kuma days

these are the days of our lives
東京30年・広島12年・東京9年住んだ後、2019年4月から静岡市に暮らすサラリーマンの楽しい日々。

タグ:四川麻辣商人

b025c322.jpg麻辣担担麺特盛
煮たまご
ごはん
「四川麻辣商人 大芝店」
広島市西区大芝

広島ブログ
広島ブログ
↑いつも応援ありがとうございます
今日は暖かいし、汁なし担々麺の気分。
クニマックスと迷ったが、ザーサイ+ごはんに惹かれて此方へ。
汁なし担々麺自体の辛さや風味は控えめ。で、各自卓上の調味料を加えるスタイル。なので、途中から色々足してみた。生唐辛子と粉山椒とラー油。いくら足してもクニマックスのようにはなりそうになかったのやめた(笑)。
思うにこの店は、麺類を大盛や特盛にせず並盛を頼んで、それとザーサイをオカズにご飯をタップリ食べるのが正解なのだろう。
最後にご飯を残り汁に入れて食べられるように、タレの量も多めだし。
勿論、最後はそうして食べた。

a7bfca1d.jpg鶏にぼしラーメン
「四川麻辣商人 大芝店」
広島市西区大芝

広島ブログ
広島ブログ
↑いつも応援ありがとうございます
12:30頃、コチラ方面に足を伸ばした。が、何故か自然と車はふじ☆もと方面へ(笑)。全種類制覇するのだと頑張って通っていた頃の習慣がしみついているのか。
ま、それも何かの縁と思い、本当にふじ☆もとへ向かうことに。駐車場は一台空いていたが、店の前に待ち客が大勢湧いていたので却下。ふじ☆もとは回転悪いからね。

で、初心貫徹「四川麻辣商人」へ。
実は大芝店は初めてだったりする。
数年前、アルパーク横に出来た時に行って、まあまあ美味しい汁なし担々麺だと思ってから足が遠のいてしまった。結構ネットでは絶賛されているようだったけど、なんかワザワザ行く気がしなくて。以前ほど汁なし担々麺への情熱が無くなったからというのもある。
紺屋の期間限定をたまに食べれれば、それでいいし。

で、今日の目当ては限定の「鶏にぼしラーメン」。
店に着いて券売機を見ると、大盛も無さそう。

96b5ad43.jpgなのでご飯をば。
このご飯、割と美味しい。よく見たら庄原産コシヒカリと書いてある。なるほど。
それが食べ放題(セルフ)で100円なのだ。
しかもザーサイを細かくしたものがついてくる。
コレは危険だ(笑)。
ザーサイ+白ごはんの組合せって最高のもののうちの一つだと思う。いやあ、ラーメンが来る前に食べてしまう。誰か止めてくれぇ〜。
しかし店内に貼り紙がしてあって、悲しいことに、複数人による所謂「ご飯の回し食い」が多いらしい。
是非ともそのような行為は止めて頂きたいものだ。頻発してこの素晴らしいサービスが無くなってしまったら悲しいからね(笑)。
マナーの悪いお客は店をダメにする。お客様は神様だとは良く言ったもので、中には疫病神や貧乏神もいる。全ての神様がお店にとって良きをもたらすとは限らないのだ。

0b2e0b1c.jpg 閑話休題。
本題はコチラ。鶏にぼしラーメン。
ラーメンが運ばれてきたら、煮干しのいい匂いを通り越してイワシ臭さがどことなくプ〜ンと。
まあ、それを除けばアッサリして美味しいのでは。ただスープが濁ったタイプなので、この臭いはマイナス面に作用しやしないか。
麺もかなり固めに茹でられている。ダイナミックレンジぎりぎりか、少し固めに外れたくらいに思えた。
400円という値段だから具が少ないのは仕方ない。チャーシューはご飯のオカズにしたらウマかった。
しかし、ココ広島では、煮干しというより、イリコの方が馴染みがあるのではないか。そこをあえて煮干しという呼び名を使うあたりは戦略なのかな。

いずれにせよ、今日はザーサイとご飯で大満足してしまった。
あと、店内にあった「マーラーメン」という辛そうなメニューが気になったので、いづれまた来ようと思う。

広島ブログ
広島ブログ
↑いつも応援ありがとうございます

ce5c86aa.jpg特製麻辣担々麺大盛5辛
「四川麻辣商人」
広島市西区アルパーク隣接

初めて来た。汁なし担々麺の専門店。麺も固めにシャキッと茹でていてウマイ。山椒は控えめかな。でも効いている。
辛さも選べる。5辛でもそんなに辛くないから、辛いのが大丈夫なひとは7辛でいいかも。(8辛以上は7辛完食経験者のみ)
テーブルにラー油が置いてあり、辛さが足せるのも嬉しい。

このページのトップヘ