kuma days

these are the days of our lives
東京30年・広島12年・東京9年住んだ後、2019年4月から静岡市に暮らすサラリーマンの楽しい日々。

タグ:二郎

IMG_3391
午前中だけ都内で外勤という日があった。これは早めに昼飯食べて会社に戻って午後は内勤というプラン。そしたら昼飯は多少は並ぶ店でも大丈夫だ。
思い立ったのが、二郎の神保町店。二郎の最高峰と誉れ高い神保町店だ。
午後は外勤だしニンニク入れても大丈夫だろう。

11時15分頃に神保町へ到着したが既に列が出来ていた。12時頃に着席。六厘舎TOKYO以来の行列待ちだ。最近行列に並ぶ根性と時間がない。

暫し待ってからラーメンが到着。

IMG_3390
ジャーン。
「大」「かため」「野菜マシ」「ニンニク」
かためにしたのは失敗だった。ココは二郎の中でも元から固めの麺のようなのだ。
なので私めにとっては、少し生茹でチックの麺をズルズルと。
スープも二郎にしてはアッサリ。でもシッカリ醤油味が立っているから野菜マシでも味が薄まることはない。脂好きの方は「アブラ」も言っておいた方がいいだろう。私めはこのくらいが丁度いいけれど。
野菜の茹で加減もいい感じで、野菜があっという間になくなった。肉はボリューム満点というか過剰なんだけれど、これが二郎の魅力だと言われればそうなのだろう。しっかり煮込まれていて美味しい。肉を増量しなくても充分満足できる。

総じて美味しかったのだけれど、正直、少し二郎にも飽きて来たかな・・・。

ジロリアンと呼ばれる方々は、この「飽き」も超越しているのだろうなと思う。

IMG_3392
店を出たら、更に行列が伸びていた。これは余裕で1時間以上待つだろうな。

余談だけれど、会社に戻って仕事をしていたら、一本の電話があり、急遽外勤することになってしまった。
しかもオフィスでお客様と膝を突き合わせての打ち合わせ。なんと!!
出る前に同僚の事務の女性の前に立って「ニンニク臭くないか?」と聞いたが、「別に臭わない」と言われた。
でも、やっぱり自分の体の中からニンニク臭がしたので、途中コンビニでブレスケアを買って何個も食べてから外勤に出かけた。

仕事自体は上手くいったから良かったけど。



関連ランキング:ラーメン | 神保町駅九段下駅竹橋駅


IMG_2619
ラーメン二郎と言えば、言わずとしれた爆盛の有名店。都内に何店か支店を持つのと、二郎インスパイアと呼ばれる店も多くある。
太麺で脂多めのスープに大量の野菜が乗る。そのラーメンに心惹かれ取り憑かれた人の事を「ジロリアン」と呼ぶ。

なので東京に帰って来て一度は食べないといけないと思っていた。
が、家の近くや会社の近くの店は行列店となっていてハードルが高い。
そんな時、小岩でお昼を食べる事になり、しかも時間に余裕がある。
せっかくなので小岩の二郎へ行くことにした。

6月とは思えない猛暑の平日午後1時過ぎ、暫し待って着席。
色々と「二郎ルール」があると聞いていたが、券売機やカウンターに色々と書いてあるので解りやすい。なるほど、別に難しいことはない。

せっかくなので大ラーメン(この他に多い順に小ラーメン、少なめ、半分というのがある)をば。
そしてカウンターに座ってからr無料のトッピングに野菜とにんにくを。午後は移動だけだったので。

IMG_2620
麺は太麺。しっかりと小麦の風味がしていてウマい。茹で加減も好みかもしれない。この麺をズルズルと小池サン状態で食べるのは快感かもしれない。
スープは濃厚で脂しっかり。それにトッピングのオロシにんにくが加わってジャンキーな味だ。けど、嫌な感じはしない。
トッピングの野菜も丁度良い火の通り加減で、これをスープに沈め乍ら食べたらウマいじゃないか。肉も脂たっぷりで分厚いのだけれど嫌な感じもせず、これも野菜と一緒に食べたらウマいじゃないか。

「ジロリアン」と呼ばれる方々の気持ちが少しだけ解るような気がした。
そして小岩店は、二郎初心者でも楽しめるお店だと思う。



関連ランキング:ラーメン | 小岩駅京成小岩駅

このページのトップヘ