kuma days

these are the days of our lives
東京30年・広島12年・東京9年住んだ後、2019年4月から静岡市に暮らすサラリーマンの楽しい日々。

タグ:インスタントラーメン

IMG_6086
近くのローソンで見つけたので、今日の昼飯はコレ。
元々ペヤングが好きなもんで、どうしてもこういうものにも手が出てしまう。

IMG_6087
ペヤング大盛に、別にからしマヨネーズがついている。
心なしかソースが濃くて麺が細いような。キッチリ3分計って湯きりしたら、少し伸びてしまった。
少し早めの湯きり推奨。

IMG_5014
昨日、コンビニに行ったら売っていた激辛!ペヤング。
ペヤング好きとしては買わなくてはなるまいと、ついつい誘われて買ってしまいました。

IMG_5015
赤いフィルムを剥がすと、普通の色の容器だった。書いてある内容も普通のペヤングと変わらない。

IMG_5016
中身は麺とかやくとソースだけ。スパイスは入っていない。
ソースが赤い色をしているのが気になる。

IMG_5017
いつものようにお湯を入れて3分。湯きりをしてソースをかける。
ソースはこんな色。

IMG_5018
混ぜて食べてみた。
意外と辛い。
ココイチなら5辛程度と思われる。
確かに辛さに耐性が無い方にはツライかもしれないけど、やっぱりペヤングの味であることには変わりない。

まあ、たまにはいいかな。

IMG_4438
今日は昨日と違っていい天気だったが、やることが色々とあったので家で昼飯にした。
先日、やっと見つけたマルちゃん正麺だ。一度は食べようと思っていたのだが、いつも行くスーパーやコンビニには売っていなかったのだ。
やっと見つけたのが某薬局。
しかし醤油味は売切で味噌かとんこつだったので、味噌味を買って来た。

IMG_4439
中身はこんな感じ。太めのノンフライ麺と練りスープのみ。

IMG_4440
つくり方は普通のインスタントラーメンと同じ。沸騰したお湯に麺を入れる。
標準茹で時間は4分となっている。今回は普通の雪平鍋だしタイマーは3分30秒に設定。
練りスープは丼の中に予め入れておくと書いてあるので、これからの季節は冷えきった丼は少し温めておいた方がいいかもしれない。

IMG_4441
素の状態がコレ。

IMG_4442
素の状態では味気ないので、炒め野菜セットをスキレット+カバーで蒸し焼きにして載せた。

まあ、そんなに特筆するモノでは無いけれど、それなりに美味しいのではないか。ノーマルな揚げ麺のインスタントラーメンと同じくらいの価格ならコチラを買っても良いが、例えば倍額するとしたら難しいのではないか。私めなら買わない。
所詮乾麺なので、茹で時間の管理と茹でてから食べる迄の時間を短縮する努力は必要だ。食べているソバから伸びて来るからね。

次回はタイマーを3分にセットしよう。

IMG_4430
今日は雨だし風もあるし、昼飯は近くのコンビニに買いに行った。
目についたのがコレ。千葉県の有名ご当地ラーメンとして名高い勝浦タンタンメンだ。地元では勝タンと呼ばれるらしく、千葉県としては竹岡ラーメンやアリランラーメンと人気や知名度を分け合っているのではないかと思われれる。全国区的にはどうか解らないが。
残念ながら勝浦タンタンメンなるものを食べた事ないのだけれど、興味があったのでこのカップ麺を買ってみることにした。

IMG_4431
ノンフライ麺の細麺にかやくと粉末スープと液体スープの構成。細麺の割に4分時間を要するのはノンフライ麺だからか。

IMG_4432
出来上がり。
真っ赤な辣油色。辛さも辣油の辛さが主体。細麺の担々麺というのがコチラでは珍しいかもしれない。ひき肉はあまり入っていないというより入っていないのか? と思ったらカップ麺で良く見られる肉の塊が入っていた。
汁ありの普通の担々麺や、汁なし担々麺と比べると、山椒の痺れであるとか胡麻の深みであるとか挽肉のパンチであるとか、そういうものは無いが、結構細麺のノンフライ麺に合っているのではないかと思う。

辛さは強め。辛さに耐性の無い人には少し辛いかもしれない。
辛いのが好きな方であれば全く問題無く食べることができる。

IMG_3354
今日は台風で外に出ることが難しいと予測されたので、朝、カップ麺を買って行くことにした。
色々迷ったがコレにした。
激辛ラーメンで知られる蒙古タンメン中本のだ。

太麺仕様で熱湯5分と書いてある。楽しみだ。

IMG_3356
なかなか原作をウマく再現しているのではないか。

2011_08_15蒙古タンメン中本
↑↑コレが原型だ。
少しかき混ぜたら真っ赤になった。

麺の食感も良く似ているし、特徴である豆腐も軟らかいし、野菜のクタリ具合も良く似ている。サスガに原作に比べて辛さは抑えているものの、良く再現されているのではないかと思う。

最近の技術ってスゴいなと思った。

2e19d1c9.jpg鴨だしそばも飽きたし、だしカレーうどん。
カロリーは、「鴨だしそば」>「だしカレーうどん」なのにビックリ。
でも、うどんは今ひとつかな。
またカレー南蛮そばを売って欲しいな。

広島ブログ
広島ブログ
↑いつも応援ありがとうございます

413a006a.jpg昨晩は遅かったし、朝はプチシリアルだったし、昼はペヤング。
やはり心の友なのだ。
思い出せば広島に転勤で来た当初、何が残念だったかと言えば、ペヤングがどこにも売ってなかったことだ。
今はフレスタなどで買うことができる。

ウレシイ!
38f0f981.jpgいやあ、たまりませんな。

四角くって食べやすい!
気がきいてるよな!!

9c57935a.jpgカミさんがサラダを作ってくれた。
感謝。

ペヤングはあっという間に食べれてしまうが、その割に高カロリーだし、栄養のバランスもよろしくないしね。


広島ブログ
広島ブログ
↑いつも応援ありがとうございます

98e75395.jpg安浦のコンビニで発見!
何故か置いてあるのは超大盛だけ。あとはUFOとか一平ちゃんとかマルちゃんのやきそば弁当。
以前湯来親爺さんも取り上げていたけど、超大盛は普通盛りの二食分。カロリーは驚愕の1099kcal!!

いや、勿論、買ってませんよ。

広島ブログ
広島ブログ

96a504c2.jpg先週のと違うが、これも安いインスタントラーメン。
今日は醤油味。
なんとあの冷凍うどんのカトキチ製だ。

6563f080.jpg今日はダイソーの100円中華鍋で野菜を炒める。にんにくの醤油づけ、玉ねぎ、白菜の芯を胡麻油で炒めて、にんにく醤油と豆板醤で味をつけて片栗粉でトロ味をつける。

4aa09504.jpgできあがり。
激辛あんかけ醤油ラーメン。

5378dcb3.jpgここのところの物価高で、サッポロ一番塩ラーメンは高値もとい高嶺の花と化し、1つ400円のカップラーメンなど夢のまた夢。

「いつも高いラーメン外で食べとるやないか!」というツッコミに対しては黙秘権を行使・・・。

376af63a.jpg代役君に彩りを添える。
ニンジンの薄切りを8インチのスキレットで両面焼付け、プチトマトとピーマンと、昨晩の宴モツ鍋の残り野菜を乗せる。いい感じに火が通りやす。
その間に別鍋で麺を茹でて・・・、

9c1a3100.jpg白ねぎを乗せて、代役君も美味しい塩ラーメンに。

aefe6dce.jpg212f7864.jpg
「おそば屋さんのカレー南蛮そば」
マルちゃん

先日買っておいたもの。
そばは「緑のたぬき」と一緒だろうけど、サラッとしたカレーに絡んでナカナカうまい。これが広島のスーパーに置いてあるのだから嬉しくなる。
これならカレーそばに抵抗あるひとでもイケるのではないか。
辛さは控え目。辛いのが好きな人は七味が必要だ。

3dc1e416.jpg17292de0.jpg

先日、シャレオのジュピターで購入しておいた韓国系のインスタントラーメン。
サッポロ一番やチャルメラに比べたら麺が太く結構うまい。スープもすっきりしたキムチ味。ピリっと辛くていい感じ。
二日酔いにピッタリ。
キャベツと長ねぎと乾燥わかめでグレードアップ。

2abd7145.jpg近くのスーパーをブラついていたら発見!
いやいや、今日のお昼はこれにすればよかった。以前からカレー南蛮そば(あるいはカレーそば)のうまさをこのブログでも提唱していたのだけれど、やはりナカナカ理解してもらえないのだなと思っていた。そこにカップ麺大手のマルチャンからこういう商品が発売されたのだ。いやいや痛快だ。

「合わない」という店側の勝手な決め付けだけで、というより出来上がってから直ぐに客に提供できない(そばがノビる)という都合もあるのだろうが、カレーそばを出さない某店(広島にチェーンを構えるうどん/そばの店で「讃岐屋」とも言う)も、これは要検討なのでは?
ま、今更出されてもね。フッフッフ。ハッハッハ。

eff8ed58.JPG明日から3日間ガラスの里のオープンギャラリーだ。そんなこんなで忙しく、今日の昼飯は「サッポロ一番の塩」。
カミさんが買って来た雑誌にあった作り方を実践してみた。入れたのはモヤシと乾燥わかめと豆板醤だ。
更に擦りたてのホワイト・ペッパーで辛味アップ。ノスタルジーもあるのだけれど、こういうラーメンには白コショーが合うと思う。黒も白も胡椒は擦りたてが美味しい。

a5a82bd6.jpgすぐおいしい。すごくおいしい。
白菜とピーマンを100スキで熱して汁ごとのせる。あとはたまごと乾燥わかめ。これでチキンラーメンが豪華な昼食に早変わり。

fb57b1ba.JPG今日はやることがいっぱいあったので簡単にラーメン。しかし、このあいだ中庸の鍋が壊れて捨ててしまったので、2人分のインスタントラーメンを作るにピッタリの鍋が無い。パスタ鍋ではサスガにデカ過ぎる。16cmのルクルーゼでは小さすぎるし、22cmのルクルーゼではデカ過ぎる。

こんな時に思い出したのが、サービングポット。これが2人分のラーメンにピッタリの大きさ! 素晴らしい。DOでラーメンを作るときは、少し時間を短めにした方が良いようだ。

そういえば、これで3日連続で昼飯がラーメンになってしまった。別に苦にはならないが、明日は別のものにしようかな。

このページのトップヘ