
CAMP HACKという情報サイトがある。
話題がキャンプなのでたまに読ませて頂いているのだが。

2016-01-24-18-15-59
どうやら日本最大級の情報サイトらしい。
まあネット上にこういうものがあるのは良いのだろう。

image
ある時、CAMP HACKのライターを名乗る方から、ずいぶん前の記事にコメントの書き込みがあった。どうもCAMP HACKに弊ブログの写真を使わせて欲しいという依頼のようだ。以前からキャンプは弊ブログの重要コンテンツのうちの一つだし、アクセス解析をたまに見ると今でもキャンプ関連の記事の人気が高い。
でも、もう広島を離れてから長いし、参考になることも無いと思って、こちらのコメント欄でお断りのコメントを入れた筈だったのだが・・・、

2016-01-24-18-11-48
しっかりと掲載されとるがな。

どうやらあのコメントは「使わせて頂くお願い」でなくて、「載せてあげるのでよろしく」という意図のコメントだったようだ。そりゃそうだ。日本最大の情報サイトのライター様だから、コメントを入れたブログ記事のチェックなんていちいちしている時間なんて無いだろう。「ご都合悪い場合は削除いたしますのでご連絡いただければ幸いです」とあるけれども、そこにはメールアドレスが書いてあるだけ。コチラは匿名でやっているブログだし今更メールによるやりとりはしたくない。
まあ、今回はこの写真1枚だけだし、使い方も酷いものではないし、メール出すのも嫌なので抗議するのはやめておくことにした。

CAMP HACKの詳細は分らないけれど、器具メーカーなどに対して色々と気を遣うことが多いのだろうか、残念ながらグッズの紹介の記事もカタログのコピペと何ら変わらない。要はキャンパーに本当に必要な情報は載っていないように思えた。このあたりやはり個人で熱心にやられているブログ等の方がいいのかもしれない。拙ブログで言えば、未だに9年前に書いたこの記事の人気が常に高いことから、キャンパーはこういう情報を望んでいるのでないかと思う。いや肥大化した日本最大の情報サイトには書ける情報ではないかな。

勿論、CAMP HACKに利用価値が無いという訳では無い。
要は情報を集める側の取捨選択ということなのだろうと思う。

kumadays at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 29, 2014

スノーピーク ポイントカード

2014-12-29-05-22-22
先日、最後の大物としてリビングシェルを購入した時にもらったポイントカード。ウチにもそれなりに同社の製品はあるのだけれど、このシステムが発足する前に購入したものばかりだ。なのでこれまでポイントカードを手にすることが無かった。というより昔からこのシステムがあれば、とっくのとうにプラチナなのだけれど。

先日、同社よりメールが来た。
今年中にあと¥16,210-購入すれば、カードのランクがレギュラーからシルバーになりますよと。ポイントの貯まる率が2%から3%に上がるそうだ。

悩んだ。

16000円とは中途半端な額だ。

とりあえずカタログを眺めた。

買うとしたら、持っていない「天」と「地」(もしくは他のストーブ)、あるいは「ちゃぶ台」。あるいは食器類くらいかな。テント/タープの類いはとりあえず要らないし、シュラフは昔買ったらあまり良く無かったし、アパレルの類いはコスパが悪過ぎ。
最後は「LBトンネル」を保険に色々物色してみた。

しかし、コレというものが無い。

自分の持ち玉を見て見ると、卓上で鍋をやる「ユニフレームUSD」がだいぶクタビレているが、スノーピークにコレの代わりになるようなモノは無い。あえて言えば「ギガパワーデルタポッド」だが、どう見ても火力が弱そうだ。
とはいえ板状の「シングルバーナー」は液出しなのでランニングコストが掛かり過ぎ。「剛炎」はもってのほか。
ということでストーブ類は却下。

それと「ユニセラ」もだいぶ古くなった。とはいえスノーピークの「リフトアップBBQBOX」にしても、「焼武者」にしても、「ユニセラ」よりたいぶ価格も高く持ち運びも嵩張る。なのでアウト。

ガスランタンの「天」や、ガスストーブ「地」は今になっても魅力だけれども、天と地を足しても16000円には届かない。2WAYランタンも然り。

う〜ん。

スノーピークストアにも行ってみたが、どれもこれも心を打つものは無かった。「ちゃぶ台」も絶対に必要な訳では無いし、「LBトンネル」だって必需品ではない。「ペンタ」もかつてあれほど欲しかったけれど、使う機会は少ないだろう。

そんな時に気が付いた。
シルバーになっても翌年に10万円以上購入しないとシルバーは維持出来ない。ゴールドに上げるのは20万円年間購入が必要。しかしゴールドも1年しか維持出来ない。次の年に購入しなければレギュラーに戻ってしまうのだ。
そう。年間30万円買ってプラチナカードにならなくては、永遠の命を手に入れることが出来ない仕組みなのだ。

こりゃ馬鹿らし。アホくさ。
今更30万円も何買うの。

ということで一気に熱が冷めた。

2014-12-30-10-50-26
モンベルを見習って欲しいよね。

色々と検討している時が一番楽しいものだけれど、今年もあと3日。
多分何も買わずに終わるような気がする。

kumadays at 06:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 29, 2014

久々の大物、最後?の大物。

BlogPaint
4月から消費税が8%に上がる。巷では日用品や家電などの買いだめ現象が起こっていて、それに対しては冷酷な目線でいたのだけれども、消費税増税以降も価格が変わらないと思われるものに関しては、増税前に買った方が得は得なのだ。

今日の昼頃にこの箱が届いた。
午前指定していたが、やはり消費税増税のバタバタが激しいのだろう。届いたのは12時を10分程度回ったところだった。

2014-03-29-12-21-06
段ボールの側面。
そう、アレですよ。アレ。

2014-03-29-12-15-56
段ボールを開けると店頭に並んでいる姿になる。

2014-03-29-12-16-14
いやあ、かつてこれが数多のキャンプ場で立ち並び、そしていくつも連結されている姿を見て、嫌だな〜と思ったの事実。で、コレだけは絶対に買わないと思ったこともあったけれども、先日のうさぎの森でティエラが雨漏りが発覚。処分しなければならないことになり。そうしたら秋から春先までのキャンプで使う外幕がなくなってしまう。

で、小川やら他のメーカーのものも色々と考えて比較検討して、最終的にやっぱりコレにしたのだ。

2014-03-29-12-21-40
重さも結構重い。
ただ設営はAポール主体で、比較的楽だからありがたい。

残念ながら試し張りする広い場所も無いし、多分ぶっつけ本番かな。

これで寒い季節も安心してキャンプできる。

kumadays at 20:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 03, 2010

モンベルクラブ南大沢店

IMG_0149
モンベルのFO店は、関東では、横浜ベイサイド、横浜みなとみらい、幕張、入間、南町田、南大沢にある。幕張と入間は行ったのだが、南大沢にも行ってみたくて。
11月3日の祝日に行ってみることにした。

IMG_0148
モンベルクラブ南大沢店は、三井アウトレットパーク多摩南大沢の中にある。
実は、ちょっと前に車で来たのだけれど、駐車場に停めて泣く泣く帰ったという苦い経験があるのだ。
なので京王線で来ることに。

IMG_0150
渋滞する車を跨いで渡るこの快感(笑)。

IMG_0146
場内は良くあるアウトレットモールの雰囲気。
おお、あれか。

IMG_0145
場内ではずっとイベントが行われていた。
歌を歌っていた人がいたのだけれど、素人のど自慢大会だったのかな??

IMG_0147
店内の写真は無し。
ずっとモンベルに行っていたが、カミさんは他の店舗に行って買い物をしていた。

↓私めが買ったのはコレ

モンベル(montbell) パックラップレインコート
モンベル(montbell) パックラップレインコート


仕事のカバンに忍ばせておけば、ちょっと寒い時とかに羽織れるかなと。
雨の多いシーズンにも重宝するかなと。
アウトレット品が多く放出されていたので買いました。
色はタイム。ストームクルーザーと同じ色だから持ち出す時に間違えないようにしないと(笑)。

他、小物類を購入。
最近、山に行く時も全身モンベル状態に近くなってきた。

↓最近買って良かったのがコレ。

モンベル(montbell) ウイックロン・トレッキング オーパイルソックス
モンベル(montbell) ウイックロン・トレッキング オーパイルソックス


クッションもいいし脱ぎ履きしやすい。
今迄はミズノのソックスを履いていたが、これからはモンベルかな。

やっぱりモンベルの商品って品質もいいし、その割に比較的安価だと思う。
アウトレット品で体に合うものがあれば、積極的に購入していきたいな。

kumadays at 20:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 23, 2010

ハーマン・ニャー

c9e8454e.jpg
建物の中だから電灯はあるのだけど、気分だけ。

広島ブログ
広島ブログ
↑いつも応援ありがとうございます


kumadays at 17:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 09, 2010

ウエアの防水

F1000003先日のかんびきで、ウエアの防水が劣化していることが判明。
今朝から防水処理をすることにした。
そういえばこのウエア、雪中キャンプ用にいいジャケットが無いかと思っていたら、パワーズで旧モデル品が格安で売っていたので飛びついて買ったものだ。丁度スキーウエアも古くなっていたし。
ノースフェイスが上下で2万円くらい。が、サスガに舶来物のノースフェイス。サイズが大きいと股下が長い。パンツは裾を折って縫って使っていたが、裾がボロボロになって捨ててしまった。今はモンベルの黒いパンツと合わせている。
そんでもって、このジャケットは「安物買いの銭失い」とは言わせないとばかりに着続けているのだ。防水が劣化したくらいで買い替える訳にはいかないのだ。

F1000004使っている防水スプレーはコレだ。
一般的な防水スプレーは、殺虫剤のようなものだろう。が、アレは人間が吸い込むとあまり良いものではない。そりゃそうだ。吸い込んで肺や内蔵の表面に防水のシリコン膜が出来ることを想像したら、使いたいとは思わない。
これは酢酸エマルジョン系だろう。すなわち木工ボンドを水で薄めたようなもの。だから木工ボンドの臭いを更にエグくしたような酢クサイ臭いがする。なので、作業は屋外でやらないと後で後悔する。
それと、スプレーとはいえ、ジャケットの表面がビチャビチャになるほど吹き付けないと均一に塗る事ができない。そしてその水滴が下に落下する。ベランダでも屋外でも下に新聞紙などを敷いて作業した方がいいだろう。
そして要らないタオルなどでムラなく塗り付けていくほうが上手くいくようだ。
済んだら乾燥(陰干し)させれば、酢臭さもどこかへいってしまう。正直言うと少し残るけれどね(笑)。
以前、他のウエアで試したことがあるが、撥水効果もバッチリ。結構長持ちする。

このシリーズ、他にも色々と揃っている。テントの撥水材や、ダウンの洗剤、ゴアテックスなどのウエアを洗濯する洗剤など。価格は高いが性能はバッチリ。
公式ページ

ニクワックス TXダイレクトスプレー
ニクワックス TXダイレクトスプレー


広島ブログ
広島ブログ
↑いつも応援ありがとうございます

kumadays at 16:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 22, 2009

フリースあれこれ

F1000008好日山荘での昨年のお買い物額が大変なことになって、今年11月まで使える割引券を1万円分もらっていた。
もう既に山の道具もだいぶん揃ってしまっていたが、この1万円をドブに捨てるのは勿体ない。ということで、先日買ったのがコレ。
先日のキャンプでも着ていたけれど、実に快適で暖かい。風を通さない加工がされているしウールが混紡されている。モンベルのフリースの中でも、かなり暖かい部類になるのだ。なのでスノーシューやスキーなど動く時には暑すぎるかもしれない。でもキャンプのように動かない場合、暖かいものが欲しくなるのだ。

モンベル(montbell) クリマウール ウィンドストッパー ジャケット M’S
モンベル(montbell) クリマウール ウィンドストッパー ジャケット M’S


F1000007昨年までこの用途に使っていたパタゴニアのR4ジャケット。アウトレットで安く購入したものだ。旧製品なのでモコモコだが、これは本当に暖かかった。これも風を通さない加工がされていて、これ一枚あるか無いかで全然暖かさが違うのだ。が、これもだいぶんくたびれてきた。本当はパタゴニアのR4が欲しかったのだが、何せ値段が高い。なので少しでも安いモンベルにした。
今朝の散歩の時、古いミズノのカッパの中に着たのだけれど、全然寒く無かった。コイツには散歩着に家着にとセカンドライフを歩んでもらうつもり。

F1000006先週まで朝の散歩に着ていたフリース。これは記念すべき?ユニクロの最初のフリースだ。
このフリースが大ヒットとなってから、ユニクロのウエアは日本の国民着となった。
もう袖もボロボロなんだけれど、なんで後生大事に持っているのか。

BlogPaint実は、もう10年前の話になるのか。東京の同僚とバンドをやっていた時、当時流行りだしたユニクロのフリースをステージ衣装にしたのだ。これなら経済的な負担も小さいし、統一感も出るし、好きな色を選べば個性も出る。
今考えれば、まずあり得ない話だけれどね。
なので、なんとなくこのフリースだけは捨てられないでいるのだ。

F1000009もうひとつ捨てられないフリース。ユニクロの出現までフリースは高級品だった。かなり高いモノだったのだ。コレは西武新宿駅ビルPEPEでスキー関係の安売りをやっていて、当時2万円以上していたデサントのフリースが1万円以下になっていたので飛びついて買ったのだ。
スキーに行った時の普段着や、春スキーの時のウエアなど、幅広く活躍した。
今でもソコソコ品質がいいことから、結構モノはいいのだろうと思う。現在は家着として活躍している。

実は、一番最初に買ったフリースは、これより前に量販店で1万円近くで買ったフリースのジャケットで、これは社用車に積みっぱなしになっている。寒い時の上着や、車を離れる時のボロ隠しなどに重宝している。

フリースが一般的になったのは、この10年のことなのだ。
今は寝巻もフリースだし、家着はほとんどフリース。
アウトドアウエアもフリースがかなり進出している。
楽だし暖かいし機能的だしね。

あ、焚き火や炭火を使う時は、上に綿など天然素材のウエアを羽織った方が良い。
フリースの唯一の弱点は「火」だから。
化学繊維は良く燃える。燃えて穴が空く。下手したら火ダルマ。
用心するに越したことはない。

広島ブログ
広島ブログ
↑いつも応援ありがとうございます

kumadays at 07:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

September 15, 2009

ランタン

c490383eキャンプ道具数あれど、一番愛着が湧くものは何だろうか。キャンプの象徴的なものはテントだし、昼間はタープにお世話になる。普段腰掛けるのは椅子だし、いやいや一番長い間身につけているのはシュラフかもしれない。
でも、やはり、困った時に助けてくれているのは火器なのだろうと思う。

70fff38cお湯を湧かし暖を取れるストーブと闇夜を照らすランタンは無くてはならないものだから、愛着が湧きやすい道具だし、コレクターも多く存在するのも解る。
ストーブに関しては置いといて、ここではランタンについて思い向くまま書いてみたい。

ランタンは燃料によってタイプが別れる。
大きく分けると、
1.液体燃料
2.ガス
3.電池
だ。

1.液体燃料
液体燃料を高圧噴射して気化させて燃やすものと、アルコールランプのような芯を使って燃やすものに別れる。

1)ホワイトガソリンのランタン
主にキャンプでランタンと言えば、液体燃料を高圧噴射して気化させて燃やすタイプを指すだろう。燃料はホワイトガソリン。主にコールマンが作っているタイプだ。
噴射した燃料は燃やされ、マントルと呼ばれる高熱で発光する布が光るという仕組みだ。このマントルは予め空焼きをしなくてはならない。また燃料を噴射させるために事前に「ポンピング」という儀式を行わなくてはならない。
このポンピングが面倒だということで敬遠されることもあるが、慣れてしまえば大したことは無い。寒さにも強いし、一番確実に点灯できるのがホワイトガソリンのランタンなのだ。

やはりキャンプのランタンといえば、コールマンのガソリンランタンにとどめを指すと思う。定番と呼ばれるものにはそれなりに良さがある。

c490383eこの写真の一番左の緑のランタン。これが私めが主に使っている286ワンマントルランタンだ。買うのに迷ったらコレにすれば間違いないと思う。
真ん中の茶色の200Bはガラスの部分(ホヤ)が丸くてカッコいいが不便なことがある。
実は、このタイプのランタンは、添加する時にチャッカマンを使う。200Bは下からチャッカマンが入らないのだ。なのでマッチかあるいは特殊なモノで点火する必要がある。コレクターの方は主にこのタイプを熱心に集められているが、常用するには不便だと思う。

286は市販のチャッカマンが下から入る。中には自動点火装置を備えたモデルもあるけれど、自動点火装置は故障して使えないこともある。チャッカマンで点火するのが一番確実なのだ。
なので、最近200Bは完全にお蔵入り状態。

他、288や290といったマントルが2つついた明るいタイプもあるが、マントルが2つあるということは2つ付けなければならない。面倒クサいし、2つ付けなければランタンを使うことが出来ない。これは痛い。すなわち予備のマントルが無くなってしまった場合使用不能になる可能性が高いのだ。

なので286が一番いいと思う。燃費もいいし減光もできるから満タンにしておけば一晩なら燃料補給は不要だ。それにスタンダードな品なのでマントル他の消耗品が手に入りやすいという利点も大きい。
もっと明るいのが欲しいとなった時、あるいはもう1台欲しいとなった時も、286は2台目のランタンとしても使い勝手がいい。
Coleman(コールマン) ワンマントルランタン
Coleman(コールマン) ワンマントルランタン


0f8ff9e4もうひとつ、フェザーランタンも持っている。
これもチャッカマンが使えるが、タンクが小さく満タンでも2時間で消えてしまう。それと「とろ火状態」が出来ないから減光が難しい。
外見は可愛らしいが最初に買うランタンとしては不向きだと思う。

2)灯油ランタン(噴射タイプ)
ホワイトガソリンと同じく灯油を噴射させるタイプも販売されている。ペトロマックスやゲニオールが代表格だが、ホワイトガソリンに比べて扱いづらいので、最初はやめておいた方が良いと思う。
魅力は燃料代の安さと、所有することの喜び。

3)灯油ランタン(ランプタイプ)
このタイプは、噴射タイプに比べて明るさはさほどではない。というより暗い。
が、何より味があるのと、燃料が灯油であることから、燃料代が安いのが取り柄だ。
寒い日のキャンプの朝

ハーマンニャー(2005_01大鬼谷)

ハーマン・ニャー
キャンプに彩りを加えてくれる。
とはいえ、暗闇の中で調理したり作業したりするにはあまりにも暗いので、そういう場合は、明るいランタンと組み合わせて使うといいだろう。
調理は明るいうちに行い、あとは焚き火で飲食だけなら、あるいはソロキャンプなら、このハーマン・ニャー+ヘッドランプで充分いける。

FEUERHAND(フュアーハンド) フュアハンドランタン
FEUERHAND(フュアーハンド) フュアハンドランタン



3.ガスランタン
ガスランタンは燃料にガス缶を使う。コールマンも多くのガスランタンを出している。
ホワイトガソリンのようにポンピングは不要だし、明るさはホワイトガソリンのランタンに劣らない。いや、中にはそれよりも明るいものがある。
ただ、このタイプのランタンは、殆どがキャンプ道具専用のガス缶を使う。これは非常に割高なものだ。明るいタイプのランタンだと、700円から800円もするガス缶が4時間程度で無くなってしまう。
これはキャンプを重ねて行くごとに大きな出費となって返ってくる。
それと夏はいいが、寒い季節にガスは弱い。寒冷地ガスを使っていても使っているうちに内圧が下がってくるから手で暖めたりしなくてはならない。
それに、もとよりマントルを焼いて使ったりの手間はホワイトガソリンのランタンと変わらない。
なので、大きなガスランタンを購入するくらいなら、初めからホワイトガソリンのランタンを買った方がいい。
キャンプを重ねて行くと、いずれ買い替えることになる。買い替えたらホワイトガソリンのランタンばかり使うことになるから、ガスランタンは不要なものになってしまう。

が、どうしてもガスと言われるのであれば、小型のガスランタンなら将来的にも使う機会があるだろう。
明るさも結構明るいから少人数で団らんするには充分だ。
そして、所有する喜びや頑丈さを考えたら、プリムスEPIなど「山系」のメーカーのものがオススメだ。

また、やっぱり大型のガスランタンがと言われるのであれば、SOTO(新富士バーナー)ユニフレームが発売しているカセットガスのタイプがいいと思う。これならガス代も安いし、カセットガスなら他にも使い回しができる。


4。電池式
コールマンでも何種類か出ている。燃料を使わないから安全なのがこのタイプの長所。明るさは大したことは無いし、白色の光というのはあまり雰囲気は出ないものだ。
が、お子様が小さいうちは重宝するだろうし、テントの中ではこのタイプは必須。明るさや大きさも各種揃っているので、用途に応じて選ぶと良いと思う。

最近は明るいLEDを使った小型のタイプが出て来ている。電池の持ちもいいし今後の主力になるだろう。

・・・と、書いていたら、私めも随分と無駄な買い物をしたものだなと思いだした(笑)。

最近使っていないキャンプ道具

kumadays at 08:16|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

August 13, 2009

スノーピーク FDチェア

PICT0019以前の記事でも書いたが、この夏のキャンプに向けて、チェアを新調した。
いやいや、このチェアなかなか良かった。買って良かった。

広島ブログ
広島ブログ

PICT0016実は、以前、同社のパッドインチェアには幾度と座らせて頂く機会があった。なんか値段が高い割にはゆったりできないし剛性もない。
これならコールマンのスリムキャプテンチェアの方が安いしいいやと思っていた。
そしてパッドインチェアやスリムキャプテンチェアの座り心地が今ひとつと思った方は、皆小川のチェアを買いそろえた。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ハイバックアームチェア
小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ハイバックアームチェア

この小川のチェアも幾度となく座らせて頂く機会があったけれど、お尻が下がっていて、座りながら何か作業をしたり調理したり食事したりには向かない。ゆったり座る向きにはいいが。

PICT0017このスノーピークのFDチェアは、しっかり座るにもノンビリ座るにもどっちでもイケる。
幅が広いのと、肘掛けや背もたれが他のチェアよりも高めに設定されているので、姿勢良く座っても崩して座ってもいい感じなのだ。
ただし、お尻の部分は「解放」なので、寒い季節はひざ掛けやシート、フロア用の椅子を敷いて座るなりの工夫が必要だろう。

PICT0018ユニフレームのUFテーブル900(旧製品)と合わせたところ。
金具が邪魔して椅子が中に入らないのはスリムキャプテンチェアと同じ。でも特に気になるレベルではない。何より肘掛けが高めに設定されているのがこのFDチェアの美点だと思うので、全く問題なし。
それに、スリムキャプテンチェアに比べて椅子自体の奥行きが短いので、この状態でも全く邪魔にはならないだろう。

PICT0046_3モンベルのバーナーシート(L、RD)をテーブルクロスに使ってみたら、なんと相性もバッチリ。ちょっと豪華なテーブルクロスだが、以前何気なく買ったものが重宝している。
サイズもピッタリ。
そういやあ、これを買うまで中途半端な価格のテーブルクロスを何度もダメにしているから、これ一枚で元はとれているだろうな。

PICT0030とある日のディナー。
自然の中で食べる食事は、何より美味しいものだ。

9日間このFDチェアとお付き合いしたのだけれど、とにかく座り心地が良かった。クオリティーも高いし、これなら家でもお客様が来た時のエキストラチェアとして充分使える。
それに、畳むのが楽チンだ。場所を移動させるにも、さっと畳んで持ち運びできる。これもこのチェアの美点だ。収納に関しては、スリムキャプテンチェアに分があるが、今までスリムキャプテンチェア2脚を収めていた場所にうまく入った。畳むと意外に薄くできている。
何より、このFDチェアは同社のパッドインチェアよりもかなり安い。小川のチェアより少し安い。それにコールマンのスリムキャプテンチェアが以前より高くなったので、それほど価格的なアドバンテージは無くなってしまった。

そう考えたら、このFDチェアはいいセン突いているかもしれない。
これからキャンプ道具を揃えようとしている方、今までのチェアが壊れてしまい少し良いものが欲しいと思っている方にオススメのチェアだ。

キャンプで椅子は重要だから。

しかし、UFテーブル高くなったなあ・・・・。

スノーピーク(snow peak) FDチェア ワイド レッド
スノーピーク(snow peak) FDチェア ワイド レッド

モンベル(montbell) バーナーシート L
モンベル(montbell) バーナーシート L

ユニフレーム(UNIFLAME) UFテーブル 900
ユニフレーム(UNIFLAME) UFテーブル 900


広島ブログ
広島ブログ

kumadays at 07:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 01, 2009

散歩と買い物

b8c7ea73.jpgかんかん亭で少し食べ過ぎたので、散歩の距離を延ばしてパワーズへ。
以前は毎週毎日のように行っていた時期もあったが、キャンプ道具の世界からの興味が失せてからは全く行かなくなった。
しかし割引券が2000円分あるのだ。
あるうちに使わねば。

広島ブログ
広島ブログ

とりあえずスモークウッドを買うことは決定。
スモークウッドは写真の進誠産業のが一番使いやすい。火も良く付くし燃えやすい。太いので炭化してくるとそれ自身がいい具合の熱源となるので、温度管理がやりやすいのだ。

進誠産業 スモークウッドサクラ
進誠産業 スモークウッドサクラ
広島ではパワーズか東急ハンズで売っているようだ。

が、2000円というのは中途半端だ。以前ならガス缶やホワイトガソリンを買えば良かったのだろうけど。今はガス機器はほぼカセットガスへ移行。ランタンもハーマンニャーでほとんど用が足りているので、ホワイトガソリンもあまり使わない。家にだいぶんストックがある。

なので、店内を見て回ったが必要なものが無いのだ。

登山の時に使っているジェットボイルのガス缶探したが売ってない。山用品のセール品もパッとしない。かと言って不要なものにお金出したく無いし、そうしたら2000円を大幅に超える買い物はしたくない。

ということで、結論が冒頭の写真。
スモーク用品ばかり(笑)。
これに酸素缶500円を足して2068円。

そういやあ以前もスモークウッドを買ったなあ。
足らない分はコールマンのマントル21A(ランタン286/200B等用)を買ったっけ。
まるで進歩無し。

e98bbf52.jpg朝、掃除したスモーカー。
ウッドも買ったし、これでまたベーコンでも作ろうかね。

やはりこのスモーカーは買って正解だった。同じメーカーから小型のスモーカーが発売されていたが、材質はガルバリウム鋼鈑だし。耐食性はあるとはいえ、スモーカーにつくピッチを舐めてはいけない。やはりステンレスがいいのではないか。
チョロっと使うにはいいだろうけど。
とはいえステンレスだって錆びないわけではないから、しっかり手入れしてやらないとね。反省。

ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングスモーカー FS−600
ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングスモーカー FS−600
本当にコレは一生もんですな。

大きさがあるのでベーコン作るにも最適。
スモーカーが小さいと所謂温薫には適さない。スモークウッドや熱源から近くなりすぎるので上手く行かない。スモークチーズなんか火が強いとドロドロになってしまうし。
小さいスモーカーは干物や竹輪などの熱薫には良いと思う。
それに、折り畳むと薄くなるから持ち運びも容易だし。

ユニフレーム(UNIFLAME) スモーカー温度計
ユニフレーム(UNIFLAME) スモーカー温度計
そしたら温度管理も必要なんでこれも必要。
ソコソコの精度と追従性あり。スモークするには充分。

ユニフレーム(UNIFLAME) スモーカー収納ケース600
ユニフレーム(UNIFLAME) スモーカー収納ケース600
ケースもあった方がいい。スモーカーが発する臭いはスゴい。これに入れていても臭いがするくらいだから、生で車に積んだら車中がスモーク臭い。
スモークしている時は良い香りなのだが、スモークをしていない時は不快な臭いであることに変わりない。

これで作ったベーコンはうまい。
塩分が強めになるのは素人だからご愛嬌だけれど。
無添加で美味しいベーコンが出来上がる。
作り方はコチラ

そういや、好日山荘の10,000円分の券と、ナチュラムのポイントも5,000円少し残っている。

このままだとソックスや下着類に化けるような気がする。

BlogPaintそういやぁ、こんな葉書が来てたな。
ご愁傷様です。メーカー自身も苦しいのだろうかね。

私めもSPSに昇格する前はそれなりに売上げに貢献してたかもしれないけど、昇格してからは殆ど貢献しなかったな。

なんかね。。。

近寄りづらいというか、そんな感じになっちゃったからね。

kumadays at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 13, 2008

モンベル WIC.ライトTシャツ トレッキングギア

ddbeb4b3.jpg先日、九州に行った時に購入した。カミさんが売り場で見つけたものだ。
それからずっと買い物袋に入りっぱなしだったのを、先ほど整理したら出てきた。

87ab0956.jpg背中のイラストがナカナカいい感じなのだ。実は同じコーナーに地中海ブルーのTシャツがあって、その色がいいなと思ったのだが、それはカヤックのギアだったのでやめた。「カヤックをやってもないのに着るのは・・・」なんて真面目に考えてしまったのだ。

生地はウイックロンライトという所謂速乾性素材でUVカット機能もあり。性能的には申し分ないだろう。価格も手頃であると思う。こういう高機能のTシャツは、くたびれたら部屋着・寝巻への道も待っているし、良いものは長持ちするし、無駄な買い物では無いと思う。
キャンプ道具も一通り揃えてしまって興味が失せてきたら、ウエアの方に興味が行くのも当然なのかもしれない。

モンベル(montbell) WIC.ライトTシャツ トレッキングギア
モンベル(montbell) WIC.ライトTシャツ トレッキングギア


kumadays at 11:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 29, 2008

今日のお酒

792c94fd.jpg三次わいん
「平仮名三次わいん」は辛口でウマイのだ。

6a5e528d.jpgでも、その前に。
コールマンの小型クーラー、家でビールを冷やすのに役立っている。これの中を氷水で満たし食卓の近くに置けば、いつでも冷たいビールが楽しめる。いやいや。
Coleman(コールマン) テイク6
Coleman(コールマン) テイク6


kumadays at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 27, 2008

昨日の収穫

3f5c4c39.jpgコロンビアのギムリというキーホルダーだ。
このタイプのキーホルダーをずっと探していたのだ。好日山荘やパワーズやアシーズブリッジや、SOやデポやゼビオにはこのタイプのキーホルダーが置いてなかった。やっぱり無いのかなあと思っていたが、広島駅前の福屋(広島ネイティブのデパート)の9階で購入。
ここはコロンビアのほか、ノースフェイス、フォックスファイアー、ホールアースなどウエア中心の品揃え。季節の変わり目はバーゲン品も出る。特にコロンビアはXLもあるし、サイズもユッタリ目だし、私めにとっては非常にありがたい。
色も4色あったが、地中海ブルーが爽やかな感じのこの色にした。

4cfea63b.jpgキャンプや山に行く時、財布はそれ用の財布に入れ替えるが、鍵はいちいち付け替えない。だからハードに使えるものを探していたのだ。だけど鍵が剥き出しのキーホルダーはズボンのポケットを傷めてしまうし。それに、これなら多少濡れても多少汚れても大丈夫だ。

db38c202.jpgようやくこのキーホルダーもお役ご免となった。もう10年以上使っている。ここ数年はキャンプや山にも持って行っているから、相当ハードに使っていた筈だ。それなら高級品は要らない。
これも確かちゃんとしたブランドのものだったような気もするが覚えていない。最初は柔らかい皮だったが、もうバリバリになってしまった。

↓ナチュラムでも取り扱いがある。
Columbia(コロンビア) ギムリ
Columbia(コロンビア) ギムリ


kumadays at 09:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 26, 2008

昨日の収穫

3b664613.jpg昨日は午後から福岡で仕事だった。いやいや福岡で仕事なんて滅多に無いことだ。
別に朝会社に出てから出発しても充分間に合う時間だったのだけれど、そこは不良サラリーマン。直行することにした。

一応、前の晩に残業して、文句言われない程度に仕事を片付けた。そしたら用が無いのに会社に出ること無いなと思った。
用が無いのに会社に出ることは自殺行為だ。出たら色んな下らない(失礼)雑用もあるし、上司からの下らない(失礼)質問攻めも避けたい所だし。まあ長く広島に居るからか、ちょっと解らないことやら何かあると、イロイロな事を聞いてくる。他に長いひとが会社に居れば標的はそちらになるのだが、居なかったら悲惨だ。それが非常に面倒クサイ。なので直行は正解なのだ。

目指すはマリノアシティ。モンベルのアウトレットショップがある。他にも無印良品やFoxfireのアウトレットもあるし、何しろモノが豊富なのだ。いやいや観音の何とかホップに爪の垢を煎じて飲ませたい。

20db8957.jpgで、イロイロと買った中で自分用のはこのエプロン。以前から使っていたフランフランで買った緑のエプロンがヨレヨレになって紐が切れてしまったので、いいエプロンを探していたのだ。ポケットが大きく使いやすい。このシリーズで「ファーマーチャップス」というのがあって、またまたある方のブログを思い出し笑ってしまった。
それと野点セットの茶せんが単体で売っていたので買ってきた。激しく使っていると結構傷んでくるものなのだ。
今度は山に持って行くかな。

モンベル(montbell) 野点用茶せん
モンベル(montbell) 野点用茶せん


モンベル(montbell) 野点セット
モンベル(montbell) 野点セット

他にも無印良品アウトレットなども寄ってイロイロ買いこんで、まさか紙袋をいっぱい下げて仕事に行くわけにはいかないから、全てセパレートブリーフバッグに仕舞い込んで仕事に行った。
仕事先で大阪から来た先輩から「何でそんなデカイ荷物持っとんの?」と聞かれた。「博多には広島に無いものがいっぱいあるんですよ」と言うとビックリされた。でも「そうか〜」と納得していた。

福岡と広島の差はデカイのだ。

それと、昨日の歩数は24,844歩。
やはり出張して歩いて買い物をすると、かなり歩数が出る。これも昨日の収穫だろう。

kumadays at 13:04|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

March 15, 2008

バッグ

ハイキングバッグ今日は休日出勤だった。家に帰ると注文したバッグが届いていた。好日山荘のポイント4倍セールの時に狙っていたのだが、好日山荘には赤しか無く、どうもその赤が気に入らなかったのでナチュラムで注文したのだ。おかげさまでポイントも充分貯まっていたし。感謝。
早速このバッグを持って出かけてみたい。


セパレートブリーフバッグ会社に持って行くカバンがぶっ壊れてたので、思い切って好日山荘で買ったのがコレだ。書類ケースとブリーフケースと分割することもできるし、ショルダーバッグにもなるし、リュックのように背負うことも出来る。1泊出張でパソコンなど重い荷物を持ち歩いて長い距離を歩くケースなんかでは非常にありがたい。ショルダーベルトもリュックになるハーネスも、モンベルのものだから上質で機能的に出来ている。使用しないときはコンパクトに収納できる。容量もタップリあるから、1泊の荷物+水筒くらいは楽に入る。

ポイント4倍だったので、かなりの割引券をゲットすることができたのだ。
さてと、豊富な買い物券で何を買おうか思案中なのだ(笑)。

モンベル(montbell) ハイキングパック 25
モンベル(montbell) ハイキングパック 25


モンベル(montbell) セパレートブリーフバッグ
モンベル(montbell) セパレートブリーフバッグ


kumadays at 21:34|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

March 02, 2008

コンパクト傘

パンダ外装昨年、無印良品でパンダ号にピッタリの傘を購入した記事を書いた。車載用の傘だ。

パンダ内装外装の黄色(バニライエロー)と、内装の水色に合わせて買ったのだ。

傘が、この傘に早速穴が空いてしまった・・・。ガーン。
やはり生地が貧弱だ。折りたたんでいる間に骨に擦れて穴が空いてしまったのだ・・・。こりゃダメだ。要は安物買いの銭失いをしてしまったというわけだ。

1f6c79a0.jpgなので、やはり本家本元のtotesの傘を買ってきた。totesには黄色が無いので、本当は水色を2本買おうと思ったのだが、好日山荘には1本しかなかった。なのでとりあえず1本買ってきた。実はこの買い物でポイントが丁度になり(3/2まで4倍ポイントセール)1000円の買い物券をゲットできたのだけど。
やはりサスガは本家本元。生地はシッカリしている。

2008_03_02ダッシュボード手持ちの緑のtotesと一緒にダッシュボードの中に収めた。ピッタリだ。totesのロゴもいい感じだし。またいつか水色のを見かけたら買っておこう。


totes(トーツ) ブレラタイニー
totes(トーツ) ブレラタイニー




kumadays at 11:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 28, 2008

お買い物

afd710ce.jpg何気にパワーズで買い物してるし。
もうキャンプ道具は買わないんじゃなかったのか?
それとも山登り道具か?スキー道具か?
まあ、まさかあのメーカーじゃないよな。



544996ba.jpgえっ?
君、まさか。
そのメーカーのこと、あんなに批判していたじゃあないか。
えっ?
いったいどういうことだ!!

実は・・・、
続きを読む

kumadays at 14:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 08, 2008

やっぱり

5b376a15.jpg売れ残ってた。

そりゃ、クイーンのメンバーの柄が入ってたりすれば間違いなく買うだろうけど、漠然と「ROCK」とか書かれてもなあ・・・。たとえば「フェラーリ」とか「ポルシェ」とか「GT−R」とかだったらコアなファンも居るだろうけど、漠然と「車」とか「CAR」とか書かれても・・・みたいなところだろう。
それにそんなにいっぱいランタンも要らないし、今年も買わない。買ったのは一番最初の茶色い2005年版だけだ。
ただ、毎年書くけれど、コールマンの200Bが新品で買えるというのはメリットだと思う。そういう向きにはいいのでは無いか。
Coleman(コールマン) シーズンズランタン 【2008年リミテッドエディション】
Coleman(コールマン) シーズンズランタン 【2008年リミテッドエディション】


↓現在のところ、去年のもまだ残っているし・・・。
Coleman(コールマン) シーズンズランタン 【2007年リミテッドエディション】
Coleman(コールマン) シーズンズランタン 【2007年リミテッドエディション】


↓初めての方にお勧めなのはこちら。使い勝手が良い。
Coleman(コールマン) ワンマントルランタン
Coleman(コールマン) ワンマントルランタン


kumadays at 20:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 04, 2007

武井ストーブ301A修理

301一昨年から使っている武井ストーブの301Aだけど、どうも使っているうちに少しずつ灯油が漏れるようだ。使用している時、収納缶のフタを下皿にしているのだけれど、4時間程度使用したらその下皿にほんのりと灯油が染みるくらいの漏れだけれど。昨年どこから漏れているか調べたところ、余熱バーナーの根元に灯油がにじんでいたので、余熱バーナーのどこかが原因ということは解っていた。

そしたら春先にでも修理に出しておけばいいのに、もうすっかり秋になってしまった。10月の初めくらいに武井ストーブに電話して症状を話したところ「お手数ですが送って欲しい。修理して点検します。」とのこと。送る時は本体のみで、ヒーターは破損する恐れもあるのでということで外して送って欲しいとのこと。まあ考えれば当然のことだけど。
なので、症状と使用状況を書いて梱包して送っておいた。送ったのは2007年10月24日のこと。
続きを読む

kumadays at 11:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 02, 2007

燃料に使うアルコールについて

ba73beb7.JPGたまにはキャンプネタをば(笑)。

最近、火器としては、アルコールバーナーを多用しているのは以前から書いている通り。これが非常に使いやすいのだ。単体のトランギアも素晴らしいが、ストームクッカーはとにかく素晴らしい。
火力も強いし、風に強いところが何より素晴らしい。ガスのシングルバーナーやスポーツスターでも消えてしまいそうな風でもガンガン燃え続ける。
そして、何より音がしないことが何よりの美点だ。深夜や早朝でも気兼ねなくお湯が沸かせる。静かな時間帯にバーナーのデカイ音を響かせるよりも、静かにお湯を沸かして、ゆっくりとした気分でお湯割りなりコーヒーを楽しみたい。そんなノンビリとしたひとにピッタリの道具なのだ。

残念ながらこれも広島ではあまり見かけない。トランギアは好日山荘で売っているが、ストームクッカーは店頭に売っていないからかな。ハーマン・ニャーといい、広島のキャンパーは、こういったいい道具を目で見て触れてみて買うことが出来ない。不幸だなあ。

燃料はアルコールを使う。写真の左に写っているプラの瓶が燃料用アルコールだ。薬局で売っている。特別なルートを持っているひとを除いて、これが多分市中で一番安く買える燃料用アルコールだと思う。
少し、私めの学生時代の記憶を紐解きながら(それだけでは不安なのでwikipediaを参考にしながら)、アルコールについて書いてみようと思う。理科の時間になるから興味無いひとは見なくて結構。
続きを読む

kumadays at 18:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 12, 2007

今朝の出来事

e6ec2837.jpg今日は日帰り出張。
新幹線の移動+在来線の移動もある。ちょっとした小旅行だ。天気もいいし、仕事でなければ、何て爽快な1日なんだろう。

最近、マイ水筒を買い換えた。以前持っていたSAHARAがボロボロになったから。前のも悪く無かったが、今度のはサーモス。口がパチッとワンタッチで開くやつは、今一つ信頼が置けないので、ネジ式のを探していたら、ナチュラムでピッタリのが見つかった。
しかも安い。


サーモス(THERMOS) 真空断熱スポーツボトルFDZ−1000




サーモス(THERMOS) 真空断熱スポーツボトルFDZ−1000




これに毎朝カミさんが麦茶を入れてくれる。いつも美味しい麦茶が飲めるというわけだ。

それにそれに、移動時間が長いとなればやはりDSが必要だ。昨晩から充電しておいた。準備万端!

これらを朝カバンに詰め込む姿を見て、カミさんが一言。

「遠足みたいだね!」

しまった・・・。

背中からルンルン♪感が漂っていたのだろうか。

さてと。仕事頑張るぞ(笑)!


kumadays at 08:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 04, 2007

最近使っていないキャンプ道具

e12c5f73.JPGキャンプを始めた頃は、隣の芝が青く見えるというか、他の方のサイトで使っているキャンプ道具を見て「いいなあ」とか思ったりしたものだ。そして、毎週のようにショップに通い、毎晩のようにメーカー(主にスノーピーク)のカタログを眺めて夢見た道具満載で快適なキャンプ。
こんな道具があったら、どれだけ楽しいだろうなあ。
キラキラキラ〜。
・・・と思ったりしたのも事実だ。否定しない。

我々は、元々ダッチオーブンを自由に使うためにキャンプを始めた。ダッチオーブン関連、料理関連のグッズを中心に揃えていったのだけれど、いつの日から不要なものもいっぱい揃えていたような気もする。
写真は2004年夏のキャンプ。道具もほぼ揃って、初の6泊7日のキャンプに臨んだ。スノーピークのヘキサLの下にギリギリ収まるようなレイアウト。写真ではわかりにくいが、テーブルを中心に配し、キッチンテーブルとツーバーナーを外向きになるように配置。長期キャンプにはつきものの強い雨が降ると、キッチンテーブルやツーバーナーの端っこの方は濡れてしまったし、キッチンテーブルの棚やクーラーボックスに泥が跳ねたり、そう考えるとあまりいい配置では無かった。

この頃に比べると、現在、キャンプに持っていっている荷物はだいぶん少なくなったと思う。

ここでは我々が購入して、最近はほとんど使っていない道具を紹介していきたい。
勿論、キャンプって、目的や家族構成によって道具も変わってくるものだし、人それぞれ好みのスタイルがある。あくまで一つの例として捉えていただければと思う。続きを読む

kumadays at 20:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 31, 2007

トランギア ストームクッカーL

00167104.jpg5月連休に購入して、その後、米のとぎ汁で煮沸して準備は万端だった。そして、先日のキャンプで満を持しての投入となったストームクッカー。
使ってみて・・・、予想通りこれは素晴らしい道具だ。

続きを読む

kumadays at 08:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

April 21, 2007

ああ、返品

今まで黙っていたけれど(なんて大げさな)、先日、あるテントを通販で購入した。

テントは、
・コールマン BCドーム300(譲渡)
・小川キャンパル 初代ティエラ
・スノーピーク ランドブリーズ4
に次ぐ4張目のテントだった。
しかし、開梱してみたら、仕様違いと、どうもイメージに合わないので返品した。

そのテントとは・・・、
(決してこのテントがダメなテントというわけではないので悪しからず)

続きを読む

kumadays at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 28, 2007

値上げ

ソリ捨てキャンプ方面の方にとっては、既に周知の事実なんで今更なんだけど、キャンプ道具メーカー、スノーピークユニフレームの商品の一部が2月より値上げされる。その是非についてはワザワザここでは書かない。
値上げの価格などは、既にホームページ上でも発表されている。これらを表計算ソフトにコピーすれば、簡単に値上率なども計算できる。勿論、商品によってバラツキもある。
ここで数字を見る上で大切なのは、値上率も大事だけれど、値上額も大事だということだ。例えば300円のものが330円になる10%値上げと、10000円のものが11000円になる10%値上げでは、実際に出費する額が変わる。
値上げの前にイロイロと揃えようと思うのも人間の心理なのだけれど、私めは、必要なものを必要な時に買うようにしたいので、今回の値上げ騒動?を見送ろうと思っていた。

しかし・・・、

パワーズの2000円券があったのを思い出した・・・。
これの有効期限が1月末・・・。
なんというタイミング。

この2000円券をドブに捨てるくらいなら、ガス缶でもホワイトガソリンでも何でも買ったほうがいい。そう思いパワーズ広島へ。

とは言っても、大物を買う必要も無いし、経済的にも家の収納スペース的にも、余分なものを買う余裕は無い。イロイロと考えた結果、今回はペグの補充をすることにした。ペグは値上げ率も単体の値上げ額も大したことは無いが、複数必要なものなので、今後の値上げが効いてくるだろう。

スノーピークのソリッドステ−クは、オートキャンプにおいては「最強のペグ」だということは、もう既に言い古されている。S55Cで頑丈と言われるのだけれど、それでも使っていく間に曲がったりはする。
大型タープ設営時や大きなシェルター類の張綱など、40を多く持っていれば心強いし、地面が弱い時、風が強い時など30では心もたない時など安心感がある。
30は一番使いやすい長さで、大〜中型テント・中〜小型タープ設営や大型タープ/シェルターのサブポールなどイロイロなことに使える。
20は小型のテントを設営する時に非常にスムーズに設営できる。ソリッドステークは頑丈というだけではなく、打ち込みやすいというのも大きな利点なのだ。
本当は、雪中用に50も2本補充しようと思ったのだが、今回50は値上げ対象でないことと、今年は雪が少ないこと、そして50そのものが馬鹿高いことから50の補充は見送った。

結果、20、30、40それぞれ二本づつ購入することにした。これで、私めが所持しているソリッドステークは、

20 19本
30 14本
40 10本
50  4本

となった。(曲がっているのを含む)

それと、ウイングポール280も購入した。今までは小川のフィールドタープヘキサDXを張るときに、ウイングポール280+240で260cmのポールを2本作り設営していたのだが、これで280cmの高さで設営できることになる。いつかは買おうと思っていたのだが、これも値上げ対象なので買うことにした。必要になるのは5月以降なのだけれど。

結局、なんだかんだ言っても2000円券では買い物は収まらなかった・・・(笑)。

その後、近くにあるウニクロで、マフラーやストールや家での寝巻など、安売りになっている衣類をイロイロと購入した。

続きを読む

kumadays at 16:57|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

January 17, 2007

Zippoハンディーウォーマーの火口




Zippo(ジッポー) ハンディウォーマー




Zippo(ジッポー) ハンディウォーマー




今更紹介するものでもない。このカイロは非常に暖かい。秋〜冬のキャンプや、スノーアクティビティーの時には欠かせないものとなっている。寝る時にシュラフの中に忍ばせれば、あんか状態にもなる。
ナチュラムでもベストセラーとなっているらしい。しかし、長い間使っていると、暖かくならなくなってしまう。何故ならプラチナ触媒がついた火口が劣化するのだ。
「触媒とは、結果的にはそれ自体は変化せず化学反応を起こさせるものなのに、何で劣化するの???」
と言っても始まらない。理論と現実はこれほどまでに異なるものなのだ(大げさか)。
要は火口は消耗品なのだ。

ハクキン火口3Rで、この火口。ナチュラムでは販売していない。(!!)
消耗品なのに。
昨年はハクキンカイロの通販で取り寄せたのだが、今年はそんなに寒くないせいか、使用頻度も低い。よってまだ暖まるので火口を購入していなかった。

本日、東急ハンズ広島店に行くと、売っているではないか。3R火口
これがハンディーウオーマーにピッタリなのだ。(自己責任)
もちろんZippoでも売っているけど。いずれにせよ一年に一度取り替えれば充分だろう。

もう一つ、ハクキンカイロの通販で買って重宝しているものがある。
それはハクキンベルトだ。
体の中で一番冷やしたくないところ、それは個人差もあるだろうが「腰」だ。このベルトにカイロを入れて腰に当てておくと非常に暖かい。焚き火の時とか背中が寒い思いをするのだが、これのおかげで非常に快適だ。なんとカイロが2つ入れられる。ひとつでも充分暖かいが、2つ入れたらすごく暖かい。残念乍らハクキンベルトは通販でしか扱っていない。
フリーサイズとなっているが、ウエストが100cmくらいまでしか対応できないようだ。昨年、私めは、何度も「ブチッ」とマジックテープが外れてしまった。
今年は少し痩せたから大丈夫だ!!

ちなみにハクキンカイロの通販は、発送まで結構時間が掛かった(昨年は2〜3週間)。必要な方はお早めに。

もうひとつ。
入れる燃料は、やはりZippoのオイルがいいようだ。以前、オイルを忘れてホワイトガソリンを使用したことがある。勿論暖かくなったが、夜にシュラフに潜って寝る段階になったら、シュラフの中がガソリン臭くなってしまったのだ。Zippoのオイルなら臭いも気にならなかったのだけれど。勿論ベンジンも独特の臭いがあるし。

今シーズンはあまり出番が無いのだが、これから活躍してくれるだろう。
火口を持っていれば安心だ。


kumadays at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 06, 2007

ウインターシューズ。

2a292afd.JPGカミサン用はノースフェイスのジップアップタイプのウインターシューズ(右)。品名は忘れてしまった。私め用はコロンビアのカスカディアンサミット(左)。ちなみに両方とも−32℃まで対応となっている。ソールは雪用だし、踵はスノーシューを装着しやすいような形状になっている。中綿にプリマロフトやサーモライトが使われていて、防水加工はされているが、ゴアテックスは入っていない。
ウインターシューズの中では、そんなに高級品ではないシューズだけれど、充分スノーシュー遊びや雪中キャンプをこなすことができた。但し、雪中キャンプでじっとしている時は、サスガに足先が冷たくなったので、足の下にスノコを敷いたりカイロを仕込んだりして寒さを防いだけど。
勿論、本格的に雪山登山をされるのであれば、もっと高級な装備が必要だろう。

旧製品になってしまったけど、今シーズンも使うつもりだ。

でも、使うときはいつくるのだろうか・・・。

高野町に雪は積もっていないし、しかも明日からは吹雪の予報だ。しんしんと降るのならスノーシューをしに1泊でも大鬼谷へキャンプに行く手があったけど、吹雪くのならバンガロー泊でも建物に入りっぱなしだし、道中の運転も荷物の積み下ろしも大変だ。

なので、年末年始の疲れを取るべく、ノンビリ過ごす事にした。

とりあえず防水スプレーを塗っておいた。

私め用の後継品はこちら



Columbia(コロンビア) メンズ カスカディアンサミットII




Columbia(コロンビア) メンズ カスカディアンサミットII






kumadays at 13:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 31, 2006

UFテーブル900

ユニフレーム(UNIFLAME) UFテーブル900ユニフレーム(UNIFLAME) UFテーブル900

先週末の大鬼谷キャンプの前に購入し、2泊3日で使用した。以前、キャンプ用テーブルの件はイロイロと書いたが、ウイングテーブルの下部フレームが曲がってきたので、思い切って買い替えることにしたのだ。

続きを読む

kumadays at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 09, 2006

コールマン シーズンランタン2007

Coleman(コールマン) シーズンズランタン 【2007年リミテッドエディション】ついに、今年も発売となった。昨年中盤から車が黄色くなったので、黄色いタンクというのは非常に気になるのだけれど・・・、やはり値段が大きなネックだ。

実は、昨日、まあ、当たらないだろうなあ・・・とナチュラムの抽選販売(魚を釣るやつ)に挑戦したみたら当たってしまったのだ。購入するか否かの決断するまで2時間の猶予がある(2時間経過すると権利消失する)。

それからイロイロ考えた。別に道具として使うランタンは揃っている。だからお遊びで買うということになるのだけれど、この値段・・・、高くないですか〜。確かにメタルケースがついたりしてるけど、そんな細かいことは別にして、遊びで買うにしては高い値段・・・。
だってこの値段って、昨年大枚をはたいたスノーシューより高いし、少し悩んでいるユニフレームのテーブルよりも高い。ソロ用のテントだって買えてしまうような価格だし、少し傷んできたレインウエアも思いっきりいい物が買えるし、雪山用のパンツも買えるし、雪用シューズも高級なのが買える。しかも2泊3日の大鬼谷のサイト使用料の約3倍だ。

そう考えたら馬鹿馬鹿しくなってきた。なので権利を放棄した。
(そう考えたら何も買えないという説もあるが)

とにかく、一昨年・昨年のシーズンランタンの成功から、コールマンは調子に乗りすぎのような気がする。3度目のシーズンランタンである黄色いランタンでこの騒ぎだ。ここから先の展開もバラ色だろう。まだ旧作には青や薄緑などのバリエーションがあるし、白や紫などの珍色もありえる。タンクとベンチレターの組み合わせを変えることもできる。そう考えていくと切り札の赤ランタンを出す時は、いったい値段はいくらになるのだろうか

個人的には、自分が買った2005年版の茶色い200B、すなわち一番最初のシーズンランタンが一番気に入っている。地味な感じが何ともいい感じなのだ。価格もこんな馬鹿高いことは無かった。2007年版の価格の半分くらいだったと記憶している。

ただ、なんだかんだ言っても、新品の200Bが買えるチャンスでもある。メタルケースも、プラケースに比べれば持ち運びも楽だろうし、スペースも取らない。値段がネックなだけで、勿論、決して粗悪品ではないと思うから、気に入った方にはおススメということになろう。今現在なら、コールマンのe-storeでも買えるようだ。
けど、一昨年の200Bを買って使った感じでは、道具としての完成度やバランスは286の方が上だ。だから286が現行モデルなんだろうけど。

以上、雑感。



Coleman(コールマン) 1786




Coleman(コールマン) 286





kumadays at 09:40|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

November 29, 2006

秋冬キャンプのセッティング

セッティング先週末大鬼谷に行った時の簡単な日記をようやく書き終えた。そして更にその時のセッティングについて書いてみる。というか、秋冬の標準セッティングなので雪中でもこのセッティングでやるのだ。毎度のパターンと化している。kuma-usa-campからの読者の方には分かると思うけれど、所謂「kuma-usaフォーメーション検廚澄
続きを読む

kumadays at 07:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

November 11, 2006

オイルフォンデュ

b5ed428e.jpgベビーダッチ最初の料理。
イワタニのジュニアバーナーがぴったり。





イワタニ産業(Iwatani) イワタニカセットガスジュニアバーナー




イワタニ産業(Iwatani) イワタニカセットガスジュニアバーナー






kumadays at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 03, 2006

キャンプ用のテーブル

2441f7d6.JPGキャンプを始める前から持っているテーブルがある。もう6〜7年前に購入した、三富工業というメーカーのもので、WILD CAMPERというブランドがついている。今ではもう購入できないだろう。
他にコールマンのウイングテーブルも持っているのだけれど、こちらのテーブルの出番もまだ多いのだ。理由としては、

1.圧倒的な安定感
2.適度な大きさ(750×600mm)
3.適度にコンパクトになる(750×300×75mm)
4.足が中に入る
5.高さが2段階で調節できてロースタイルでも使える
6.天板がアルミで清潔

ただ、短所としては、テーブルの裏に樹脂の部品が多く使われているので、このテーブルの下に暖房器具(カセット暖やユニセラや焚き火台Sなど)を置くことが出来ない。置いてしばらくすると、有機系のイヤな臭いが漂ってくる。これはマズイ。

それを除いたら、ほぼパーフェクトなテーブルなのだ。

続きを読む

kumadays at 09:08|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

October 20, 2006

ノーススターLPランタン

7c2c8f22.jpg私めが所持しているランタンの中で、一番明るいランタン。そのかわりスゴいガス喰い。燃費は最悪。
二年前に286を買ってから全く使って無かったけれど、明日は久しぶりの出番になりそう。






Coleman(コールマン) ノーススター LPランタン+マントル(95型)




Coleman(コールマン) ノーススター LPランタン+マントル(95型)






kumadays at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

トランギア アルコールバーナー その2

先日のブログで「トランギア アルコールバーナー」を紹介したのだけれど、肝心なことを紹介するのを忘れていた…。
このバーナーは、スエーデン製の商品なのだ。1951年からほとんど仕様変更されずに作られているとのことだ。初期設計がいいからずっと愛されているのだろう。

続きを読む

kumadays at 07:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 17, 2006

トランギア アルコールバーナー

d6333b83.JPG先日、広島の好日山荘移転セールの際に買ってしまった。それを先日のキャンプで初めて使ってみた。これは燃料用アルコールを入れて火をつけると燃えるという、極めて原始的なアルコールバーナーだ。「何だそれだけか…」と思う無かれ。良く見るとフランジ部分に小さい孔が開いていて、その下に「しん」が入っているらしい。要はアルコールがいい具合で揮発するような工夫がされているのだ。
なので、火がついてから少しすると、カナリの火力を発生する。アルコール満タンで25分程度燃える。1Lくらいのお湯は軽く沸かせるし、おでんの牛筋の下茹ではこのバーナーでやった。使うコッヘルは、縦長のタイプでなく底が広い方が熱の効率がいいようだ。
確かに風にも弱いし、ファミリー用の大鍋には火力不足だろう。しかし、要はそれ以上のものでは無いけれど、それ以下のものではない、非常にバランスのいい道具なのだ。

何より、燃料を圧縮させていないので、音が出ないのが非常にいい。ガソリンや灯油のストーブは論外だけれど、ガスのストーブも結構音がする。朝早く起きて火を熾す時、少し音がうるさくてイヤだなあと思ったこともあったけれど、これはそんな時に最適だ。コイツにミニロースターを被せれば、結構暖かい。これを点灯させてお湯を沸かしながら焚き火に火をつける。ナカナカいい時間だ。
実は、会社の先輩が使っていて、非常にいいという評判を聞いていたし、カミさんは随分前から目をつけていたようだ。値段も安いし買ってよかった。

但し、調子に乗って使っていると結構アルコールを消費する。今回のキャンプで500mlの缶が無くなってしまった…。

そして、今回のキャンプから持参する燃料の種類が増えてしまった。

1.ホワイトガソリン(ランタン、スポーツスター)
2.カセットガス(シングルバーナー、カセット暖)
3.Tガス(ザックで持ち歩くシングルバーナー用)
4.灯油(ハーマン・ニャー、パープルストーブ)
5.アルコール(トランギア)

でも、トランギアを使ってみると、それも良しかな(笑)と思ってしまう。ストームクッカーとか気になるなあ。




トランギア アルコールバーナー




トランギア アルコールバーナー







ユニフレーム(UNIFLAME) ミニロースター




ユニフレーム(UNIFLAME) ミニロースター





続編

kumadays at 08:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 01, 2006

ランタンケース

コールマンの286などのランタンには、プラスチックのハードケースが標準で付属してくる。別に問題無ければ、このハードケースも充分使用に耐えうることができる。
しかし、問題は、上部の持ち手の部分だ。何が問題かと言うとスペースを取ることだ。
大したこと無いと言われればそうかもしれない。でも、他の物と並べてみると、この286だけ極端に背が高いのだ。積載に困ることもある。そんな時には、このランタンケースが便利だ。



Coleman(コールマン) ランタンケース M




Coleman(コールマン) ランタンケース M






続きを読む

kumadays at 09:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 16, 2006

スモーカー掃除

f174f845.JPGこの3連休は、キャンプの予定であったが、台風17号(サンサン)の接近に伴い、中止することにした。凄く楽しみにしていたのに。まあ、自然との共生がキャンプだとしたら、無理に自然に逆らうこともあるまい。また来週でも再来週でも行ける時に行こうと思う。
そんなこんなで、外も雨だし、朝からスモーカーの掃除をすることにした。実は、前回のキャンプで使った時に掃除しなかったので、いつかは掃除しなくては…と思っていながらホッタラカシになっていた。
風呂場でマジックリンとスポンジで汚れを落とす。面白いように汚れが落ちた。キャンプ場で洗剤や重曹を使って落としてもソコソコ落ちるけれど、やはり「しつこい汚れにマジックリン」というだけあって効果はテキメンだ。
スモーカーも、前の汚れが残っていると、食材に渋みが移ったりするらしい。道具のメンテナンスは大切なのだなと思った。

続きを読む

kumadays at 08:10|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

August 05, 2006

クーラーボックスを車に積む (改訂版)

オートキャンプの時に、ほとんどの人が車にクーラー・ボックスを積んで行くことになる。
電気やカセットガスなどで冷えるものは別として、大なれ小なれ、高かれ安かれ、クーラー・ボックスの中に保冷剤や氷、はたまた冷凍食材を入れると、クーラーボックスの断熱効果で、所謂冷蔵庫代わりとして使うことが出来る。食材はもとより、なによりビールを冷やすためには絶対に必要なアイテムなのだ。

続きを読む

kumadays at 07:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

July 31, 2006

タープについて



以前、スノーピークのHDタープヘキサLシールド(2003年モデル)を使っていた。非常にいいタープであったのだけれど、昨年の夏の備北あたりから、雨が降った時にタープの裏に付く露が気になるようになってきた。最初は結露だろうと思ったのだけれど、今年の5月の大鬼谷の大雨で、雨が降ると裏に露がつくことが判明。こりゃ雨漏りだ。

続きを読む

kumadays at 06:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 18, 2006

大型ゴミとガスコンロ

昨日、大型ゴミを捨てに行った。
広島市の行政で素晴らしいと思うのは、大型ゴミを自己搬入すると無料で廃却してくれるシステムがあることだ。以前からプント君をオープンにして、後部座席に色々積んで捨てに行ったのを覚えている。

プント荷物左の写真は折りたたみベッドだけれど、古くなったアウトドア用の椅子やら何やら、本当に色々なものを捨てに行って、その度に家の中もスッキリした。

続きを読む

kumadays at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 06, 2006

使えるキャンプ道具

20de14f0.JPGここ2か月以上キャンプに行っていない。「キャンプ休止状態」なのだけど、日常でキャンプ道具は結構使えるものだ。5月3日〜5日にガラスの里のオープンギャラリーに参加したのだけれど、この時もキャンプ道具が大活躍した。勿論、展示の台はキャンプ用のテーブルだし、ソロテーブルもちょっとした展示台に使用した。その他にも舞台裏で色々な道具が活躍した。
続きを読む

kumadays at 09:09|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

April 22, 2006

オンリー・ワン・ランタン

70fff38c.JPGキャンプの夜、例外はあるにせよ、大概の場合、真っ暗になる。日常いかに電気に助けられているか分かる瞬間だ。最近は電気ライトを用いるケースもあるが、やはり気分はランタンだ。ランタンも2台使用するテクニックなどが良く紹介されているが、一度に2台購入するのも大変だ。1台だけオンリーワンとして購入する場合のランタンとしては、やはり伝統のコールマンの286がオススメだ。
続きを読む

kumadays at 10:48|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

April 21, 2006

キャンプ用の椅子

f7feb9e3.JPGオートキャンプでは、荷物の制限が少ない(うちは制限大だが)ので、家と同様の快適システムをキャンプ場にも持っていくことが多いと思う。そして一番使っている時間が長いのが椅子である。なので、できればしっかりしたものを選びたい。でも、椅子は人数分揃えなくてはならないので、高価なチェアを人数分買うと、とんでもない出費になってしまう。
うちではスリムキャプテンチェア(機砲鮖箸辰討い襦このスリムキャプテンチェア、座面が深く座り心地もシッカリしているのと、何より収納スペースが小さく、非常に気に入っている。もう3年間フルに使っているが全くトラブルも無い。
そして、今年新製品が発売された。名づけてスリムキャプテンチェアα!(何か戦隊モノみたいだ)
続きを読む

kumadays at 07:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

April 07, 2006

ロースタイル

f7696cbd.jpgキャンプ用品メーカースノーピークのカタログを見ていて思ったこと。今頃きっとローチェアの開発を一生懸命やっているのではないかということ(やってないかも!)。同社にはローチェアのランナップが無い。しかし、新製品のテント「ランブリLXシリーズ」の前室は、今までの同社が推奨してきた「豪華絢爛スタイル」を収めるには狭すぎる。よって「ロースタイルでコンパクトに」ということになるのではないかという推測だ。
確かにロースタイルは、省スペースにもなるし荷物も少なくできる。やってみると、結構快適で落ち着いたりもするのだ。写真のような快適システムを組むことも出来るし、ローチェア+ローテーブルのみのシンプルなスタイルも良いのだ。
勿論、普通のチェアに比べれば、ローチェアのほうが体に掛かる負担は大きいのだけれど、キャンプもスポーツの一環として考えれば、それもOKだろう。(強引!)

続きを読む

kumadays at 07:45|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

March 26, 2006

2006年版カタログ

e9fd8539.JPG2006年版のアウトドア関連メーカー4社のカタログが揃った。まだ入手したいものもあるのだけれど。一応、どこのメーカーに対しても特段の思い入れも無く、酔狂なマニアでは無いので、ボロボロになった2005年版のカタログは全て捨てようと思う。昨年もそうしたし。
続きを読む

kumadays at 19:24|Permalink

March 23, 2006

残った灯油

1050d69e.jpgこの季節、気になるのが残った灯油。うまく灯油を使い切って春を迎えてファンヒーターを片付けるというが理想のパターンなのだけど、そううまくはいかない。
やっぱり寒の戻りで寒くなったら嫌だから多めに買ってしまう。そして灯油が余る。
しかし、うちではこれを愛用しているので、多少灯油が余るのは気にならない。逆に少し残っていないと不安になったりもする。




フュアーハンド フュアハンドランタン




フュアーハンド フュアハンドランタン



以前からイロイロと何度も紹介したけれど、ハーマンニャーのフュアハンドランタンだ。キャンプでは夜中の遅い時間に大活躍する。何しろ音が出ないから夜中点灯するにはピッタリ。そしてこれがひとつサイトに点いていれば、歯を磨いたり道具を片付けたりなど、一連の夜の作業をすることができるし、明るさも凄く控えめなので、周囲に迷惑をかけることが無い。誠に絶妙な明るさなのだ。
予備として500mlのペットボトルに灯油を詰めていけば、長期キャンプでもOK。何よりこの灯りの色は心温まる。焚き火とベストマッチなので、焚き火の時に手元を照らすのにも良い。勿論、家で使ってもムード満点。
残念ながら広島で置いているショップがほとんどない(以前ハンズで見かけたが)ので、広島のキャンプ場ではあまり見かけない。でも、価格も安いしもっと普及しても良いと思うのだ。

勿論、ペトロマックスなどの灯油ランタンを駆使されている方や、武井などの灯油ストーブを夏でも使われている方は、もっと残灯油が気にならないのかもしれないが、これらは少し敷居が高いものだ。
灯油はガソリンと比べて蒸気圧が低い。故に比較すると安全ではあるのだけれど、逆に言うと、こぼしたりするとナカナカ蒸発しない。手や服などについた臭いが抜けないなど厄介な面もあるし、点火するのにプレヒートの作業が必要になったりと面倒なこともある。

なので最初はフュアハンドランタンをオススメする。これなら扱いも簡単だ。

kumadays at 07:04|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

February 25, 2006

キャンプ道具

キャンプ用品メーカー、スノーピークのホームページにて、商品の値上げの告知がされた。多くのものは、以前税込み表示が義務付けられた時に値下げされた5%(消費税分)を戻す値上げではあるのだけれど、USHIOさんのご指摘の通り、下記の商品の値上げ率が大きい。

ホットサンドクッカートラメジーノ 18.1%値上
パイルドライバー          22.5%値上

「原材料の値上げ」ということなので、トラメジーノ→アルミ鋳物、パイルドライバー→普通鋼丸棒/鋼管ということになるのだろう。まあ、スノーピークの他の商品郡を考えても、アルミ鋳物を使っているのはトラメジーノだけだし、普通鋼丸棒/鋼管もパイルドライバーくらいか。(あ、スチールポールがあるか)そう考えたら、発注量も大したことないだろうし、現在の景気や情勢を考えたら理解できなくもない。

ただ「2006年年度」から値上げとなっているのに、なんと、今日現在でも既にショップでは値上げしているらしい。しかし、ナチュラムでは今日現在まだ値上げしていない。
このblogにこれを貼り付けるのはためらったが…、良かったら利用下さい。
両方とも自信を持ってオススメできる道具である。特にパイルドライバーは最強のランタンスタンドだ。kumaも3本持っていて、ランタン以外にも上着やタオル、乾燥用の網などを引っ掛けるのに使っている(自己責任)。三脚式のものに比べてフットプリント(占有面積)が小さいのがいい。勿論、雪中キャンプでもOK。




スノーピーク パイルドライバー




スノーピーク パイルドライバー








スノーピーク ホットサンドクッカートラメジーノ




スノーピーク ホットサンドクッカートラメジーノ





※2006年3月某日より、ナチュラムでも新価格に値上げされました。ご了承置きください。

kumadays at 18:51|PermalinkComments(2)TrackBack(1)