kuma days

these are the days of our lives
東京30年・広島12年・東京9年住んだ後、
2019年4月から静岡市に暮らすサラリーマンの楽しい日々。

    フィアット NEWパンダ&プントカブリオ

    フィアットNEWパンダ 斜め後ろから
    うちのパンダ号、サンルーフがついている。
    このサンルーフも、フィアット側の正式名称は「スカイドーム」だ。ま、既存のサンルーフとは違うのだよという意味もこめて、名前を違うものにしているのだろうと思うのだけれど。
    太陽が薄い季節はこのサンルーフも有り難い。車内が明るいし、何より通気性がいいし。
    そして以前私めもオープンカーに乗っていたから解るのだけれど、開放感は素晴らしものがある。
    そりゃオープンカーには逆立ちしたって叶わないのは明白なんだけれど、実用性も確保しながら開放感といえば、サンルーフは大きな手段だ。ま、前提として、ヨーロッパは全体的に緯度が高く、日照時間を確保する為にサンルーフが生まれたという話もあるのだけれど、それはそれとして、日本人としては、楽しければそれで良いのだという考えもありかなと思ったりもする。

    が、しかし、ここ数年の暑い日本の夏には、オープンカーもサンルーフも不要なものだと思う。

    今年は多少まろやかであるものの、ここ数日は暑いには変わらない。

    で、考えた。

    以前、あなぐまさんのブログで紹介されていた「すだれ」を使うアイデアがずっと頭に残っていた。

    なるほど。

    と思ったのだけれど「本を買っただけで読んだような気分になってしまう」ような感じで、ここ数年実践することはなかったのだ。

    が、家に便利なものがあった。

    4b98fb8c.jpg見た事がある人は見た事があるだろう。
    ホームセンターなどで売っていた座布団だ。片側がアルミコーティングになっている発泡系の素材だ。
    これをスカイドームの窓とシェードの間に入れてみることを考えついた。

    ちなみにこの写真は2枚を裏/表にして写したものだ。
    思い出せば、ディック(現ダイキ)で、4枚一組で安価に買ったものであった。
    実は、底冷えする冬キャンプで何気に重宝していたグッズだったりする。

    05c37df2.jpgちなみに、パンダ号のスカイドームは、何もしなければこんな感じ。
    所謂、普通のサンルーフだ。
    チルト(少しだけ後ろを開ける)もできるし、解放することもできる。

    d8f19c8b.jpgが、夏は暑い。
    実は標準装備でスライド式のシェードもついてくる。
    このシェードも薄っぺらく、パンチ状に穴があいている。

    本国イタリアなど、欧州の日照時間が短い環境ならば、「明るい車内」でカタがついてしまうかもしれないが、ココ日本の夏を過ごすにはかなりキツい。


    f14f28bc.jpgそこでさっきの座布団を窓に入れてみる。太陽光線はほぼカットされるし、車内も少し涼しいような気がした。
    要は、カナリの確率で車内へ太陽光線が届くのを防ぐことができる。サイズもほぼピッタリだった。

    33a3d446.jpg上から見たらこんな感じ。
    別に何も代わり映えしない。
    カミさん曰く「すだれに挑戦しないと」と言われてしまった。

    でも、太陽光を防御する効果は、すだれ以上と思っているのだけれどなあ。・・・

    秋になったらすだれに挑戦するかな。

    広島ブログ
    広島ブログ


    http://blogs.yahoo.co.jp/morino_anaguma/34061506.html






    e423d53b.jpg今日、昼間にディーラー(アルファロメオ広島)行って来た。
    店内には、なんと本物の(?)FIAT500が展示されていた。有名なカリオストロの城のルパンの車だ。
    やっぱり小ちゃい(笑)。

    広島ブログ
    広島ブログ

    名前の通り排気量は500cc。今の日本の軽自動車より小さい。この500ccのエンジンをリア(後ろ)に積む。リアエンジンで後輪を駆動するこの方式(RR)は、車のメカニズムが簡単になり、操舵が軽快になる利点があったが、トランクスペースが殆ど無いという欠点がある。(前側のフードはハンドルのメカニズムがスペースを取る)
    このイタリア/フィアットのメカニズムに対して、イギリス/ローバーはエンジンをフロント(前)に積んで、前輪を駆動した(FF)。それがローバーMINIだ。MINIは自動車工業の歴史に燦然と輝くことになるだろう。
    この方が室内もトランクスペースも広く取れるし、走行も安定しているので、この後世界の主流になっていった。フィアットが提唱したRRはみるみるうちに廃れて、今では乗用車には採用されなくなり、バスに使われいるだけだ。
    ちなみにFFの欠点は、駆動系と操舵系が前に集中するので前が重くなり、操舵性が悪くなるという欠点があったが、近年の車は改良を重ねて問題無くなっている。そうなるとFFの利点であるスペースユーティリティが生きてくる。パンダ号も勿論FFだ。
    ちなみに、高級車や大型車には前にエンジンを置いた後輪駆動車もある(FR)。これはFFが世の中に出る前は主流だったが、前のエンジンで後輪を駆動するので、床下に駆動系(プロペラシャフト)が通ることになるので、室内が狭くなるのだ。
    が、ドライブフィーリングはFRの方が良い。なので、大きなセダンはだいたい後輪駆動だ。

    世の中には4輪駆動車というのもある。これも書いたら長いのだが。
    勿論、4輪駆動車は走行性能は優れているが、4輪駆動する為に、2輪駆動車よりもメカの抵抗が多く発生するので燃費が悪くなるのが痛い。なので雪道や悪路走行が多い方には普及しているが、そんなに一般的になっていない。

    話が長くなった。

    f92efd51.jpg今発売されているFIAT500はコレ。リバイバル版だ。
    排気量は1200CC。じゃあFIAT500じゃないじゃないかと言われそうだが。
    しかもFFなのだ。
    が、これが売れている。先程の憎っきミニもBMWが引き継ぎリバイバル版を先に発売し、ヒット作になった。勿論この前にVWビートルもあったのだが。
    なので、ビートル、ミニに続くフィアット500なのだ。
    前出2台が高級車として作られたのと違い、Newパンダをベースにして大衆車として作ったのがウケているのかもしれない。

    で、なんでアルファロメオ広島に行ったかと言うと、先日の車検の残金を払うのにキャッシュコーナーに行ったら、広銀の自分の口座から払うと525円の手数料、広信まで行って現金振込しても315円の手数料が掛かる。昼飯の500円をケチっているのに、そんなお金払ってられるか!って。
    広島ブログ
    広島ブログ

    BlogPaint6/22の月曜日からパンダ号を車検に出していた。もうあんなことこんなこと、そして納車から3年経過したのだな。本当にあっという間だった。
    昨日車庫に戻って来た。車検の間、ウチの車庫は社用車持ち帰り車庫と化していた。早出が多かったのでちょうど良かったけど。


    もとより燃費が非常に良いパンダ号だから、エコ替えなんてあり得ない。そもそも今乗っている車をそのまま乗るのが一番エコでないかと思うのだ。
    ま、この不況下、自動車メーカーや電機メーカーは絶不調だから、何かしら大衆に買い替えさせる手を考えていかないと、この先危ういということなのだろう。勿論そこにはエコという良心のようなものは存在しないと思う。

    BlogPaintこれが初回の車検明細。
    ま、最初だからこんなものだ。ミッションオイルは昨年替えたけれど、今回も替えてもらった。
    トーインは、タイヤ換装の時にタイヤショップから指摘されていたので、よく診てもらったが、異常なしとのことだった。
    ワイパーブレードもディーラーの割に安い。痛みもそんなに激しくないので、1回/年ペースで替えている。

    昨日は仕事が飛んでしまったので、午後半休をとって早く帰って来た。

    BlogPaintなので紙ドラカミさんの運転の練習を兼ねて、車で10分程度のスーパーへ。
    とりあえず一発で車庫入れ完了。あれだけ教えても上手く行かなかったのに。
    やっぱりプロが教えると違うのかね。
    あとは場数だな。

    広島ブログ
    広島ブログ


    ついに、ビッグ3の一角が崩れた。

    昔、日本車が欧米車のシェアを激しく食っていた時にも危惧されていたような覚えがある。
    その後、クライスラーは三菱からエンジンを供給を受けミニバンをヒット。それも苦しくなると、ダイムラーベンツとくっついてダイムラークライスラーとなった。がそれも上手く行かず・・・。

    ここで脚光を浴びているのがフィアット。

    おお。

    フィアットユーザーとしては、ニュースでフィアットの名前が出るのは嬉しいことではある。

    私めのパンダ号も絶好調だ。燃費もいいし良く走る。「いい小型車」だと思う。

    しかし「いい小型車」ではあるが、日本車の小型車とは少し赴きが違う。

    安っぽいところは非常に安っぽい。

    音もうるさいし、路面のショックは非常に良く拾う。

    多くの日本人は、とても安っぽい車だと思うだろう。

    それに、フィアットもこれまで数多くの危機を乗り越えて来た。

    乗り越えながら、フェラーリやランチャ、マセラティ、アルファロメオなどを傘下に収めて来たのだ。

    が、今回は相手がデカ過ぎるような気もする。

    イタリアの新車販売も低調であるニュースも聞くし。

    正直、心配だったりするのだ。

    頑張れ!フィアット!!

    瀬戸内海を望む

    広島ブログ
    広島ブログ

    IMG_0565今日はいい天気。高速道路1000円というのもあるし、カミさんが聞いて来た情報をもとに、東城まで車を走らせた。
    東城インターから国道314号線を北上。その後案内板の通りに行くとたどり着いた。
    結構、大勢の人で賑わっていて、特設の駐車場にもギリギリ停められた状態。
    広島ブログ
    広島ブログ

    IMG_0552
    駐車場から見ると水田に桜が映って「逆さ富士」のようだ。
    三脚(一脚?)と長〜いレンズ(いったい何撮るんだろうね)を持った人が大勢ウロウロしていた。
    今日はカミさんのカメラ(IXY920IS)を拝借。

    IMG_0553
    4倍ズーム。

    IMG_0559
    近寄ってみた。

    IMG_0560
    南側に回り込んだ。
    見る角度によって全然趣きが違う。
    すごい巨木のヤマザクラだ。
    幹も太いし、何か「気」を発しているような。
    できれば近寄って幹に触れてみたかったが、それはできなかった。
    老木のヤマザクラを維持していくのも大変なのだろう。
    地元の方の熱意と尽力に頭が下がる思いだ。

    IMG_0561
    県の天然記念物だそうだ。
    近くでおにぎりを頂き、ヤマザクラを後にした。

    IMG_0568
    帰りに立ち寄った芸備線の小奴可駅。
    一日に来る列車はたったの6本(3往復)。
    古い駅舎も残っていたし出札口も開いていた。タクシーも停まっていたが肝心の列車が3往復では。昔は山奥の貴重な交通手段だったのだろうが、国道314号が整備され役割を失ってしまったのだろう。
    駅の近くで桜祭りをやっていたようだが、すっかり千鳥別尺のヤマザクラで満足した我々は、ワザワザ混雑している所に突っ込んで行く必要も無かろうということで、立寄らずに車を走らせた。

    この後、整備された国道314号〜183号を西城→庄原→三次と芸備線沿いを走り、スプレモでコーヒーを頂き、コーヒー豆を購入して家路についた。

    広島ブログ
    広島ブログ

    6bb62933.jpgルパン三世のフィアット500。
    レアものかも〜。

    広島ブログ
    広島ブログ

    0be3356b.jpgバイオ君がご臨終を迎えて今日で一週間。
    次のパソコンは入荷待ちなのだ。この週末には何とかなるだろうか。

    広島ブログ
    広島ブログ

    昨日は早く家に帰ってきた。なのでパソコンラックを処分してきた。高さが足りず、次のパソコンが載せられないから。まあ、実はこのパソコンラックも仕事で余ったものをクスねてきたものだったから、所詮「悪銭、身に付かず」といったところかな。
    パンダ号に無理矢理押し込んで沼田の大型ゴミ処分場へ。

    係のオジサン数人が、
    「ほぅ、フィアットじゃ」
    「車がええね」
    「よう走るんよ」
    「何ccなんじゃろ」
    「1200くらいじゃろ?」
    ・・・とコチラは何も言わずに荷物を下ろしているのに、勝手に盛り上がっている。

    「このラックまだ使えますから」
    「おお、もったいないのう」
    「パソコンぶっ壊れてから。そしたら新しいパソコンが載らんのです」
    「おお、そうかいのお」
    と、少し会話して去ろうとしたら、

    「また来て下さいや」

    笑ってしまった。
    大型ゴミ処分場で人気者になってもなあ・・・。

    しかし、そろそろ携帯で文章を打つのもカッタるくなってきたな。

    未だ下記の状態は継続中。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ブログの投稿は携帯からのみになります。
    皆様のブログも携帯での閲覧になります。
    パソコンのメールを読むことができません。
    広島ブログの皆様の「ポッチン」をすることができません。
    kuma-usaダッチオーブンの更新ができません。

    99a3e5d6.jpgアルパークに向けて走行中にウインカーの玉ぎれが発生。なんと車内に警告灯+警告音が出る仕掛けがあったんで判明。
    そんな仕掛けがあったとは知らなんだ。
    やはりいいクルマですから。
    (しつこい?)
    ※写真は展示されていたFIAT500。

    広島ブログ
    広島ブログ

    725a5c0f.jpg無事交換完了。
    先日点検したばかりということもあってか、無償で交換して頂いた。

    感謝!


    BlogPaintせっかくなので、FIAT500の運転席に座ってみた。カミさんに写真を撮ってもらった。
    下回りはパンダ号と共通なので、あまり雰囲気は変わらない。要は「中身」は一緒で外観だけ異なる車なのだ。
    あ、ちなみに座っている車は、16Vの強力バージョンだけど。

    512e472c.jpg最近よく流れているCM。

    某有名自動車メーカーの某有名ミニバンのCM。

    しかも有名な俳優が出ているらしい。

    でも、目が行くのはここばかり。


    BlogPaintそう。

    ここ。




    de4ffc5e.jpgパンダ号だっ!


    ミラノで撮影されたらしい。

    なるほど。

    確かに、いい車ですから(笑)。

    男ですから(謎)。




    見たこと無いひとのために、このブログで初めてYouTubeを貼り付けてみた。
    簡単なのね。



    広島ブログ
    広島ブログ

    P1000417今日はパンダ号のオイル交換。
    年内に済ませてしまおうとディーラーに車を走らせた。



    広島ブログ
    広島ブログ

    P1000414店内には、話題のフィアット500。黄色が展示されていた。キレイな黄色だし、イタリアの小型車は黄色が似合うと思うし、やはりルパン(カリオストロの城)の印象が強いからなのだろうか。
    でも、どちらかというと、ベージュっぽい色の方が合っているような気がするのだけれど。
    この車は売れている。でも、フィアットは工場を休止している。パンダ号もフィアット500もポーランドの工場で生産されているが、ポーランドの工場も休止しているのだろうか。

    P1000412P1000413
    表には、赤と白の試乗車が止まっていた。
    勿論ナンバープレートは500。
    この後、アバンセ→ユアーズ→フジヴェスタに歩いて買い物。

    P1000423買い物から帰ってきたら、無事交換終了。
    前回が16,349kmだったから、6,156km走ったことになる。輸入車は4,000kmから5,000km目安だから、5,000kmから比べて20%以上多く走ったということか。別に不具合は無かったけど。

    このパンダ号も半年後は最初の車検を迎える。
    早いなあ・・・。

    P1000418終わってから凡蔵に行って、帰りに商工センターのマウントへ。
    (タイトルの写真はマウントの駐車場で撮った)
    なんか抽選で当選し、景品のタオルを保管しているからご来店下さいと留守電に入っていたのだ。それを取りに行った。
    念のため言っておくと、本日の購入ブツは無し。
    このような抽選も再来店を促す為にやっているものだろうから、そう考えたら有難くないお客かな(笑)。

    P1000419開けてみたら「かめや」の刺繍が入ったタオルだった。
    家で寝るときに首に巻くタオルとして使おうかな。

    感謝。

    広島ブログ
    広島ブログ

    f76d890c.jpgパンダ号タイヤ換装。

    093bd6dc.jpg狙い通り(晴天の三連休)すいていたので30分も待たずに完了。

    お店で抽選をやっていた。
    結果D賞で小さなサンタさんのヌイグルミを頂いた。
    もうそんな季節かぁ。

    a8907fa4.jpgこの時間、絶好のオープンカー日和。
    パンダ号のスカイドームと窓を全開にして、プント君を懐かしむ。

    PICT0007今日はアルファロメオ広島へ。パンダ号2度目の点検。もう納車されて2年。早いなあ。
    去年の点検時は色々とフェアをやっていたが今年はなし。

    0b2f9a2f.jpgそのかわり?店内には目玉のFIAT 500が展示されていた。ジャイブブルーという色か、とてもいい色だった。

    5ba6b8cb.jpgb8592ba5.jpg
    実は下回りはパンダ号と共通なのだ。なのでシートに座った感じも良く似ている。しかし、ドアの質感は高級車みたいだし、インパネ周りも凝った作りになっている。シートも出来が良くてすわり心地がいい。
    後席は狭い。私めが座るとクビが伸ばせない。パンダ号は伸ばせる。これが唯一の弱点だが、パンダ号と同じ下回りなら、燃費もスゴく良いはずだし、良く走るはずだ。デザインもかわいいし、ある意味最強の小型車ではないか。
    訊いてみたら予想通り大人気で、かなりのバックオーダーを抱えているらしい。今年初めに発注された車がボチボチ納車されているとのことなので、半年〜1年くらいとのこと。
    これから街に出てくるのが楽しみだ。


    05d0d9bc.jpg白い試乗車が用意されていた。試乗しているひとは居なかったが・・・。

    820d33cb.jpg点検は2時間くらい掛かるというので、古江の駅から広電に乗ってアルパークに行った。雨は降りそうで降らない天気。昼飯を食べた後無印商品へ。無印商品週間なので色々と買いこんだ。
    アルパークはペデストリアンデッキがあって非常に便利だ。広電やJRの駅も繋がっている。広島でペデストリアンデッキがしっかりあるのはアルパークだけだ。(緑井駅周辺も一応そうか)
    広島駅もASSEとエールエールA館の間がペデストリアンデッキで直結され、その高さで新幹線側への自由通路があったらもっと便利になるのに。勿論ペデストリアンデッキからバスターミナルや電停にも降りることができるようにする。
    新幹線を降りてちょっと帰りに寄り道、特に立ち読みしたくなった場合、3階の高さから地下に降りてエールーエールA館へ行くのがかったるく感じるのだ。それがASSEの改札を降りてその高さで向こう岸へ行けたら、どれだけ便利だろうと思う。
    まあ、それは夢のような話ではあるのだが。

    2008_06_21パンダ号点検古江の駅からアルファロメオ広島に戻る道中で雨が降ってきた。傘を開いてアルファロメオ広島へ。
    今回の点検結果。ネットで良く見かけるバッテリー交換やクラッチ交換は必要なし。但し最初から搭載されているバッテリーは、突然死があるので注意して下さいとのこと。元々電気系は弱いのだろうが、輸出する環境にも問題があるのでないかとディーラーの方。(港〜船積みでかなり長期間車を動かさない)
    それと、ウオーターポンプからクーラント液漏れがあるらしい。ウオーターポンプを交換した方がいいとのこと。メーカーへ問い合わせてモノを準備するので準備できたら作業らしい。確かに減りは早いなあと思っていたが、そんなもんだろうと思ってチョビチョビ補充しながら走っていたので。
    その時にワイパーブレードも変えてもらおう。

    いずれにせよ、このパンダ号はとても燃費がいい車なので、このガソリン代高騰時代に非常に助かっている。先週の九州往復でも20.3km/L。高速や信号待ちのない田舎道を走ると驚異的に燃費が伸びる。

    これからも大事に乗っていこうと思う。

    8c8cfee4.jpg午後から車を置いて、歩いて電車で外勤。今は帰りの電車の中だ。
    今朝はパラパラと雨が降ってきたので、朝の散歩を中断した。朝の散歩はいつも8000歩くらい歩くから、とりあえずその分は歩いたことになる。良かった。

    歩いている途中に、素敵な出会いがあった。
    【たまには】の続きを読む

    P1001715結構気に入って乗っている我がパンダ号。もうすぐ納車から2年経つ。燃費もいいし良く走るし、とはいえ非力でトロくさいところも気に入ってたりする。
    ただ、唯一気に入らないところがあった。コクピット広島がセールをやっていることもあって、思い切って変えることにした。

    それは・・・、 【パンダ号改造】の続きを読む

    タイトル明日から値上げが予測されるガソリン。
    テレビでも昨日はガソリンスタンドに長蛇の列が出来ているような報道があったし。なので朝からガソリンを入れに行ってきた。
    まだ値段は上がっていないようだが、なんか少し高い?

    貼紙こんな貼紙があった。
    ガソリンスタンドとしても、この1か月の値下げは相当経営を圧迫したのだろう。「30円を超える値上げ」とシッカリ釘を打っている。また「平常時のうちに満タンにするよう」にアナウンスしている。
    確かに製造業でも生産の平準化はコストダウンにつながる。ある時期に集中して生産したり全く生産しない時期があったり、あるいは生産計画を間違えて余分な在庫を抱えることはコストアップに繋がるから、この話もわからないでもないけど。しかし、この手の話になると多少なりとも必ずユーザーに負担が来るのだ。

    またガソリン携行缶が飛ぶように売れ、揮発油に対しての知識が無いひとが、法を犯してセルフスタンドで携行缶にガソリンを注入し、静電気で発火するという事故も起こっているから、それに対する警告も書いてある。
    しかしまあ、このチラシもパソコンで作ったのだろうが、左下のテキストボックスの文字が全て表示されていないぞ。ちゃんとプレビューで確認するなり、一枚プリントして確認するなりしないと・・・・。

    レシート朝から頑張って行ったのだけれど、8L程しか入らなかった。3月に山口に行ってから車で遠出らしい遠出をしていないし。あれ、ハイオクは137円じゃなかったのか。まあ得したのだからいいか。
    プリペイドカードの残高は2230円。これが135円/Lだったら16.5L入れられるが、仮に165円/Lだとしたら13.5Lしか入れられない。

    燃費このガソリンスタンドからウチまで少し距離がある。燃費を測ってみた。駐車場に着いたら18.1km/Lだったが、車庫入れをしている間に17.8km/Lに。カメラを起動させているうちに17.6km/Lに落ちた。ああ。アイドリングは無駄なガソリンを喰うのだ。
    あ、時計が遅れているから直さないと。

    走行キロガソリンスタンドからウチまでは1.7kmだった。なので約0.1L使ってしまったことになる。う〜ん。
    そういう細かいことに気を使うようになったのは良いことなのかもしれない。けど、結局我々庶民は、ある一部のひとたちに踊らされているだけだ。今日もガソリンスタンドは踊らされたひとで大混雑なのだろうか。

    それにしても、今思えば思い切ってパンダ号に買い換えて良かったのだろう。ハイオクを要求されるが、燃費はすこぶるいい。今日入れた8Lで、渋滞が無ければ150kmは楽に走るだろうから。
    川沿いパンダ
    Powered by PICS

    5b8ae503.jpg今日は午後半休〜市民球場と思ったが、特段の仕事も無いし、思いきって1日休みを取って昼に大型ゴミを捨てに行った。
    意外と大きいパンダ号の荷室が役に立つ。

    捨てたもの。
    ・机(幅90奥行き60高さ70)
    ・椅子
    ・スタンドミラー
    ・ホットカーペット
    ・曲がったパイルドライバー(ランタンスタンド)
    ・トライポッド(ダッチオーブンの三脚)
    ・破れたハンモック

    家の中が少し広くなった。
    教訓
    物を買うときは良く考えてから買う。

    02e1d403.jpgパンダ号のカタログが出てきた。一昨年(2006年)の6月に購入したから、その前に取り寄せたものだろう。

    b4c9feb9.jpgいやいや、カタログだけにカッコよく描かれている。なんかヤケに都会的な風景だなあ。

    0f38d688.jpg室内も、こ〜んなに広い。サスガはカタログだ。

    4738ef82.jpgそして開放感抜群のスカイドーム(サンルーフ)

    2d34af4a.jpg私めが買ったのは、まさにコレだ。グレードも色も。

    01d5e24b.jpg当時は、こんなにボディカラーが準備されていたのだな。もっと日本での販売も見込まれていたのかもしれない。
    しかしパンダ号が発売された時には、日本車の小型車や軽自動車もかなり良くなっており、あまりNewパンダを選ぶ理由が無かったのかもしれない。


    ただ、実際に使ってみたら・・・、
    広さも必要充分だし、乾板クラッチのアクセル踏んだ時のダイレクト感は素晴らしいし、短ホイールベースがもたらすハンドリングも素晴らしいし、しかも高速での直進安定性もいいのだ。
    何より燃費がすこぶるいい。ハイオクを要求されるが、先日の山口旅行では、途中のガソリン補給無しで600km走りきった。メーターの燃費は20.4km/L。実質も消費したガソリンは30L位だった。ガソリンタンクは35Lしか無いが、全く不自由を感じない。
    逆に言えば、乾板クラッチの変速(デュアロジックというセミAT)がギクシャクするときはあるし、坂道発進時は後ろに下がるし(現行モデルはヒルホールドシステムがついているので大丈夫)、後席も荷室も狭いし、全高が1570mmあるので一般的な1550mmまでの立体駐車場に入らないし(スカイドームなしのモデルは1535mm)。

    でも、やはりいい車なのだ。乗っていて楽しいし、イタリア車につきもののトラブルも今の所皆無だし。

    あと3か月で2年になるけれど、走行距離はようやく15,000kmを超えたところ。
    まだまだ新鮮さは失われていないと思う。
    瀬戸内海を望む
    Powered by PICS

    f3cfdf5c.jpg今日が狙い目?

    日本海とパンダ
    Powered by PICS

    今日は7回目の結婚記念日だ。その山口旅行の途中、仙崎で昼食を食べたので、以前ひとりで行った千畳敷に行ってみることにした。
    【千畳敷】の続きを読む

    パンダ外装昨年、無印良品でパンダ号にピッタリの傘を購入した記事を書いた。車載用の傘だ。

    パンダ内装外装の黄色(バニライエロー)と、内装の水色に合わせて買ったのだ。

    傘が、この傘に早速穴が空いてしまった・・・。ガーン。
    やはり生地が貧弱だ。折りたたんでいる間に骨に擦れて穴が空いてしまったのだ・・・。こりゃダメだ。要は安物買いの銭失いをしてしまったというわけだ。

    1f6c79a0.jpgなので、やはり本家本元のtotesの傘を買ってきた。totesには黄色が無いので、本当は水色を2本買おうと思ったのだが、好日山荘には1本しかなかった。なのでとりあえず1本買ってきた。実はこの買い物でポイントが丁度になり(3/2まで4倍ポイントセール)1000円の買い物券をゲットできたのだけど。
    やはりサスガは本家本元。生地はシッカリしている。

    2008_03_02ダッシュボード手持ちの緑のtotesと一緒にダッシュボードの中に収めた。ピッタリだ。totesのロゴもいい感じだし。またいつか水色のを見かけたら買っておこう。


    totes(トーツ) ブレラタイニー
    totes(トーツ) ブレラタイニー


    14a04a15.jpg

    タイトル予定今シーズンは年末年始に雪が降った。それ以降は降る気配すらないし、週末の天気予報は北部も雨・・・。普通は雨となっていても山沿いは雪が降るものだけれど、去年・今年は何が起こるかわからない。そんなに寒くないし。
    こうなりゃ雨が降る前にいっちょ滑っておくかと、年始気分が抜けきらない今週、一日仕事に穴をあけて休みを取得。
    実は、先週の日曜日に松笠山(レポート)に登って、太ももとひざが筋肉痛なのだけど、頑張ってスキーに行くことにした。
    【めがひらスキー場】の続きを読む

    8a2a2300.JPGいやいや、久々にビックリした。雪まみれの懐かしいプント君がトップページではないか。2005年12月のクリスマスの大雪のことだ。雪中キャンプの準備をしていったのだが、あまりの大雪でサイトが使えず、ツリーハウスに泊まったときのことだ。あの時はとても楽しかった。

    いや〜、感謝!

    1月7日に更新されたようだ。次の更新まではトップページを飾らせて頂くことになるのだろう。

    ああ、最近行ってないなあ。

    大鬼谷オートキャンプ場のホームページ

    箱入り久しぶりにイタリア自動車雑貨店に行った。以前、色々と買い込んだ記事が残っているけれど。
    で、今回の戦利品・・・。

    ↑これだけ(笑)。Newパンダのグッズもそんなに無かったし。
    この手の物は、しまっておくよりも出して飾るに限る。
    【Nuova Fiat 500】の続きを読む

    タイトル3連休前半の土日、1泊で大鬼谷に行って来た。実は先週行く予定だったのだけど、疲労困憊その他で延期にしたのだった。こんな悪天候なのに物好きがいるよと思われそうだが、大鬼谷にはバンガローという技(?)がある。当初はバンガローAを考えていたけれど、土曜日はずっと雨の予報だったので、値段は高いけれどバンガローBタイプにした。
    これが99泊目の大鬼谷。天候は雨だから焚き火も散歩もできないし、寒くないから醍醐味もないし。そんな早く行っても仕方ないねとノンビリ下道で出かけたら、そんなこんなで到着は14時30分頃になってしまった。
    【99泊目の大鬼谷】の続きを読む

    店1今日はパンダ号を連れて(?)、ウーノヴィーノに行ってきた。パンダ号を連れて行くのも初めてだが、ランチで行くのは初めてのことだ。
    カミさんの運転でいざ出発。開店前に到着してしまった・・・。
    【今日の昼飯(ウーノヴィーノ)】の続きを読む

    パンダタイヤ交換この週末は、先週の3連休の燃え尽き症候群のようになってしまった。昨日は、とりあえず部屋の整理と車の掃除と。で、どうせ家にいるなら、近くのショップでスタッドレスに交換してもらえばいいかなと。昨年は11月に交換したのだから、早すぎることは無いだろう。
    土曜日だし1時間ほど待って交換完了。

    青パンダ今日はアルファロメオ広島へ。半年振りにオイル交換。もうすぐ13,000kmだ。半年で5,000km程度走行している。
    店内には、値段が倍以上のアルファロメオと、現行パンダ(青)が展示されていた。

    ペダルカー以前はパンダのペダルカーが展示されていたが、今回はアルファのペダルカー。

    FIAT熊フィアットの服を着た熊が座っていた。カワイイ・・・。

    これで冬準備は完了。さてと・・・

    423acd6c.jpgde6c0090.jpg
    お土産で戴いた。
    FIAT500のキューステア。何の気なしに選んだらしい。スゴイ偶然だ。嬉しいわな。

    なんで、パンダ号のチョロQとご対面。
    いい感じ♪

    年に一度の来客に備えて今朝から車の掃除中なのだ。

    49aa172a.jpgパンダ号、初めての洗車機に挑戦。早いもので来月で納車から一年半だし。
    さて、結果や如何に・・・。
    【未体験ゾーン】の続きを読む



    11月9日に休みを取って、金土の1泊2日でキャンプに行って来た。
    大鬼谷は、11月頭の3連休を境に初冬のような気候に突入するはずなのだけれど、今年はとても暖かい。霜も1回しか降りていないようだ。以前ならもう紅葉もピークを超えて落ち始めるところ、今回は丁度ピークを迎える前の紅葉という、絶好の秋キャンプになった。
    【秋キャンプ】の続きを読む

    パンダぶらりと大鬼谷までデイキャンプに出かけてきた。
    「このひとって・・・休みばっかりとってちゃんと仕事しているのだろうか・・・?」
    ・・・なんて思われる頃かもしれないが心配ご無用。多忙な時はそれなりに多忙だったりもする。
    それはともかく、今回も好天に恵まれ「ど平日」だから当然キャンプ場も静かだし、リラックスした時間をすごすことができた。
    【2度目のディキャンプ】の続きを読む




    たまにはちょっと贅沢して外食をということで、仕事帰りにカミさんと待ち合わせて行って来た。店内にフィアット500が飾ってあるイタリア料理店ウーノヴィーノだ。
    写真は前回行った時のもの。(いい写真なので再掲することにした)それから1年以上経っているのだけれど、いつかはまた行きたいと思っていたので、思い切って行くことにした。
    前回、プント君で行ったので、お酒を飲むことが出来なかったし、いつか電車で行って思いっきり飲みたいと思っていたし。

    【ウーノヴィーノ】の続きを読む

    パンダ到着9月下旬だというのに毎日うだるような猛暑が続く毎日、この3連休は、夏の長期キャンプ以来、一ヶ月振りのキャンプに出かけた。
    昨年の9月も全く同じ日程でキャンプに行ったのだけれど、そのキャンプがとても楽しかったので、何となく同じ時期に予約を入れておいたのだ。

    【秋?キャンプ】の続きを読む

    いらくあんパンダ「為楽庵」
    広島市東区牛田中

    b1878f5b.jpgざるそば

    久しぶりにきた。
    木曜は飲み会、金曜は王将だったんで、今日の昼はアッサリ。
    夏でもウマイ。

    1b62b276.jpgデザートはくま笹のソルベ。
    数量限定メニュー。

    パンク1大鬼谷のキャンプの帰り、キャンプ場の管理棟前に車を停めたとき、カミさんが右後ろのタイヤのパンクを発見。ああ。
    自転車と自転車キャリーと後部の荷物を下ろして、スペアタイヤへ交換作業を行った。ジャッキも車載道具のを使ったので、非常に時間が掛かったけど、荷物の積み下ろしも含めて30〜40分程度の作業で交換することができた。パンクしたタイヤには、ネジが突き刺さっていた。

    パンク2スペアタイヤのサイズは135/80SR13。標準が155/80SR13だから若干小さいサイズ。特筆すべきは、スペアタイヤの格納場所に標準のタイヤが収まったことだ。これは有難かった。キャンプ道具満載の車内に、パンクしたタイヤを乗せるスペースを作り出さなくてはならないなあと思っていたから。
    MAX80km/hの黄色いシールも痛々しく、しっかり帰り道は80km/hキープで帰ってきた。


    あれだけ天気が良かったのに、帰りの中国道では、みるみるうちに空が暗くなり、前が見えなくなるほどのとんでもない土砂降りの雷雨…。
    キャンプ場でパンクに気が付いてよかった。カミさんに感謝!

    大鬼谷表紙このblogも夏休みを頂き、行った先は昨年と一緒、大鬼谷オートキャンプ場だ。「何だハワイじゃないのか」という声も聞こえてきそうだが、そんな金は無い(キッパリ)。
    日程は8月11日から19日までの8泊9日。今回でお盆期間は4年連続の長期キャンプ、通算で記念すべき40回目の大鬼谷となった。

    ティエラ+タープティエラ入り口
    今回は長期キャンプということもあり、ランブリ4ではなくティエラを張ってみた。が、ティエラのリビングは陽が差すと暑いので、タープも張ることに。これはかつて実現しなかったkuma-usaフォーメーション垢澄
    雨を想定し、ティエラの入り口にタープが掛かるよう苦心の設営だったが、雨は全く降らなかった。
    この後、ポールを何本か使って両翼を持ち上げ、開放感を出して風通しを良くした。結果、涼しいサイトが出来上がった。
    メインポールはスノーピークの280cm。ティエラの向こう側はコールマンの200cmのスチールポール。サブポールに小川のタープの標準付属のポール2本(最大250cm)とスノーピークの伸縮ポール(最大240cm?)2本を使った。小川のヘキサタープは、両翼が長く広く使えるし、色々なところにグロメットが付いているので非常に使いやすい。

    雲海1雲海2
    今回も大鬼山に登った。今夏は昼夜の寒暖の差が激しかったこともあってか、登ると見事な雲海となっていた。眺めていると段々と夜が明けて雲海が晴れてくる。この様子がたまらなくいい。登頂の達成感と相まって朝食も格別に美味しい。ウオーキングやトレーニングの成果か、今回は30分ソコソコで登ることができた。

    川そして沢登り。この川をズンズン上っていくと、雌滝まで行くことができる。これが何とも気持ちいいのだ。これも以前は雌滝まではヒーヒー言いながら登っていたが、アッサリと辿り着くことが出来た。体が軽くなったからか。

    青空今回もまた天候に恵まれた。夏の大鬼谷といえば激しい夕立がつきものなのだが、今回はその夕立すら無かった。要はこの1週間全く雨が降らなかったのだ。ただ日中は30度超まで気温が上がったけれど。

    夜は焚き火をしながらコットに寝転んで星空を見上げた。この星空も毎晩のようにキレイだったし、流れ星はいったい何個見ただろうか。

    楽しみといえば、昨年のキャンプとほぼ一緒なのだけれど、やはり大鬼谷はいい所だ。大鬼谷に居ると気分がよくなってくる。でも、暑い大鬼谷に身を置いていると、寒い大鬼谷が恋しくなってくる。寒い時は暑い大鬼谷が恋しくなっていたのだから、人間なんて勝手なものだ。

    帰りにパンダ号のパンクに気が付いて、タイヤ交換というトラブル付きだったし、今回は激しく虫に刺されたりしたが、全体的には非常に楽しい夏キャンプになった。帰りの中国道では、とんでもない土砂降りの雷雨に見舞われたので、非常にタイミングが良かったと思う。
    このblogを夏休みにしたのも正解で、あまり写真も撮らずにノンビリすごすことができた。

    お世話になった皆さん、ありがとうございました。

    備北ここ備北オートビレッジは、国営備北丘陵公園の中にある。
    広島県下随一の設備と人気を誇り、ハイ・シーズンは予約が取りにくいキャンプ場として非常に有名だ。
    キチっと区分けされた芝生のサイトは、広さも隣のサイトとの距離も充分で、水はけも良好だ。流し台も各オートサイトに装備されている。それとは別にしっかりとした炊事棟もあり、そこではいつでも蛇口からお湯が出る。温水が出るシャワールームもある。
    コテージも2種類準備されており、ヨーロピアンリゾート風の管理棟には、売店やレンタル用品・レンタサイクルがあり、お風呂・トイレと、まさに至れり尽くせりなのだ。
    しかも備北丘陵公園があるので、子供たちの遊び場も事欠かない。

    まさに夢のようなキャンプ場。「こんなオートキャンプ場があったらなあ…」、というのを体現したオートキャンプ場なのだろう。
    【備北オートビレッジ】の続きを読む

    バンガローAしばらく大鬼谷に行かないと、やはり無性に行きたくなってくるものなのだ。かといって梅雨の間は天候が心配だし。
    で、思い付いたのがバンガローA。今の今まで一度も泊まった事がなく、いつかは泊まりたいと思っていたところだ。大雨が降ったらバンガローの中でじっとしてればいい。
    で、行けそうな週末の空き状況をネットで見たら△だったので早速電話したら、バンガローAは空いているとのこと。ラッキー!

    【七夕の大鬼谷 初のバンガローA】の続きを読む

    d3eb9844.jpg天候の事を考慮して、初めてバンガローAに入った。快適だ。

    晴れ間も出てきた。

    大鬼谷オートキャンプ場
    広島県庄原市高野町

    7月2日のニュースで、新車の販売台数が減っていて、若者の車離れが深刻であるということをやっていた。

    そりゃそうだ。車というものは元からカネが掛かるものなのだ。
    そこに、

    1.ガソリン代の高騰
    2.飲酒運転取締・駐車違反取締の強化
    3.乗りたい車が無い
    4.運転して面白くない

    このあたりの問題があるのだろうと思う。 【新車販売台数の減少】の続きを読む

    045a2209.jpg少し前に、フィアット オート ジャパンからアンケートが来ていたので、ごくごく正直に、厳しいところは厳しく、評価できるところは評価して返答したら、粗品が届いた。というより記名して返答すれば、全員がもらえるのだけど。

    836886e4.jpg新しいエンブレムをあしらった、携帯ストラップだ。色もキレイでセンスがいい。
    ありがたやありがたや。

    扇風機明日まで無印商品週間ということで、全ての商品が10%オフだ。
    なので、すっきりとしたデザインの扇風機も買ってしまった。これが非常に具合良い。他にも部屋を整理する用品を色々と買い込んだ。
    ・・・と、すっかり無印良品の策略に乗ってしまっていたりするのだけれど、ひとつ(ふたつ)以前からどうにかしようと思っていたものを購入した。それは・・・、

    【無印商品週間】の続きを読む

    アルファロメオ広島今月末で、パンダ号納車から1年になる。早いものだ。特に予定が無かったのと、天候も概ね良さそうだったので、1年点検に持っていくことにした。最近積極的に運転に取り組んでいるカミさんの運転でアルファロメオ広島を目指すことに。


    【パンダ号 点検】の続きを読む

    cfe8854c.jpg少し前に、携帯電話を買い換えた。
    その少し前に、会社の電話も変わった。セキュリティの強化だ。
    両方ともドコモのmovaだったのがFOMAに変わった。そしたら車用の充電器も買い換えなくてはならない。パンダ号用と社用車用と2つ必要だ。
    ま、そこは仕事上いくらでも100円ショップに寄る事が出来るからたやすいことだ。

    【FOMA充電器】の続きを読む

    tipo表紙昔は毎月のように購読していた雑誌「Tipo」。イタ車などの情報が多く載っていて面白いという理由で買っていたのだが、車は「どノーマル」で乗る主義でもあるし、そしたら車の雑誌ってあまり必要ない。
    なので、最近はたまに立ち読みする程度だった。

    が、遅まきながら、6月号のTipo(5月6日発売だった)を立ち読みして、思わず買ってしまった。その理由は・・・、「やっぱちいさくたっていいじゃん!!」という特集だ。コンパクトカー万歳!!

    この特集は、新発表となったプジョー207と、ニューミニ、それに新型フィアット500(チンククエチェント)などを軸にした記事だ。かつての名車などもいっぱい載っている。う〜んいいなあ。欧州コンパクトカー。

    でも、それだけでは普通買わないよな。


    【Tipo 2007年6月号 No.216】の続きを読む

    5a070547.jpgブレてしまったが、ようやく7777km。10000km/年は行きそうにないな。
    ちなみに、カミさんの運転中。

    山陽道 仁子トンネル上りにて。

    大鬼谷サイト2007_05昨年と全く同じスケジュールで望んだ今回のキャンプ。同じく2泊3日で、曜日は金〜日から土〜月に替わったけれど、それ以上に違っていたのは天候だ。なんと天気予報は晴れ!

    今回もキャンプ場一番乗り。今回はお気に入りのしらかばサイトに入ろうかなと思っていたら、管理人さんから「しらかばは草ボーボーで今日はクローズします」という非情なお達し・・・。う〜ん。そしたら川の音が聞こえる、林間サイトの川沿いがいいだろうと、3回連続で同じサイトへ。
    天気予報で晴天が予想されたこともあり、写真の通り装備は軽くした。一応大型のタープも持参したけれど出す必要が無かった。
    土日は、多少黄砂が混じっていたが、最終日の月曜日には黄砂も晴れて、大鬼山の山頂から絶景を望むこともできた。

    装備が軽いと気分も軽くなってくるから不思議だ。自転車を持っていかなかったのは少しだけ後悔したけれど、爽やかな風の中、しっかりとリフレッシュすることができた。

    【新緑キャンプ 再び】の続きを読む

    0c156fb4.jpg太陽が上がってきた。

    大鬼谷オートキャンプ場
    広島県庄原市高野町

    パンダ下三永水源地を後にして、JR西条駅方面へ向かった。
    西条は、全国的にも有名な酒どころで、酒蔵が集中しており、古い建物が多く残っている。酒まつりは非常に有名だし、最近は観光資源としての整備が進んできている。
    広島に来てもうすぐ9年、この酒飲みが西条駅周辺に一度も行ったことが無かった。今回はいい機会になった。


    【西条へ】の続きを読む

    このページのトップヘ