スキー

January 16, 2016

3度目のガーラ湯沢

image
今年もガーラに行くことにした。往復新幹線チケット+午前券がついた「モーニングガーラ」というプランだ。普通の週末で指定列車などの割引で諭吉さん1枚以下になるのだ。
とはいえ3連休は天候も荒れていたし、今年は立ち上がりが暖冬で雪も少なく1週間ずらすことにした。毎年1週間ずつずれていくような気がする。

続きを読む

kumadays at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 10, 2015

2回目のガーラ湯沢

IMG_6355
昨年に引き続き、ガーラ湯沢に行くことにした。昨年は正月休みの最終日に行ったけれど、今年は正月休みが一日短い。調べたら正月休みより普通の3連休の方が2000円くらい安いことが解ったので、3連休の初日に行くことにした。

続きを読む

kumadays at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 07, 2010

初滑りはかんびき

F1000017昨年の末、隣の席のアラサー君がボソッと言った。
「◯◯さん、スキー行きませんか?」
実は、そのアラサー君、あまり要領が良い方ではないので、上司から結構攻撃を受けていて参っている。なんとか連れ出してやりたい。
でも、年末は行けそうもない。
「年明けたら早々行こうかね。皆が正月ボケしている間に。」
そしたら新人君も乗ってきた。
3人予定を合わせて7日にスキーに行く事にした。
一応、先輩の役目として上司に根回しもしてから完璧(笑)。

F1000014年が明けてから、パンダ号にジェットバックとスキーキャリアを取り付けて、3人乗車の準備万端。これなら4人でも行けそうだ。スノボは2枚までしか積めないから、スノボは2人までだけど(笑)。
さてと、どこへ行こうか。
アラサー君が以前私めがした話を覚えていてくれた。それは「バイキング」だ。このアラサー君、とても良く食べる。
問題はコースだが、まあ初滑りだしいいだろう。この2人と行くのは初めてだから、どれくらい滑るのか知らないし。私めのお気に入りのスキー場、スキーパーク寒曳に行くことにした。下の斜面は練習にもってこいの斜面で大好きなのだ。

b993ef01コースはたったこんだけ。とても小さなスキー場だ。

一昨年に行った時は健在だったかんびき。

今年はどうだろうか。

何しろこの不景気だ。
変わってやしないか。

不安がよぎった。


F1000012その心配は杞憂に終わった。
7時30分には着いてしまったのだが、周辺の道路も人影が無い。何しろ雪がしんしんと降っているもんだから物悲しい雰囲気が漂っている。
車の中でも「誰も居なかったらどうします?」みたいな話もしていたのだけれど・・・、
もう既に準備万端に整っていた。

相変わらず平日は3500円バイキング付き。
しかも以前は平日の営業を取りやめていた温泉も営業しているようだ。やった〜。スゴい。
リフト乗り場でも
「おはようございます」
「寒いのぅ・・」

アットホームなかんびきは健在だった。

F1000020
天気は良くなかったけれど、風が強く吹かなかったのとガスったりしなかったので視界は良好。
8時過ぎからゲレンデへ。
とりあえず足慣らし。

F1000016少ししたら休憩(笑)。
11時のバイキング開店まで1時間おきに休憩を取った。

F1000033気温は氷点下1度くらい。
ゴーグルの表面についた雪が凍ったり。
まあ、大した寒さではない。寒曳はそんなに標高が高くない。しかし天然雪を売り物にしている。というよりスノーマシンが無い。
これが唯一の弱点だ。
が、今日はそんな心配はない。雪はタップリある。

F1000038
これが下のコース。この1枚バーンを大回りでぶっ飛ばすと気持ちいいのだ。

F1000034既出だけれど、お昼のバイキングの食事。
なんともアットホームなメニューが揃っている。野菜もたっぷり摂取できる。おでんが嬉しいぞ。
地元のオバちゃんがウラで作っているのだろう。フロアに出て働いているのも、見るからに地元のオバちゃんだ。アットホームでいい感じ。
この他にも、まぜ寿司やなますなど、お正月らしい料理もあった。心意気だな。

F1000035
若い2人も喜んでいた。「想像以上」を連発。
「このおでん、仮にセブンイレブンで買ったら、これだけで500円以上しますよ」
「この唐揚げうめぇ・・・」
「やばいっすよ。これ」

2人共、おかわりしたのは言う迄もない。

私めもこれに備えて、朝食はオルビスのプチシリアルのみ。スタミナ切れに備えて「黒っ子」持参。全然大丈夫だった。

F1000037午後からアラサー君が履いていたファンスキーを少し借りた。人生初のファンスキーだ。
いやいや、これは楽しい。
楽しいけれど疲れる。
ストックが無いから、リフトに乗る時に面倒クサいけれど。
いい練習にもなるのではないかと思った。

F10000133時位まで滑って温泉へ。
このセンターハウスの3階に温泉があるのだ。しかも1日券を持っていれば300円で入れる。いや〜、どこまで良い所なのだろう。

かんびき最高!

F1000041
休日はこうはいかないだろうけれど、以前休日に来た時も、充分楽しむことが出来た覚えがある。
雪が良い時は平日休みをとって朝早くからかんびき。これ広島のスキーの勝ちパターンなのだ。
今日も「貸切かな?」とか言いながら来たけれど、そんなことは無かった。けれど、他の方とは全く干渉せずに滑ることが出来た。

とりあえず、初滑り完了。
帰り、途中迄独身2人を送って行った。焼肉を食べに行くと言っていたな。

私めは家に帰ってから七草がゆ。
勿論、七草がゆが出来上がる迄はルービーなどを頂きましたよ。

いい休日になった。行って良かったな。

広島ブログ
広島ブログ
↑いつも応援ありがとうございます

kumadays at 23:35|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

January 25, 2009

瑞穂→旭テングストン

P1000560毎年恒例の会社のスキー。
昨年は体調を崩し、最悪であったので、今年は体調管理に勤めて望んだ(笑)。
瑞穂ハイランドの名物「たまごゴンドラ」。野沢温泉の長坂ゴンドラを思い出す(今は違うゴンドラに掛けかわっている)。

P1000565朝一番は吹雪いていたが、一瞬晴れ間もみせてくれた。
以前に比べて人も少なくなり、カフェテリア等もすいていて対応もよくなったような気がする。
元々ゲレンデの規模や雪質から言ったら、やはり広島ではトップクラスのスキー場なのだから、今の状態であれば非常に魅力的なスキー場だと思う。


P1000571P1000572

一泊して日曜日は旭テングストンへ行ったが、携帯電話を車に忘れてしまい写真は撮れなかった(残念)。
駐車場脇で島根県雪合戦大会が開催されており、見に行こうかと思ったけど団体行動だったのでやめた。
そしたら帰り間際に「広島からお越しのチーム、美異茄子です!」と放送で紹介されているのが聞こえた。あらら、りんご園の奥様来られていたのね。やっぱり行けば良かった。

帰りは石見町の温泉に入って帰った。
楽しく滑った2日間だった。

kumadays at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

瑞穂→旭テングストン

P1000560毎年恒例の会社のスキー。
昨年は体調を崩し、最悪であったので、今年は体調管理に勤めて望んだ(笑)。
瑞穂ハイランドの名物「たまごゴンドラ」。野沢温泉の長坂ゴンドラを思い出す(今は違うゴンドラに掛けかわっている)。

P1000565朝一番は吹雪いていたが、一瞬晴れ間もみせてくれた。
以前に比べて人も少なくなり、カフェテリア等もすいていて対応もよくなったような気がする。
元々ゲレンデの規模や雪質から言ったら、やはり広島ではトップクラスのスキー場なのだから、今の状態であれば非常に魅力的なスキー場だと思う。


P1000571P1000572

一泊して日曜日は旭テングストンへ行ったが、携帯電話を車に忘れてしまい写真は撮れなかった(残念)。
駐車場脇で島根県雪合戦大会が開催されており、見に行こうかと思ったけど団体行動だったのでやめた。
そしたら帰り間際に「広島からお越しのチーム、美異茄子です!」と放送で紹介されているのが聞こえた。あらら、りんご園の奥様来られていたのね。やっぱり行けば良かった。

帰りは石見町の温泉に入って帰った。
楽しく滑った2日間だった。

kumadays at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 21, 2009

恐羅漢(おそらかん)

PICT0010
恐羅漢と書いておそらかんと読む。広島県最高峰で広島県最大級のスキー場だ。
「これで?」と思うなかれ。北西方面にはこれより高い山が無いので、大陸からの寒気をモロに受ける県内有数の豪雪地帯なのだ。
なんと、この地球温暖化の最中、オール天然雪で運営されているのだ。

実は、昨年まではこのゲレンデも魅力が半減していた。広島に来たばかりの頃は何回か来たが、その後は来なくなった。

理由は、不便な交通アクセス(細い峠道を長20〜30分走行しなくてはならない)のもあるが、何といってもこのエリアの中に二つのスキー場があって、その二つが仲たがいしていたからだ。

広島に来た10年前は全山共通スキー券があったのだが、それが無くなった。
最高峰の恐羅漢山を有するOSORA国設スキー場(株式会社三段峡ホテル)と、6本のリフトを有する民間の恐羅漢スキー場(三段峡観光株式会社)が仲たがいしていたのか、別々にリフト券が発売されていたのだ。なんともスキーヤーのことを考えない自分勝手な姿勢に「二度と行くもんか」と思っていた。まあ、色々と「オトナの事情」があるかもしれないのだけれど。
それが今年から共通券が復活したという。これはいいことだ。もちろん「商売」を考えた場合、これは当然のことなのだと思う。
下手したら共倒れになるのが広島のスキー場の現状だ。いくつかのスキー場の閉鎖や、昨年の遭難騒ぎを経て、ようやく危機感が芽生えたのかな。

↑の地図は、民間の恐羅漢スキー場サイドで作ったのだろう。恐羅漢スキー場がど真ん中に広々と書かれ、OSORA国設スキー場は左端に追いやられている。

しかし、OSORA国設スキー場へ行くと…、

続きを読む

kumadays at 22:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

January 11, 2009

初滑りはめがひらへ

c4a7419a.jpg今シーズンの初滑りも、昨年に続いてめがひらスキー場へ。

広島ブログ
広島ブログ


昨年は平日休みを取得していったが、今年はしばらく平日に休みを取れそうにない。この3連休は特段の予定もないし、カミさんも多忙なようだし、朝からパっと単独でスキーに行くことにした。

5時起床、朝食を食べて6時過ぎに出発、7時過ぎにはめがひらに到着した。ナイター営業をやっているだけあって駐車場は結構混んでいたが、ナイターが終了して出てくる車が出た後に良いポジションに停めることができた。ラッキー。

7時40分には準備完了。
午前中ブリブリ滑って帰るということで4時間券を購入。
しかし荷物の中にリップクリームが入って無かったので購入。
460円…痛かった。

c4a7419a.jpg下のペアリフトを降りて一本目。まだ8時前だ。
念入りな準備運動(笑)の後に出る。
「kuma行きま〜す!」という感じではなく、ソロリソロリ板をずらしながら内エッジ外エッジの感覚、荷重の感覚と切り替えのタイミングや感覚をつかむ。

P10004742本目はクワッドで山頂へ。
雪が降っていて結構寒い。

P1000476後ろを振り返ると…、
あれは十方山かいな。

P1000481ブナとミズナラの混合林に雪がついて霧氷に。
キレイだった。

P1000483ダウンヒルコース。
ここは眺望がキレイだ。
昨年は晴れていたが今日は天気が悪い。
しかも寒い。

上からの景色ちなみにこれが昨年の景色。

P10004849時になったら、スカイコースのスカイリフトが運行。平日は運行していないことも多い。距離は短いが、空いているしいい斜面の練習コースだ。

P1000488P1000490
途中、一瞬だけ晴れ間が出ることもあった。やはり晴れ間が出ると気分がいい。
「クワッドが疲れたらスカイリフトで休憩。スカイリフトが物足りなくなったらクワッドでロングコース…」
を繰り返した。

04a1a3f7.jpg途中、中腹のレストハウスで休憩。この時間、上がってくる人が増えてくる時間だろうから、センターハウスまで下りるのは自殺行為だ。
店は営業していなかったが(10:00〜だった)、自販機とトイレがあって良かった。

28253d5c.jpg滑っていたら気分も良くなってきた。本当は11:00までには昼食を食べようと思っていたのだけれど、すっかり11:00を回ってから下りた。
既に食堂は混んでいた。
昨年も食べた猪ラーメン。混んでいるから仕方ないのか、作り手の違いなのか、今年のは残念だった。まあゲレ食だから仕方ないか。

P1000497食堂前のファミリーゲレンデ。
相当混雑してきた。
まだギリギリ1本くらい滑れる時間があったのだけれど、チャレンジリフトもリフト待ちが発生していたので、上がることにした。
昔の人はよく言ったものだ。
「あと一本、あと一本というところで上がるのがスキー」
それが怪我などの防止になるのだという。

P1000498板の手入れをしてロビーへ。あわびたけとまいたけがあったので購入。少し高いが結構おいしいのだ。

P1000500写真ではよくわからないが、下の遠くの駐車場までビッチリ満車。いやいやこの時間からゲレンデに向かう人も結構多いのだ。
この分ではクアハウスも混雑しているだろうから、真っ直ぐ帰ることにした。
家には1時過ぎには帰ってきた。

早朝からパっと来て、ガンガン滑って昼ごろには帰る。
これが広島のスキー場の勝ちパターンかな。

広島ブログ
広島ブログ

kumadays at 15:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 13, 2008

かんびき

タイトル(リフト)いやいや、前回のスキーが不完全燃焼だったので、無理矢理休みを取ってスキーに行くことにした。
なんとタイミングよく寒波が来るという。その割に広島県北部の天気予報はそんなに大したことはない。ということはスキー日和なのかもしれない。

そしたら個人的にお気に入りの寒曳に行くしかない。と言っても以前来た時から数えると3年振りなのだけれど。

ここは広島市内からも近いし、コース幅も斜度も長さも丁度いい斜面があるし、何より価格が安い(パワーズのカードで更に割引あり)のと、昼食バイキングが嬉しいのだ。しかも平日は特に安い。
難点は雪だ。標高も高くないし、気温もそんなに下がらないからか人工降雪機も無い。ここのところの暖冬でツライ思いをしているのだろうと思っていた。

しかし、やはり寒曳は健在だった。
続きを読む

kumadays at 23:21|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

January 27, 2008

ああスキー

25日の金曜日は日帰り出張だった。早い時間から日帰り出張先で仕事仲間と飲んでいた。悪いが仕事上そういうシチュエーションだったのだ。

そういや明日、別の仕事仲間と大人数で1泊スキーなのに、一緒に行く後輩と待ち合わせの時間の連絡をしていないことに気がついた。なので飲んでる途中で電話をした。
(以下長文)
続きを読む

kumadays at 22:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 10, 2008

めがひらスキー場

タイトル予定今シーズンは年末年始に雪が降った。それ以降は降る気配すらないし、週末の天気予報は北部も雨・・・。普通は雨となっていても山沿いは雪が降るものだけれど、去年・今年は何が起こるかわからない。そんなに寒くないし。
こうなりゃ雨が降る前にいっちょ滑っておくかと、年始気分が抜けきらない今週、一日仕事に穴をあけて休みを取得。
実は、先週の日曜日に松笠山(レポート)に登って、太ももとひざが筋肉痛なのだけど、頑張ってスキーに行くことにした。
続きを読む

kumadays at 21:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0)