U2

November 11, 2012

一人カラオケ再び

2012_11一人カラオケ
ここのところ、再び一人カラオケに行く機会が2回ほどあって。
久しぶりだからDAM指定を忘れて2回ともJOYSOUND。やはりクイーンの曲数が少なくて、歌いたかった「Life Is Real」とか、「Son And Daughter」とか、「Staying Power」とかが入っていない。
その代わりというか「Blurred Vison」なんかが入っている。こんなの歌う人いるのかな。

しかし、クイーンが少ない代わりに、U2はいっぱい入っていた。なのでそれなりに楽しめた。
何より、念願の「Bullet The Blue Sky」や「Exit」や「Heratland」もある。いやあ嬉しいな。

そういや「Heartland」のサビの部分って、最近良く耳にするきゃりーなんとかのファッションモンスターにそっくりだ。この動画の1分40秒くらいかな。



U2が全米1位バンドになった後に発表されたアルバム「Rattle and Hum」のハイライトチューンだ。シングルにはならなかったけれども、とてもいい曲だと思う。

kumadays at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 09, 2009

ブラッド・レッド・スカイ=四騎= /U2

5a1468d8.jpgようやく本日購入した。
あ、ニューアルバムも買いやした。

広島ブログ
広島ブログ

U2は言わずと知れたアイルランドのロックバンドだ。「世界一有名なアイルランド人」なんて比喩もあったが、全世界で成功したビッグネームだ。
以前のU2の記事
最初っからそんな成功を収めたわけではなく、最初は英国でヒットを収めるまで過程を踏んでいる。

ちょうど、英国で成功を収めた後のライブを収録したのが、このブラッド・レッド・スカイだ。熱いU2のライブが収録されている。以前も書いたがこの頃のU2が一番好きだ。特にこの中のジ・エレクトリック・カンパニーは名演中の名演だと思う。

ビデオには多くの曲収録されていたが、アルバム(CD)には8曲しか収録されていなかった。これが残念でたまらなかったのだ。昔は、ビデオの音声をMDに収録したりして聴いていたが。

で、今回は、CDとDVDのセットなのだ。

いやいや素晴らしい。


CDは従来通り8曲しか入っていないが、DVDにはビデオには収録されていなかった、アウト・オブ・コントロール、トワイライト、アン・キャット・ダブ/イントゥ・ザ・ハート、トゥー・ハーツ・ビート・アズ・ワンが収録されている。
これらのライブも非常にいいのだ。これはラッキー。

明日の通勤時の楽しみが増えた。

kumadays at 22:56|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

October 27, 2007

U2

昔、近鉄バッファローズに新井宏昌という外野手がいた。元は南海ホークスにいたが、近鉄バッファローズにトレードされて有名になったような記憶がある。
華奢で「なで肩」で肩の力の抜けた細身の右投げ左打ちの外野手で、首位打者になるなどの巧打者だった。当時は1番大石大二郎と3番ラルフ・ブライアントの間の2番を打っていたのだが、とにかく打てる2番打者として、何でもできる、確実すぎる繋ぎの仕事が職人肌だったのだ。良く打つからプロ野球ニュースでも良く映った。だから印象が残っているのかもしれない。
大石が塁に出て足で揺さぶって新井が打って繋ぐ。で、ノーアウト1・3塁からブライアントの3ランというのが近鉄の得点パターンだった。すごいパターンだが、ホームランか三振かのブライアントの前にランナーを一人でも多く置くことが大切だったのだろう。
その時代の近鉄バッファローズは、当時無敵の王者だった西武ライオンズを下し、一度パ・リーグ優勝を飾っている。その後の日本シリーズでは読売巨人軍に対し、3連勝の後4連敗して日本一を逃したことや、その前の年は最終戦まで優勝決定がもつれこんで川崎球場のダブルヘッダーで優勝を逃したのは有名な話だ。

もちろん目立っていたのは、ホームランを量産するブライアントだが、脇を固める職人の新井は、何とも言えない存在感があった。

続きを読む

kumadays at 10:08|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

March 30, 2005

めざましテレビで

U2のツアーとQUEENのツアーの様子が出ていた。

なんかU2の時間が多くてQUEENの様子があまり放送されなかったのが不満だが、まあ仕方ないか。

U2の方は「The Electrical Co.」を演奏していた。1stアルバムの曲だ。こういう古い曲もライブで取り上げてくれたら嬉しい。この曲の中間のギターは物凄くカッコイイし、このスリリングな演奏は、U2の他の曲には無いものだ。

QUEEN。以前色々書いたけれど、やはりメンバー達が決めてやっていることだから良いのではと思う。違和感は拭えないけれど、元気そうにステージに立つブライアンとロジャーの姿を見てジーンと来た。ポールロジャースも頑張っている様だしね。

フジテレビはもう見たくないのだけれど(と言いながらめざましテレビを見ているが)、こういうのがたまに流れてくると複雑だなあ…。
欲を言えば「もっと流せ…」というところだけど。

kumadays at 06:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)