kuma days

these are the days of our lives
東京30年・広島12年・東京9年住んだ後、2019年4月から静岡市に暮らすサラリーマンの楽しい日々。

タグ:味噌屋蔵造

5abb7571.jpg汁なし担々麺
辛さレベル7
ねぎトッピング
「味噌屋蔵造」
広島市安佐南区

汁なし担々麺の山椒の辛さにハマってしまった。紺屋の限定期間が終わってしまったので、ここに来るしかない(笑)。紺屋のには及ばないが充分イケる。
でもやはりレベル7は結構辛いぞ!
今回はねぎを増量した。ひき肉も増量できるようだし、とろ玉の追加もできる。いいかも。。。

34bfd575.jpg汁なし担々麺
「味噌屋蔵造」
広島市安佐南区


路上に「汁なし担々麺」の広告が街に出ていたので、いつか食べようと思っていた。本日ようやく訪問。
メニューには一応、自家製ラー油と四川の花山椒を使っていると書いてある。夏限定で、冷やし担々麺もあるようだ。
山椒の量が1から10の間で選べる。10は相当辛いとのことなので、間を取って5にした。店員さん曰く5でも相当辛いとのことだったけど。
実際食べたら辛さは大したことはなかった。「きさく」などで既に「汁なし」を食べたことがある人なら、5以上がお勧めだ。
味は悪くない。一番好きな「紺屋」の限定に比べると甲乙つけてしまいそうだが、元祖とされる「きさく」と比べて、見劣りするようなシロモノではないと思う。
こう考えると、汁なし坦々麺は、キチンとした材料を用いしっかり作れば、ソコソコおいしいものが出来上がるということだ。それならもっと多くの店舗で提供されるようになったらいいと思う。「ふじ☆もと」の麺で作ったら美味しいだろうなあ…。ボソッ。

d40fde9e.jpg味噌ラーメン+もやし
「味噌屋蔵造」
広島市安佐南区緑井
暑い時には味噌ラーメンが食べたくなる。もうひとつ「濃厚味噌ラーメン」というのがあったが、私めには濃厚すぎたような覚えがあったので、普通の味噌ラーメンにした。以前食べた時よりおいしくなった??

このページのトップヘ