kuma days

these are the days of our lives
東京30年・広島12年・東京9年住んだ後、
2019年4月から静岡市に暮らすサラリーマンの楽しい日々。

    訪問・旅行

    IMG_4353
    天気のいい週末、新宿に行く用があったので、ついでに新宿御苑に行った。新宿御苑って東京の公園では超メジャーだ。皇室の庭園だったこともあるという生い立ちもあるし、何となくメジャー過ぎてこれまで行ったことが無かった。もしかしたら小さい頃に連れて行かれたのかもしれないが、どう記憶を辿って行っても新宿御苑に行った記憶が無いのだ。
    なので初の新宿御苑ということにした。

    IMG_4304
    場内は広い。一周したら3km以上あるという。新宿という大都会の中にこれだけの緑があるのは非常に贅沢だ。しかも少し離れたところに代々木公園もあり明治神宮もあり神宮外苑もある。そう思えばこの辺りは環境がいいのかもしれない。

    IMG_4334
    イチョウが見事な色だった。もうちょいかな。

    IMG_4293
    青空に良く映えますな。

    IMG_4298
    こんな洋館もあり、

    IMG_4331
    日本風の庭園もあり。

    IMG_4300
    芝生の広場もあり。
    非常に懐の広い公園だ。

    IMG_4308
    水面に映る紅葉。池には水鳥が浮かんでいた。iPhoneのカメラでは水鳥を捉えるのは無理か。

    IMG_4312
    この紅葉には人が群がって写真を写していた。

    IMG_4314
    確かにキレイだった。

    IMG_4320
    フランス式整形庭園。

    IMG_4322
    薔薇もキレイに咲いていた。

    IMG_4327
    ♪プラタナス並木の〜。古い広場と〜。
    「主人公」ですな。

    IMG_4324
    イギリス風形式庭園。バックには高層ビルが見える。

    IMG_4305
    入園料200円でこれだけ楽しめる。ぐるっと一周緑の中を歩いてとても気持ちよかった。東京に暮らして本当の自然を味わうのはチョット苦労が要る。ここのところキャンプにも行ってないけれど、都心にこれでけ癒される空間があるのだな。

    行って良かった。

    自然教育園18
    3連休、やっぱり自然があるところに行きたくなり、近場の都内でカミさんが探したのがココ。国立科学博物館附属自然教育園。港区白金台にあって、都営三田線/南北線白金台駅から歩いて至近だ。

    【国立科学博物館附属 自然教育園】の続きを読む

    IMG_3073
    以前から行ってみたいと思っていた江戸東京博物館。「東京の交通100年博」なる特別展(2011年9月10日まで)がやっていたので、思い切って行くことにした。

    【江戸東京博物館】の続きを読む

    IMG_2597
    仕事で千葉の山奥に行くことに。ちょっと早く到着しそうだったので駅に寄り道することにした。
    小湊鉄道は千葉県市原市の五井駅から上総中野駅を結ぶ非電化単線のローカル私鉄だ。車両はオリジナルの200系でお馴染みDMH17Cエンジン搭載車で昭和の香りプンプンだし、元は房総半島の先端の小湊町まで建設する予定が上総中野駅迄で中断されてしまったなど、鉄の血を騒がせるには充分すぎる材料が揃っている。
    この上総鶴舞駅は、起点の五井駅から丁度20キロの地点にある。

    【小湊鉄道 上総鶴舞駅】の続きを読む

    8cc1720b.jpg
    正面は永代橋。
    地下鉄東西線が潜っておりやす。

    IMG_2076
    「日光を見ずして結構と言うこと莫れ」ということで、古くから観光地として栄えた日光。東照宮周辺の歴史的建造物は世界遺産となり、奥日光の男体山、中禅寺湖、華厳の滝あたりを中心とする自然の美しさ。そして古くはデラックス準急日光号や東武特急デラックスロマンスカーの競合などの交通機関の発達。現在でも都内から手頃な距離といい、もう完全無欠の観光地なのだ。
    しかし、完全無欠ということで有名になりすぎ、関東在住の人からは飽きられているという感もある。少なからず子供の頃から日光に一度でも行っていれば、再び訪れる人も少ないのだろう。かくいう私めも小学校の頃の移動教室で日光に行ってから、そんなに日光に対していいイメージがあったわけではなかった。

    けれど、せっかく東京に戻って来たことだし行く事にした。今回のGWは前半に体調を崩してしまい、後半の5月5日〜6日にこの予定を入れて、ついでに風邪も治してしまおうというわけ。

    IMG_1917
    とりあえず朝から東北道を北上。10時頃には東照宮付近の駐車場へ車を停めた。入るのに少し並んだけれど。駐車料金は500円。おお良心的だ。

    IMG_1915
    駐車場の裏手に川が流れていてキレイだった。
    こういう何気ない風景が好きだ。

    IMG_1921
    とりあえず東照宮を目指す。

    IMG_1924
    五重塔。

    IMG_1926
    ナカナカ原色派手派手しい。

    IMG_1928
    キンキラキンの建物群。

    IMG_1931
    あまりにも有名な「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿。

    IMG_1937
    これも有名な陽明門。
    本殿は工事中だった。
    しかし人が多いですな。

    IMG_1959
    ツツジ。

    IMG_1962
    八重桜。
    なんか花が咲いているとカメラを向けてしまいますな。

    IMG_1967
    昼飯を食べた店。

    IMG_1964
    店内もレトロな感じ。
    昭和ですな。

    IMG_1965
    名物、湯葉ラーメン。
    こんなところでもラーメンかいというツッコミは無しで。

    IMG_1968
    白糸の滝。やっぱり日光は滝ですな。

    IMG_1976
    この後、いろは坂を登ってオキマリのコース。
    やっぱり滝と言えば、

    IMG_1979
    コイツですわ。
    華厳の滝。
    高さ97m。
    やっぱり久しぶりに実物を見たらスゴい迫力ですわ。
    ちなみに展望台まではエレベーターで下りるのだ。

    IMG_1995
    この後は中禅寺湖方面に車を走らせてお茶を飲む事に。
    名門金谷ホテルが経営しているコーヒーハウスユーコンへ。

    IMG_1993
    紅茶とデザート。
    カジュアルなイデタチだ。

    IMG_1992
    窓からは中禅寺湖が見えていい感じ。

    IMG_1999
    中禅寺湖は昭和を感じさせるスワンボートなども浮かんでいる。
    もっともっと俗化されたイメージがあったけど、久しぶりに訪れたら実はそうでもなかった。

    IMG_2022
    さてと今日のお宿。
    日光ゲストハウス。

    IMG_2023
    朝晩ついて温泉もついて、2人で15,000円以内という激安の宿。部屋はペンションベッド2つにソファー(エキストラベッド兼ねる)とテレビ1台。風呂トイレ共用で、パジャマもバスタオルもついてない。
    でも逆に考えれば、それでこの値段だとしたら素晴らしい。キャンプに行くことを考えればこれで充分だ。

    IMG_2001
    夕食は霧降牛の豆乳しゃぶしゃぶ。
    鍋も勿論ウマかったけど、ミスマッチとも思える鯖の味噌煮がウマかった。

    IMG_2002
    瓶ビールの後は、いかにもという名前のお酒。
    杉並木純米酒。

    IMG_2003
    最後にコーヒー+デザートもついて大満足でした。

    IMG_2004
    翌朝は周辺を散歩。
    川が流れていていい感じ。

    IMG_2007
    キャンプにも行きたいな。

    IMG_2010
    ブナ林が広がっていた。

    IMG_2020
    橋が絵になりますな。

    IMG_2021
    本当、こういう何気ない風景がキレイなのが日光のいい所なのだろう。

    IMG_2027
    チェックアウト後は、再びいろは坂を登る。

    IMG_2028
    いろは坂の途中だが、標高は1000mを超える。

    IMG_2026
    ウネウネとしたワインディングロードが続くのだ。小学校の時、車酔いに弱い人はバスでのいろは坂こえは恐怖だったと思う。

    IMG_2031
    さてさて、中禅寺湖の駐車場に車を停めて今日の目的地を目指す。駐車場から10分程度歩くことになるのだ。

    IMG_2033
    途中、イギリス大使館別荘がある。
    戦後、各国の大使館が中禅寺湖沿いに別荘を作ったらしい。それは、東京から交通至便の避暑地であったことや、湖の向こうに見える白根山などの雪山の風景が、スイスなど欧米のリゾート地に似ていたからかもしれない。

    IMG_2035
    我々の目的地はココ。
    「イタリア大使館別荘記念公園」だ。
    元々イタリア大使館別荘として作られ、1997年まで使用されていたが、現在は公園となって公開されている。
    古の欧米人のリゾートを垣間みることが出来るのだ。これはイタ車乗りでピッツァ好きの我々からしてみたら見ておかなくてはならないだろうと思って。

    IMG_2036
    別館は国際避暑地歴史館となっていて、色々な古の避暑地の資料が展示されている。
    中に入ってみた。

    IMG_2038
    本館方面を望む。

    IMG_2040
    おお、かつて多くの日本人が憧れた暖炉があるじゃぁないですか。

    IMG_2042
    湖に出てみた。いいですな。

    IMG_2043
    本館を湖沿いから。いい佇まい。

    IMG_2044
    釣りをしていたおっちゃんがやけに絵になった。

    IMG_2045
    この区域、釣りは禁止なんだけど・・・ボソッ。

    IMG_2070
    いよいよ本館へ。

    IMG_2069
    本館の中は当時の様子が残されている。

    IMG_2065
    日伊友好ですな。

    IMG_2059
    湖沿いは廊下になっていて湖を望めるようになっている。
    日照時間が短い季節はコチラで日光浴というのが欧米人の感覚なのだろう。

    IMG_2055
    窓の外には絶景が広がる。

    IMG_2053
    カッコいいダイニング。

    IMG_2063
    センスいいですな。
    美味しいご馳走が並んだのだろう。

    IMG_2057
    コチラにも暖炉があって鉄鍋が置かれていた。
    おお。
    このオーバル型の形状からして、中禅寺湖でとれた鱒でも調理したのだろうな。

    IMG_2064
    ダイニングからリビング方向。広々としている。
    ソファも腰掛けることが出来た。いい座り心地だった。

    IMG_2068
    2階の寝室も一部公開されていた。
    日本の建築技術とイタリアの文化が見事に調和した、非常にいい施設だったと思う。既に俗化されて飽きられたと思われる日光の観光施設の中では、光り輝いているのではないかと思われる。
    見に来て良かった。

    IMG_2074
    駐車場に帰ると雲が晴れて男体山がキレイだった。

    IMG_2075
    遠く白根山方面。

    IMG_2076
    タイトル画像に使いました。
    個人的にはとても気に入っている写真だ。

    IMG_2082
    昼食は昨日お茶しに来たコーヒーハウスユーコン。

    IMG_2081
    金谷ホテルの百年カレーだ。
    マイルドな味で日本人好みの伝統あるカレー。
    美味しかった。
    金谷ホテルは高過ぎて泊まるこは出来ないが、少しだけ気分を味わうことができた。

    IMG_2079
    中禅寺湖も見えるし、カジュアルだが高級感もあるし。

    IMG_2088
    午後は少し足を伸ばして、華厳の滝の次に有名と思われる竜頭ノ滝へ。


    IMG_2087
    ダイナミックに溶岩を流れ落ちる水。
    マイナスイオンがタップリだ。

    IMG_2091
    滝の上まで来ると中禅寺湖を見る事が出来る。
    華厳の滝は中禅寺湖から水が流れて来るが、この竜頭ノ滝は中禅寺湖へ注ぎ込む滝だ。

    IMG_2094
    結構な距離があって、結構な高低差があるから、いい運動になる。

    IMG_2097
    写真では解りづらいが、ここで滝は二手に別れ、

    IMG_2098
    下で合流する。
    滝マニアにはたまらないのではないか。

    IMG_2103
    帰りにJR日光駅に寄ってみた。
    美しい駅舎だ。
    昔は多くの観光客を迎えた伝統ある駅だが、今ではその役割は隣の東武日光駅に譲っている。昔は157系によるデラックス準急「日光」号を走らせたり、その後も急行「日光」号は引き続き走っていたが、その後廃止。完全なローカル線に成り下がってしまい、今ではJRも東武線に乗り入れる特急を走らせている始末だ。とても残念な感があるが、宇都宮ー日光間は単線だし、東武鉄道もかなり力を入れたから仕方ないのかな。
    と、書き乍ら、今回は車で行ったのだけれど。

    一泊旅行だったけけれど、楽しいGW旅行になった。

    IMG_1913
    体調も段々と良くなって来たことだし、とりあえず連休中に行かなくてはいけない行事へ行かねばということで、池袋東武まで足を伸ばした。

    IMG_1909
    5階紳士服売場特設会場。
    ココは以前相棒展をやっていたところだ。
    そんなに広くないが、紳士服売り場の片隅であれば老若男女誰でも立寄やすいというわけか。
    しかし、今回は相棒展以上に老若男女色々な年齢層の方が来られていた。連休ということで人手も上々。

    皆、それぞれ別々のクイーンに対する熱い思いがあるのだろうな。

    IMG_1905
    4人の写真とプロフィール。

    IMG_1908
    IMG_1907
    ブライアンのギター、レッドスペシャルのレプリカの展示。

    IMG_1903
    イベントの告知とVOXのアンプ。

    IMG_1904
    昔の来日公演のチケット。見覚えがあるぞ。懐かしいな。
    他、直筆のサインや、今回の震災に対してのブライアンとロジャーのメッセージも展示されていた。

    IMG_1902
    衣装の展示。ブレてしまった。

    IMG_1901
    グッズの販売も。
    iPhone4のケースも売っていた。散々手に取って迷ったが買わなかった。
    他にも先日発売になったSIM-CDが売っていた。特典でステッカーがもらえるようになっていたが、これらもどうせ買うならポイントがつく方がいいかと思って買わなかった。
    でも、皆さんTシャツやらポスターやら冊子とかも結構買い込んでいたな。TシャツなんてSMLしか無いもんだから、私めが買っても着れないじゃないか。XLとかXXLとかあったら考えたけどね(笑)。

    他、記念撮影コーナーなんてもんがあったから、メンバーの等身大の写真と一緒に写真を撮ってもらった。
    あ、引いているようで充分楽しんでいるじゃないか。

    IMG_1912
    買ったのはポストカード。
    ポストカードを買ったらMUSIC LIFEの小冊子をオマケでくれた。昔のインタビュー記事なんかが載っていて懐かしかった。当時からしてみたら、まさかMUSIC LIFEが廃刊になるなんて考えられなかったから。BURRNだってCROSS BEATだって、MUSIC LIFEあってのものだったのだ。

    IMG_1910
    帰りは上層階へ行って古奈屋でカレーうどんを食べて、北海道展で色々買い込んで帰途についた。

    c1ae2335.jpg
    かっぱ橋から。
    天までとどけ。

    IMG_1355
    3月上旬に銚子へ仕事に行く機会を得た。銚子駅まで行って現地の仕事仲間に迎えに来てもらう予定だったが、少し時間に余裕があったので、ワガママを言って銚子電鉄に乗せてもらうことにした。
    東京駅地下ホーム7時37分発の特急しおさい1号で一路銚子へ。銚子駅には9時30分に着くから約2時間の旅。電車の旅は快適である。パソコンで仕事も出来るしデッキで電話も出来るしiPhoneで遊ぶことも出来るし寝ることも出来るし飲んだり食べたりも出来る。

    【銚子電鉄と犬吠埼灯台】の続きを読む

    IMG_1305
    3月に入って少しだけ暖かくなったし、天気も良かったので、ちょっと足を伸ばして赤羽自然観察公園に行くことにした。

    【赤羽自然観察公園と北区ふるさと農業体験館】の続きを読む

    IMG_0980
    晴天の2月の週末、佐野プレミアムアウトレットに行くことにした。
    実は、先日、ウエッジウッドのカップを買ってから、少しだけ虜になってしまったのだ。
    なので、他にウエッジウッドのアウトレットがあるところ。それはプレミアムアウトレット系ということになり、御殿場か佐野かという選択肢。それなら佐野の方が近いし渋滞も少ないだろうという判断だ。

    IMG_0971
    家を出ようとしたらフロントガラスが凍り付いていた。いやあ寒かった。

    IMG_0972
    のどかな所ですな。

    IMG_0975
    こんなのどかな田舎にそびえ建つ佐野プレミアムアウトレット。

    IMG_0978
    いい天気でしたわ。

    IMG_0983
    場内も広いんです。

    IMG_0985
    周囲に高い建物も無いし山も無いし。

    IMG_0987
    なので空が広く感じますです。

    IMG_0992
    お目当てのウエッジウッドアウトレット。
    残念ながら買いたいものは無かった。

    IMG_0996
    ブラブラ歩いていたらスコッチグレインのアウトレットの前に。

    IMG_0998
    いやあ、買いましたよ。
    コチラで書いた記事の後釜の靴だ。
    以前からスコッチグレインのブランドの靴を履いていて、足に良く合っていると思う。とてもいい。
    ココ最近は価格が高めのモノしか売っていなかったから、アウトレット品は非常に有り難い。

    無事、いい買物をできたと思う。




    IMG_0807
    お台場にあるアウトレット、VenusFort(ヴィーナスフォート)に行って来た。お目当てはウエッジウッドのアウトレット。
    なんかね。ワイングラスでワインの味が変わるもんんだから、紅茶とかコーヒーもそうなのかなと。
    とりあえず手頃なティーカップがあったらと思って行ってみた。iMacを銀座のアップルストアに預けてから晴海経由でお台場へ。お台場への道路アクセス事情は12年前に比べて格段と良くなった。

    IMG_0814
    コンコロジーのティーカップ。これが2セットだけ残っていた。ちょっと貝殻をモチーフにしたグラフィックがグロいという意見もあったが、紅茶飲んでいる時はグロいグラッフィクも気にならないだろうということで、破格のお値段で購入。元は1セット8400円なのだが、4000円弱で売っていた。しかもこの日は10%オフセールをやっていたので1セット3400円くらい。
    割引になってこの値段だから手頃かと言われればそうでもないし、高いと言えば高いのだけれど、まあそれでも名品ウエッジウッドであることは間違い無いし、家に持って帰ってみたら非常にキレイではないか。さすが。

    IMG_0816
    紅茶を飲んでみた。やっぱり香りが良く立ってウマい。このカップの広がった形状や材質や厚みは意味があるものなのだ。

    IMG_0811
    もうひとつついでに買ったものが。
    101エスプレッソコーヒーカップ&ソーサー。
    エスプレッソ用のデミタスカップだ。形状がカッコ良かったのと持った感じが非常に良かったので。
    これも1セット5250円したシロモノだが1890円で購入。
    デミタスカップは側面が立った形状が一般的だけれど、これでエスプレッソを飲んだらやっぱりウマかった。

    IMG_0784
    その後は隣接されているヒストリックガレージへ。
    オート3輪がお出迎え。

    IMG_0786
    その名の通り、歴史に残る名車達が展示されているのだ。
    FIAT500がいい感じに鎮座。いやいや絵になりますな。

    IMG_0792
    伝説のレーサー、浮谷東次郎コーナー。

    IMG_0788
    ロータスエラン。ロータスはコーリンチャップマンの思想のもと、小型軽量のスポーツカーを作って来た英国の自動車メーカーだ。以前はF1にも参戦し、その資金を市販車で賄っていた。その点フェラーリと似ているが、英国のガレージメーカーの伝統とばかりに安価な車で勝負していたところがフェラーリと違って、それを支持するファンも多かったように思う。

    IMG_0790
    ヨタ8。スゴい略語だなと思う。トヨタスポーツ800という小型スポーツカーだ。今や量産車ばかりのトヨタだが、昔はこういうスポーツカーを作っていたのだ。

    IMG_0774
    アルファスパイダー。いいですな。
    学生の頃、フェラーリやランチャは手が届かないが、同じイタリアンレッドのスポーツカーのコレなら手が届くのではないかと夢を見たことがあった。
    それが更にダウングレードされてプント君になってしまったわけだけれど。

    IMG_0794
    DINO246。スモールフェラーリの名車だ。V6エンジンを運転席の後ろ、すなわちミッドシップレイアウトだ。
    当時フェラーリはV型12気筒が標準だったので、V6の246はエンツォフェラーリの息子の名前ディーノを冠している。
    その後、308とか328とかV8のスモールフェラーリが出たが、それらはフェラーリの名前を冠しているのだけれど。

    IMG_0796
    いやあ、この斜め後ろからのラインがキレイなんですわ。個人的には後継の特に328のスマートなラインが好きなのだが、206/246が名車と言われる理由も良くわかる。コンパクトな206もいいし、少しゆったりとした246のラインもいい。
    やっぱりイタ車はいいですな。

    IMG_0782
    ジャグァーEタイプ。これまた英国の名車。
    急いで撮ったらブレてしまった。

    IMG_0778
    ポルシェ356。ドイツの名車。ビートルがベースになりポルシェ911のベースとなった。すなわちドイツの2大名車の橋渡しというわけか。

    IMG_0780
    BMWイセッタ。BMWのバイク用エンジンを利用したイタリア製の車をBMWがライセンス生産した車だという。何とも面倒クサいが今や高級車メーカーのBMWがこういう小型車を販売していたことは面白い。

    IMG_0798なんと、こんなヒストリックカーに乗れるというコーナーもあった。いやいや一度は乗ってみたいものですなぁ。


    IMG_0770
    バックトゥザフューチャーでお馴染みのデロリアン。

    IMG_0742
    VWバス。固定ファンは多いですな。

    IMG_0744
    上の階は国産車。スバル360。はんぺん自動車ですな。

    IMG_0746
    マツダキャロル。広島の方お待たせいたしやした。

    IMG_0748
    トヨタパブリカコンバーチブル。これもトヨタの名車ですな。

    IMG_0750
    ホンダS800。昔の国産車は小型スポーツカーが多かったですな。

    IMG_0752
    マツダコスモスポーツ。間違い無く国産車の歴史に残る名車だ。周りの車と比べても遜色ないどころか、群を抜いて美しい。12Aロータリーエンジンは良く回り宇宙船のような走り心地だったという。
    マツダってやはり実力のあるメーカーだったのだ。

    IMG_0756
    ダルマセリカと箱スカとAE86、奥はフェアレディZ。これらも一世を風靡したスポーツカーだ。ここにユーノスロードスターやMR2やビート、CR-Xやプレリュード、ソアラあたりも入って来るのだろうか。

    IMG_0758
    ショップも充実していた。

    IMG_0762
    なんか結構長時間潰せそうな感じがしたのだけれど。

    IMG_0764
    フェラーリのミニカーも充実。

    IMG_0767
    1980年代のF1マシン。
    今見るとモッサリしているけれど、やはり味があっていいものだ。好きだったミケーレ・アルボレートの愛機も売っていた。

    と、昼食含め2時間みっちり楽しんだのでした。
    またゆっくり来たいな。

    IMG_0599
    カミさんが見に行きたいということもあり、この晴天の日曜日は目黒にある東京都庭園美術館に行く事に。
    「朝香宮のグランドツアー」という展覧会をやっていて、建物の中も公開される。それが今日までだという。それは行くべしだろう。

    IMG_0598
    ナカナカいい風情の建物ですな。
    昭和8年に朝香宮邸として作られた建物だ。
    その後、色々と変遷があって、現在は東京都庭園美術館となっている。
    普段は建物の中に入れないが、今回のような展覧会をやっている時に限り建物の中に入れるようなのだ。

    IMG_0602
    建物の中は、アールデコの豪華な内装が施されている。

    IMG_0606
    何が何だか解らない素人の目を奪う魅力があるような。

    IMG_0610
    ペンギン好きにはたまらない。
    ナカナカ愛らしい表情をしていた。
    当時、ペンギンは日本人に知られていなかったようで、ペリカンと伝えられたらしい。

    IMG_0612
    これは大型のアロマポット。照明の熱で香水の香りを揮散させたらしい。

    IMG_0614
    あまり見ない形状のシャンデリア。

    IMG_0618
    豪華絢爛だけれど、センスがいいのだろうな。

    IMG_0623
    庭を見るといい感じ。
    2階以上は殆ど撮影禁止だった。

    IMG_0633
    3階は撮影可だった。サンルームとなっていて冬の寒い時に暖をとっていたようだ。
    そこに置いてあったチェアセット。

    IMG_0635
    なんか、スノーピークの椅子みたいだ。
    まさかコレを参考に作ったのでは無いと思うけれど。

    IMG_0640
    外に出てみた。
    外から見てもカッコいい。
    なんか、キャンディーキャンディーとか昔の少女ものに出て来るお屋敷のようだな。

    IMG_0665
    庭には茶室があった。

    IMG_0668
    池があって鯉が泳いでいた。

    IMG_0670
    梅の木が何本か。

    IMG_0674
    いくつか花をつけていた。
    もうそんな季節かぁ。

    IMG_0685
    こんな大きな広場もある。
    こんな都心に、沢山の緑があってとても気持ちいい。

    IMG_0687
    お弁当を持って来て食べることもできそうだ。
    ちなみに飲酒は禁止されている。

    IMG_0689
    昔のガレージ。今も何かで使っている様子。

    IMG_0691
    昔のポンプ室。
    この先に数台の駐車場がある。
    写真の左端にパンダ号が写っている(笑)。

    緑が多くて空気もいいし、とてもいい散策だった。

    ab5c2b42.jpg
    e8993f8a.jpg

    IMG_0268
    もう記憶が薄れて来ているのだけれど、広島の西広島駅の前に「はっぴ」という蕎麦屋があって、そこの蕎麦が大好きで、広島に居たときは良く行ったものだから。

    IMG_0270
    いやあ、たまらんですな。
    女将さんも元気でした。

    IMG_0272
    広島も山奥まで入れば雪国。東京の人は広島で雪が降るなんて考えもしないのだけれど、ここ高野町は豪雪地帯なのだ。

    IMG_0274
    その高野町にある大鬼谷オートキャンプ場。
    西日本では珍しい通年営業のキャンプ場なのだ。
    言う迄も無く広島に居た時は何度も何度も行った。

    IMG_0276
    なので安全に雪中キャンプをすることができる。

    IMG_0278
    今年の雪はナカナカ凄いかもしれない。
    あの伝説の2005年〜2006年シーズンを上回ったかどうか。

    IMG_0280
    このときはまだこの程度だったけれど、この後に随分と積もったのだろう。

    IMG_0292
    さてさて、今晩のお宿。
    ゴージャスに夫婦2人でログハウス。
    トイレも流しもガスコンロあるし、食器も鍋もあるから、お風呂を除けば部屋を出る必要が無い。
    今日はこんな豪雪だったからログハウスにして正解だった。

    IMG_0294
    いただきま〜す。

    IMG_0296
    夕食のキムチ鍋。
    やっぱり釜山キムチ美味しいですわ。

    IMG_0300
    飲み慣れた雨後の月。
    広島なら何処でも買えるけれど、東京だとそうはいかない。

    IMG_0302
    翌朝も更に降り続き。

    IMG_0312
    今回の愛車の黒いデミオは雪に埋まり。
    帰りはスタックしてしまい、管理人さんに引っ張りだしてもらいました。
    すいません。ありがとうございました。

    IMG_0316
    スノーシューを借りに行ったものの。

    IMG_0318
    ログハウス周辺をウロチョロしたにとどまった。

    IMG_0325
    チェックアウトして露天風呂へ。昨晩は神の瀬の湯に行ったもんで。

    IMG_0329
    湯船から見た雪。雪の壁を見ながらの入浴。

    IMG_0333
    広島市内へ戻ってアレックスへ。

    IMG_0337
    コチラも何度も何度も行きましたな。

    IMG_0336キレイなお花。


    IMG_0339頂きま〜す。


    IMG_0341
    寒いからだを暖めてくれるミネストローネ。

    IMG_0343
    サラダ。

    IMG_0345
    今日は特別にデキャンタに入れて頂きました。

    IMG_0347
    デキャンタ買ったらいいのかな。でも高いんだよな。

    IMG_0351
    もう写真を撮るのも忘れてから。

    IMG_0353
    やっぱりコレですわ。

    IMG_0355
    そう。コレ。

    いやあ、

    っ!!

    IMG_0362
    食後のチーズ。

    IMG_0363ここは長いことクリスマスツリーが飾ってあっていいですな〜。
    以前私めの誕生日に来たけれど、12月26日って街はクリスマスは終わり年末モードでバタバタ。そんな中、このクリスマスツリーが嬉しかった覚えがあるな。


    IMG_0366スペシャルバージョンのドルチェを頂いてお腹いっぱい。

    ありがとうございました。


    IMG_0369
    既に安佐南区に帰る家は無く、その後は広島市内のホテルへ。

    IMG_0371
    広島ドリミネーション。

    IMG_0373
    広島に居た時は、コイツが引き起こす渋滞を恨んだりもしたなあ。
    今ではいい思い出。

    IMG_0375
    こうやって。

    IMG_0379
    何枚も、

    IMG_0383
    何枚も、

    IMG_0387IMG_0391
    写真を撮りながら、

    IMG_0395
    想い出にひたるのでした。

    IMG_0399
    翌朝はいい天気。

    IMG_0412
    広島駅で駅弁を買って新幹線に乗り込んだ。

    広島から東京に転勤になった後、仮想広島ツアーを考える記事を書いたけれど、これを年末年始にやってしまったのでした。
    記事にするかどうか迷って時間が経ってしまったけれど、忘れないうちに記事にすることにした。

    2泊3日のハードスケジュールということもあって、あえて何方にも連絡をせずに夫婦2人で久しぶりの広島を楽しんだ。

    今回どうしてもアレックスのピッツァが食べたくなって行ってしまったのだけれど、こういう事は恒例にしてしまってはマンネリ化してしまうし、面白みや懐かしさも半減してしまうので、次は少し時間を空けてから行こうと思う。

    ありがとう。広島。

    IMG_0605
    11月の後半の飛び石で一日休みを取れば4連休になるところ。そういうところは連休を取るべきだと以前から休みを入れておいた。
    その時に何をするかは何も決めていなかった。だけどどこにも出かけないのはつまらない。
    ということでカミさんと一緒にどこかへ出かけることにした。
    広島の時ならば迷わず大鬼谷ということになるのだけれど、コチラではそういう楽園を見つけていない。
    というか、そういう楽園は無いのかもしれない。

    色々とネットで探してみたら、そんなに遠くない秩父に面白そうな温泉宿があるのを見つけて行ってみることにした。鹿鍋が食べれるとのこと。鹿鍋なんて食べた事ないので、それを楽しみのひとつに出かけた。
    パンダ号を転がして数時間。

    トップの写真は帰る時に撮ったから晴れているけれど、着いた時はどんより&雨が。

    【小鹿荘】の続きを読む

    IMG_0271
    11/7の日曜日、都立浮間公園へ行って来た。
    多分、ココに来るのは生まれて初めてのことではないかと思う。

    IMG_0250
    大きな池と風車がいい感じなのだ。

    IMG_0268
    JR埼京線の浮間船渡駅から至近だ。
    JR埼京線は、東北/上越新幹線を作る時に沿線住民の見返りとして作った通勤路線だが、
    今ではもうなくてはならない路線となっている。
    この日はフリーマーケットが開かれていた。

    IMG_0238
    逆光。

    IMG_0240
    場所を移して撮影。いい感じ。

    IMG_0242
    風車があって回っている。

    IMG_0248
    結構いい感じかも。

    IMG_0252
    水鳥が飛来するらしい。

    IMG_0254
    のどかでんなあ。

    IMG_0256
    鳥ヲタの方々の気持ちが少し解る。

    IMG_0262
    結構写真に撮るのは難しい。

    IMG_0265
    水も割にキレイだし、いい感じかも。
    デジカメを持ってくれば良かった。

    IMG_0269
    見上げると紅葉がいい感じ。

    IMG_0273
    皆思い思いの休日を過ごしている。

    IMG_0275
    対岸には風車。

    IMG_0277
    秋の散歩道って感じかな。
    ココなら走っても気持ちいいかも。

    IMG_0289公園の奥に河川敷に登る階段があったので行ってみた。


    IMG_0281
    おお、荒川の河川敷だ。
    すなわちもっと下流に行けば、金八先生の舞台。

    IMG_0283
    ゴルフ場がある。
    太田川を少し思い出した。

    IMG_0285
    東北/上越新幹線の高架が見える。

    IMG_0291この公園は水がキレイだと思った。
    アオコもいないし悪臭も少ない。
    それはこのようなテクノロジーのお陰なのだ。

    ノンビリできるいい公園だと思った。

    また来よう。

    IMG_0293
    帰りにカフェベルニーニでコーヒーを飲んだ。
    キリマンジャロの深煎り。
    ウマかった。

    いい休日だった。

    IMG_0180
    休日出勤となった11月3日(祝)、午後は仕事も無くフリー。
    カミさんと六本木で2時に待ち合わせ。お昼食べてから暫く時間があったので秋葉原へ。
    最近iPhoneを接続するようになってからiMacがちょっと動きが遅いように感じるので、iMacの増設メモリを探しに。それと新しくなったiLife11やiPhone4のアクセサリーなどを物色しに。そのついでに「戦場の絆」でもやろうかと思ってブラブラしていたらAKB48劇場のビルに迷いこんだり(笑)。
    祝日にネクタイ締めてそんな所に迷いこむのもどうかと思い乍らブラブラ。
    増設メモリは思ったよりも高価だったので手を出さなかった。

    その後、どうせ買うのならビッグカメラのポイントをつけようと、有楽町のビッグカメラへ。
    メモリの価格はそんなに変わらない。
    Mac用のって高いのかな。
    かと言って通販の無名なバッタものに手を出すのも怖いな。
    どうしようかと思い悩んでいたら時間が迫って来たので六本木へ。

    IMG_0181実は六本木ヒルズって初めて来たのだ。

    一応、テレ朝方面も行ってみた。

    IMG_0216が、本当の目当てはこれ。
    ネイチャーセンス展。
    カミさんが招待券を持っていたので。
    ナカナカ面白い展示だったけれど、やはり本物の自然にはかなわないのだなと。

    その後、東京シティビューという展望台へ。
    森美術館のエントランスと同じ52階にある。

    IMG_0184
    スカイツリー。おお。

    IMG_0187
    東京タワー。すぐ近くだ。

    IMG_0188
    東京タワーとスカイツリー。
    同じアングルで撮れた。

    IMG_0191
    東京湾方面。
    レインボーブリッジやお台場が見える。

    IMG_0192
    眼下。
    車が走る様子はなかなか面白い。

    IMG_0194
    そんなに混雑も激しくなく、ゆったりと過ごせた。

    IMG_0196
    川崎〜横浜方面。
    右端の四角いのはランドマークタワーだろう。

    IMG_0197
    西方面の雲。キレイだったな。

    IMG_0198
    裏に回ると新宿の高層ビル群。
    ぐるり360°の展望が楽しめる。
    コチラにはラウンジも作られている。
    夜景がキレイなのだろうな。

    ナカナカ楽しむことが出来た。

    この後は東京ミッドタウンへ。

    3580f4b9.jpg
    すごいかも。


    並んでますわ。

    49d9f59c.jpg
    73b9bf2d.jpg
    こいから学生時代の友人の結婚式。

    fb9ed29b.jpg
    6a7814ed.jpg
    06c70d9e.jpg
    aa2ce109.jpg
    3両編成のローカル特急。
    芸備線にも似たようなの走らせられんのか。

    PICT0206
    2日目の昨日に続いて3日目の朝も同様に6時から散歩に出ることにした。
    いやあ、早起きするといいことありますな。

    【上高地2泊3日の旅 3日目】の続きを読む

    PICT0055

    1日目からのつづき

    前日のスライドショーの素晴らしさに心動かされ、早朝ガイドウォークを申し込んだ。
    1000円/1人で約1時間だ。
    5時50分にロッジのロビーに集合。
    一通り説明があってから河童橋へ。

    ↑の写真は河童橋から見る穂高連峰。
    多分に感動的な風景だったのだけれど、こういう幻想的な風景とその感動を写真に残すのは難しいね。

    ガイドさんに連れられて、数名のご一行が小梨平へ向けてスタート。

    【上高地2泊3日の旅 2日目】の続きを読む

    PICT0002
    いやもう、ココ数年、夏は大鬼谷と決めていたもので、今年の夏休みどうするか。
    これは大きなテーマとなった。
    昨年の大鬼谷の記事

    せっかく東京なのだから、広島に行けなかった所に行こうと考えた。

    広島に無いもの。
    広い海、天然の湖、高い山。
    う〜ん。

    やっぱり夏は涼しい所に行きたい。

    北海道に行くのは高い。そしたら信州の方か。
    そしたらやっぱり日本有数の高地リゾート上高地しかない。
    カレンダーを見たら、今年の夏休みは早い。なので夏休み中でも所謂トクトクきっぷを使える期間があるじゃないか。
    その期間であずさ回数券を使って上高地へ行くことにした。

    【上高地2泊3日の旅 1日目】の続きを読む

    F1000021
    最近、週末ドライブとか遊びに行くとかしていない。東京は広島に比べて近郊の渋滞が激しい。1つ間違うと、とんでもない時間をロスして、とてつもないストレスが残る。でも、そう言っていたら何も出来ない。なので、以前からカミさんが行きたいと言っていた那須アルパカ牧場へ行くことにした。
    那須と言えば牧場だらけ。りんどう湖ファミリー牧場、千本松牧場、南ヶ丘牧場、安愚楽牧場など。それらに比べたらアルパカ牧場はマイナーだし、そういうのもいいかなと思って朝から東北道を目指した。

    F1000017
    朝食は蓮田SAのフードコート。実はココも駐車場所の確保や、座る席の確保とか大変なのだ。ああ、人混みは嫌だなあ。とはいえ、人混みが無い世界に行くには、多少のリスクは仕方が無いのだ。楽しむためにはそれなりの準備と苦労が必要なのだ。それが東京。

    F1000019
    と大げさに書いたが、その後渋滞も無く那須へ到着。
    車を走らせていたら、柏屋の薄皮饅頭の店があるじゃないか。以前仕事で福島県の郡山に良く行っていた時にお土産として良く買っていた。懐かしくなって薄皮小饅頭を買った。これがウマいのだ。(写真なし)

    F1000061
    暫し車を走らせて到着。
    おお、このエントランスのB級感。いいぞ。

    F1000022
    受付で説明を聴いてから場内へ。少しアプローチ道路がある。スタンプラリーなどを使ってくまなく場内を回るように出来ている。

    F1000025
    最初に出迎えてくれたのはダチョウ。あれ?アルパカは??

    F1000026
    何の心配も要らない。少し歩けばアルパカがお出迎え。
    アルパカは高地の動物で、日本では難しい筈の飼育を、この那須高原で実現しているらしい。毛は上質なウールの現材料になる。

    F1000029
    ナカナカ愛嬌があるじゃないか。

    F1000035
    疾走するアルパカ。らくだの仲間らしい。

    F1000038
    こんな顔をした人、周りに1人2人居るよね。

    F1000040
    こんなシャレた毛刈りをされているアルパカもいる。
    他にも色々なアートが施されたアルパカがいた。

    F1000041
    アルパカのエサがガチャガチャで売っている。手から直接食べるのでナカナカ面白い。

    F1000042
    夏だから殆どのアルパカは毛を刈られていたが、コイツだけは毛が残っていた。暑そうだな。

    F1000049
    このアルパカ牧場の白眉はコレ。
    お金を払うと、アルパカと散歩が出来るのだ。

    F1000048
    翼くん(アルパカの名前)と一緒に散歩。
    最初は気分は岬くんで「翼くん!」と呼んでみたが、今ひとつ反応は良く無かった。
    でも、従順でおとなしいアルパカを連れて歩くのは、ナカナカ楽しいものだ。
    が、草が生えている所に行くと、もう動かなくなってしまう。クローバーが好きなようだ。

    F1000060
    暫しアルパカと戯れ、スタンプラリーも全てこなしたので帰ることにした。
    ナカナカ洒落た出口じゃないか。

    F1000072
    お昼にネットで調べた蕎麦屋に行くも満席。店の外で待とうと思ったが、店員も出て来なかったし帰ることにした。
    その道すがらにステーキの店があったので入る事に。

    F1000073
    名前もミスタービーフ。なんかそのまんまやんか。

    F1000070
    ドカーン。
    久しぶりに昼からステーキ。ウマかったっす。

    F1000074
    次の目的地はコチラ。

    F1000075
    那須高原ビール。

    F1000076
    いい感じですな。

    12921f50.jpg
    普通の価格のものを7種類買って来た。
    10年前、独身時代にカミさんとドライブして買って帰って飲んだ。その時に飲んだビールが最高にウマかったのだ。
    なので、その思い出と一緒に7本飲んだ。
    ウマかった〜。

    帰りの東北道、暑い北関東を通過時する時にパンダ号のエアコンが効かなくなった。
    エアコンが負けてしまったのか。ちょっとこの先不安になった。

    何はともあれ、久しぶりに車で遠出したら楽しかった。
    また行きたいな。

    F1000002
    この暑さ、コンクリートジャングルに住んで、はや4か月弱を経過。
    そろそろ自然が豊かな所が恋しくなってきた。
    広島だったら、車で30分も走らせれば山の中。もうちょい足を伸ばせば、人里離れた田舎に直ぐに行けたものだが、ここ東京はそうもいかない。
    実は、昨日田舎の方に行こうと車を走らせたが、渋滞で引き返した過去がある。

    なので、家から比較的近い所で癒しを味わえる場所を探す所にした。

    そしたら、家から程近い北区に滝がいくつもある公園があるというじゃないか。しかも昔から存在する滝がそのまま残っているという。
    その名は男滝、女滝。
    おお、大鬼谷の雄滝、雌滝を彷彿させるではないか。

    行ってみることにした。

    F1000003
    中に入るとこんな感じ。確かに木が植わっている分、住宅街よりは涼しい。
    でも暑い。

    F1000004
    園内の地図。
    水がいっぱいで期待を抱かせる。

    F1000005
    入口から程近い「男滝」。
    う〜ん。
    確かに滝なんだけどなあ、マイナスイオンもちょっとだけ。

    F1000006
    園内は川が流れていて、こうやって写真を撮るといい感じなのだけれど。

    F1000011
    こんな木漏れ日もいい感じなのだけれど。

    F1000012
    石畳の散策路もいい感じなのだけれど。

    F1000014
    「女滝」を見ていたら、地面から激しい振動が・・・。
    そうか、揚水ポンプなのね・・・。
    これで冷めてしまった。

    カラスが何羽も涼をとっていた。
    都内のカラスもこの暑さじゃ辛かろう。
    ちょうどいいかもね。

    F1000015
    池があって鴨がいると書いてあったが、残念ながらいなかった。

    F1000016
    「男滝」「女滝」以外の滝には水が流れていなかった。
    残念。

    F1000017
    写真で見ると「都内のオアシス」的かもしれないし、確かにそうかもしれない。
    園内も良く清掃されていて、水も思ったよりキレイだった。

    けど、やっぱり限界かな。

    そういえば広島に越した時に、自然が近くにあることに感動して、週末はいつもドライブに出かけていたことを思いだした。

    新緑や紅葉の季節だったら良かったのかもしれないね。

    F1000004
    本当は奥多摩の方にドライブに行こうと言っていたのだが、中央道もとい首都高4号線に出た途端に渋滞。調布まで40分、八王子まで120分かいな。おいおい。そりゃ無いだろう。既に永福を過ぎて高井戸の当たりで渋滞・・・。
    ポリポリ。

    なので、引き返すことにした(軟弱)。

    で、思い立ったのは、以前から宿題となっていたワインクーラー。
    広島だったら売っていそうなところは限られているからいいのだけれど、東京ならどこに行ってもバラ色の品揃えと思ったのが大間違い。
    東京のデパートで探してもコレという物がない。要は皆高いんですわ。
    そんなワインクーラー如きで複数の諭吉サンが飛んで行くのはどうかと。

    そしたらせっかく東京に居るのだから、やっぱり「聖地」かっぱ橋かなと。

    F1000001
    郊外へ向かう道とは違って都内の道は平日より良く流れる。
    いやあ、ハイシーズンの休みの日は、観光地たるところに行くよりも都心の方が空いているかもしれない。
    とはいえ、東京の観光地とも言える浅草からほど近い「かっぱ橋」へ車を走らせた。

    そんなに混雑せずに到着した。

    F1000003
    パーキングメーターへパンダ号を。

    F1000002
    偶然にも停めた前がオサレな調理器具のお店。
    なんか「かっぱ橋」らしく無い店だが、もしかしたらラッキーかもしれない。
    コチラで目的のブツをゲット。

    F1000005
    かっぱ橋といえば、食器の他はこういった提灯や幟のお店があったり、

    F1000006
    精巧な食品サンプルのお店があったり。
    マニアの方垂涎かも(笑)。

    F1000007
    昼時になったので、お昼をと思ったら、おあつらえ向きの蕎麦屋が。

    F1000008
    そば清で十割そば(茨城産)。
    今の季節だから香りはそんなにしなかったが、美味しい蕎麦だった。
    ちゃんと手打ちしているみたいだし、何より技術はあるようだから、今度は秋に来てみたい。

    F1000010
    さてさて、今回の目当てはコチラ。
    ダルトンのSUSのワインクーラー。
    こういうシンプルなものが欲しかったのだ。
    雰囲気も申し分無いし価格的にもOKだ。
    他にも保冷剤を使うタイプの物などがあったが、やっぱり氷で冷やすシンプルな物が使い易い。
    余裕があればビールの缶もついでに入れておけるし(笑)。

    F1000011
    定位置に置いてみた。
    いい感じかな。

    2a496eef.jpg
    これまでずっと使っていたダイソーのワインクーラー。
    ありがとう。
    これだけ広島で美味しいワインを飲めたのも、あなたのお陰かもしれません。

    F1000009
    もひとつはコチラ。
    CO2のミニボンベを使ってビールの泡を立てる道具。
    試してみたら、確かに生ビールサーバーのレバーを手前に倒した時の泡が出る感覚を家庭でも・・・、と言いたいところだが、そうはいかない。
    ジョッキにだいぶん余裕をもっておかないと、ジョッキからビールが溢れてしまうだろう。
    ただ、確かにクリーミーで細かい泡になることは間違いない。看板に偽りは無いと思う。
    けど、そこまで必需品かと言われたらどうかな。

    F1000015
    効果は写真では分からないよね。

    いずれにせよ、目的としていた物が買えたから良かったのかな。

    Dr.Goods
    東京都台東区西浅草1-4-8
    03-3847-9002
    9:30〜17:30
    定休日:第3土曜日、日・祭日

    9d7aa79c.jpg
    携帯のカメラでは難しいな。
    東洋のスイスと言われる景観も、アオコが浮いては魅力半減か。
    ただ、天然の湖を見たのは随分久し振りのような。広島には無かったからね。

    9f576ff9.jpg
    上手く撮れん。

    F1000022
    いや、7月9日(金)に京都で仕事だったもんで、7月10日(土)にカミさんを呼んで小旅行することにした。最近、引越やら何やらで遊びにも行ってないし。
    7月10日は大阪で待ち合わせ、富山から移転されたラ・プラース・アンソレイユさんに寄った。カミさんの作品を長いこと置いて頂いている雑貨屋さんだ。
    ご挨拶して昼食にうなぎを食べてから京都へ。
    京都といえば鴨川(写真)。

    【京都の川床(ゆか)にて涼む】の続きを読む

    edc82ffd.jpg
    8a22bc7c.jpg
    6e849d31.jpg
    (笑)

    973b1836.jpg
    きてしまつた

    F1000023
    いざ敵地へ。
    と言っても、去る7月2日金曜日の話。
    前日の夕方、イキナリ上司からの電話。電車の中だったし電話に出れなかったから放置していたら何度も掛かって来る。こりゃなんかヤバいかなとワザワザ途中駅で電車を降りてかけ直した。
    そしたらなんだ野球のお誘いか。
    一緒に行く予定だった部長さんが熱出して行けなくなったらしい。
    そうか、それは可哀想だということで行くことにした。

    F1000024
    久しぶりの東京ドーム。

    F1000025
    今見ると本当に狭い。狭く感じる。旧広島市民球場並みかもしれない。
    読売の打者はこの球場を熟知している。読売の本塁打はどれも飛距離110m程度。先っぽでも何でもコツンと当てればホームラン。甲子園やズムスタなら入っていないような当たりも、ここではホームランだ。
    対して我が阪神タイガースは、序盤は拙攻続きでリードを許すが、リリーフが出て来た7回に打線爆発。ブラゼルのホームランは飛距離142mだったっけ。見ていて気持ちよかった。

    F1000028
    最終回は藤川球児。
    やっぱり速いですな。
    投げるとドヨメキが起こる。

    F1000031
    その後ソロホームランを打たれるが、無事抑えきって勝利!!
    やった!!

    あ、ちなみに生ビールは800円。
    サスガ東京価格だ。広島の700円を上回っている。
    スーパードライと一番搾りとプレミアムモルツとヱビスが売っている。この4種類の売り子さんがタンクを背負って場内を闊歩しているのだ。おお素晴らしい。
    一応全種類飲んだ(笑)が、残念ながら店売りのビールも含めて、品質に大きくバラツキがある。タンクやサーバーの手入れを怠っているのだろうな。何杯か残念な生ビールに当たった。銘柄はココでは書かないが、一度はどうしようもなくてトイレに捨てた。思いだすだけでも吐き気がする。
    広島では生ビールの味は安定していたから、やはり意識の問題なのだろうな。

    332e4ad8.jpg

    f8f32743.jpg
    506ca38a.jpg
    ce4a20ac.jpg
    食べたら運動しなきゃね。
    風が気持ちいいぞ。

    c0089185.jpg
    f0246661.jpg
    39603628.jpg
    自分がエリート社会人になったような錯覚に陥る(笑)。
    あ、丸の内は素通りして千葉に行くんですけどね。

    fe3f5d4c.jpg
    総武快速線に乗って辿り着いたのは、内房線の木更津駅。
    そこに停まっていた久留里線のキハ30。しっかりと登場時の国鉄色に塗り直されている。かつては八高線(全線)や川越線や相模線も非電化で、キハ30が走っていたので、子供の頃は良く見る事ができた。
    キハ30系は、どちらかと言うと旧型の気動車や客車列車を駆逐すべく投入された形式でもあるし、車内はロングシートで全くつまらない形式のうちの1つであった。
    が、今、こうして見るとノスタルジーを感じるには充分だ。余計とされる前面補強版もあまり気にならないな。

    d05362da.jpg
    一番の特徴である外吊りドア。
    都市圏の急速な広がりに対応すべく、都市近郊の非電化路線に投入されたのがキハ30。キハ30は両運転台。キハ35/36が片運転台だ。これらの形式の車体は、基本的に車体は101系/103系電車を参考にしながらドアは片側3枚で、ドアにはユニークな外吊りドアが採用された。
    これはローカル線のホームが低く、車内にステップを設けなくてはならない関係もあって、外吊りドアが良いとされたのだろう。

    8c06bdb0.jpg
    なんと昭和41年生まれだ。私めより長く生きているのだ。
    いやあ、良く頑張ってるなぁ。

    b33076f5.jpg
    これと背中合わせに連結されているのはキハ38。老朽化したキハ30/35/36の置換え用として登場した。コイツと背中合わせで走るのもある意味運命なのだろうか。

    3284091c.jpg
    木更津駅を降りた。

    6bffcb82.jpg
    駅前の大きなビル。かつては「そごう」だったらしい。今はファッションビルとなっているが、全くイケてない。街はシャッター通りと化しているし、明らかにこの箱は大きすぎるような気がした。

    28a10c4c.jpg
    駅にあった潮干狩りの看板。
    こちらの方が活気があってよろしい。

    4e8030fe.jpg
    駅から海はすぐ近くなのだ。
    もちろん市原のコンビナートと君津の製鉄所に挟まれた場所ではあるのだけれど。
    中国地方もそんなもんか。

    55d51e6b.jpg
    帰りは「特急さざなみ」
    E257系500番台特急型車両だ。
    かつては市原/木更津/君津方面のビジネス利用も多かったが、東京湾アクアラインを経由するバスが出来てから激減。平日昼間の本数もグッと減ったようだ。

    5f3e5dde.jpg
    快適な車内で少し仕事して、車内販売でビールを売りに来たら買って飲もうと思ったが来なかった。

    なので、今日は2日連続の休肝日にすることにした。

    fec064be.jpg
    9674af4e.jpg
    9d54a2c7.jpg
    1f89f9b5.jpg
    爽やかな風が心地よい。

    87c63509.jpg
    19dffc6c.jpg
    4ca97052.jpg
    1cb94e18.jpg
    今日は散歩日和なんで都内を外勤。
    日本橋も、横から見たら立派な橋なんだけどな。

    3c8a9ad1.jpg
    0b31bce3.jpg
    4fa07724.jpg
    昼にフットサルをしてから夕方買い物に。初めて来たけどノンビリとして良いところ。
    今日は風が気持ちいい。

    アウトドアっぽいことしたいなあ。

    みやじま
    今回の連休はどこにも行かなかった。
    というか行けなかった。

    せっかく東京に引っ越したのだから、美味しいものがいくらでもあるだろうと思っていたが、それは大変な調査(ネットやグルメ本)の元に、大変な犠牲(食べ歩きによる出費)を払って実現するものなのだ。薄々感づいていたことではあるけれど。

    それに、コチラはどこに行っても混んでいる。
    いや、実際はそんなことは無いのだろうけれど、少し魅力的な所は直ぐに人で一杯になるイメージがある。

    で、早くも広島が懐かしくなってくるのだ。

    前置きが長くなったが、離れて1か月、早くも広島ツアーを考えてみたくなった。

    【1日目】
    朝一番羽田空港→広島空港へ。

    え?広島空港??

    そう、空港からレンタカーを借りて国道432号を北上して高野町を目指すのだ。

    大鬼谷
    大鬼谷オートキャンプ場。
    やっぱりココには来ないとね。
    で、夏なら着いたら水着に着替えて滝まで行かないとね。
    夕食の材料は行きの庄原の「ゆめさくら」「ザ・ビッグ」あたりで調達。忘れ物は高野町の「はしなかや」で調達。

    テント泊はヘビーなので建物泊で。早めに就寝して。

    【2日目】
    大鬼山
    翌朝は大鬼山に登って雲海を見て・・・。
    (勿論、天候によって見れない時もあり)

    吾妻山
    あるいは少し車で足を伸ばして吾妻山ってのもありかな。
    コチラも幻想的な景色が広がる。

    りんご畑
    そしてチェックアウトを済ませてから、お昼は高野町の「りんご畑」へ。
    田舎のバイキングを腹一杯食べる。
    青才りんご園さんにも挨拶して。

    スプレも帰りは三次でスプレモでコーヒーを一杯頂く。

    はっぴ
    レンタカーは広島市内で返却してから、西広島の「はっぴ」へ直行。
    夕方から酒飲んで蕎麦を頂く。
    最高だなこりゃ。

    その晩は広島市内のホテルに泊。

    【3日目】
    午前中は適当に観光してから平和大通り方面へ。

    歩いて行こう国泰寺町の「歩いていこう」で醤油ラーメン。
    早めに行かないとね。

    ドリアン
    その後は向洋まで行ってドリアンへ。
    お土産用のパンを買い込む。

    アレックスクルクル
    そいで夜は可部線に乗ってアレックスへ。
    ピッツァとワインに酔いまくる。

    RYO
    帰りはRYOさんに行ければ言う事なし。

    宿泊は市内へ。

    【4日目】
    翌朝は適当に観光してから八丁堀方面へ。

    國松
    「國松」でクニマックス(笑)。
    いやあ、これが食べたかったのだ。

    午後は適当に観光して帰る。

    いやいや、もう1泊するのなら「きんどん」へ行かないとね。

    ああ、

    でも、

    紺屋
    紺屋のしおチーズや汁なし担々麺、あるいはカレーやみそ、黒ごま担々麺や、

    ふじ☆もと
    ふじ☆もと系(味喜、もりかわ)のらーめんや、

    きよちゃん
    きよちゃん、

    とく一カレー
    とく一のうどん、

    キミッツそして何よりお好み焼き・・・。
    これは食べないとね。

    あと、小いわしと牡蠣と・・・、

    広島って2泊3日や3泊4日では回りきれないっす。
    だって、他にも大久野島とかもあるし。
    それ以前に、宮島とか岩国(山口県)とか尾道とか西条とか呉とか、一般的な観光地はいくらでもあるのだけれど。

    こんなツアー、可笑しいかな。
    最初はキレイな風景写真が出て来るが、後半は食べ物ばかりだし(笑)。

    非効率だし、何より多くの人々に対して訴求力を持たない。

    でも、いつか実現してみたいな。

    (タイトル画像の厳島神社は取り上げませんでした。関係者の方、申し訳ありません。)

    17732dea.jpg
    こんな写真撮って田舎もん丸出し。

    43e123a1.jpg
    578f5556.jpg
    b10b219e.jpg
    8518dc76.jpg
    240e75dd.jpg
    8284e40a.jpg
    言わずと知れた東京湾アクアラインのパーキング。東京湾の真ん中に浮かぶ。天気がいいと景色が良いらしい。

    436fee6a.jpg4月の初めの3日だけ駐車場を借りてたので、その分の振込に日本橋まで来た。
    700円ちょっと振り込むのに手数料が発生するのは悲しいし。

    af8d493b.jpg
    436d121c.jpg
    東京の中心。
    やっぱり感じがいいね。パワースポットと名高い皇居からも近いし。
    あ、ちなみにココは素通りして千葉に向かいます。こんな良いところで働いてるわけではございませんです。

    6e31a635.jpg

    a9436f54.jpg既に買い物する前から疲れた。

    beb8b3c7.jpg
    まるで迷路。

    3e294c17.jpg
    モチロン最初は「しろじんじゃ」って読みましたよ。

    このページのトップヘ