kuma days

these are the days of our lives
東京30年・広島12年・東京9年住んだ後、2019年4月から静岡市に暮らすサラリーマンの楽しい日々。

カテゴリ: その他スポーツ全般

aa407064.jpgフットサルで肉離れしたのが、11月7日の夜のこと。

それから2週間が経過した。

先週末もあまり外出せずに過ごした。とはいえ車でアルパークに行ったりはしたが。それでとりあえず普通に歩けることが確認できたので、17日(月)は杖も持たず、包帯も巻かずに会社に出かけた。しかし・・・、
歩くとふくらはぎがプルプルと左右に揺れるのだ。それが辛い。やはり固定しなくてはいけないのだなと途中で包帯と湿布を購入してトイレで巻いた。
この寒さでモモヒキというかタイツを履いているので、ズボンの裾を捲り上げただけでは包帯が巻けず、ズボンもタイツも下げないと巻けない(笑)。
巻く時はナカナカ情けないものがある。

木曜日は東京。歩き回った。帰りは最終の新幹線だから午前様。
金曜日の朝、包帯を巻く時間が無く、昨晩ほどいた包帯をそのまま持ってそのまま会社へ。
月曜日ほどではないが、やはりふくらはぎが左右にプルプル揺れるのが少しつらい。なので会社の応接室を借りて包帯を巻いた。

もう、普段の生活には全く支障は無いのだけれど、やっぱりまだ完治はしていないのだなと思った。最初の1週間がしんどかったからな。

ここは無理せず完治を目指そう。

2731c403.jpg今週は仕事が忙しかった。以前も愚痴っぽく書いたが。
金曜日も朝6時半には会社に行って、夜遅くまで仕事しなくてはいけない状況だった。こりゃ休出しないと終わらないかもなあ・・・。

そんな時、ひょんなお誘いが入った。仕事仲間と仕事の電話をしている途中だ。

「○○さん、仕事とは関係ないけれど、今晩は暇ですか?」

いや、今夜は仕事が・・・と言おうとするや否や、

「フットサルやっているんですが一緒に来ませんか?」

「何時からやるの?」
「10時からです」
「10時かあ・・・」
ひらめいた。
これをニンジンにすれば、仕事が早く片付くかもしれない。だいたい仕事なんてダラダラやっていると、本来やろうと思っていた事以外のことで時間をとられて前に進まないことが多いのだ。ニンジンがあれば効率的に仕事もできるかもしれない。

「仕事が終わったら行くよ」

「本当ですか? じゃあまた連絡しますね」

竹原からの帰りに一度家に寄り、運動できる服装をカバンに詰め込む。

97d06c39.jpgカミさんに、
「今日、夜フットサルに誘われたからやってくるよ」
「へぇ〜、いいじゃない。怪我しないようにね」
「おう。フットサルなんて久しぶりだあ」
会社に戻ってから、気分は赤い彗星で3倍速で仕事を片付けた。頭も冴え、一から自分で作ろうと思った資料と同じようなモノを作ったという横浜の旧友から連絡が入るという神風も吹き、めでたくフットサルに行けることになった。

4b9f3d94.jpg以前、フットサルをやったのは東京の砧公園。まだフットサルなんて一般的では無かったし、市民権も無かったから、所謂ミニゲームの延長だった。無論、施設もたいしたことなかった。
しかし、なんと、ここは屋根もあるし、屋根の下はキレイな人工芝。シャワーもロッカーも、そして貸しシューズもある。ボーリングかいな。。。。
時代は変わるのだな。

13528172.jpg試合はフリーで交代していく練習試合のような形式。暫くして出番が回ってきた。周りの3人の動きに気を使いながらプレイ。動きがよくわからないし、あまり球も回ってこないが、1〜2本有効なパスが通ったような記憶もある。やがて10分もしないうちに息があがってきて交代。
ああ疲れた。。。。。
次の出番が回ってくるまで休憩。上がった息をおさめて出番を待ちながら皆の動きを見ておく。いやいや皆若いし上手いなあ。

そして次の出番。満を持しての出場。

自分のマークしている相手にパスが出そうであることが読めた。
そしてそこにおあつらえ向きのボテボテのパス。



「よし!行ける」



と気分は赤い彗星(3倍速)」で飛び出した瞬間・・・・



「ブチッ・・・あっ・・・」



フクラハギから「破滅の音」が・・・。



「ダメだ・・・」


とても動ける状態ではない。

交代を申し出た。

せっかく出たばかりなのに。申し訳ないことをした。

帰りは歩くのもしんどい状態になってしまった。腫れもあるし。
今朝もまともに歩ける状態ではなかった。
登山用のストックがこんな時に役に立つことになろうとは。

0159409e.jpgなので、今朝、病院に行ってきた。紙どらカミさんusa運転で細い路地を進んで行き病院に到着。
中程度の肉離れだそうだ。松葉杖が必要な大怪我でなくて良かった。この週末はおとなしくしてよう。

fadc4b34.jpgあまり人相は良くないかもしれないけれど、とてもいいお医者さんだと思った。
自身もサッカーをやっているというだけあって、症状や怪我した時の状況も理解してくれて、適切な診察とアドバイスをしてくれた。

感謝。

肉離れはクセになるので気をつけるように。走れるようになっても、ジャンプして片足で着地が出来るようになるまで試合はやらない方がいいとのこと。
そして試合の時もハーフタイムで休んで体が冷え切って、後半に怪我をするケースが非常に多いのだそうだ。今回もそれに近い状況だった。ああ。

原田リハビリ整形外科
整形外科 、 皮膚科 、 リハビリテーション科
広島県広島市安佐南区東野2−21−20
082-870-5555

追記・・・・・・・・・・・・・・

そういえば、以前足を怪我した時に、とんでもない整形外科に当たったのを覚えている。
そこは広島市の中心地。
もう、労災認定できればいいんでしょ?
え?違うの??
と言った具合。症状なんてどうでもいい。

散々待たされた挙句診察室へ。でも悪代官のような医者は、状況や症状を話しても全く理解してもらえない。
「内側に捻ったの?外側に捻ったの?」
「いや、どちらでも無いんです。着地の時でなくて、片足の足首一本で飛ぶ時にカクっと来て痛くなったんです。どっちにも捻ってません。」
挙句の果てに自分が理解できないもんだから、
「ちゃんとその時の状況を覚えてなきゃだめだよ!」
と逆切れ。

こんな医者でも生き残っていけるのだなと思ったことがある。

今日行ったお医者さんは、しっかりと診察してくれた。
今日のお医者さんは、是非、生き残って欲しい。

2a5098a9.jpgだって「ズームズーム」って呼びづらくないかい。
それに、今の京セラドームとかヤフードームとかスカイマークとかだって「それっていったいどこ?」と思ってしまうのに。

まあ、マツダの宣伝になるというところなのだろうけど・・・。

関係者の方には申し訳無いが、外から広島に来た立場から言わせてもらうと、広島にマツダの車って案外走っていないなというのが正直な印象だ。イタリアに留学したいとこは「イタリアはフィアットだらけ」と言っていたし、それと同じで「広島はマツダだらけ」なのだろうと思っていたから。

マツダ関係者はほぼマツダ車に乗っているのに、それでも、街を見ると決して多いとは言えないのだ。

以前、東京から高校時代からの友人が遊びに来たことがあった。
その友人は東京在住だが、親の代からずっとマツダ車を乗り継いでおり、大のマツダファンなのだ。(マツダ地獄という話もあるが)
免許取って最初に乗った車はロータリーエンジンのルーチェ。今はMPVに乗っている。

そいつが開口一番、

「マツダ車が全然走っていない!!!」

「信じられない!!タクシーもマツダじゃないし・・・」

生涯マツダに乗ろうとしている彼からしてみたら、相当ショックだったのだろう。次の買い替えで他社に乗り換えないことを祈る。

閑話休題。

今日、中国新聞も読んでみた。
だいぶん記事のニュアンスが異なっていて、記事の中にはチョロっと「違和感がある」という内容もあったが、概ね歓迎ムードというか暖かく迎える内容だった・・・。

ま、広島の人が良ければいいか・・・・。

よそ者が口出しすることではあるまい。
失礼いたしやした。

348e9ddd.jpg広島銀行本店の前に掲げられていた垂れ幕。J2に降格していたサンフレッチェ広島が1シーズンでJ1昇格を決めた。
私めはJ2で優勝したのがすばらしいと思う。どんなステージでもそのトップになるということは、それなりに困難なことがあるだろうから。なので、優勝してJ1に昇格することが素晴らしいのだ。
サンフレッチェ広島の関係者の皆様、遅ればせながらおめでとうございます。

さて、我が阪神タイガースも、まずセ・リーグ優勝を決めてほしいところだ。
今日からアウェイ6連戦。

頑張れ!阪神タイガース!!
(結局それかい)

fdbdd66d.jpgオリンピックの閉会式に登場。英国人の代表として「胸いっぱいの愛を」を演奏。
おお、観ていて良かった。

シャレで、ポール・マッカートニーが出てきてピアノ弾きながら「レット・イット・ビー(なすがまま)」でも歌うんかいなとか話していたが違った(笑)。

いやいやビックリ!
スゴい!!

54d03188.jpg遅刻→練習ボール無しで商品ゲット!
147-129(だっけ?)だから、まあ、だいぶマシな方かな。

以前から書いているが、ボーリングはあまり得意ではない。真っ直ぐなボールをただひたすら真ん中めがけて投げるだけ。真ん中に行かなければそのフレームは終わり。真ん中に行っても疲れてくると1ピン残る。残ったら終わり。
なにせスペアをとるテクニックがないから、ストライクがどれだけ出るかでその日のスコアが決まるのだ(笑)。
そんな苦手なボーリングも、広島生活10年を迎えるにあたって、ようやくコンスタンスに100以上のスコアが出るようになった。
なんでも続ければ進歩するものだな。

高校ラグビーの人気が低下しているという。
ある県では県大会なし、すなわち県に1校しか出場しない。あるいは、県大会でも、とんでもないワンサイドスコア(200点以上)の試合が繰り広げられているという。

ラグビーといえば、かつて大人気のスポーツだった。ドラマ「スクールウォーズ」の影響もあったかもしれないけど、それ以前から、ラグビー部の男子はかっこいいと言われ、慶応や早稲田のラグビー部員はモテまくりだったはずだ。
勿論、大学ラグビーや社会人ラグビーなど、とても大人気だった。ルールが難しいスポーツだけれど、秩父宮や国立に見に行けば、周りのラグビー好きのおっちゃんが「ノッコンだ」「オフサイドだ」「オーバーザトップだ」「アドバンテージ見てる」などと解説してくれる。

当時サッカーなんてJリーグは無かったし、日本リーグだって大学サッカーだって盛り下がっていたし、高校サッカーが少し人気があるだけで、観るほうではラグビーの人気の方が上だったのだ。

なぜ人気が無くなったのか。
それは、国際大会において、日本のラグビーが、海外のチームには全く歯が立たないことだろう。以前はサッカーも野球も国際試合が少なく、一部のスポーツを除いては国際的に日本のスポーツはどの辺に位置するかなんて、考えることも無かったのだろう。

それが、サッカーがワールドカップに出場して勝利し、野球はWBCで優勝したりしたら、国際大会で勝てないラグビーは影が薄くなってしまう。

ラグビーのようなスポーツでは、体格やスピードの差はいかんともしがたいところがあるのだろうけど、この種の「衰退」を伝えるニュースは何か寂しいような気がする。

あさしょうりゅう、あさしょうりゅう、ニュースはこればっかり。うんざり。

以前から言っている通り、大相撲は好きではない。高校野球も好きではないが。

両方とも「大きな力」が渦巻いていて、あまり変なことを書くと、面倒くさい世界であることが解っているし。普段は目をそらしているつもりだ。

でも、こんなに報道が流れるとねえ。
テレビのニュースが大相撲ばっかりというのは面白いことではないが、この騒動を見ていると、つくづく日本のマスコミの対応や、その「大きな力」というのがとても馬鹿馬鹿しいものだと思ってしまう。
また、イロイロな人のいろいろなコメントが紹介されていたりしているが、まあ、イロイロな考え方があるのだなあなんて思ったりね(笑)。
ま、他人事として「病人なんだからそっとしておいてやりなさいな」なんて思ってしまう。

またこの騒動で大相撲の人気が落ちるな。フッフッフ。

勿論、私めの好きな阪神タイガースやプロ野球にも「大きな力」というのがあるのだけどね。

日曜日はソフトボールだった。素人ソフトボールの場合、守備がうまいかどうかで結構勝敗って決まるものだったりする。凡ゴロ、凡フライや正面の当たりをきっちりとアウトにしていれば、意外と締まった試合になるものだ。これをポロポロしていたら大量失点に繋がってしまう。
残念ながら7回裏の2点は、守備のまずさからの失点だろう。4点取られた後、3点取って1点差となった直後だっただけに残念だった。

気を取り直して、頑張れ!阪神タイガース!!

8月26日の結果 阪神3−6中日
シーズン通算成績 57勝51敗3分 3位
テレビ観戦時成績 35勝27敗2分
球場観戦時成績  1勝2敗

スコアこないだもボーリングやっていたじゃないかという突っ込みもあるかもしれないが、昨晩は、毎年恒例のボーリング大会だった。
いつもの通りまっすぐなボールを真ん中めがけて投げるだけだ。しかし、サスガに2回連続で「神」が降りてくることは無かった。自分としては平均点以上だったけど、相も変わらず集中力が持続しない。(ストライクの後のガーターって何よ)
後半、少しだけ追い上げを見せ、トータルで10位だった。
10位・・・? そう10位は賞品があるのだ! 昨年6位で賞品が無かった悔しさを・・・(!)

賞品を開けてみた。
続きを読む

2a69f8f5.JPG昨日は、会社のボーリング大会だった。毎年恒例の大会は別にあって、今回は仕事の取引先との対抗戦という形だった。毎年恒例の大会は、また別の日に開催される。いつもならボーリング大会は少し憂鬱だ。

昨年一昨年も書いたが、ボーリングは得意でない。良い時はいいが、悪い時は取り返しが付かない程悪い。要は集中力が持続しないのだ。
勿論テクニックもない。とにかく真っ直ぐなボールを、真ん中めがけて投げるだけだ。しかも、右手は昔大怪我をしているから、あまり重いボールは使えない。12ポンドだ。13ポンド以上のボールを投げると、すぐに手首が痛くなる。勿論コントロールも無いから、行き先はボールに聞いてくれと相成る。よってストライクが出なければ、スペアが取れないからスコアが伸びない。前半はいつも通りのそんな展開だった。

しかし、昨日のボーリングは違った。何故か神がかっていたのだ。神が降りてきたというか「投げればストライク」という瞬間が自分に2回も訪れた。結果ターキー(3連続)が2回。ターキーが出るとやはりスコアが伸びる。終わってみれば2ゲーム共170。なんと1ゲーム目と2ゲーム目と両方ともスコアが一緒というのも珍しい。
片方のゲームで200近く出した人はいたが、合算で行くと私めが上回り・・・、

なんと優勝!!だ。

いつも会社のボーリング大会では、100前後のスコアでブービー賞かブービーメーカー(ドベ)だったのだから、これは私めの人生においてスゴイ事件なのだ。

昨晩はとても気分が良かった。

フェラーリ表紙今朝は久しぶりにカミさんと散歩に出たのだけど、あまりの寒さに中止(笑)。服装も考えないとなあ。
昨日も夕方寒くなってきたので、暖かい飲み物を買おうとローソンに立ち寄ったら、こんなものが出ていた。指定の缶コーヒーを買うと、これらのミニカーがランダムについてくるというものだ。なんかオマケ作戦とはいえ、まあ、以前、F1に熱狂した人間としては微笑ましくもある。サイズも1/72というから、かなり小さいサイズ。これならまあオマケとしてもいいかもしれない。

しかし…、

続きを読む

…と見出しを書いてみたものの、最近はすっかりF1中継にもご無沙汰になってしまった。
学生の頃は、夜中F1中継を見るのが一番の楽しみだった時期もあるし、鈴鹿にも2回F1を観に行ったから、大きな変わり様なのだろう。
ネットで昨日の結果を見ると、ルノーのアロンソが優勝。ミハエル・シューマッハはリタイアし、年間王者争いで2位に後退。やれ世代交代だなんだイロイロ書いてある。そうか。今までシューマッハはずっとトップを張ってきたのだなあ。
かつて新星だったシューマッハが世代交代と言われるようになると、時が経つのは随分と早いものだ。

続きを読む

自転車積載パンダ土師ダムにて今日・明日は、kuma-usa-doのガラスの里でオープンギャラリー出店の日。いつも私めもお手伝いするのだけれど、夫婦で協議のうえ、今日はお休みをもらうことにした。と言っても、準備と撤収は手伝うから、ガラスの里から遠くないところでノンビリできるところ…。と考えると、やはり土師ダムだろう。公園もあるし、満々に満ちた湖面を見てボーっとするのも悪くない。しかも、土師ダムにはサイクリングコースがあったなあ…。
ということで、土師ダムにMTBを持って行ってサイクリングをしてしまおうという計画が思い立った。
ガラスの里の準備を手伝っていざ土師ダムへ。

続きを読む

今日は会社の関係でのソフトボール大会であった。
幹事である同僚が持っているスノーピークのシールドレクタLを張って、地べたにブルーシートを敷いて、皆で太陽を凌いだ。(こんな時タープを張るのはやっぱり自分の役目になるのでハンマーを持っていった)
この幹事の方、多くの友人を誘ってキャンプに出かけたり、このようなイベントを中心になって企画している(感謝!)。そんな方にはスノーピークのレクタLは有効面積も広く最適だと思う。

続きを読む

PKで優勝が決まってしまうというのもなあと思うけど、ルールだから仕方ない。フランスは、途中ジダンの退場になる行為から、サッカーの神様がソッポを向いてしまったのかもしれない。
ただ、今回は、しっかりとした守備力と、チャンスを生かして得点できる勝負強さと集中力が備わっていたイタリアが優勝したということだろう。おめでとう!

とにかくイタ車ユーザーとしては嬉しい限りだ。これでイタリア経済にもいい風が吹いて、フィアットの財政状況も良くなって、いい車をいっぱい作って欲しいなあ。

しかし、眠い…。

26f2d5b3.jpg今日は一塁側です。会社の行事。
初めて来た。何もかもが三塁側と正反対で気持ち悪い。
ヤクルト戦だし、天候のせいもあり、スタンドはまばら。

今朝は微妙な天気。雨は止んでいたので散歩に出れなくも無かったが、ワールドカップ準決勝ドイツ−イタリアがやっていたので、後半から見ることにした。
両チームの固い守りに均衡状態だったが、延長後半終了間際にイタリアが勝負強さを発揮して2点取って勝利!!
イタ車オーナーとしては嬉しい限りなんだけど、戦前からのドイツ優勝の予想が外れてチョッピリ残念。
さて、今晩は飲み会。明日の準決勝は観戦できるだろうか。。。

昨晩、テレビを見ていたら、いきなりテロップで放送された。
それ以降の夜のニュースはこれ一色だった。
日本で、一サッカー選手の引退にこれだけ大騒ぎするのは、これが始めてのことじゃないだろうか。朝刊も一面に出ているし、朝のニュースでもガンガン流れている。

続きを読む

今朝は大雨洪水警報で散歩に行けず、サッカーを見ていた。
圧倒的な優勝候補と言われていたブラジルが敗退。南米勢はこれで姿を消した。試合内容もフランスが決定的なチャンスをいくつも作り、勝っていたように思う。
まあ、ヨーロッパでやっているワールドカップだしなあ。
これでヨーロッパ勢4国で準決勝だ。どんな組み合わせの決勝戦になるだろうか…。盛り上がってきたぞ。

朝の散歩に出る前に、少し韓国−スイスの試合を見ていた。せめて韓国には決勝トーナメントに行って欲しかったけど、後半2点目を取られて万事休す。もちろんあのプレーはオフサイドでは無い。
前回の地元開催のワールドカップで、イタリアなどの列強を破った韓国だが、やはり欧州勢もそれは知ってのことだろう。「調子に乗るなよ」という気分か。
これでアジア勢は全てグループリーグ敗退が決定。前回の韓国の躍進で勝ち取ったアジアからの出場枠も、次回のワールドカップでは減らされるだろう。いや戻されるといったほうが正しいかもしれない。
ということは、日本も相当頑張らなくては、次回のワールドカップ出場も危ういということだ。このままでは日本サッカー暗黒時代が来ないとも限らない。

さて気持ちを切り替えて…。
これから決勝トーナメントだ。深夜の試合ばかりだから見れないことも多いけれど、とにかく楽しみだ。

周知の通り、1−4で敗退した。
日本の「奇跡」を期待する声が多かったが、先制点を挙げたことが、その「奇跡」だったのだろう。その後「奇跡」は起きなかった。しかしキッチリと先制点を挙げたこと。それによって少しだけでも夢を見させてくれたこと。そのことに感謝したいと思う。

そして、ここ数年包み隠されていた「世界との差」が再び浮き彫りになった大会だったと思う。日本サッカー界が今後どうあるべきか、国民も良く考える機会かもしれない。それは、以前も書いたけど、やはり国内リーグの盛り上がりが必要なのだろう。WBCの奇跡を再び…という声もあったけれど、日本のプロ野球は色々問題があるにせよ盛り上がっている。だからこそ奇跡も起きたのだろうし。

せっかく広島に住んでいるのだし、Jリーグ見に行こうかな。

トラックバック先
http://blog.goo.ne.jp/sonetets
http://silvertree9201.cocolog-nifty.com/blog/

周知の通り、0−0の引き分けだった。
試合終了後の選手インタビューに象徴されるように「勝てた試合」で勝つことが出来なかった。逆に言うと、クロアチアも調子が悪かったにも関わらず「負けなかった」とも言える。
これでクロアチアも窮地に立たされたのだけれど、日本も更に厳しくなった。

続きを読む

周知の通り、昨晩、オーストラリアに1−3で敗れました。
昨日、会社やお客さんのところで、
「1点取られたら、それ以降ボコボコにされるだろうし、勝つとしたら1−0。」
なんて話をしていたら、本当にその通りになってしまいました。

詳細はここでは語りません。

とにかく、私めの予想(賭け用)3勝0敗というセンが無くなってしまったのが残念です。が、残り2試合、モチベーションを落とさずに頑張って欲しいと思います。

続きを読む

しばらくサッカーネタは書かなかったけれど。

昨日、ワールドカップのメンバーが発表された。
以前やっていたホームページの私めのプロフには、「好きな野球選手 八木選手」「好きなサッカー選手 久保選手」と書いていた。久保は以前から注目していて、4年前も是非ワールドカップに行ってほしかったのだけれど、代表に呼ばれればダメダメで、とても選出されるような理由が無かった。残念。

しかし、この4年間は違った。アジア1次予選でも大活躍して結果を出した。ジーコの信頼も得たのだけれど怪我は多かった。ジーコは「久保はエース」発言で、きっと久保の奮起を期待したのだろう。しかし怪我→不調から立ち直ることが出来なかった。久保を応援していた身からすると非常に残念なのだけれど、ある程度仕方ないのかなとも思う。最近の試合では全く結果を出していないし、結果を出した者を選出した方がモチベーションが上がると判断されれば、それはそれで仕方ないことなのだと思う。腐らず頑張って欲しい。

一方、選出された巻。この選手もいい。かつて我々がサッカーをやっていた時、上背がある選手は「ドン」と構えて動かない選手が多かった。しかし、最近は巻のような上背がある選手でもアグレッシブな動きが出来る。巻の体を張ったプレーは、我々のような昔サッカーをやっていた人間の心を打つところがあるのだ。是非、秘密兵器としてノッケから先発で使ってほしいと思うのだけれど。

8年前、広島に転勤で来た時は、日本が初出場したフランスワールドカップの真っ最中だった。独身だったし、今から8歳若かったというのもあるが、夜はテレビを付けてイヤホンをしながら寝転んで、試合を見ながら寝た。要はほとんど寝ずに会社に行った。転勤で忙しい?そんなもん知るか〜!と言った具合。勿論ワールドカップが終わってからものすごい苦労したことは言うまでもない。
今はもうそんなことは出来ないだろうなあ。

今朝の朝日新聞に、広島球場の跡地利用400案に市悩むという記事があった。2009年春までに東広島駅(貨物駅)跡に広島市民球場を移転する。

もともと移転には反対だ。中心地のど真ん中にプロ野球の本拠地球場があるのはここ広島だけだ。それよりも何よりも仕事帰りにプラっと観戦に行ける。これが素晴らしく良かった。(これは我田引水的な発想だが)
よそ者の阪神ファンが何を言うかと言われるかもしれない。しかし、イロイロな球場に行ったけど、広島市民球場は色々な面で非常にいい球場だと思う。

少し前の話。家の近くのとあるラーメン屋で「新メニュー」が出ていた。特に何か決めていたわけでも無かったので、自然にそれを頼んだ。そのラーメンを食べている途中に、再度メニューを凝視すると
「このラーメンには新球場建設への募金が50円含まれています」
オイオイ! こっちは移転反対なのにそりゃないだろ。良く確認しなかったコッチも悪いのだけれど。
更に、昼の混雑時に隣の喫煙客に灰皿を差し出す始末。風向きもあってコッチは煙くてたまらない。
ラーメンも美味しくなかった。というより不愉快な想いから不味くなってしまうよね。
よって、もう二度とこのラーメン屋には行かない。ここは全国的なチェーン店なので他の店に行けばいい。

話は逸れたが、移転も決まったことなら仕方ない。それなら暖かく見守りたいところだけれど…、
とりあえず球場の移転は決めました。でも、移転先の球場案も屋根無しでイロイロ問題があり、移転元の跡地利用も決まっていない。
なんだそりゃ。あきれてしまう(失礼)。

いずれにせよ「それまで広島にいのるか?」と言われると、「…」なんだけど。

周知のとおり、キューバに勝って、日本が優勝した。

韓国も強かったが、キューバも強かった。
そのキューバよりも、技術的にもメンタル的にも勝ったということだろう。
特に、アメリカがアメリカの為に作ったようなルールの中で、優勝を勝ち取ったことが素晴らしい。運も味方した。もちろん運も実力のうち。

最近、日本国内ではつまらないニュースばかりだけれど、
これは日本国民にとって本当に嬉しい、素晴らしい勝利だ。

とにかくおめでとう!!

続きを読む

6−0で韓国に完勝!!
上原も良く投げたし、福留も良く打った。
勝負あったと思ったのが、先制ホームラン福留の次打者小笠原に、韓国の投手が初球与えたデッドボール。あれが結局追加点の口火になったわけだし、あんなことをやってしまっては野球の神様がソッポを向いてしまう。(和田コーチ風) 当たったのが頭でなくて良かった。
2−0なら、韓国にもまだチャンスがあったろうに。

何だかんだイロイロあったけれど、とにかく決勝進出した!
韓国の方々はやるせないかもしれない。今まで全勝で来たのに、しかも今まで勝った相手に負けて敗退。
しかし、残念ながら、これは今回のWBCのレギュレーションを恨むしかないだろう。少しパ・リーグのプレーオフを思い出したが、考えたら、プレーオフでは泣きを見た王監督が、今度は嬉しい立場になったということになる。
いずれにせよ、まだ歴史が浅い国際スポーツ大会だ。これから長い歴史の中でイロイロと改善されていくだろう。

さて、決勝はキューバとだ。やはりキューバに勝って優勝すれば、誰にも文句は言われまい。

がんばれ!!日本!!!

今日は日曜日。家でWBCを見ることができる。日本×韓国だ。
今までWBCのことについて書くことは無かったけど…。

アナウンサーは、試合前に「日本対韓国の決着をつける時が来ました」と言った。
しかし、韓国からしてみたらどうだろう。決着も何も2回も既に勝っている相手だし、しかも韓国が勝ったアメリカにも1回負けているのだ。しかも全くハンディなしだ。やりきれないだろうと思う。
これも今回のWBCのシステムがだらしないからなのだけど、逆に考えれば日本はついていると言わざるを得ない。せっかくのチャンスだ。せっかくだから韓国にもキューバにも勝って優勝しろ!

誤審に関しても、WBCのだらしなさが出たと思う。あれじゃあプロレスのレフリーみたいじゃないか。今日もそのプロレスのレフリーのような審判が2塁の塁審にいるが、今回は際どいプレーが無いことを祈りたい。

がんばれ日本!!

741712b2.JPG昨晩は会社のボーリング大会だった。
なぜか昨日は調子が良かった。ミスも少なかったし勢いもあった。
しかし、後半は失速してしまい6位。
商品は参加賞のみだった。
なんと4〜6位は1点差だった。その「勝負弱さ」を悔やむしかないか。

去年も書いたけど、やはり集中力が長続きしない性分なので、ボーリングのようなスポーツは辛い。ゴルフも中断状態だが、常に同じ形をベストの状態で出し続けるということが苦手なのだ。

まあ、1ゲーム目は、自分にとっては出来すぎのスコアだったかな。

その後、表彰式をかねた2次会で行ったイタリア料理。
生ハムが出てきたが「???」。その後の料理もお酒も「???」。
この生ハムを食べて、またベーコンが作りたくなった。
手作りのベーコンはうまく出来ると本当にうまい。

…その後は午前様でございました。ハイ。

be2580cd.jpgサービスエリアに有る、スキー場積雪情報という看板の、スキー場を示すマーク。古いスタイルのスキーヤーだ。
いっそ今の時代、スノボの絵にしたほうがいいのでは。

昨日の記者会見で、星野SDが否定したことはもうすでに周知の事実だろう。
本当にまだペナントレース真っ最中だというのに騒ぎすぎだ。

そしたら、やっぱり原か?それとも江川か?中畑か?・・・
なんて、みんな勝手な事を言っているけれど、大切なことを忘れちゃいないかい。
今の堀内監督は、元々3年契約なのだ。
なので、あと1年契約が残っているのだ。
ここに来て、打線を組み替えて好成績を残している。
元々地力があるチームだ。
別にあと1年、堀内監督でいいのでは無いか?
江川や中畑というのも怖いもの見たさでは良いと思うし、
阪神ファンとしては、そっちのが有難いけど。(笑)
とにかく今ガタガタ言う問題ではあるまい。

こういう外野騒ぎが起るときにいつも思うことがある。
前も言ったけれど、プロ野球に限らず、スポーツは現在プレイをしている選手達が一番偉いのだ。
そっちに目を向けよう。

日本2−2中国

前半から中国のレベルの低いファウル。
後半、本山と巻が退いてから、全くもってサッカーらしい攻撃が出来なくなった。
玉田も大黒も「誰か」が居ないと全く仕事ができない。
2点目は、ようやくセンターバックの茶野が繋ぎに入って、
何とか点を取ったけれど・・・。
こんな試合でも勝つことが出来ない・・・。

実は、前回の北朝鮮戦も見なかったので、
今日は久しぶりに日本代表の試合を見たのだけど。

なんかガッカリだった。

最近の二子山部屋の騒動といえ、長嶋茂雄さんの件にせよ、その世界の現役から退いたひとに対してスポットを浴びせすぎと思う。

やはり、野球にせよ、相撲にせよ、どんなスポーツでも、競技をやっている選手が一番偉いのだと言う事を忘れてはならない。

長嶋茂雄さんがテレビに出てきたときに、そう思ってしまった。
結局、読売グループは、今でも長嶋茂雄さんに頼ってしまっている。
勿論、元気な姿を見せた長嶋さんはスゴイと思うし、確かに偉大な人だけれど、今の選手達は切磋琢磨して、長嶋さんが現役の時よりも質が高い野球のプレーを見せているはずだ。そちらにスポットを当てよう。

何かそんなことを考えてしまった。

ボブサップヤー会社に居たら「下にボブサップがいる」という噂が流れた。確か広島に来ているはず。迷わずエレベーターへ。そしたら各階から携帯を持ってカメラをスタンバイしている自分と同じスタイルの人が続々と乗ってきた。(笑)

続きを読む

柳沢のいい先制ゴールで勝った。
大黒のポストプレーもダメ押しゴールも良かったけれど、今日は柳沢だろう。あれは、今のメンバーの中で言ったら、柳沢でないと決められないゴールだったと思う。

とにかく良かった。これで3回連続ワールドカップ出場が決定した。
本当に夢のようだな。

次の夢は、ワールドカップ優勝か。(翼くんみたいだ)

ピッチがボコボコだ。

昔、練習試合に行った韮崎高校も土のグランドだった。
その他の名門高にも芝生のグラウンドは少なかったような気がする。
もう20年も前の話だけれどね。

要は、何を言いたいかと言うと、日本の選手は、若い時に雨の日の田んぼの中のような環境でサッカーをやっているのだ。北朝鮮の選手がどうかは知らないけれど、少なくとも日本の選手は、グランドが悪いところでの戦い方を知っているはずだ。

めげるな。頑張れ!

最近サッカーネタは更新していなかったなあ。

ここ数年の異様な盛り上がりは嬉しくもあるのだけれど、少し退いてしまうところも正直あるのでね。まあ、まだ日本の場合はサッカー創世記。何事も日本において歴史の始まりの時は、トンチンカンなこともつきものだし仕方ない。何しろ多くのひとが注目するのは単純に考えれば良いことだ。

続きを読む

昨日は勝ちましたな。日本。
とにかく本当に良かった。

今度はアウェイでバーレーン戦。
少し時間もあくしね。頑張れ。

でも久保はまだ腰痛が治らないのかな。
やっぱり久保のプレイが見たいなあ。

このページのトップヘ