訪問・旅行

November 28, 2012

小湊鐵道〜いすみ鉄道

IMG_7438
三連休の最終日は休日出勤になった。
とりあえず早朝の東京駅から仕事場である千葉県某所を目指す。

続きを読む

kumadays at 07:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 10, 2012

荒川土手、赤羽桜堤緑地〜浮間公園

IMG_7370
天気のいい週末、運動がてら少し外出することにした。走るにも家の近くには走って気持ちいいところがナカナカ無いのだ。広島に居た時は古川や太田川沿いを気持ちよく走ったものだけれど。
なので少し足を伸ばして荒川まで行くことにした。少し遠いので自転車で行くことに。きっと気持ちよく走れるところがあるだろう。

IMG_7371
北本通りから荒川に行くと、色づいた桜並木が。赤羽桜堤緑地というらしい。春は春でキレイなんだろうな。

IMG_7372
遠景はこんな感じ。

IMG_7375
面しているのは新河岸川といって荒川の支流。
昔、水運のために人口的に水の流れを変えられた歴史がある。
この桜の後ろ川に荒川が流れていて、間もなく荒川から分かれる隅田川に合流するところなのだ。

IMG_7386
荒川沿いはグラウンドがいっぱい。

IMG_7379
今日のアシはパンダ号ではなくてコイツ。
たまには乗ってやらないとね。

IMG_7382
周辺をイラスト化したものが掲示されていた。

IMG_7383
海まで22キロだそうだ。南砂とか葛西のあたりまでずっと行ってみるのも面白いかもしれない。

IMG_7387
川の向こうは埼玉県川口市。キュポラのある街だ。
現在は近代的なビルが立ち並ぶ。

IMG_7384
ボンヤリしていたら電車がやってきた。
所謂東北貨物船を走る「湘南新宿ライン」だ。
車両はどこでも見かける湘南色の231系。なんか都内を走る中距離列車はコレばっかりになってしまって、面白く無いと言えば面白くない。
ここ新河岸川〜荒川には東北本線の複線の鉄橋が3本掛かる。左から電車線、列車線、貨物線だ。京浜東北線、宇都宮線/高崎線、湘南新宿ラインと言った方が分かりやすいかな。
少し離れたところに、東北新幹線、埼京線の鉄橋も掛かる。

IMG_7389
少し走ると工事中の区間になって、土手の外の市道に下りて暫く行くと浮間公園だ。

IMG_7391
以前も取り上げたけど、池があっていい感じの公園なのだ。

心地よい汗をかいた。

kumadays at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 22, 2012

あぶくまキャンプランド

IMG_7273
クリオフィールド」に行って2週間目のこの週末もキャンプに行くことにした。やはり秋のキャンプは最高なのだ。
とはいえ普通の週末だし一泊だし、ここのところ平日も忙しいから朝もそんなに早く出れそうにない。なので行き先は、比較的近くてこれまで行った中で良かった「キャンプラビット」に行こうと決めていた。
予定通りというか、朝は9時前に出発。環七から鹿浜橋で首都高に乗って東北道に向かうも、東北道はやけに混んでいる。岩槻まで事故渋滞で一時間くらい。その先も佐野あたりまで延々と渋滞している。なるほど。日光や那須へ紅葉を見に行く車で混んでいるのだな。そしたら行きも帰りも渋滞ドンピシャじゃないか。それは嫌だな。
ということで行き先変更。川口ジャンクションで外環〜ガラガラの常磐道へ回り、以前から下調べして行きたいと思っていたキャンプ場のひとつ、「あぶくまキャンプランド」へ行くことにした。

守谷SAでトイレ休憩の際に電話して予約した。女性の方が電話に出られた。その時に「お車の車種を教えて下さい」と言われたので「フィアット・パンダです」と伝えたが、今ひとつご理解頂けなかったようなので「普通の小さな乗用車です」と付け加えた。
規格外の大きな車で来られる方も多いのかな。

続きを読む

kumadays at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 15, 2012

羅漢山〜波久礼駅

つづきから〜

IMG_7172
13:10。ちょっと歩くと観光地図が。一応観光地として整備しようとしたのだな。至る所にこの手の地図が掲示されていた。

続きを読む

kumadays at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

鐘撞堂山

IMG_7126
週末、一人で山に行くことにした。土曜日は上司の家でバーベキュー。日曜日にそこで食べた肉を燃焼すべく(笑)。
朝もそんなに早起き出来そうに無いし、東武東上線で気楽に行ける山にした。選定したのは終点寄居駅からスタートできる鐘撞堂山だ。

続きを読む

kumadays at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 07, 2012

北軽井沢駅跡

つづきから〜

IMG_7041
クリオフィールドでキャンプした帰りに寄った地蔵川温泉にあった写真を見て調べたら、北軽井沢駅跡は近くにあるようだ。
子供の頃に草軽鉄道について多少調べたこともあるし、せっかくなので行ってみることにした。

続きを読む

kumadays at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

クリオフィールド

IMG_6999
10月の3連休に一泊でキャンプへ行くことにした。未だ未だコチラでは新規開拓が必要ということで、キャンパー注目?の北軽井沢エリアの中でクリオフィールドに行ってみることにした。公式サイトのトップページ冒頭に「クリオフィールドはファミリーやカップルでご利用のお客様のための 静かなキャンプ場です」とあるように、我々にピッタリのコンセプトではないかと思い、以前から行きたいとは思っていたのだ。但し、色々な方のブログ等を読むと、FLYが大量に居るとのこと。ここ最近、北軽井沢のキャンプ場に多いらしく、それもあって躊躇していたこともある。そりゃ蚊やアブやブヨよりも、それこそスズメバチよりもマシなのだろうけれど、そんなに大量に居たら興ざめだよね。まあ標高も高いし10月になれば虫も少なかろうと。
ここ最近も期末の忙しさを引きずっており、6日土曜日朝は8時過ぎに出発。高坂SA付近先頭25キロの渋滞に巻き込まれて高坂で休憩していたら、クリオフィールドの予約電話受付開始の10時になったので、そこで電話予約した。

続きを読む

kumadays at 23:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

September 22, 2012

成田ゆめ牧場

IMG_6741
いや、社会人になって2年目くらいに、会社のバンドメンバーと遊びに行った覚えがあって、それが楽しかったから一度は行きたいと思っていたところに、コチラのキャンプ場がいいという話しも聞いていたし、とりあえず行ってみることにした。

続きを読む

kumadays at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 17, 2012

三井アウトレットパーク 木更津

IMG_6729
比較的最近オープンした木更津のアウトレットに行ってみることにした。もう混雑も落ち着いた頃だろう。
が、なんだかんだで出遅れてアクアラインの渋滞にはまることに。羽田空港あたりから海ほたるまで延々と渋滞。
渋滞抜けて海を越えて木更津へ到着。
駐車場はやたらと広くて停められないことは無かった。空が広いな。

お目当てのリーデルに行くも、アウトレット品は外箱がつかないとのこと。ヴィノムシリーズが1つ2,100円という値段は魅力だけれども。ただ、やはりアウトレット品なので、気泡やら傷やらグラツキやら色々あるから、購入する時の眼力が必要だろう。
ウエッジウッドも大したことなし。ワイルドストロベリーのヴィクトリアシェイプが安く売っていたが、家の近所のスーパーの方が断然安かったのはここだけの話かな。
モンベルも売場面積が狭くてアウトレット品も少なかった。幕張や南大沢のアレを想像していただけに、かなり残念。
アウトレットモールとしても全体的に規模は小さく。そのくせ人ばかり多くてね。まあ、海外から来られる方を羽田から誘導する目的もあって出来たモールと聞いているし、たぶん2度と行かないような気がする。

そして昼飯を食べようにも大混雑で。
なので用を済ませて外に出ることにした・・・。

IMG_6730
適当に立ち寄った中華料理店。もう14時を回っていた。

IMG_6732
麻婆豆腐定食。

IMG_6733
ニラレバ炒め定食。

木更津まで行って中華というものどうかと思ったけれども、ウロウロして難民になるよりはマシかと。ソコソコ美味しかったので、とりあえずお腹は満足。


IMG_6734
今日の戦利品。クロスランナーポーチS。実は家の周りを走りに出る時に、iPhoneと鍵と小銭くらいを持って行けるポーチを探していたのだ。まさにビンゴの商品。

IMG_6735
この手のものは、あまりデカ過ぎたらいけない。とはいえiPhone5は入りそうな大きさだ。
丁度良かったな。

kumadays at 06:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 22, 2012

JR飯山線 津南駅

IMG_6601
無印良品津南キャンプ場に行った帰りに寄ってみた。国道117号線から分け入ってちょっと距離があったけど。
着いてから駅舎が立派なのにビックリ。

続きを読む

kumadays at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

おしい? 無印良品津南キャンプ場 その2

つづきから〜

IMG_6599
無印良品津南キャンプ場の場内について簡単にまとめておく。

続きを読む

kumadays at 07:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

August 20, 2012

おしい? 無印良品津南キャンプ場 その1

IMG_6390
今年の夏はキャンプに行きたい。でも色々あって予定が立てられず。何とか8月16日から2泊で行けることになったので行くことにした。
東京に戻って来て何ヶ所かキャンプ場に訪れたが、まだ新規開拓したい。そういえば無印良品のキャンプ場に一度も行っていない。無印良品のキャンプ場は「そのままの自然を、そのまま楽しむ」というコンセプトだ。ワイルドな自然が楽しめるに違いない。それに、ウチはベッドやダイニングチェアやチェストなどの家具類や食器類も含めて、それなりに無印良品ユーザーだ。一度は行っても良かろう。

そう決めたのが8月5日(日)頃。

続きを読む

kumadays at 07:12|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

June 17, 2012

上野のパンダ

IMG_6024
別にウチの車がパンダだからという訳では無いけれど、上野に行く用があったので見て来た。以前、晴天の日に朝から行ったら40分待ちだったけれど、梅雨の小雨の日の夕方に行ったらガラガラだった。
やっぱりカワイイですな。

IMG_6028
写真も動画も撮り放題。
まるで人が中に入っているような愛くるしい動きと、タレ目で笑っているような表情は、多くの人の心を鷲掴みにするのだろう。

IMG_6035
おまけ。ジャンボうさぎ。
フレミッシュジャイアントという世界一大きなうさぎと、秋田ジャンボという日本一大きなうさぎ。
時折元気に走っていた。

kumadays at 08:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 31, 2012

久しぶりのスノーピークストア

IMG_5972
キャンプ道具メーカー「スノーピーク」のショップ、スノーピークストアに久方ぶりに行ってきた。
東京は何ヶ所かある。二子玉川に新コンセプト店があるが、ちょっと行きづらい。
そしたら次に大きいのが、たぶん「直営」となっているココだろうと思って。

IMG_5971
銀座の数寄屋橋交差点。不二家のビルは相変わらず。対岸の西銀座デパートには、ドリームジャンボを買う人の長蛇の列が。

IMG_5970
数寄屋橋阪急のビルだ。現在は4階までモザイクとして営業している。その4階の好日山荘の中にスノーピークストアはあった。

整然とされていて好感が持てる店内。

しかし狭い。

だいたいのスノーピーク商品は揃っているような感じがするし、シェルターやファニチャーなども少しは展示されているのだけれども、以前の晴海のスノーピークストアのキラキラ感も、パワーズ広島の広々感も、梅田の所狭しと並んだ商品の勢いも、ココには全く感じられなかった。二子玉川にも行った方がいいのかな。

以前からコチラのブログにお越し頂いている方はご存知の通り、以前は私めもスノーピークに熱狂し、当時のカタログは穴が空くほど熟読した。勿論、多くの商品を所有しているけれど、今はもうカタログすら入手していない。
なのでザックや財布なんかを出していることは知らなかった。
スノーピークの商品って、高付加価値高価格のモノで、テントやチェア類なんか悔しいけれど非常に良く出来ている。けれども、それが行き過ぎて、たまに調子に乗り過ぎのようなモノも出したりする。焚き火ジャケットとか焚き火パンツのようなものもあったような。しかもそれが馬鹿高くて、いったい誰が買うんだろうと思ってた。
あと、山財布を手に取ったけれど、コストとのバランスが悪いような気がしたな。
このあたりの試行錯誤は昔と一緒なのだろう。

しかし、私めが熱狂した頃に比べたら、どれもこれも値段が高くなったなあ。

ちなみに、必要に迫られて「あるもの」を購入した。

あるもの」に関しては、また後日。

kumadays at 23:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 23, 2012

赤倉の森オートキャンプ場

IMG_5848
5月連休に久しぶりにキャンプラビットへキャンプに行ってから、やっぱりキャンプだねと認識。
それなら久しぶりにベーコンを作ろうと、先週末に豚バラを塩漬けにしておいた。
そしたら今週末はおあつらえ向きの好天だというし、以前から調べて気になっていたACN赤倉の森オートキャンプ場へ行くことにした。
当日朝に準備して、出発は8時過ぎになってしまった。関越に乗る前に工事などでボチボチ渋滞、10時45分頃に佐久ICへ到着。

続きを読む

kumadays at 23:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 13, 2012

金勝山〜裏金勝山〜官ノ倉山〜石尊山 その2

つづきから〜

IMG_5643
JR八高線の線路を右に見ながら歩く。

続きを読む

kumadays at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

金勝山〜裏金勝山〜官ノ倉山〜石尊山 その1

IMG_5559
昨年の秋に膝を傷めてからずっと山に行ってない。一応3月に病院で診てもらって運動OKの状態だったし、3月には軽くフットサルもやって大丈夫だったから、早く山に行きたいと思っていた。
好天の日曜日に、比較的アクセスが楽で、体力的にもハードでない山を調べて行く事にした。山と渓谷社「埼玉県の山」本でみつけたのが「金勝山・官ノ倉山」。標高も300mソコソコだし、コレなら久しぶりでもイケるだろう。

続きを読む

kumadays at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 03, 2012

キャンプラビット

IMG_5464
もう暫くキャンプに行っていない。バンガロー泊でも一昨年9月のあさまの森以来。テントを張るのは広島時代2009年11月の大鬼谷ソロキャンプ以来。カミさんとテント+タープを張ってキャンプをするのは2009年8月の夏の長期キャンプ以来ということになる。もう3年近く前の話になるのだ。
このブログも広島時代はキャンプ主体に書いてきたし、今でもキャンプネタの記事を読みに来て下さる方も多い。しかし東京に来てからというものの、すっかりキャンプから遠ざかっていた。けれど毎日の都会の喧噪から逃れ疲れ切った精神を癒すために、そして楽しかった日々や充実していた自分自身を取り戻す為に、キャンプに行きたいと思っていた。

続きを読む

kumadays at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 29, 2012

アンリ・ル・シダネル展

IMG_5444
乗った地下鉄に広告があって、それがいい感じだったので見に行ってきた。
新宿西口高層ビル群にある損保ジャパン東郷青児美術館だ。ローソンで前売チケットを800円で購入。当日券は1000円だからカミさんと二人で400円得したことになる。

余談だが、東郷青児という字を見ると、青空球児・好児を思いだすのは私めだけだろうか。ゲロゲーロ(失礼)。

IMG_5445
アンリ・ル・シダネルは、19世紀〜20世紀に活躍したフランスの画家だ。
けれども、モネとかマネとかルノワールとか、ゴッホとかミレーとかコローとかピサロとか、そんな名の知れた画家じゃないし、実は名前も知らなかったのだけれど、ありふれた風景や街並あるいは食卓などが描かれていて、その中にさり気ない華やかさもあって、何かとても癒される感じがした。
所蔵数もそんなに多くないからか、展示されている絵の数も丁度良いし、何より超メジャー級画家の特別展じゃないからガラガラで、東京の真ん中なのに静かに絵を観ることが出来たのが何より。

常設展として、東郷青児の作品や、ゴッホのひまわりも飾ってありました。

kumadays at 18:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 07, 2012

石神井川の桜

IMG_5325
石神井川は荒川の支流で、沿道にはずっと桜が植えられていて、板橋区の桜の名所となっている。
石神井川沿いを中板橋あたりから板橋まで歩いてみた。
ほぼ満開の1000本以上の桜が、何キロも続いている。
すごいキレイだ。
やっぱり東京は桜なのだな。

午後から曇ってきたから、朝から歩いて正解だった。

つづきは写真のみ。続きを読む

kumadays at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

那須へ

IMG_5286
3月の期末も終わったことだし、1日お休みをとって日〜月で一泊旅行をすることにした。目指したのは那須。
途中、佐野で途中下車してアウトレットへ。今回はあまり買うものは無かったな。

続きを読む

kumadays at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 11, 2012

ノルマンディーの家

つづきから〜
IMG_5079
房総半島最南端の野島崎灯台を後にして、そのまま内房方面へ。
海沿いを千倉・勝浦と通り過ぎて小湊から内陸へ入り大多喜へ。
今日の宿はコチラ。
風薫る丘 ホテル ノルマンディーの家。
大多喜ハーブガーデンの中にある。

続きを読む

kumadays at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 10, 2012

房総半島最南端へ

IMG_5071
この3月10日は11回目の結婚記念日でもあるし、最近旅行にも行っていないし、ということで近場で安い宿を見つけて旅行をすることにした。3月はまだ寒いこともあるし、北の方は道路事情が悪いかもしれない。なので積雪や凍結の恐れが少ない千葉の方に行くことにした。
出発時の東京の気温は3℃。3月ってまだ寒いんだよね。
パンダ号のインパネにはice dangerの警告が。
出発時は雨もザンザン降っていた。

続きを読む

kumadays at 23:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

February 08, 2012

中山道散策、志村一里塚〜板橋宿〜巣鴨 その2

つづきから〜

IMG_3642
板橋を越えると仲宿だ。板橋区役所前駅から至近だし、東武東上線大山駅へも歩いて行ける。
所謂板橋区の中心地となっているから結構賑わっていて人通りも多い。

続きを読む

kumadays at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 05, 2012

中山道散策、志村一里塚〜板橋宿〜巣鴨 その1

IMG_3594
中山道は江戸時代に五街道として整備されたうちのひとつ。
現在では国道17号、18号、19号等に継承されているけれど、一部は元々の街道に平行して国道が整備されたところがあり、そういう道は所謂「旧道」として残っているところがある。
板橋区にもそういう区間があり、10月は1人で、1月はカミさんと一緒に歩いてみた。

続きを読む

kumadays at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 29, 2012

明治神宮御苑

IMG_4905
明治神宮といえば、全国で最も初詣の人出が多いと言われていて有名なところだ。
その中に明治神宮御苑がある。その御苑の中にある「清正井」という井戸がメディアでパワースポットとして紹介されて有名になってしまい、初詣の時期は数時間待ちを引き起こすような異常な事態になっていた。
今年は喪中で初詣に行っていないが、昨年買ったお札を返して新しいのを買わなくてはいけない。初詣気分も抜けた週末に明治神宮に行った時、明治神宮御苑が空いていたので寄ってみた。

IMG_4923
参道を歩いていると入口がある。

IMG_4922
この小屋で御苑維持協力金として500円支払う。
逆光ですんません。

IMG_4887
中はいい感じの散歩道だ。

IMG_4888
ん?建物が現れた。

IMG_4889
なるほど皇后様のためにか。

IMG_4890
隔雲亭の前はちょっとした庭になっていた。

IMG_4891
とりあえず順路を進む。

IMG_4892
本当にいい感じなのだ。いい気が流れているような。

IMG_4893
途中のあずまやの屋根に雪が残っていた。

IMG_4894
いっぱいカメラを構えた人がいたので、その先を見たらカワセミがいた。こんな東京のど真ん中でカワセミかぁ。

IMG_4894a
iPhoneのカメラではこれが限界だけれども、とてもキレイだったな。

IMG_4895
少し歩くと庭園に。

IMG_4896
先程の隔雲亭が見えた。

IMG_4898
桟橋があるぞ。

IMG_4897
なるほどね。釣りをね。

IMG_4900
鯉がいっぱいいた。

IMG_4902
清正井を水源にしているらしい。

IMG_4899
池の水が一部凍っていた。ここのところ寒いしな。

IMG_4903
穏やかな空気が流れていた。

IMG_4904
先を急ぐ。少し人も多くなってきた。
道中で狸を見かけた。いやあ、カメラを構えたら裏に逃げてしまったのだけれど。
掃除のおじさんが居たので聴いてみたら珍しく無いとのこと。
最近は人間を怖がらないらしい。どこかで聴いたことのある話しだな。

IMG_4907
菖蒲園。冬は寂しいですな。

IMG_4906
6月上旬から7月上旬だそうだ。梅雨真っさかり。

IMG_4908
更に先へ行く。

IMG_4911
おお、この行列の先が清正井か。

IMG_4914
順番待ちの途中でパチリ。

IMG_4916
飲用はできないのだな。それは仕方ないだろう。

IMG_4917
周囲もいい感じ。
少し待つと順番はやってきた。

IMG_4918
おお。
これを携帯の待ち受けにするのが流行ったらしい。けど隣の方の足が写ってしまった。(レタッチで消してみた)

IMG_4919
角度を変えて写り込まないようにしてみた。

このあと水に触ってみた。14〜15℃ということで暖かく感じた。そして水質がとても柔らかで、何かいいものを触ったような気分になった。

緑も多いし、谷っぽいし、この感覚って・・・、
そう、大鬼谷だ。
広島とは微妙に生えている木も違うし、元々ここは人工林なのだけれど、何となく神憑ったいい気が流れているような気がしたのだ。小鳥達も狸にも会うことが出来たし。

IMG_4921
道中の日陰には雪が残っていた。
ああ、雪中キャンプやりたいなぁ。

IMG_4924
帰りは原宿のクリスティーで紅茶を飲んで帰って来た。

いい一日だった。

kumadays at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 16, 2012

上野動物園〜池の端藪蕎麦

IMG_4750
1月の3連休、上野動物園に行くことにした。東京に住む者なら誰しも子供の頃に一度は行ったことがあるであろう。もう何年振りになるだろうか。
何と言ってもジャイアントパンダが有名だし、最近、再びパンダがやってきたので注目されているというのもある。

IMG_4692
ということで開場直後というのにパンダ舎にはスゴい人だかり。

IMG_4695
ボードが光って見えないが40分待ちと書いてあった。こりゃ止めておこう。

IMG_4696
行列の外からチラリと見えた。動くパンダはなかなか愛らしかった。

IMG_4698
グッズ売場も「エース」パンダのグッズが多数。

IMG_4702
「その他大勢」はこちら。

IMG_4703
何故か場内にある五重塔。

IMG_4706
場内は椅子も多くて、家族連れや高齢者の方に優しい。

IMG_4713
場内は東園と西園に別れているのだ。

IMG_4705
アジアゾウ。

IMG_4708
プレーリードッグ。

IMG_4714
東園をあとにして西園へ。

IMG_4722
オナガドリ。

IMG_4725
カピパラ。

IMG_4726
ヤギの子供。

IMG_4718
うさぎ。

IMG_4724
実は今回の目当てはコレだったのだけれど、

IMG_4723
寒くて穴から出て来ませんでした。

IMG_4734
身を寄せてムクムクと暖まってた。

IMG_4715
西園と東園を結ぶモノレール。コレに乗らなくても歩いても大した距離ではないのだが、結構混雑していた。

IMG_4731
場内で休憩。

IMG_4733
池には水鳥が浮かびカモメが飛んでいた。

IMG_4735
一応、猿山も見て、

IMG_4737
ホッキョクグマ。以前はオヤジのようにゴロンと寝転がってアクビをしながら下腹部をボリボリ掻いている子が居たのだが居なかった。

IMG_4738
昼前になったので、動物園をあとにして、

IMG_4741
向かったのは池の端藪蕎麦。藪蕎麦御三家と呼ばれる名店だ。コチラも何年振りだろうか。

IMG_4739
昼前だというのに待ち客。ここは少し待たせてもらうことにした。

IMG_4742
少し待ってテーブル席へ。いやあ歩いた後のルービーは最高ですな。先程も飲んだのでココは小瓶で我慢。

IMG_4745
「あい焼き」。板わさと迷ったのだけれど。

IMG_4746
熱燗。定番の菊正宗。

IMG_4748
「ざるそば」。ざるには海苔が掛かっていなくて、海苔が掛かるのは「のりかけ」というのが薮っぽい。
いやあウマい。やっぱり所謂「薮」の蕎麦を食べるとホッとする。浅草の並木藪蕎麦も新装開店になったみたいだから行かないといけないな。

IMG_4747
カミさんが食べた「湯葉と椎茸の餡かけそば」。
暖まるメニューだ。

早め早めの行動でいい休日になった。

kumadays at 07:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 15, 2012

京都出張〜朝ラー

IMG_4778
久方ぶりの京都1泊出張のおり、宿に付設の魅力的な名前の名前(アレックスの故郷)のカフェのモーニングをすっとばして、

IMG_4779
鉄系の方羨望の風景を左手に、

IMG_4780
巨大化した横幅470mのステーションビルをバックに走る103やら113やら221やら223やらを眺め乍ら、キャスターバッグ引いて高倉跨線橋(たかばし)をガラガラと歩くと、

IMG_4782
そこは京の古からのラオタのワンダーランド。宿から実測6分間で到着。
並び立つ両雄が早朝から営業しているのだ。左の黄色いお店は5:00から、右の赤いお店は7:30から。

ここに来てどっちに入ろうか迷うことに。

IMG_4783
ただ、やはり、この黒いモノを思いだしてから初心貫徹。
昼の行列は嘘みたいなガラガラの店内には、リーマンから夜勤明けとおぼしき方など、色々な客層の老若男女がポチポチ。
チャーハンは飯粒ひとつひとつがパラリとしていなければならないという某漫画で言われていた鉄則をあえて無視したかのような出来映え。
しかしコレがまた朝から頂くと何とも。出来立てロットで非常にウマかった。

IMG_4784
少し待てば中華そば。
かためコールを失念してしまったが、単独ロットなので茹で過ぎることは無く、朝の胃袋を満たすには程よい加減。
さすがにチャーハン+大はまずかろうとのことで。

IMG_4785
いやあ夢のモーニング。左手でラーメン、右手でチャーハン。
朝から大量の三大栄養素を喰らえば、仕事のストレスも吹き飛ぶというもの。
そういや昨晩はすき焼きだったな。味が濃かったなぁ。

IMG_4787
昨晩から今朝にかけて、大多数の方が関西方面に抱く「薄味」「淡口醤油」のイメージとは真逆の、醤油と砂糖をタップリ摂取してから仕事に向かうのでした。

ちなみに、その日はバッタリと広島時代のお客様に出会い。
夜は終電まで飲み。広島時代にタイムスリップしたようで楽しかった。
下りの新幹線へお見送り。一瞬一緒に乗ってしまいそうになってしまったけれど。


kumadays at 14:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 09, 2012

お台場にガンダム再び

IMG_4754
いやあ、ビックリした。
2009年夏にお台場で公開された実物大ガンダムだ。
マスコミで散々紹介されていたし、1000円高速の恩恵で見に行った方も多い筈だ。私めはその頃は広島に居たし、夏休みは最後の大鬼谷を満喫していたから、とてもじゃないけれど見に行けなかった。

お台場に用があって行ったらガンダムが遠くに立っているじゃないか。
車をヴィーナスフォートのパーキングに停めて徒歩で近づいた。

IMG_4757
おお、青空をバックに立つガンダム。
天気も良かったしね。

IMG_4758
全高18m。
率直な感想は、思ったより小さいなということ。
そう。
この腹の中にコアファイターが折れ曲がって入っていて、そこにコックピットがあるのだと考えたら、結構コアブロック中のコックピットって劣悪な居住空間なのではないかと思う。
小柄なアムロやハヤト、お姫様セイラさんや、比較的スマートなカイやジョブはいいとしても、大柄なリュウやスレッガーは厳しそうな感じだ。

IMG_4760
真正面から。
今年の春に出来上がるDiver City Tokyo plazaのビルの前に立つ事になるらしい。
すなわち限定的なものではなく、街の風景になるということだろう。

IMG_4763
横に回ってみた。高層ビルがバックでいい感じだ。

IMG_4765
工事中だったので、後ろはこのあたりが限界。バックパックも精密に再現されていた。

IMG_4768
遠く離れてみた。こんなのがビル街を何体も闊歩していたら大変だろうな。

しかし、せっかくならガンダムだけでなく、ガンキャノンとガンタンクも揃えて欲しいと思う人は私だけではないだろう。

でも、そしたら次は赤いザクSなのだろうな。
その次はグフか。その次はドム3体か。その次は赤いズゴッグSなのか・・・。

ガンキャノンもそうだけれど、
実物大ガンタンク・・・、見てみたいなぁ。
ガンタンクの砲台に乗ってみたい。

kumadays at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 11, 2011

板橋区立平和公園

IMG_4448
平和公園に行って来た。
平和公園というと広島の平和記念公園を思いだす。

IMG_4449
この池の形が上から見ると「へいわ」となっている。

IMG_4446
広島の平和記念公園にあるアーチのミニチュア版。
アーチの上に平和の灯が灯っていた。

IMG_4447
この事実は知らなかった。

IMG_4444
場内は結構広く子供達も遊んでいるし、多くの方々の憩いの場となっている。
花見やバーベキューなどのイベントもあるようだ。

IMG_4445
イチョウがキレイだった。

天気も良かったし、いい散策になった。

kumadays at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 27, 2011

クイーン展(結成40周年記念)

IMG_4370
結成40周年記念クイーン展が東京タワーで開催されているということで、東京タワーまで行って来た。初来日の日本庭園の映像を何度も見たファンなら解ると思うけれど、このイベントが東京タワーで行わていれることに拍手を贈りたい。
やっぱり東武デパートの特設会場じゃぁねぇ・・・。

IMG_4368
ほぼ10時に到着。
東京タワーに来るのも久しぶりだ。もう15年以上は登っていない。と言っても通算でも多分2〜3回くらいしか行っていないけれど。

IMG_4367
東京タワーの下には第一次南極観測隊に同行した樺太犬達の銅像がある。
今、「南極大陸」ってドラマやってますな。誠にタイムリーな話しで。

IMG_4369
一階のエントランスにも看板が設置されていた。

IMG_4376
入口に入ると展望台に入る方々が列をなしていた。
朝から観光バスは多く到着していた。
やはりスカイツリーが何だろうと東京タワーの人気は絶大なのだろう。

柱四面にメンバー4人の装飾がされていた。
I'm going slightly madのPVの時の衣装だ。

IMG_4372
ブライアン。

IMG_4373
フレディ。

IMG_4374
ジョン。

IMG_4375
ロジャー。

IMG_4371
さてさて、クイーン展はコチラ。
チケットを購入していざ会場へ。
場内は撮影可、但しフラッシュ撮影不可、動画は撮影不可。

IMG_4377
ちなみに併設のグッズ売場コーナーはチケットを買わなくても入ることが出来る。コチラでは最近再発になったCDやDVDのほか、Tシャツや本やマグカップ、シャンパングラスなどのグッズが売っていた。

IMG_4409
グッズコーナーにあったレッドスペシャルのレプリカ。売り物だ。

IMG_4410
VOXのアンプ。コチラも売り物。

販売コーナーを後にして有料ゾーンに入ってみた。

IMG_4381IMG_4383
フレディの初期の衣装。白い方はボヘミアンラプソディのPVで有名。

IMG_4380
ブライアンからの手紙。
こういう律儀な所がブライアンのいいところ。
そういや某ホテルでLPのジャケットにブライアンにサインしてもらって握手もしてもらったな。

IMG_4384
こんな写真の展示もあれば、

IMG_4388
昔の来日公演のポスター。昭和ですな。

IMG_4389
ワーパーのゴールドディスク。
デビュー当初のクイーンは本国である英国でも全く売れなかったが、遠い極東である日本のファンがクイーンを高く評価したのは有名な話だ。

IMG_4392
IMG_4404
レアグッズの展示も多数。

IMG_4390
1982年の来日公演は中学3年。
受験勉強そっちのけで西武線に乗って西武球場に行きました。
誘ってくれたH君には今でも感謝している。
元気にしてるかな。
今でもクイーンファンでいるだろうか。

IMG_4391
1985年の来日公演は高校3年。
サッカー部の練習をサボって武道館と代々木第一体育館に行きました。
一緒に行ったS君やK君は元気だろうか。
今でもクイーンの音楽を聴いているのだろうか。

IMG_4395
アルバムMade in heavenの撮影に使われた人形。
この後、実際に銅像が建てられたらしい。
コレを見て、頭に曲が流れてこみ上げるものがあった。

IMG_4394
こんな感じで写真が撮れるようになっている。
いい景色だ。

IMG_4396
銅像を前から見たところ。
力強いポーズだ。

IMG_4397
見覚えある衣装ですな。

IMG_4398
ブライアンのギター、レッドスペシャルも、

IMG_4399
ロジャーのドラムセットも、

IMG_4400
ジョンのベースも展示してありました。

IMG_4402
この時のフレディ+ブライアンの衣装も、

IMG_4403
展示してありました。

IMG_4405
大好きなイニュエンドウのジャケットの原画?

IMG_4406
I'm going slightly madのPVの「banana tree」の時のシーン。PVの中ではこんな表情を見せてた印象が無かっただけにツラいな。

IMG_4401
会場の奥はQueen Theatherとなっていて、時間割りで色々な動画が放映される。この日の11:00からは、「Freddie Mercury 65th Birthday Montage」と「“Stormtrooper In Stilettos Videos”」を観た。「Freddie Mercury 65th Birthday Montage」の上演は今日が最後だったので観れて良かった。
8割方はこれまで観たことのある映像であったが、やっぱり新しく編集されたものは良くできていて良い。
但し、字幕が画面の下の方に出るので、英語が苦手な方は前の方か観る事をオススメする。場内も大盛況なので後ろの方の席は画面の下の方が見えない。すなわち字幕が読めないのだ。
まあインタビューのシーンなどは既出のモノが多いから、大体内容は解らんでも無かったけれど。
ちなみに終日色々なプログラムが流れているから、終日このシアターで楽しむ事も不可能ではない。
ただ問題はトイレかな。展示会場にはトイレが無いから。(再入場不可)

IMG_4407
最後の出口に自由に書き込み出来る寄せ書きボードがあった。皆、備え付けのペンで思い思いの事を書き込んでいた。私めもペンが回って来る順番を待った。

IMG_4408
しかし、周囲の人々のプレッシャーの中、ロクな事が書けなかった自分に嫌気がさした。
「方々」じゃなくて「皆様」だろ!と今更自己ツッコミを入れても時既に遅し。

IMG_4414
色々と悩んだけれど戦利品はコレだけ。
前回の東武デパートでも売っていたiPhone4用のケースだ。
早速装着したけれど、ナカナカ具合が良い。

IMG_4421
チケットのほか、カードサイズのカレンダーも頂いた。これはライブキラーズのジャケット写真かね。このジャケット写真は日本公演のモノで当時カッコいいと評判になったものだ。何がしかの賞を取ったのではなかったっけ?

IMG_4422
それとチケットと引換にこの袋も頂いた。ペラペラで薄いけれど捨てるのが勿体ないな。

クイーンの現役時代を思い返して見れば、確かにクイーンは人気があったけれど、それ以上に人気があった海外タレントは多くいた筈だ。勿論BCRやマドンとかマイケルジャクソンなどもそうだし、ビートルズだけは別格だったけれど、我々の世代はクイーンよりもジャーニーやエイジアやTOTOやレインボーなどに熱狂していたような気がする。その前だってストーンズやディープパープルやキッスやビリージョエルとかエルトンジョンとかも居ただろうし、その後はブライアンアダムスだったりポリスだったりヒューイルイス&ザニューズとか、それこそプリンスとかU2だとか、フィルコリンズとかエリッククラプトンだって居た。

でも、今になってこれだけ大きなイベントがあるのは、ビートルズを除いたらクイーンくらいなものだろうと思う。

本当に、今の今までクイーンのファンで良かったな。
これからもずっとクイーンを聴き続けようと思う。

ちなみに1人カラオケもボチボチ回数を重ねて、とりあえずクイーンの全楽曲は一回歌ってみた。やっぱりクイーンが一番なのだ。そう思うと、フレディ、ブライアン、ロジャーのソロ楽曲もカラオケにあると嬉しいのだけれど、フレディが数曲とロジャー+YOSHIKIのForeign Sandくらいなもので・・・。

IMG_4393
最後に。
フレディ名言集として展示されていた中の一言。
生前のインタビューでも「死ぬまでやるさ」という発言があったし、Mr.BAD GUYの歌詞の中で「このやり方しか出来ない。これが自分の運命」というくだりがあって、更にこの文章を改めて読んで本当に涙が出そうになった。
「もし」を考えたらいけないのだろうけれど、今もしフレディが生き続けていたらどうなっていただろうか。
今、もし生のクイーンのライヴに行けるなら、やっぱりもう一度行きたいね。

kumadays at 23:26|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

November 26, 2011

新宿御苑

IMG_4353
天気のいい週末、新宿に行く用があったので、ついでに新宿御苑に行った。新宿御苑って東京の公園では超メジャーだ。皇室の庭園だったこともあるという生い立ちもあるし、何となくメジャー過ぎてこれまで行ったことが無かった。もしかしたら小さい頃に連れて行かれたのかもしれないが、どう記憶を辿って行っても新宿御苑に行った記憶が無いのだ。
なので初の新宿御苑ということにした。

IMG_4304
場内は広い。一周したら3km以上あるという。新宿という大都会の中にこれだけの緑があるのは非常に贅沢だ。しかも少し離れたところに代々木公園もあり明治神宮もあり神宮外苑もある。そう思えばこの辺りは環境がいいのかもしれない。

IMG_4334
イチョウが見事な色だった。もうちょいかな。

IMG_4293
青空に良く映えますな。

IMG_4298
こんな洋館もあり、

IMG_4331
日本風の庭園もあり。

IMG_4300
芝生の広場もあり。
非常に懐の広い公園だ。

IMG_4308
水面に映る紅葉。池には水鳥が浮かんでいた。iPhoneのカメラでは水鳥を捉えるのは無理か。

IMG_4312
この紅葉には人が群がって写真を写していた。

IMG_4314
確かにキレイだった。

IMG_4320
フランス式整形庭園。

IMG_4322
薔薇もキレイに咲いていた。

IMG_4327
♪プラタナス並木の〜。古い広場と〜。
「主人公」ですな。

IMG_4324
イギリス風形式庭園。バックには高層ビルが見える。

IMG_4305
入園料200円でこれだけ楽しめる。ぐるっと一周緑の中を歩いてとても気持ちよかった。東京に暮らして本当の自然を味わうのはチョット苦労が要る。ここのところキャンプにも行ってないけれど、都心にこれでけ癒される空間があるのだな。

行って良かった。

kumadays at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 16, 2011

国立科学博物館附属 自然教育園

自然教育園18
3連休、やっぱり自然があるところに行きたくなり、近場の都内でカミさんが探したのがココ。国立科学博物館附属自然教育園。港区白金台にあって、都営三田線/南北線白金台駅から歩いて至近だ。

続きを読む

kumadays at 08:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 10, 2011

モンベルフレンドフェア2011

IMG_3444
昨年も行ったのだけれど、今年も懲りずに行くことにした。今年の会場はパシフィコ横浜だ。

続きを読む

kumadays at 07:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 24, 2011

奥多摩駅ー大岳山ーロックガーデンー御嶽駅

IMG_3373
久しぶりに1人で山に行くことにした。どこに行こうか。
2月に長瀞アルプスに行って以来だ。その時は色々と盛りだくさんで楽しい山行になったのだけれど、「久しぶりだから」と負荷の軽いコースを選んだと後悔した思いが多少あって。
なので、それなりに負荷のあるコースにした。
ダイジロウさんご推薦の御岳山も頭の中にずっとあって。確かにロックガーデンっていいところなのだろうな。
しかし、実は御岳山は中学校の頃の「進学塾の夏合宿」が行われた所でして。
それはそれは大変な苦行でございまして、そのイメージがこびりついてまして。毎晩の睡眠時間2時間くらいで、風呂にも入れず、あとはひたすら怒られながら(体罰あり)勉強させられるという・・・。でもその時は終わってみると清々しかったという、日の出ずる方角へ進むという名前の、今思えばある種のreligionのような・・・おっと。

そんな時にネットで探したら、奥多摩駅からぐるっと回ってロックガーデンに至るコースを発見。
奥多摩駅から御嶽駅へ。途中ケーブルカーもあるしバスに乗らなくてもいい。

おお、これはいい。

続きを読む

kumadays at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

September 04, 2011

江戸東京博物館

IMG_3073
以前から行ってみたいと思っていた江戸東京博物館。「東京の交通100年博」なる特別展(2011年9月10日まで)がやっていたので、思い切って行くことにした。

続きを読む

kumadays at 18:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 09, 2011

小湊鉄道 上総鶴舞駅

IMG_2597
仕事で千葉の山奥に行くことに。ちょっと早く到着しそうだったので駅に寄り道することにした。
小湊鉄道は千葉県市原市の五井駅から上総中野駅を結ぶ非電化単線のローカル私鉄だ。車両はオリジナルの200系でお馴染みDMH17Cエンジン搭載車で昭和の香りプンプンだし、元は房総半島の先端の小湊町まで建設する予定が上総中野駅迄で中断されてしまったなど、鉄の血を騒がせるには充分すぎる材料が揃っている。
この上総鶴舞駅は、起点の五井駅から丁度20キロの地点にある。

続きを読む

kumadays at 06:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 31, 2011

隅田川

8cc1720b.jpg
正面は永代橋。
地下鉄東西線が潜っておりやす。


kumadays at 16:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 22, 2011

ニッコー ケッコー コケコッコー

IMG_2076
「日光を見ずして結構と言うこと莫れ」ということで、古くから観光地として栄えた日光。東照宮周辺の歴史的建造物は世界遺産となり、奥日光の男体山、中禅寺湖、華厳の滝あたりを中心とする自然の美しさ。そして古くはデラックス準急日光号や東武特急デラックスロマンスカーの競合などの交通機関の発達。現在でも都内から手頃な距離といい、もう完全無欠の観光地なのだ。
しかし、完全無欠ということで有名になりすぎ、関東在住の人からは飽きられているという感もある。少なからず子供の頃から日光に一度でも行っていれば、再び訪れる人も少ないのだろう。かくいう私めも小学校の頃の移動教室で日光に行ってから、そんなに日光に対していいイメージがあったわけではなかった。

けれど、せっかく東京に戻って来たことだし行く事にした。今回のGWは前半に体調を崩してしまい、後半の5月5日〜6日にこの予定を入れて、ついでに風邪も治してしまおうというわけ。

IMG_1917
とりあえず朝から東北道を北上。10時頃には東照宮付近の駐車場へ車を停めた。入るのに少し並んだけれど。駐車料金は500円。おお良心的だ。

IMG_1915
駐車場の裏手に川が流れていてキレイだった。
こういう何気ない風景が好きだ。

IMG_1921
とりあえず東照宮を目指す。

IMG_1924
五重塔。

IMG_1926
ナカナカ原色派手派手しい。

IMG_1928
キンキラキンの建物群。

IMG_1931
あまりにも有名な「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿。

IMG_1937
これも有名な陽明門。
本殿は工事中だった。
しかし人が多いですな。

IMG_1959
ツツジ。

IMG_1962
八重桜。
なんか花が咲いているとカメラを向けてしまいますな。

IMG_1967
昼飯を食べた店。

IMG_1964
店内もレトロな感じ。
昭和ですな。

IMG_1965
名物、湯葉ラーメン。
こんなところでもラーメンかいというツッコミは無しで。

IMG_1968
白糸の滝。やっぱり日光は滝ですな。

IMG_1976
この後、いろは坂を登ってオキマリのコース。
やっぱり滝と言えば、

IMG_1979
コイツですわ。
華厳の滝。
高さ97m。
やっぱり久しぶりに実物を見たらスゴい迫力ですわ。
ちなみに展望台まではエレベーターで下りるのだ。

IMG_1995
この後は中禅寺湖方面に車を走らせてお茶を飲む事に。
名門金谷ホテルが経営しているコーヒーハウスユーコンへ。

IMG_1993
紅茶とデザート。
カジュアルなイデタチだ。

IMG_1992
窓からは中禅寺湖が見えていい感じ。

IMG_1999
中禅寺湖は昭和を感じさせるスワンボートなども浮かんでいる。
もっともっと俗化されたイメージがあったけど、久しぶりに訪れたら実はそうでもなかった。

IMG_2022
さてと今日のお宿。
日光ゲストハウス。

IMG_2023
朝晩ついて温泉もついて、2人で15,000円以内という激安の宿。部屋はペンションベッド2つにソファー(エキストラベッド兼ねる)とテレビ1台。風呂トイレ共用で、パジャマもバスタオルもついてない。
でも逆に考えれば、それでこの値段だとしたら素晴らしい。キャンプに行くことを考えればこれで充分だ。

IMG_2001
夕食は霧降牛の豆乳しゃぶしゃぶ。
鍋も勿論ウマかったけど、ミスマッチとも思える鯖の味噌煮がウマかった。

IMG_2002
瓶ビールの後は、いかにもという名前のお酒。
杉並木純米酒。

IMG_2003
最後にコーヒー+デザートもついて大満足でした。

IMG_2004
翌朝は周辺を散歩。
川が流れていていい感じ。

IMG_2007
キャンプにも行きたいな。

IMG_2010
ブナ林が広がっていた。

IMG_2020
橋が絵になりますな。

IMG_2021
本当、こういう何気ない風景がキレイなのが日光のいい所なのだろう。

IMG_2027
チェックアウト後は、再びいろは坂を登る。

IMG_2028
いろは坂の途中だが、標高は1000mを超える。

IMG_2026
ウネウネとしたワインディングロードが続くのだ。小学校の時、車酔いに弱い人はバスでのいろは坂こえは恐怖だったと思う。

IMG_2031
さてさて、中禅寺湖の駐車場に車を停めて今日の目的地を目指す。駐車場から10分程度歩くことになるのだ。

IMG_2033
途中、イギリス大使館別荘がある。
戦後、各国の大使館が中禅寺湖沿いに別荘を作ったらしい。それは、東京から交通至便の避暑地であったことや、湖の向こうに見える白根山などの雪山の風景が、スイスなど欧米のリゾート地に似ていたからかもしれない。

IMG_2035
我々の目的地はココ。
「イタリア大使館別荘記念公園」だ。
元々イタリア大使館別荘として作られ、1997年まで使用されていたが、現在は公園となって公開されている。
古の欧米人のリゾートを垣間みることが出来るのだ。これはイタ車乗りでピッツァ好きの我々からしてみたら見ておかなくてはならないだろうと思って。

IMG_2036
別館は国際避暑地歴史館となっていて、色々な古の避暑地の資料が展示されている。
中に入ってみた。

IMG_2038
本館方面を望む。

IMG_2040
おお、かつて多くの日本人が憧れた暖炉があるじゃぁないですか。

IMG_2042
湖に出てみた。いいですな。

IMG_2043
本館を湖沿いから。いい佇まい。

IMG_2044
釣りをしていたおっちゃんがやけに絵になった。

IMG_2045
この区域、釣りは禁止なんだけど・・・ボソッ。

IMG_2070
いよいよ本館へ。

IMG_2069
本館の中は当時の様子が残されている。

IMG_2065
日伊友好ですな。

IMG_2059
湖沿いは廊下になっていて湖を望めるようになっている。
日照時間が短い季節はコチラで日光浴というのが欧米人の感覚なのだろう。

IMG_2055
窓の外には絶景が広がる。

IMG_2053
カッコいいダイニング。

IMG_2063
センスいいですな。
美味しいご馳走が並んだのだろう。

IMG_2057
コチラにも暖炉があって鉄鍋が置かれていた。
おお。
このオーバル型の形状からして、中禅寺湖でとれた鱒でも調理したのだろうな。

IMG_2064
ダイニングからリビング方向。広々としている。
ソファも腰掛けることが出来た。いい座り心地だった。

IMG_2068
2階の寝室も一部公開されていた。
日本の建築技術とイタリアの文化が見事に調和した、非常にいい施設だったと思う。既に俗化されて飽きられたと思われる日光の観光施設の中では、光り輝いているのではないかと思われる。
見に来て良かった。

IMG_2074
駐車場に帰ると雲が晴れて男体山がキレイだった。

IMG_2075
遠く白根山方面。

IMG_2076
タイトル画像に使いました。
個人的にはとても気に入っている写真だ。

IMG_2082
昼食は昨日お茶しに来たコーヒーハウスユーコン。

IMG_2081
金谷ホテルの百年カレーだ。
マイルドな味で日本人好みの伝統あるカレー。
美味しかった。
金谷ホテルは高過ぎて泊まるこは出来ないが、少しだけ気分を味わうことができた。

IMG_2079
中禅寺湖も見えるし、カジュアルだが高級感もあるし。

IMG_2088
午後は少し足を伸ばして、華厳の滝の次に有名と思われる竜頭ノ滝へ。


IMG_2087
ダイナミックに溶岩を流れ落ちる水。
マイナスイオンがタップリだ。

IMG_2091
滝の上まで来ると中禅寺湖を見る事が出来る。
華厳の滝は中禅寺湖から水が流れて来るが、この竜頭ノ滝は中禅寺湖へ注ぎ込む滝だ。

IMG_2094
結構な距離があって、結構な高低差があるから、いい運動になる。

IMG_2097
写真では解りづらいが、ここで滝は二手に別れ、

IMG_2098
下で合流する。
滝マニアにはたまらないのではないか。

IMG_2103
帰りにJR日光駅に寄ってみた。
美しい駅舎だ。
昔は多くの観光客を迎えた伝統ある駅だが、今ではその役割は隣の東武日光駅に譲っている。昔は157系によるデラックス準急「日光」号を走らせたり、その後も急行「日光」号は引き続き走っていたが、その後廃止。完全なローカル線に成り下がってしまい、今ではJRも東武線に乗り入れる特急を走らせている始末だ。とても残念な感があるが、宇都宮ー日光間は単線だし、東武鉄道もかなり力を入れたから仕方ないのかな。
と、書き乍ら、今回は車で行ったのだけれど。

一泊旅行だったけけれど、楽しいGW旅行になった。

kumadays at 09:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 03, 2011

クイーン & MUSIC LIFE展

IMG_1913
体調も段々と良くなって来たことだし、とりあえず連休中に行かなくてはいけない行事へ行かねばということで、池袋東武まで足を伸ばした。

IMG_1909
5階紳士服売場特設会場。
ココは以前相棒展をやっていたところだ。
そんなに広くないが、紳士服売り場の片隅であれば老若男女誰でも立寄やすいというわけか。
しかし、今回は相棒展以上に老若男女色々な年齢層の方が来られていた。連休ということで人手も上々。

皆、それぞれ別々のクイーンに対する熱い思いがあるのだろうな。

IMG_1905
4人の写真とプロフィール。

IMG_1908
IMG_1907
ブライアンのギター、レッドスペシャルのレプリカの展示。

IMG_1903
イベントの告知とVOXのアンプ。

IMG_1904
昔の来日公演のチケット。見覚えがあるぞ。懐かしいな。
他、直筆のサインや、今回の震災に対してのブライアンとロジャーのメッセージも展示されていた。

IMG_1902
衣装の展示。ブレてしまった。

IMG_1901
グッズの販売も。
iPhone4のケースも売っていた。散々手に取って迷ったが買わなかった。
他にも先日発売になったSIM-CDが売っていた。特典でステッカーがもらえるようになっていたが、これらもどうせ買うならポイントがつく方がいいかと思って買わなかった。
でも、皆さんTシャツやらポスターやら冊子とかも結構買い込んでいたな。TシャツなんてSMLしか無いもんだから、私めが買っても着れないじゃないか。XLとかXXLとかあったら考えたけどね(笑)。

他、記念撮影コーナーなんてもんがあったから、メンバーの等身大の写真と一緒に写真を撮ってもらった。
あ、引いているようで充分楽しんでいるじゃないか。

IMG_1912
買ったのはポストカード。
ポストカードを買ったらMUSIC LIFEの小冊子をオマケでくれた。昔のインタビュー記事なんかが載っていて懐かしかった。当時からしてみたら、まさかMUSIC LIFEが廃刊になるなんて考えられなかったから。BURRNだってCROSS BEATだって、MUSIC LIFEあってのものだったのだ。

IMG_1910
帰りは上層階へ行って古奈屋でカレーうどんを食べて、北海道展で色々買い込んで帰途についた。

kumadays at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 19, 2011

スカイツリー

c1ae2335.jpg
かっぱ橋から。
天までとどけ。


kumadays at 18:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 09, 2011

銚子電鉄と犬吠埼灯台

IMG_1355
3月上旬に銚子へ仕事に行く機会を得た。銚子駅まで行って現地の仕事仲間に迎えに来てもらう予定だったが、少し時間に余裕があったので、ワガママを言って銚子電鉄に乗せてもらうことにした。
東京駅地下ホーム7時37分発の特急しおさい1号で一路銚子へ。銚子駅には9時30分に着くから約2時間の旅。電車の旅は快適である。パソコンで仕事も出来るしデッキで電話も出来るしiPhoneで遊ぶことも出来るし寝ることも出来るし飲んだり食べたりも出来る。

続きを読む

kumadays at 22:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

March 06, 2011

赤羽自然観察公園と北区ふるさと農業体験館

IMG_1305
3月に入って少しだけ暖かくなったし、天気も良かったので、ちょっと足を伸ばして赤羽自然観察公園に行くことにした。

続きを読む

kumadays at 23:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

February 27, 2011

長瀞アルプスから臘梅の宝登山へ、電車で小旅行 その2

つづきから

PICT0160
下界では梅がいっぱい咲いていた。

続きを読む

kumadays at 23:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

長瀞アルプスから臘梅の宝登山へ、電車で小旅行 その1

PICT0022
前の日はフットサルだったのだけれど、なんかゴール前のドフリーを3本連続で外したり、失点につながるミスをしてしまったり、なんか若い子に迷惑掛けっぱなし。そのまま週末を終えたら何ともつまらない。なので山に行くことにした。
スキーに行くことも考えたのだけれどお金掛かるし、東京から一人でスキーに行くのは更に割高だし。
で、前の夜にどこにしようか考えた。高尾山ばかりでは芸が無い。そこで思いだしたのが長瀞アルプス。以前広島南アルプスを制覇してから「なんちゃってアルプス」に興味もあるし。

続きを読む

kumadays at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

February 19, 2011

佐野プレミアムアウトレット

IMG_0980
晴天の2月の週末、佐野プレミアムアウトレットに行くことにした。
実は、先日、ウエッジウッドのカップを買ってから、少しだけ虜になってしまったのだ。
なので、他にウエッジウッドのアウトレットがあるところ。それはプレミアムアウトレット系ということになり、御殿場か佐野かという選択肢。それなら佐野の方が近いし渋滞も少ないだろうという判断だ。

IMG_0971
家を出ようとしたらフロントガラスが凍り付いていた。いやあ寒かった。

IMG_0972
のどかな所ですな。

IMG_0975
こんなのどかな田舎にそびえ建つ佐野プレミアムアウトレット。

IMG_0978
いい天気でしたわ。

IMG_0983
場内も広いんです。

IMG_0985
周囲に高い建物も無いし山も無いし。

IMG_0987
なので空が広く感じますです。

IMG_0992
お目当てのウエッジウッドアウトレット。
残念ながら買いたいものは無かった。

IMG_0996
ブラブラ歩いていたらスコッチグレインのアウトレットの前に。

IMG_0998
いやあ、買いましたよ。
コチラで書いた記事の後釜の靴だ。
以前からスコッチグレインのブランドの靴を履いていて、足に良く合っていると思う。とてもいい。
ココ最近は価格が高めのモノしか売っていなかったから、アウトレット品は非常に有り難い。

無事、いい買物をできたと思う。






kumadays at 22:25|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

February 06, 2011

志賀高原でスキー

IMG_0828
いやあ、スキーですよスキー。
やっぱりこの季節はスキーに行かないと。
でも、広島と違って東京はそう簡単には行けないんですわ。どこも遠くて。本当広島は恵まれてました。でも広島の時は東京の時は恵まれていたと思っていたから、やっぱり「無いものねだり」なんですね基本は。

てなわけで、2月5日/6日に12年前に一緒にスキーに行っていた方々に誘われて行って来ました志賀高原。日本有数のスキーエリア。やっぱり規模が凄いんですわ。MIZUHOハイランドと旭テングストンとサイオトと芸北国際と恐羅漢と八幡191を足してもやっぱり志賀高原の方が大きいのでは。しかもMIZUHOよりもリフト料金が安いし。それにコースバリエーションがスゴい。涙が出て鼻血が出そうな高速コースがいっぱいあるし、コブが好きな方にもそれなりのコースがある。勿論初心者向けコースも充実。

とにかく朝の2時30にはお迎えに来られるとのことで2時起床。
2時起床てあーた、釣りじゃないんだから。でも東京から志賀高原は5時間くらい掛かるし、渋滞考えたらそのくらいに出るのが妥当なんだろうなと。
しかし、渋滞は一切なし。昔は週末にスキーに行こうものなら関越道東北道中央道は地獄のような渋滞だった。やはりスキー人気は落ちているのか、それとも高速道路網が充実したのか。

IMG_0830
7時頃には志賀高原に到着。宿の休憩室で暫し休憩して着替えてゲレンデへ。いや〜ピーカンだな。(今でもピーカンとか言うのだろうか)

IMG_0833
サンバレーからリフトを乗り継いで奥志賀へ。今回のメンバーは総勢11人。年齢は私めが下から2番目で一番下手。1級持ちは当たり前の世界。だからか移動も非常にスムーズ。

IMG_0837
昼食食べて外に出ると雪が降ってガスってきた。いやあ天気予報通りだ。

IMG_0838
ガスってきたら危ないので、高齢/軟弱スキーヤーはシャトルバスでサンバレーへ帰還。サンバレーで滑ることにした。
奥志賀はガスっていてもサンバレーは視界良好だったからこの判断は正しかったと思う。

IMG_0845
翌朝は昨日にも増して晴天。
皆さん行いがいいのだな。

IMG_0869
ということでバスに乗って横手山へ。

IMG_0885
樹氷ですわ。

IMG_0894
志賀高原で一番標高が高いところなんで。

IMG_0900
こんな景色が。いやあ。

IMG_0902
リフトから富士山が見えたのだけれど、山頂からは見えなかったような。

IMG_0909
この景色に向かって滑るんですわ。スゴいl

IMG_0944
最後はサンバレーに戻り、1.5日券の終了時間まで
滑りました。元気ですな。

IMG_0951
帰りは蕎麦食べました。
「郷土食堂」
中野市吉田中川原1282-8
香りはそんなにしなかったけれど、風情があって美味しいお蕎麦でございました。

今シーズン最初で最後になろうかというスキー、充分堪能させて頂きました。
来シーズンはもうちっと計画的に何日か滑りたいなと。

kumadays at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 30, 2011

ヴィーナスフォートとウエッジウッドとクラッシクカー

IMG_0807
お台場にあるアウトレット、VenusFort(ヴィーナスフォート)に行って来た。お目当てはウエッジウッドのアウトレット。
なんかね。ワイングラスでワインの味が変わるもんんだから、紅茶とかコーヒーもそうなのかなと。
とりあえず手頃なティーカップがあったらと思って行ってみた。iMacを銀座のアップルストアに預けてから晴海経由でお台場へ。お台場への道路アクセス事情は12年前に比べて格段と良くなった。

IMG_0814
コンコロジーのティーカップ。これが2セットだけ残っていた。ちょっと貝殻をモチーフにしたグラフィックがグロいという意見もあったが、紅茶飲んでいる時はグロいグラッフィクも気にならないだろうということで、破格のお値段で購入。元は1セット8400円なのだが、4000円弱で売っていた。しかもこの日は10%オフセールをやっていたので1セット3400円くらい。
割引になってこの値段だから手頃かと言われればそうでもないし、高いと言えば高いのだけれど、まあそれでも名品ウエッジウッドであることは間違い無いし、家に持って帰ってみたら非常にキレイではないか。さすが。

IMG_0816
紅茶を飲んでみた。やっぱり香りが良く立ってウマい。このカップの広がった形状や材質や厚みは意味があるものなのだ。

IMG_0811
もうひとつついでに買ったものが。
101エスプレッソコーヒーカップ&ソーサー。
エスプレッソ用のデミタスカップだ。形状がカッコ良かったのと持った感じが非常に良かったので。
これも1セット5250円したシロモノだが1890円で購入。
デミタスカップは側面が立った形状が一般的だけれど、これでエスプレッソを飲んだらやっぱりウマかった。

IMG_0784
その後は隣接されているヒストリックガレージへ。
オート3輪がお出迎え。

IMG_0786
その名の通り、歴史に残る名車達が展示されているのだ。
FIAT500がいい感じに鎮座。いやいや絵になりますな。

IMG_0792
伝説のレーサー、浮谷東次郎コーナー。

IMG_0788
ロータスエラン。ロータスはコーリンチャップマンの思想のもと、小型軽量のスポーツカーを作って来た英国の自動車メーカーだ。以前はF1にも参戦し、その資金を市販車で賄っていた。その点フェラーリと似ているが、英国のガレージメーカーの伝統とばかりに安価な車で勝負していたところがフェラーリと違って、それを支持するファンも多かったように思う。

IMG_0790
ヨタ8。スゴい略語だなと思う。トヨタスポーツ800という小型スポーツカーだ。今や量産車ばかりのトヨタだが、昔はこういうスポーツカーを作っていたのだ。

IMG_0774
アルファスパイダー。いいですな。
学生の頃、フェラーリやランチャは手が届かないが、同じイタリアンレッドのスポーツカーのコレなら手が届くのではないかと夢を見たことがあった。
それが更にダウングレードされてプント君になってしまったわけだけれど。

IMG_0794
DINO246。スモールフェラーリの名車だ。V6エンジンを運転席の後ろ、すなわちミッドシップレイアウトだ。
当時フェラーリはV型12気筒が標準だったので、V6の246はエンツォフェラーリの息子の名前ディーノを冠している。
その後、308とか328とかV8のスモールフェラーリが出たが、それらはフェラーリの名前を冠しているのだけれど。

IMG_0796
いやあ、この斜め後ろからのラインがキレイなんですわ。個人的には後継の特に328のスマートなラインが好きなのだが、206/246が名車と言われる理由も良くわかる。コンパクトな206もいいし、少しゆったりとした246のラインもいい。
やっぱりイタ車はいいですな。

IMG_0782
ジャグァーEタイプ。これまた英国の名車。
急いで撮ったらブレてしまった。

IMG_0778
ポルシェ356。ドイツの名車。ビートルがベースになりポルシェ911のベースとなった。すなわちドイツの2大名車の橋渡しというわけか。

IMG_0780
BMWイセッタ。BMWのバイク用エンジンを利用したイタリア製の車をBMWがライセンス生産した車だという。何とも面倒クサいが今や高級車メーカーのBMWがこういう小型車を販売していたことは面白い。

IMG_0798なんと、こんなヒストリックカーに乗れるというコーナーもあった。いやいや一度は乗ってみたいものですなぁ。


IMG_0770
バックトゥザフューチャーでお馴染みのデロリアン。

IMG_0742
VWバス。固定ファンは多いですな。

IMG_0744
上の階は国産車。スバル360。はんぺん自動車ですな。

IMG_0746
マツダキャロル。広島の方お待たせいたしやした。

IMG_0748
トヨタパブリカコンバーチブル。これもトヨタの名車ですな。

IMG_0750
ホンダS800。昔の国産車は小型スポーツカーが多かったですな。

IMG_0752
マツダコスモスポーツ。間違い無く国産車の歴史に残る名車だ。周りの車と比べても遜色ないどころか、群を抜いて美しい。12Aロータリーエンジンは良く回り宇宙船のような走り心地だったという。
マツダってやはり実力のあるメーカーだったのだ。

IMG_0756
ダルマセリカと箱スカとAE86、奥はフェアレディZ。これらも一世を風靡したスポーツカーだ。ここにユーノスロードスターやMR2やビート、CR-Xやプレリュード、ソアラあたりも入って来るのだろうか。

IMG_0758
ショップも充実していた。

IMG_0762
なんか結構長時間潰せそうな感じがしたのだけれど。

IMG_0764
フェラーリのミニカーも充実。

IMG_0767
1980年代のF1マシン。
今見るとモッサリしているけれど、やはり味があっていいものだ。好きだったミケーレ・アルボレートの愛機も売っていた。

と、昼食含め2時間みっちり楽しんだのでした。
またゆっくり来たいな。

kumadays at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 16, 2011

東京都庭園美術館

IMG_0599
カミさんが見に行きたいということもあり、この晴天の日曜日は目黒にある東京都庭園美術館に行く事に。
「朝香宮のグランドツアー」という展覧会をやっていて、建物の中も公開される。それが今日までだという。それは行くべしだろう。

IMG_0598
ナカナカいい風情の建物ですな。
昭和8年に朝香宮邸として作られた建物だ。
その後、色々と変遷があって、現在は東京都庭園美術館となっている。
普段は建物の中に入れないが、今回のような展覧会をやっている時に限り建物の中に入れるようなのだ。

IMG_0602
建物の中は、アールデコの豪華な内装が施されている。

IMG_0606
何が何だか解らない素人の目を奪う魅力があるような。

IMG_0610
ペンギン好きにはたまらない。
ナカナカ愛らしい表情をしていた。
当時、ペンギンは日本人に知られていなかったようで、ペリカンと伝えられたらしい。

IMG_0612
これは大型のアロマポット。照明の熱で香水の香りを揮散させたらしい。

IMG_0614
あまり見ない形状のシャンデリア。

IMG_0618
豪華絢爛だけれど、センスがいいのだろうな。

IMG_0623
庭を見るといい感じ。
2階以上は殆ど撮影禁止だった。

IMG_0633
3階は撮影可だった。サンルームとなっていて冬の寒い時に暖をとっていたようだ。
そこに置いてあったチェアセット。

IMG_0635
なんか、スノーピークの椅子みたいだ。
まさかコレを参考に作ったのでは無いと思うけれど。

IMG_0640
外に出てみた。
外から見てもカッコいい。
なんか、キャンディーキャンディーとか昔の少女ものに出て来るお屋敷のようだな。

IMG_0665
庭には茶室があった。

IMG_0668
池があって鯉が泳いでいた。

IMG_0670
梅の木が何本か。

IMG_0674
いくつか花をつけていた。
もうそんな季節かぁ。

IMG_0685
こんな大きな広場もある。
こんな都心に、沢山の緑があってとても気持ちいい。

IMG_0687
お弁当を持って来て食べることもできそうだ。
ちなみに飲酒は禁止されている。

IMG_0689
昔のガレージ。今も何かで使っている様子。

IMG_0691
昔のポンプ室。
この先に数台の駐車場がある。
写真の左端にパンダ号が写っている(笑)。

緑が多くて空気もいいし、とてもいい散策だった。


kumadays at 21:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 15, 2011

名前がいいですな

ab5c2b42.jpg
e8993f8a.jpg



kumadays at 14:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)