kuma days

these are the days of our lives
東京30年・広島12年・東京9年住んだ後、2019年4月から静岡市に暮らすサラリーマンの楽しい日々。

タグ:高松山

F1000009最近山に行っていないなあということで、カミさんと高松山に朝から行って来た。前回が12月だから高松山も半年振りか。今回はお手軽に自家用車利用。
7:00頃、登山口を出発。

広島ブログ
広島ブログ


F1000010しばらく来ないうちに、ポイントポイントにこんな看板が掲げられていた。
色々とコースがあるように書いてあるが、以前から実績のある一番左のコースを行くことに。
すなわち、山と渓谷社の「広島県の山」に載っているコース。

F1000011F1000012

F1000013F1000014
ここの良い所は、登山道が徹頭徹尾ほぼ日陰なことだ。
出だしの墓地と、山頂近くの高松神社付近だけ。
しかも南西から登るので、朝日の影響を受けづらい。
なので、夏の午前中なら快適に登ることが出来る。
ただし、ずっと徹頭徹尾登り坂なのだ。縦走路のような軽快なハイキングコースが無いのが残念。しかし逆に言えばトレーニングとしての効率はいいかもしれない。
今回は久しぶり(カミさんは4か月振り)の登山だったので、ゆっくりゆっくり登って行った。

F10000167:50頃、山頂へ到着。
339m、四等三角点だ。

いやあ、低い山だけれど充実感がありますな。

F1000018
市内一望。天気が良ければ海まで見える。広島平野の北の端といったところか。
ここも武田山と同じく山城があったところだ。
難攻不落の名城で最後まで落とされなかったらしい。
その点は武田山と違うところだ。

F1000017
大林方面も見える。

ここで朝食を食べて8:30頃下山する。下山コースも登山コースと同じ道を下りる。

F1000022
9:10頃、登山口へ到着。
パンダ号が待っている。今日はこの後の予定もあるし、真っすぐ家に帰ることにした。

F1000021
前回来た時に取り壊し工事をしていた可部高校の施設跡は、跡形も無くなった。
どの本にも可部高校が目印に書いてある。現在、可部高校は隣の丘の上にあるので、高松山に登る為に可部高校を本気で探したら大変なことになる。ご注意を。
逆に可部高校の施設が無くなったことから、国道54号線の可部の広島銀行の交差点から東へ入って橋を渡ると、高松山の登山口が見えやすくなった。

朝の高松山登山を定期的にこなしたら、いいトレーニングになるかな。

PICT0006
先週も行った高松山に、今週もカミさんとトレーニングがてら行くことにした。新しい購入品(実はこれ以外にもあるのだけれど)を試すいい機会だと思ったし。
高松山の詳細は先週の記事を参考にしてほしい。何しろバスで簡単に行けて、バス停から登山口が近いというのがいい。
が、今回はひとつ不用意だったことがある。朝早かった(8時半前後)ので、サンリブ(スーパー)がやっていないのだ。可部上市バス停からひとつ歩いて、可部中学校バス停近くのファミリーマートで買い物+トイレを済ませた。ファミリーマートから旧道方面に抜けたら意外と登山口まで早く着いた。

PICT0003
今日は天気もよく、前回以上の眺望だった。市内中心部を望遠で狙ってみた。

014e4ffd.jpg今回は山頂で食事はせず、コーヒーとお菓子を頂いた。カップを忘れたので、お湯を沸かしたコッヘルにコーヒーを入れて二人で回し飲みした(涙)。

新グッズも心地よく、気分の良い登山であった。
明日は天気が崩れるだろうから、どこにも行けないなあ・・・。

01タイトル
先週の十方山で打ちのめされて、もう登山なんてイヤとなるのが普通なのかもしれないけれど、3連休の中日に懲りずにカミさんと違う山へ行くことになった。カミさんの道具も昨日新調したことだし。
9月中旬の晴れの日はまだ暑い。武田山宋固山などは、山へのアプローチの舗道が暑そうだ。
なので少し山の方に走ったらどうかと思い本とにらめっこ。手軽な深入山を候補に上げたが、登山道はずっと草原で暑そう・・・。臥龍山は昼から出かけるには少し距離が長い。
色々と考えた結果、バスで手軽に行けて登る距離も短く、しかも林間のコースで急登がある可部の高松山に決定。バスに乗って山に行くのは初めての事なので、少しワクワクしながらバスに乗った。
続きを読む

このページのトップヘ