kuma days

these are the days of our lives
東京30年・広島12年・東京9年住んだ後、
2019年4月から静岡市に暮らすサラリーマンの楽しい日々。

    つけめん

    IMG_2710
    大崎の六厘舎といえば、超有名な行列店として全国的に知れ渡っていたし、閉店する時は大ニュースにもなった。
    今、六厘舎の名前で営業しているのは、東京駅の地下街にあるコチラ。
    恥ずかしながら、これまで六厘舎のつけめんを食べた事が無かったし、出張の帰りの夜、意を決して並ぶことにした。
    約30分待ち。まあ本店は2時間とか言われていたから、まだマシなのかな。でもなんか狭い行列の前後にフラフラ動く人とかが居ると、ちょっと居心地が悪い。トイレに行きたくなったけど、ココは我慢して並び続けた。

    IMG_2712
    麺は有名な浅草開花楼のもの。コシも風味も茹で加減も非常にいいけれど、ちょっと硫黄臭かった。これだけ行列すれば仕方ないのだろうけれど、麺だけ食べるのはツライ感じ。
    これに魚粉入りの濃厚なつけ汁を合わせる。東京のつけめんのスタンダードだ。確かに非常にバランスがよく破綻が無い。丁寧な仕事をしているのだろう。
    しかし、また、あの行列に追いてまで食べたいかと言われたら、そうでも無いかもしれない。元々つけめんってそんなに好きではないから、無性に食べたくなるということは無いだろう。でも、コレに魅せられた人は、やはりあの行列に追いてでも食べたいのだろうな。

    持ち帰りつけめんや通販もやっている。




    関連ランキング:つけ麺 | 東京駅京橋駅二重橋前駅

    40de377d.jpg
    3e71f67c.jpg
    908f153f.jpg
    この界隈で一際目立つ行列店。一度は食べてみたいと思っていた。
    開店直後の11:00過ぎに到着。既に何人か着席している。良かった。食券を買って店内へ。
    暫し待って食べた。
    コレはウマい。
    麺は茹でて水でシメたらちょうど良い加減になるようになっていて、食感も風味も良い感じ。比内鶏を使ったスープも良い感じだが、少しオイリーなのが残念。まあ好みの問題だろうけど。
    ほぼ全員がつけめんを食べていた。
    でも、ラーメンを食べていた方も少数ながらいらっしゃった。次はラーメン食べてみようかな。

    ま、こうやって東京の人間になっていくのかな。

    「二代目つじ田」
    東京都千代田区小川町1-4

    このページのトップヘ