kuma days

these are the days of our lives
東京30年・広島12年・東京9年住んだ後、2019年4月から静岡市に暮らすサラリーマンの楽しい日々。

カテゴリ: 登山・トレッキング・その他散歩

IMG_4759


※おことわり。本記事は2021年1月に書いていますが、新型コロナウィルス関連の緊急事態宣言発令〜解除後である2020年7月24日の出来事をまとめたものです。2011年1月一部都道府県における緊急事態再発令中の現在は、状況が異なる部分がある事をご了承ください。

7月の4連休、本当は東京オリンピックのための4連休になるはずだった。それも叶わないとなれば上高地へ行くつもりだったのだが、7月上旬の大雨でそれどころでは無い空気になってしまった。アプローチ道路が崖崩れして上高地に人が閉じ込められる事態になってしまったのだ。人々は救助され崖崩れは工事で片側交互通行まで復旧したが、この4連休はまたもや天気が荒れそうだ。これは上高地へ行くのはやめよう。

そんな4連休の中で、少しは天気がマシな7月24日金曜日に近隣を観光することにした。静岡に来て1年3ヶ月、未だ行っていない所。思いついたのが久能山東照宮だ。静岡市内では静岡浅間神社と並んで神社庁の別表神社となっている。徳川家康のお墓がある事で有名だ。そして、ここなら密になることも無いだろう。

続きを読む

IMG_2797
(写真は2020年4月14日に撮影)

※おことわり。この記事は2020年4月30日に書いています。現在は緊急事態宣言が発令されており、新型コロナ感染拡大防止のため不要不急の外出は控えるよう政府から要請が出ております。また一部の専門家から登山が三密にあたるという意見があり、その危険性も指摘されています。
本記事については緊急事態宣言発令前である2019年12月31日の出来事をまとめたものです。ステイホーム、エンジョイホームの一環として過去の日記を纏めているとご理解頂ければ幸いです。


賤機山と書いてしずはた山と読む。ここから派生して賎機村という行政区分もあったことから、「しずはた」という名称は色々と使われている。最初にこれを観たら「静岡の端」なのだなと何となく理解したが全然違っていた。思えば静岡という地名が使われ出したのは明治維新の後なのだ。それもこの賤機山が名称のルーツになっているようだ。要は「静岡」よりも「賤機山」の方が歴史が長い地名なのだ。
失礼いたしました。


続きを読む

IMG_0756 (1)
富士は日本一の山。
その標高といい、山容といい、知名度といい、存在感といい、歴史や文化であるとかそれらの事から総合的に考えてみても、まったくもって異存は無いはずだ。
一度は登ってみたいと思っていたが、一般的に登れるシーズンは夏の2ヶ月のみで何時も時期を逸してしまう。
しかしそんな事では一生行けないのではないか。一念奮起してシーズン最後の週末に行く事にした。山小屋を予約したら山頂に近い本八合目トモエ館が予約できた。もう予約したら後戻り出来ないぞ。
続きを読む

つづきから

【8日目】

IMG_0137
徳澤2泊3日の中日は涸沢までピストンすることにした。
天気もいいし。
今回も出来れば涸沢でテント泊したかったのだが、前半の天候が悪すぎた。
とりあえず今回一度行ってみてテント泊は次回のお楽しみにしたい。

写真は徳澤の朝5時前。
素晴らしい。マジックアワーだ。

つづきから

【5日目】

IMG_9928
前日の雨は上がり、予報通りキレイな晴天となった。明日は雨予報。昨日は焼岳に行ったし今日中に徳沢に移動するか考えたが、雨が酷いようならば小梨平で今の装備のまま堪えて、天気の良い金曜日に徳沢に移動した方がいいだろう。
それならば中日の5日目水曜日は、さわんどへ荷物の入れ替えと、ノンビリと大正池から上高地観光でもするかと。


続きを読む

つづきから

【4日目】

IMG_9931
4日目火曜日と5日目水曜日は天気は良さげ。6日目木曜日は確実に雨。
なので色々考えて4日目火曜日に焼岳に行く事にした。行ける時に行っておかないと行けなくなるし、そうなったら残念極まりない。
焼岳は以前から行きたいと思っていた。上高地からも比較的行きやすいのと、バリバリ活動中の活火山なのでいつ登山禁止になるか解らない。何より百名山だし乗鞍に毎年来ていた時から一度は登りたいと思っていたのだ。
続きを読む

IMG_9353
今年の夏休み、どうしようか。
ここのところ毎年行っていた乗鞍高原一の瀬キャンプ場はもうない
涼しくて一人でもノンビリ出来て景色がキレイで山にも行ける。東京からもそう遠くない。
そんな所はもう上高地しか無いのかもしれない。以前カミさんと行ってからしばらく上高地に行ってないし、乗鞍に行ってた頃も「上高地コンプレックス」よろしくいつも通り過ぎていたし。
今年の夏は頑張って行くことにした。

続きを読む

IMG_7077
ポンポン山というのが埼玉県にある。
例の埼玉県の山の本に載っているのだが、標高がなんと30mだというのだ。それって山登りなのか。
まあいいや。言葉変えれば低山登りという言葉もあるし、それには当てはまるだろう。
そして、どうも東松山の名物ヤキトリが美味しいらしい。終了後、それをアテにルービーというのも良かろう。
5月連休も終盤、5月5日こどもの日に行くことにした。

続きを読む

IMG_4379
2017年11月25日。秋晴れの週末、どこか山へ行きたい。
いつもの堂平山方面も行ったばかり。また長瀞アルプスというのも芸がない。そこで思いついたのが筑波山。何と言っても日本百名山に選定されている。以前から行こう行こうと思っていたのだ。しかしいつも事前に調べると、その昭和的に俗化された施設を見て萎えてしまっていた。
なので、今回はそういう事前情報をなるべく得ずに行ってみることにした。

続きを読む

IMG_1926
今年のGWは天候の関係もあって2回しか山歩きできなかった。そしたら梅雨前にもう一回行っておきたい。
なので梅雨前の好天日、2017年6月4日に長瀞アルプスへ行くことにした。GWに行けなかったし。

続きを読む

4193372D-101E-4186-AA38-20B4829E4EE7
2017年5月4日。5月連休も後半だ。先日の堂平山に続いて山に行くことにした。
以前、皆野駅のうなぎ屋さんに行った時に地図を持って帰っていた「皆野アルプス」が気になっていた。本にはあまり載っていないが行ってみることにした。なんちゃってアルプスがあるなら行くしかあるまい。
しかし奥迄行ってしまうと帰りのバスが本数が少なくて大変だ。とりあえず破風山の山頂を目指し、満願の湯に下りるコースを考えた。

続きを読む

IMG_1037
今年のGWも大きな予定は立てていない。何処行っても混んでいるだろうから。なので今年も何回か近くの山へ行くことにした。先ずは4月30日。堂平山方面へ。
堂平山は先日行ったばかり。でも気にしない。いいところだから。

続きを読む

IMG_0059
月に1回山歩きを目指す身としては、3月もどこかに行きたい。長瀞アルプスは先月行ったので、今月はもう一つの定番である堂平山方面へ行くことにした。思えば昨年の4月以来だ。実は昨年の10月にも来たのだが、その時は熊騒動で引き返したのだった。

続きを読む

IMG_7221
乗鞍一の瀬キャンプ場でのキャンプの途中に、西穂高岳に行くことにした。昨年の秋に西穂高ロープウェイには乗っていたので何となく要領はわかる。なるべく早く出て天候によっては山頂まで行けるように頑張ってみる事にした。

続きを読む

IMG_5393
この5月連休、大きな予定は立てなかったけど、既に日帰り山歩きに2回行った。でも予定と天気を照らし合わせてみたら、もう一日行けそうだ。疲れもあるし負荷はそれほどでもなくて満足度が大きい所といえば、もうココしかないだろう。
コチラへ来るのはもう6度目になるが、5月連休に来るのは初めてだ。続きを読む

IMG_5562
今年の5月連休の登山第二弾は、初めて武甲山へ行くことにした。やはり秩父の象徴というか雄というか。そびえ立つ姿は市内の多くの場所から望むことが出来る、秩父市民の心にどっかりと根ざしている、きっと学校の校歌にもいっぱい出てくるであろう武甲山(事実未確認)。いつも秩父方面にお世話になっている以上、一度は登らなくてはならないだろう。
ただ、山の表面は石灰石採掘のため大きく削られ、登山道も裏側からとなる。このあたりの事情や心情は地元の方でないと判らないのだが、産業のために景観が犠牲になるのは、少し寂しい思いをしてしまう。
続きを読む

IMG_2742
今年も11月の3連休に長瀞アルプスへ。
コチラも4度目になる。気持いい縦走路であることもあるが、何と言っても手頃であること。行き帰りの電車で座れる確率が非常に高く、それでいてちょっとした電車の小旅行気分が楽しめること。宝登山の山頂の神社に茶屋があってそこの焚き火の居心地がいいこと。そしてそこに焚き火犬がいること・・・。
このあたりが魅力的なのだろう。

続きを読む

IMG_1123
夏休み、カミさんは忙しい。
なので、悪いけれど協議の上、8/12〜14に一人で山+キャンプへ二泊三日で行くことにした。
そしたら暑い夏に標高の高い山に行くのは正解だろうとネットで色々と探して。
最も簡単に3000m級に手が届く乗鞍へ行くことにした。

本当は初日はノンビリと設営だけにしようと思ったのだけれども、天気予報を見たら初日が最も天気が良さそうで2日目は雨の可能性が高い。なので初日の設営前に乗鞍岳に行くことにした。

続きを読む

IMG_0627
赤城山は日本百名山に選ばれており、赤城神社が祀られ数々の神話や伝説もあり、関東平野からも見えて群馬県の有数の観光地でもある。
7月後半梅雨が明けてから酷暑が続く毎日。しばらく山歩きをしていないから行きたいけれども、いつもの東秩父村方面は既に暑いだろう。そしたら標高が高いところへ行くしかない。
7月20日の海の日は出掛けられそうだ。

色々とネットで調べて、谷川岳と迷って赤城山へ行くことにした。

続きを読む

IMG_6552
先々週はガーラにスキー、先週はフットサルと激しく動いているけど、今週も天気がいいので山に行くことにした。
行き先はお気に入りの堂平山。いつもの東武東上線で小川町を目指す。

続きを読む

IMG_1934
ここのところ山に行っていない。運動は月1回のフットサルや、毎朝ちょっとのランニング等をしているが、やっぱり心拍数を上げつつ長時間の運動が出来て身体に負荷を掛けられるという点、山登りが一番である。かといってこれから暑くなる季節、もう秋まで行けないのか。
と思った7月のある日、雷雨明けのとっても涼しい日があった。梅雨明け間近の日。この気候ならば近隣の山に行けるだろうと思い立った。翌日の予報も悪くない。
ソコソコ距離も歩けて負荷もあって展望もいい割に人も少ないという、まさに私めにピッタリの最近の定番となっている堂平山方面のコースに行くことにした。

続きを読む

IMG_6691
大山とかいて「おおやま」と呼ぶ。どっこい西日本の方は「だいせん」と呼ぶ方が多いのではないだろうか。
以前我々も登った鳥取県の伯耆大山(ほうきだいせん)は、日本百名山に数えられるような名峰だ。「山」としては標高も勝っている。が、こちらの「おおやま」も関東ではかなりの知名度を誇る。神奈川県民の方は遠足などで、そして関東各地からは信仰の対象として。昔、大山は雨降山(あふりやま)とも呼ばれ、雨乞いに霊験のある山として昔から農民の間に関心が寄せられていた。(wikipediaより)
そして各地から大山を目指す道が開かれた。板橋区に大山いう地名があるが、それもこの大山から起因している。富士山の近くだったことと、関東一円見渡せる眺望からかと思うけど。
そんな有名な山だから一度は行ってみないといけないと出掛けた12月14日(土)。この季節の低山が好きだ。紅葉が落ちた木々の間を歩くのが何ともいいのだ。紅葉が過ぎて観光客も少ないからノンビリとした山歩きが楽しめるのだ。

続きを読む

IMG_4356
8月のとある土曜日、カミさんが箱根方面に行きたいというのでドライブに出掛けた。
7時頃には家を出たつもりだけれど首都高〜東名道はエラい渋滞で。家から2時間近く経っているのに川崎迄しか辿り着かない。
厚木まで出ればその先は渋滞が少ないと思うのだが、厚木まで90分という表示!
それを見て高速を下りることにした。
国道246号を走って流れればそのまま箱根へ。流れなければ目的地変更。一度行ってみたいと思っていた南町田のグランベリーモールにあるモンベルストアに行くことにした。

やはり246号も混んでいたので、そのままグランベリーモールへ行くことに。

続きを読む

PICT0003
晴天予報の12/16日曜日、山に行くことにした。
またまた東武東上線沿線の外秩父ハイキングコースのサイトを参考に、今回は堂平山・笠山に行くことに。山と渓谷社「埼玉県の山」の本のコースに遡行することになる。
小川町駅からバスで白石車庫まで行くのだが、小川町駅から白石車庫へ行くバスが、7:09発と9:10発と10:48発しかない。
何とか始発の7:09発に間に合うように早起きした。

続きを読む

IMG_7126
週末、一人で山に行くことにした。土曜日は上司の家でバーベキュー。日曜日にそこで食べた肉を燃焼すべく(笑)。
朝もそんなに早起き出来そうに無いし、東武東上線で気楽に行ける山にした。選定したのは終点寄居駅からスタートできる鐘撞堂山だ。

続きを読む

IMG_6135
昨年一度通ったロックガーデン、ここは再訪したいと思っていた。
3連休の最終日、カミさんと一緒に行くことにした。
今日は猛暑日で熱中症に注意という予報も流れていたが、ロックガーデンなら陽も当たらないだろうとのことで強行した。
氷入りの水筒を3つ作って保冷剤を何個かクーラーバッグに持ったけれど。
電車ではなくて車で行く。6時45分頃家を出て、8時半頃にはロープウェイ滝本駅の駐車場へ。
8:45発のケーブルカーで登る。

続きを読む

このページのトップヘ