5a2bd15b.jpg
つけ麺。
有名な浅草開花楼の麺を使っている。
普段はそんなに混んでないし、いつもスルーしていたが、たまたまひとりで通りがかったので入ってみた。
麺は確かにおいしいけど、衝撃的な感動は得られなかった。
これでもかと言わんばかりの魚。汁の底にはフレーク状の魚が沈み、上には魚粉が振ってある。ベースは豚骨のドロドロ味。デフォルトでもちょいと辛みをつけてある。ココにしっかりとした太麺をつけて食べるのが関東のつけ麺なのだろう。
東京の都心は水が美味しくないし、強い味付けの方がいいのかもしれない。
ま、だんだんこういう味にも慣れてきたかな。



関連ランキング:つけ麺 | 小川町駅淡路町駅新御茶ノ水駅